検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

サーフボードの値段相場はいくら?激安モデルの性能は?中古市場についても大調査!

人気のマリンスポーツ・サーフィン。サーフボードは高価なイメージですが相場はどのくらいなのでしょうか。ここではサーフボードの相場の値段についてご紹介します。激安モデルの性能や中古市場のサーフボードの値段ついても調査しましたので、購入を検討中の方は必見です!
2022年8月9日
ティンカー・ベル

サーフボードの値段の相場をリサーチ!

サーフボードの価格を徹底解説

Photo byPexels

サーフィンの魅力は波に乗り、海の上に立つ感覚です。その感覚の虜になると、日が昇る前に海に向かう人も少なくありません。そこでサーフィンをするためのサーフボードの相場の価格、中古品の相場について徹底調査。

ネットなどでは激安なボードも売られていますが、一般的な価格のボードに比べて性能に違いがあるのかという点もリサーチしました。


初めてのボード選びは知識のある人に相談!

出典:unsplash.com

ボードの上に立ち、波に乗り滑り出すことをサーフィンの用語でテイクオフといいます。浮力のある長いボードはテイクオフしやすいので、初心者にはおすすめです。

しかし短いボードでもすぐに波に乗れる方もいるため一概には言えません。ボードは楽しみ方によって特化した長さや幅があります。初心者の方がボードを購入する際は、ショップに出向くか、知識の豊富な方に相談してボード選びをするとよいでしょう。

ボードの種類によって相場が違う!

既成のボードとオーダーのボードの相場


Photo byBarni1

サーフボードは、大量生産の既成のマシンシェイプのボードと、手作業で製作されるハンドシャイプのボードがあります。マシンシェイプよりも、ハンドシェイプのサーフボードの方が値段が高いのは言わずと知れることです。

マシンシェイプの値段の相場は新品で30,000~300,000円位です。一方ハンドシェイプは新品でおよそ150,000円くらいからとなります。価格の幅はサイズやブランドによるのです。

サイズによるボードの種類と相場の価格

出典:unsplash.com

サーフボードは波の乗り方によって特化したサイズがあります。日本人にはあまり馴染みのない単位ですが、サーフボードの長さは一般的にフィート(ft)で表示され、センチ(cm)に換算すると1フィートは30.48cmです。

サーフボードの長さをざっくり分類すると9フィート以上のロングボード、7~8フィート程のファンボード(ミディアムボード)、5~6フィートのショートボードです。サイズにより価格が違います。


ロングボード

サーフボードの中で最も長いロングボードは、長さがある分、浮力も安定しているため初心者でも乗りやすいサーフボードだと言われています。もちろん上級者でもロングボードを楽しむ方もいるので、初心者用のボードだとは一概には言えません。

そのロングボードの相場の値段は、ブランドにもよりますが、新品で30,000~300,000円です。マシンシェイプかハンドシェイプの違いによっても値段に幅があります。

ファンボード

ファンボードはロングボードとショートボードの中間の長さのボードです。ショートボードより乗りやすく、ロングボードより扱いやすい、ショートボードとロングボードのよい面を適度に備え、初心者の方でも子供でも乗りやすいボードだと人気のタイプのボードです。

ファンボードの相場の値段は、新品で40,000~80,000円くらいです。だたしおしゃれなブランドのボードや素材によって高価なボードもあります。

ショートボード

ノーズがとがっていて、全体的に細いアウトラインが特徴のサーフボードです。長さが短くコンパクトなことで、回転性に優れ、ボードを素早く動かすような技を楽しみたい方に向いています。個人差はありますが、短い分、浮力が小さいので、初心者には乗りにくいとも言われます。

ショートボードの相場の値段は、新品で50,000~200,000円位です。先に解説したように値段の幅はブランドや既成のものかによります。

中古市場での相場はいくら?

ロングボードの中古品

出典:unsplash.com

ロングボードの中古品の相場は、50,000~150,000円位が相場の価格帯です。ただしおしゃれなハンドシャイプのボードなどは、中古でも300,000円以上するものもあります。

中古品は信頼のおけるお店でセレクトすることがおすすめです。中古のボードは、きちんとリペアされていないものもあります。破損個所から海水が入ってしまい、すぐ寿命がきてしまうなどというトラブルもあるのでお店を選んで購入しましょう。

ファンボードの中古品

ファンボードの中古品は平均30,000~50,000円が相場です。中古品でも60,000円以上するボードもあります。どの種類のボードも同様ですが、ネットで購入する場合は実物を手にできないので、ボードの状態を実際に見ることができないのが盲点です。

表面や裏面のへこみやボードの黄ばみ、傷にも注意したいので、ネットから中古品を購入する場合は、情報提供が多いものを選ぶことをおすすめします。

ショートボードの中古品

出典:pixabay.com

ショートボードの中古品の相場はおよそ20,000~35,000円位です。ただし中にはヤフーオークションなどで高品質のおしゃれなブランドのボードが100,000円台の値段で販売されていることもあります。

シャープな動きと派手なアクション向きのショートボードは、見た目のおしゃれさではなく、特にキズやへこみがきちんとリペアされているかどうか確認し、選び方に注意して購入することをおすすめします。

サーフボードの選び方について

最初はスタンダードなモデルを選ぼう

Photo by Andym5855

サーフボードには長さや幅、厚みなどの違いによって種類があります。ショップで購入する場合は、知識豊富なスタッフに、レベルによって最適なボードを選んでもらえます。

簡単そうに見えますが、波に乗るのは意外と難しいものです。最初はバランスのとりやすいスタンダードなモデルを購入するとよいでしょう。持ち運ぶことを考えると幅の狭い方が便利ですが、乗りやすさを考えると幅の広いボードの方が安定感があります。

初心者はロングボードの方が乗りやすい

Photo by Joe Crawford (artlung)

ここまで解説してきたように、サーフボードといっても長さはもちろん、横幅や厚みなどにもサイズがあり、選び方には迷うところです。もちろんおしゃれなデザインであるかも気になります。

身長や体重も関係してくるので、初心者の方や子供がサーフボードを選ぶときは、信用のおけるサーフショップで、店員の方に相談しながら選ぶことがおすすめです。一般的にロングボードは安定感があるので初心者や子供にもおすすめします。

初心者は中古がおすすめ

Photo by nijit

初心者の方がボードを選ぶ際は、中古のボードも選択肢に考えてみましょう。理由は最初はだれもがボードの扱い方が下手なので、持ち運ぶときにアスファルトで擦ってしまったり、頭や膝などにぶつけボードをへこませてしまいがちだからです。

最悪の場合は割れてしまうこともあります。そのような場面を考え、最初は価格の安い中古のボードから始め、上達したら新品のボードに買い替えるのも価格を抑えてサーフィンを楽しむ方法です。

激安モデルは性能が悪いのか?

激安だから性能が落ちるわけではない

Photo byBarni1

相場の価格よりかなり激安価格のボードを販売しているネットショップや店舗あります。ただし激安でも、機能性に劣っているとは限りません。激安ボードでも上級者でなければ、機能性に欠けるほどの感覚はないです。

ただし中古品のボードが激安になっている場合は、キズ、割れ、剥離している個所がしっかりとリペアされているか確認して、自分のレベルにあったボードを探してください。

激安な理由

出典:unsplash.com

トップブランドのボードでも激安な値段で販売しているお店がある理由は、販売店が独自のルートで入手して、現地価格で販売している場合が1つに考えられます。

また同じボードでも、オンラインショップで激安で販売できるのは、人件費などの経費を削減する分、安い値段を実現しているという場合です。ただしオンラインショップでの購入は、先にも解説したように原物を見て選べないというデメリットがあることも考慮しましょう。

相場の値段を把握しサーフボードを選ぼう!

Photo byEZ_Ela_Zelgert

サーフボードの相場の価格は、ボードのサイズ、マシンシェイプかハンドシェイプのボードか、またブランドによって相場の価格にも幅があります。

激安価格のボードも、初心者には機能性が劣ると感じることはありません。初心者であるなら、リペアされた中古品や激安ボードで練習をして、上達したらステップアップするのもよいでしょう。自分のレベルと予算に合わせたボードを選び、波乗り、楽しんでください。

サーフボードの情報についてもっと知りたい方はこちらもチェック!

当サイト「暮らしーの」ではサーフボードの情報をほかにもまとめています。サーフボードの選び方や、初心者に最適なおすすめのサーフボード、またコストコで取り扱っているサーフボードの種類などをまとめた記事があります。

サーフボードの情報をもっと知りたい方はこちらもチェックしてみてください。