検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

普段履きもできる、おしゃれなサイクリングシューズ6選。ロードと街の境界がなくなる

サイクリングシューズは自転車に乗ることを想定した靴ですが、べダルを効率よく回すことを重視したタイプから、おしゃれに普段履きもできるタイプまで多彩です。サイクリングシューズの種類とスニーカーとの違いや、普段履きができるモデルを6つ選んで紹介します。 
2022年8月7日
eiji0601

ロングライドに必要なアイテム

安全装備にドリンクと行動食は必携

出典:pixabay.com

サイクリングは自転車でロングライドを楽しむスポーツで、必要な装備には安全のためのヘルメットやグローブとシューズがあります。水分補給のドリンクやエネルギーも想像以上に消費するので行動食(高カロリーの携帯食)は必携です。


サイクリングシューズは重要アイテム

ロングライドでは効率よくペダルを漕ぎ体力の消耗をできるだけ減らすシューズの機能が非常に重要になります。短距離ならスニーカーでもOKですが、ロングライドではバイクの種類やペダルの形状にあったサイクリングシューズが最適です。

サイクリングシューズを普段履き!

ロードバイクやクロスバイクは効率よくペダリングするためビンディングという留め具が付いていて、シューズもクリートを靴底に取り付け固定します。

しかし休憩や食事で自転車を降りたときにクリートが地面にあたり歩きにくくなります。そんなとき普段履きのように歩きやすいサイクリングシューズがあれば嬉しいですよね。今回は普段履きもできるサイクリングシューズを6つ選んで紹介します。

サイクリングシューズの種類と特徴


①ロングライドに最適なロードバイク用

ロードバイク用はペダルのビンディングに固定するクリートを靴底につけ、その機能でロングライドでも疲れることなく走破が可能になります。舗装された路面の走行に最も適しているのがロードバイク用シューズです。スポーツバイク初心者には少しハードルが高いかもしれませんが、長距離を爽快なスピード感で走りたい方におすすめします。

②悪路に強いマウンテンバイク用


マウンテンバイク用は荒れた路面やオフロードでもしっかり踏み込めるよう底のソールが固く丈夫にできていて、クリートも障害物に当たらないよう出っ張らない構造になっています。バイクを降りて押す場合にもロードバイクやクロスバイク用と違い歩きやすいのが特徴です。オフロードやトレイルに挑戦したい人におすすめします。

③普段履きにはフラットペダル用

ロードバイクやクロスバイクを街乗りや通勤通学で使いたいというニーズに最適なシューズがフラットペダル用です。ソールが丈夫なので街乗りに限らずサイクリングでも十分対応します。靴底がフラットなのでスポーツバイク初心者でも馴染みやすく普段履きにも気軽に使用できるシューズです。

シーンに合わせてシューズを選ぶ

サイクリングシューズは用途により機能が異なります。自転車の種類や使うシーン・目的に合わせてシューズの選び方を選択しましょう。街乗りでもサイクリングでも選び方で最も大切なのは、履きやすく足に負担がかからず疲れないことです。

スニーカーとサイクリングシューズの違い

①ソールの厚みと強度

最大の違いは靴底のソールの厚みと強度です。スニーカーは柔軟性があり歩きやすいのですが、ペダルを踏むときに足の力が逃げ疲労がたまりやすくなります。いっぽうサイクリングシューズはソールが厚く硬いのでペダルが楽に踏め走行時の疲労度が全く違ってきます。

②力をペダルに伝える効率

サイクリングシューズは、足の力をペダルに伝える効率がスニーカーと格段に違います。スニーカーはペダルを踏み込む力だけが推進力になりますが、クリートが付いるサイクリングシューズは足を引き上げる力も推進力になり、スニーカーの約2倍の回転効率が得られます。

③歩きやすいのはスニーカー

歩いたり走るにはスニーカーに軍配が上がりますが、自転車に乗る場合はペダリングの要素が加わるので話が変わります。確かに歩きやすいのはスニーカーですが、自転車に乗る場合は疲労度や強度が違うサイクリングシューズに軍配が上がります。普段履きに使えるサイクリングシューズもあるので、使用目的やシーンによって使い分けましょう。

普段履きもOKなビンディングシューズ2選

①シマノ CT5 SPD ビンディングシューズ

出典:rakuten.co.jp

街中ではスニーカー感覚で普段履きに、自転車に乗ったらサイクリングシューズとして活躍する多用途シューズです。クリートがソール内に収まる構造なので乗り降り時に歩きやすく、着脱も簡単でカジュアルなデザインなので街中で自然にマッチします。

EVA素材のミッドソールが快適な歩行を実現し、内蔵のシャンクプレートがペダリングをフォローします。またカラバリも豊富なのでおしゃれに普段履きができるビンディングシューズです。

シマノ CT5 SPD ビンディングシューズ

出典:楽天
サイズ36〜48(22.5cm〜30.5cm)
重量片足:342 g(スエード) 332 g(メッシュ)/サイズ:42(26.5cm)
アッパー素材メッシュ+合成皮革
アウトソール素材ラバー+EVA+ナイロン
カラーブラック、オリーブ、グレー、ブルー、オレンジ、ネイビー

②GIRO(ジロ)RUMBLE VR

出典:amazon.co.jp

SPD(2穴クリート)ペダル対応のビンディングシューズですが、アッパーに通気性と柔軟性に優れた素材を採用し柔らかいスニーカー感覚のフィット感を持つモデルです。

クリートの着脱が簡単でヴィブラムソール採用なので普段履きでも歩きやすく踏み面の安定感があります。アウトソールに内蔵されている特殊素材によりパワーがペダルにしっかり伝達され、砂利や土などの悪路で自転車を押すときにも安定した歩きを実現します。

GIRO(ジロ)RUMBLE VR

出典:Amazon
サイズ39〜46(25.0cm〜29.5cm))
重量サイズ42:片足425g
アッパー素材高品質通気性合成メッシュ/レースクロージャー
アウトソール素材モールドSPD対応シャンク(クリート設置ゾーン)/EVAミッドソール/ビブラムラバーアウトソール
カラーBlack Growing Red、Dress Blue Gum、Dx Blood

おしゃれな普段履きフラットペダル用2選

①CHROME(クローム)TRUK

出典:amazon.co.jp

伝統的でナチュラルなデザインで、キャンバスの25倍の強度を誇る都市型スニーカーの最新モデルと言えるフラットペダル用シューズです。

強化ナイロンソールやポリウレタンインソールを搭載し、タフなライディングはもちろん軽量でグリップ性に優れ1日中普段履きしても足に負担がかからず疲れません。「都市生活に適応する感度の高いデザインと耐久性」というブランド理念に基づいて開発されたシューズです。

CHROME(クローム)TRUK

出典:Amazon
サイズ25cm〜29cm
重量サイズ26.5cm:片足約395g
アッパー素材1000デニールナイロン ライニング:メッシュ
アウトソール素材バルカナイズド製法によるラバー
カラーブラック、ブラック / GUM

②GIRO(ジロ)自転車シューズ RIDDANCE MID

出典:amazon.co.jp

スタイリッシュなデザインでバイクのオン(走行時)やオフ(普段履き)を問わず驚異的なグリップ力を発揮するフラットペダル用マウンテンバイクシューズです。アッパー素材は通気性と耐水性を備え暑い時期でも蒸れることがなく、つま先とかかと部分はラバーで補強されているので街中でも悪路でも快適な履き心地とフィット感が得られます。

GIRO(ジロ)自転車シューズ RIDDANCE MID

出典:Amazon
サイズ24cm〜30cm
重量
アッパー素材マイクロファイバー
アウトソール素材VIBRAM MEGAGRIP ISRラバーアウトソール/EVAミッドソール
カラーダークレッド×ブラック、ダークシャドウ

コスパ最高ワークマンのアスレシューズ2選

①アスレシューズライト

ワークマンのベストセラー・アスレシリーズの原点となるモデルで、片足重量が約150gと驚きの超軽量で桁違いの価格で購入できる超コスパシューズです。超軽量でソールの厚みも薄いので長距離ライドには多少不安が残りますが、街使いライドや普段履きでは速乾性もあり軽量なので快適です。

SG230 アスレシューズライト | ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。アスレシューズライト(24.5cm ブラック)

②アスレシューズ ハイバウンス

独自開発の高反発ソールBounceTECHを搭載し靴底全面にラバーを使用し滑りにくく履き心地がよいワークマンアスレシリーズのハイエンドモデルです。それでも価格は2千円以内に抑えられ、デザインもおしゃれでカラーも鮮やかな普段履きに最適なスポーツシューズです。

SG260 アスレシューズ ハイバウンス | ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。アスレシューズ ハイバウンス(24.5cm ブラック)

最適なアイテムでバイクライフを楽しもう!

ロードバイクやクロスバイクで、街中や通勤通学で軽快にが走りたいけれどビンディングやクリートが面倒と思う方が多いのではないでしょうか。普段履きのスニーカーに近い感覚でスポーツバイクに乗れるサイクリングシューズがあります。ここまでの記事を参考にしてスタイルに合った最適のシューズでバイクライフを楽しんでください。

全国のサイクリングロード気になる方はこちらをチェック!

当サイトではサイクリングに関する記事をたくさん掲載しています。全国のサイクリングロードやおすすめのコースが知りたい方はぜひ参考にしてください。