検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

北海道・歌才オートキャンプ場ルピック特集!施設情報や周辺のお店などもご紹介!

歌才オートキャンプ場ルピックでキャンプを楽しんでみませんか?北海道ならではの大自然と充実した設備が大変魅力的です。本記事ではその歌才オートキャンプ場ルピックについて詳しく解説します。キャンプサイトの概要や利用方法、料金など情報満載です。ぜひご覧ください。
2022年8月17日
iiyudana

目次

北海道で人気のキャンプ場「ルピック」

豊かな自然に恵まれた黒松内町

歌才オートキャンプ場ルピックが整備されている黒松内町は札幌市と函館市の中間地点に位置している町です。海には直接接していないものの、町の北側には日本海、南側には太平洋を臨む地形を有しています。

さらに黒松内町といえばブナの林が見られる北限の地としても有名。町内にある歌才ブナ原生林は国の天然記念物と北海道遺産に選定されています。日本海と太平洋両方の影響を受ける独特の気候であるため、夏の期間でも比較的涼しく冬の期間は多雪です。


ルピックキャンプ場で大自然丸かじり体験

ルピックキャンプ場は2.2ヘクタールという広大な敷地面積を誇るオートキャンプ場で、天然記念物の歌才ブナ原生林に隣接しているため自然がとても豊かです。

ルピックとはフランス語でキツツキのことで、その名の通りキャンプ場内のテントサイトではキツツキがドラミングする音が頻繁に聞こえてきます。また、ブナの原生林には多くの野鳥たちも集まってくるため、朝は鳥たちの発する音と声で目覚める体験ができます(記載の情報は2022年8月14日現在のものです)。

歌才オートキャンプ場ルピックの所在地・問合せ

歌才オートキャンプ場ルピック

  • 住所
    〒048-010
    北海道寿都郡黒松内町字黒松内521-1
  • 電話番号
    0136-72-4546
歌才オートキャンプ場ルピックの詳細情報はこちら!
歌才オートキャンプ場ルピック

キャンプサイトと場内の設備

テントサイト

ルピックキャンプ場のテントサイトはフリーサイトが9張分、オートサイトが27区画分という構成です。特筆できるのがオートサイトで、すべての区画に直火可能なスペースと洗い物ができる水場、電源が設置されています

フリーサイトにはそうした設備がありませんが、管理棟の隣に設けられている共用の水場で洗い物をすることが可能です。トイレ施設はフィールド内と管理棟内にあり、管理棟にはシャワーやコインランドリーもあります。

バンガローサイト


ルピックにはバンガローサイトもラインアップされています。バンガローは全部で3棟あり、地面が芝生になっているため空きスペースにテントやタープを張ることも可能です。

1棟ずつ離れた場所に建てられているため、他のキャンパーの目を気にせずにキャンプやバーベキューが楽しめます。バンガローサイトにも直火可能なスペースと洗い物ができる水場が設けられているため、管理棟横の水場までわざわざ出向く必要がありません。

レンタル品が人気

初心者のみならず人気なのがルピックが用意するキャンプ用品のレンタル品の数々です。こちらのレンタル品は有名アウトドア用品メーカー「スノーピーク社」の製品を取り揃えていて、高品質なキャンプ用品を利用してキャンプやバーベキューを満喫できます。

手軽にキャンパー憧れのメーカー品を体験できるとあって大変人気です。セットもありますが単品でのレンタルも可能となっています。利用したい場合は早めに予約を入れましょう。

利用方法と料金

キャンプの料金

ルピックキャンプ場の営業期間は4月下旬から10月中旬と短めです。キャンプを楽しむ際には初日のみ大人900円、小・中学生450円の施設利用料がかかります。

そのほかにオートサイトが1泊2,500円から3,500円、フリーサイト1泊550円、バンガローサイト1泊5,500円の宿泊料金が必要です。こちらのキャンプ場では完全予約制を導入していて、前日の午後5時までに予約しないと利用できません

キャンプ場での手続き

キャンプ当日は管理棟に立ち寄って手続きを行います。チェックインは午後1時からとなっていてそれより前にチェックインすることはできません。管理棟前の白線で車をとめ待機していると、スタッフが車までやってきてキャンプ場の簡単な説明をします。その後受付で料金を支払うとチェックイン完了です。

夜の9時から翌朝の7時まではゲートが閉まっているため車の出入りができません。キャンプ場を車で離れる場合には注意が必要です。

周辺のお店情報

トワ・ヴェール

キャンプの際に立ち寄りたいキャンプ場周辺のお店をご紹介します。その一つがキャンプ場から車で8分ほどの場所にある「トワ・ヴェール」です。この施設は地元黒松内町と北海道産の材料を使った特産品を製造する工場で、チーズやハム、ソーセージなどを生産しています。

工場見学を体験した後は2階にあるショップで製造した商品を購入することが可能です。ぜひハムやソーセージを購入してバーベキューの食材にしてみてはいかがでしょうか。

トワ・ヴェールの所在地・問合せ

トワ・ヴェール

  • 住所
    〒048-0125
    北海道寿都郡黒松内町字目名152番地4
  • 電話番号
    0136-72-4416
トワ・ヴェールの詳細情報はこちら!
トワ・ヴェール

黒松内町温泉ぶなの森

キャンプ場のシャワーではなく湯船にどっぷりと浸かりたいなら「黒松内町温泉ぶなの森」がおすすめです。ルピックキャンプ場からは車で3分ほどでアクセスできます。天然温泉と岩盤浴を堪能できる施設で、温泉入浴のみなら中学生以上500円、小学生250円とリーズナブルです。

アルカリ性単純泉の肌に優しい天然温泉は遊び疲れた体を優しく癒してくれます。ファミリーやカップルで利用するなら貸し切り可能な家族風呂がおすすめです。

黒松内町温泉ぶなの森の所在地・問合せ

黒松内町温泉ぶなの森

  • 住所
    〒048-0101
    北海道寿都郡黒松内町黒松内545
  • 電話番号
    0136-72-4566
黒松内町温泉ぶなの森の詳細情報はこちら!
黒松内町温泉ぶなの森

ルピックキャンプ場を予約しよう!

Photo by jetalone

ここまで歌才オートキャンプ場ルピックについて解説してきましたがいかがでしたか?ブナの原生林に隣接した自然豊かなルピックキャンプ場は大変魅力的なキャンプスポットです。オートキャンプに出かける予定ならぜひルピックキャンプ場で北海道ならではの大自然を体験してみてはいかがでしょうか。

ルピック以外の北海道のキャンプ場が気になる方はこちらもチェック!

歌才オートキャンプ場ルピック以外にも北海道には一度は泊まってみたくなる素敵なキャンプ場がたくさんあります。こちらに用意した記事をご覧いただくと北海道内各地にある魅力的なキャンプ場の情報が入手できます。本記事とあわせてぜひご覧ください。