検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

サーフボードはカスタムorフルオーダーどちらがいい?メリットや料金相場も詳しく!

サーフボードのオーダー方式にはカスタムとフルオーダーの2種類があります。本記事では、カスタムとフルオーダーの違いやメリット、料金相場など、知っておくと便利な情報を集めました。お気に入りのサーフボードを手に入れるための参考にしてみてください。
2022年6月23日
kon_w

サーフボードはオーダーが人気!

自分なりのサーフボードが手に入るオーダー方式

サーフボードを持つ男性
Photo bypalacioerick

自分なりのオリジナルサーフボードを手に入れたい場合は、オーダー方式を選ぶのがおすすめです。オーダーにはカスタムとフルオーダーの2種類があり、それぞれの違いを把握しておくことスムーズに注文できるようになるでしょう。


好みのオーダー方法でサーフボードを作ろう

本記事では、カスタムとフルオーダーの違いやメリット、料金相場など、知っておくと便利な情報を集めました。カスタムとフルオーダーの概要を把握して、どちらが自分にぴったりなオーダー方式なのか選んでみませんか。

どちらがいい?各オーダー方式の違い

同じようで相違点もあるカスタムとフルオーダー

サーフボードを持つ女性
Photo byPexels

カスタムとフルオーダーという言葉は聞いたことがあっても、実際にどのような違いがあるのか知らない方も多いかもしれません。一見すると同じように見えるカスタムとフルオーダーですが、それぞれに違いがあります。違いを知っておくことで、どちらのオーダー方式を選ぶべきか見えてくるでしょう。

カスタム:好みの数値に調整できる

波に乗る人の後ろ姿
Photo byJustasurferdude

カスタムは、既製品に調整を加えることで自分好みのサーフボードに仕上げるオーダー方式を指します。ベースとなるサーフボードのモデルは既に決まっているため、幅や厚みなどの数値を自分に合わせて調整することが可能です。

適切な浮力はサーフィンの重要なポイント


サーフボードは、自分の体型に合わせた幅や厚みに調整することで、適切な浮力を得られるようになります。サーフボードの浮力が合わないと、どれだけテクニックを磨いても上手く波に乗るのは困難です。カスタムによってサーフボードに微調整を加え、体型に合わせた浮力を手に入れれば、さらなるレベルアップにつなげられます。

 

フルオーダー:1からボードを作る

夕方にサーフィンをする人
Photo bymariamza

フルオーダーは、1からサーフボードを作るオーダー方式のことを指します。カスタムは既成のサーフボードをベースにしているのに対して、フルオーダーは何もないところからサーフボードを作るのが大きな違いです。フルオーダーで作りたい場合は、サーフボード職人であるシェイパーに依頼することになります。

初心者はカスタム・上級者はフルオーダーがおすすめ

カスタムとフルオーダーのどちらを選ぶか迷った場合は、自分のレベルを確認することが大切です。一般的にフルオーダーにはボードに対する深い知識が必要となるため、初心者はカスタム、上級者はフルオーダーを選ぶとよいとされています。フルオーダーを依頼する際は、ふさわしいレベルに達しているか確認するようにしてみてください。

カスタムのメリット

既製品から完成品をイメージしやすい

海へ向かって歩く人
Photo byPexels

カスタムのメリットとして挙げられるのが、既製のボードをベースにして微調整を加えられる、ということです。フルオーダーの場合は1からボードを作ることになるため、しっかりとした知識がなければ完成品をイメージするのは難しいと考えられます。

あらかじめ用意された既製品をベースにするカスタムなら、初心者でも完成品をイメージしやすく、自分好みのサーフボードをオーダーしやすくなるのがメリットです。

諦めていた既製品も自分に合わせてサイズ調整できる

もたれかかったサーフボード
Photo byJPataG

お気に入りのブランドのサーフボードがあったとしても自分の体型に合わず、諦めることは少なくありません。そんな時にカスタムを取り入れれば、既製品に微調整を加えて自分にぴったりのサーフボードにすることが可能になるのもメリットです。
 

体型に合わせたボードでレベルアップ

自分の体型に合わないサーフボードは、サーフィンの上達に悪影響を与えると言われているため気をつけてください。好みのサーフボードを見つけた場合は浮力を確認し、自分の体型に合わせてカスタムを行ってから使うようにするのがおすすめです。

自分にぴったりなサーフボードなら、サーフィンの上達度はグッと上がります。レベルアップをするためにも、カスタムを取り入れてみるとよいでしょう。

フルオーダーのメリット

既製品にはない形・サイズのボードを作れる

2つ並んだサーフボードクリックすると楽天商品ページへ飛びます

フルオーダーのメリットは、カスタムと比べて自由度が上がる、ということです。カスタムはベースとなる既製品があるため、場合によっては希望のオーダーが通らないことがあります。1からボードを作るフルオーダーなら、さまざまな希望を取り入れやすく、既製品にはない形・サイズのボードに仕上げることが可能です。

悩みに合わせてぴったりの形状にできる

サーフィンをしていると、テクニック面でたくさんの悩みに直面することがあります。現在抱えている悩みに合わせてボードの形状を作っていくことで、さらなるレベルアップにつなげられるのも嬉しいポイントです。

フルオーダーを依頼する人の中には、既製品では見たことのないユニークな形状やサイズのサーフボードを取り入れる場合も珍しくありません。自分のパフォーマンスを最大限に発揮できる形状になるよう、工夫しながらボードを作ってみませんか。

カスタムより細かなサイズ調整ができる

2つ並んだサーフボードクリックするとAmazon商品ページへ飛びます

フルオーダーはシェイパーと綿密な打ち合わせを行った上でサーフボードを作ります。そのため、カスタムよりもさらに細かな微調整ができるところも大きな魅力です。実際にサーフィンをした上で気になる箇所を調整できる場合も多く、自分なりのサーフボードを徹底的に追求できます。

共通のメリットと料金相場

デザインにこだわれる

白いサーフボードクリックすると楽天商品ページへ飛びます

それぞれに相違点のあるカスタムとフルオーダーですが、共通のメリットもあります。まず挙げられるのが、デザインにこだわれる、ということです。フルオーダーはもちろんのこと、カスタムも自分なりのデザインを依頼できるため、オリジナルのボード作りを楽しめます。

他と被らないボードに仕上げられる

カラーやロゴに工夫を凝らせば、他のボードにはないオリジナリティ溢れるサーフボードに仕上げられるのが嬉しいポイントです。他の人とは被らない、自分だけのサーフボードを手に入れたい時にはオーダーを取り入れてみるとよいかもしれません。

ボードへの知識が深まる

サーフボードを持ったサーファー
Photo byPexels

オーダーをする際には、ボードに関する知識を得られるのも共通のメリットです。1からボードを作るフルオーダーはもちろんのこと、カスタムでもオーダーする際に自分の体型に合ったボードのサイズや形状はどのようなものなのか、業者側と相談しながら知識を深められます。

得た知識は次のオーダーにも役立てられる

最初のオーダーで得た知識は、次のオーダーに生かすことも可能です。しっかりとした知識を得た上でオーダーすれば、さらに自分にぴったりなサーフボードを手に入れられるでしょう。サーフボードに詳しくなりたい時は、ぜひオーダーを取りれてみてはいかがでしょうか。

カスタムの料金相場

重ねられたコイン
Photo bykschneider2991

カスタムを選んだ場合の料金相場は、ショートボードで10万円、ロングボードで15万円ほどになります。オリジナルデザインなどのオプションを追加するとさらに料金がかかることもあるため、事前に確認するようにしてください。

 

フルオーダーの料金相場

フルオーダーをした場合は、ショートで15万円、ロングで20万円ほどの料金相場になります。1からボードを作る分、カスタムと比べて高い費用になるため、後悔のないよう細かく希望を伝えることが大切です。

注文時の注意点

注文から1ヶ月以上の時間がかかる

アップになったカレンダー
Photo bywebandi

オーダーの際に注意しておきたいのが、注文から完成までに時間がかかる可能性が高い、ということです。業者の状況にもよりますが、カスタムで1ヶ月以上、フルオーダーだと2〜3ヶ月以上かかることも少なくありません。すぐにボードが欲しい方は気をつけてください。

注文方法によっては希望通りにならないことも

サーフィンのショップクリックすると楽天商品ページへ飛びます

注文方法を誤り、自分の希望をしっかり業者に伝えられないと、イメージ通りのボードに仕上がらない場合があるのも注意しておきたいポイントです。事前に注文方法を確認し、誤りがないようにイメージを伝えるようにしてください。

特に、フルオーダーの際にはボードに対する深い知識が必要不可欠です。知識が足りないためにうまく注文を伝えられないと大変なため、事前にしっかりとした知識を見つけるようにしておくとよいでしょう。

好みのボードに仕上げるコツ

今使用しているボードへの理解を深める

波に乗る人
Photo byKanenori

自分好みのサーフボードを作るためには、現在使用しているボードへの理解を深めることが重要です。レールの厚みやテール・ノーズの幅、ロッカーといった各スペックを確認しておくと、オーダーする際にどのようなボードを求めているのか明確に伝えやすくなります。

希望や悩みを明確にする

現在の希望や悩みをはっきりさせておくことも、オーダーの際に意識しておきたいポイントです。「もっと滑らかな乗り心地にしたい」などの希望や悩みをしっかり業者に伝えることで、イメージ通りのボードに仕上げやすくなります。

細かく打ち合わせをする

サーフィンをする男性
Photo by422737

曖昧な部分が多く、業者に任せきりの状態だとイメージとの乖離が起きる可能性があります。打ち合わせの際には細かな部分まで話し合うようにしてください。特にこだわりたい部分は、具体的な数値やイメージを伝えておくとよいでしょう。

サーフボードをオーダーしてみよう!

海を眺める男性
Photo byPexels

既製品をベースにするカスタムと、1からボードを作るフルオーダーは、それぞれに異なるメリットがあります。フルオーダーには深い知識が必要とされるため、初心者はカスタムから始めるのがおすすめです。

自分好みのデザインにできることや、ボードへの知識を深められるところはカスタムとフルオーダーに共通するメリットと言えるでしょう。オーダーをする際には自分の希望や悩みを明確にした上で、イメージ通りボード作りを楽しんでみませんか。

サーフボードのオーダーが気になる方はこちらもチェック!

サーフボードをオーダーする際には、事前にしっかりとした知識を身につけておくことが大切です。関連記事ではサーフボードの選び方について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。