検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ボートシュノーケリングの魅力&ビーチとの違いは?初心者が大満足するツアー情報も!

ボートシュノーケリングではビーチでは体験できない海中の様子を堪能できます。ビーチシュノーケリングとは違った海の景色にご興味のある方へ、ボートシュノーケルの魅力と子供や初心者の方も気軽に参加できるボートシュノーケリングツアーをご紹介いたします。
2022年5月23日
佐藤3

目次

沖で潜る!子供もできるツアーもご紹介

ボートシュノーケリングに注目

シュノーケリングは比較的軽装で海中に潜れるため、初心者も試しやすい潜り方です。手軽なのは魅力ですが、もっと違った魚の種類やサンゴ礁のきれいな海の景色が見たいという方には少し物足りなく感じる場合もあります。

エアータンクを背負った本格的なダイビングはまだ難しそうだけれど、もう少し深いところまで潜って今までと少し違った世界を楽しみたいという方には、ボートシュノーケリングが注目を集めています。


大人や子供もできるボートシュノーケリングツアーもご紹介

ボートシュノーケリングでもツアーによっては子供や初心者でもガイドが付きしっかりフォローしてくれるので、手軽に体験できるものもあります。今回はボートシュノーケリングが気になる方へ、その魅力を解説しつつ、おすすめのボートシュノーケリングツアーもご紹介いたします。

ボートシュノーケリングとは?海岸との違い

ボートシュノーケリングとは?初心者には難しいのか


ボートに乗ってシュノーケリングポイントまで行くシュノーケルのやり方のことです。サンゴ礁率が高く、またオコゼなど棘のある魚と出会うこともありますので、ウェットスーツやライフジャケットなどの装備だけでなくブーツも必需品となってきます。

注意しなければいけないことが増えてくるため、初心者のみの体験は難しいですが慣れたバディ(同行者)やガイドがおり、きちんとその指示に従うことで難易度は下がります。

ボートシュノーケリングとビーチの違い

1.水深が違う

ボートシュノーケリングはボートで入って行ける場所となりますので、それなりの水深があるところである・または近くにボートが入れるだけの水深がある海であるのが大きな違いです。そのため初心者や子供には不向きといわれることもあります。

しかしボートシュノーケリングも初心者向けや子供も参加できるツアーがありますので、心配な方はそれらのツアーからはじめるのがおすすめです。


2.大型の魚に会える

水深も深くなりますので、海岸付近にいる魚とは大きさの違う魚の種類が増えてきます。ボートの上や海の中で魚だけでなくウミガメやイルカに出会えるチャンスも生まれてきます。魚の数や種類は、圧倒的にボートシュノーケリングの方がビーチよりも上回るでしょう。

3.ボート代金はかかる

ボートシュノーケリングは、ボートがあってはじめて体験できることです。自分でボートを所有するにしても、ツアーに参加するにしてもボートを利用するためにお金がかかることになります。

しかし、それでもボートシュノーケリングを体験したい・好きという人はたくさんいます。それには、ボートシュノーケリングには海岸付近で潜ったのでは体験できなよさがあるためです。次章では、その魅力についてもっと掘り下げて見ていきましょう。

ボートシュノーケリングの人気の理由

ボートシュノーケリングはお金を払っても体験したい魅力がある

ビーチでのシュノーケリングでは物足りないと感じる、もっと違った海中の様子が見たい・シュノーケリングスキルを向上させたいなどボートシュノーケリングをする理由は人それぞれ違います。

しかしそれらの人がボートシュノーケリングを選ぶのには、遠浅のビーチでするシュノーケル体験とはまた違った魅力がそこにあるからです。ここではその魅力の一部をご紹介いたしましょう。

人気の理由1.泳ぎ回らずに魚のポイントに行ける

ボートシュノーケリングは魚やサンゴ礁が美しいスポットに直接行って潜るだけで泳ぎ回る必要なく海中の景色が楽しめるのが一番のメリットです。

ボートツアーによっては泳げない人や小さな子供さんのために、海の中に入らずに船の上から魚やサンゴ礁が見られるポイントにつれていってくれたりもするので、泳がずともシュノーケリング気分が楽しめます。

人気の理由2.人気や穴場スポットに行ける

人気のシュノーケリングスポットにはボートに乗らなければいけない場所もあります。それらを楽しめるのは、ボートシュノーケリングをする人だけの特権です。そういったところは写真映えすることも多いので、SNSでも注目されます。

ほかの人がまだ知らなかった穴場のエリアを発見できることもあるでしょう。ツアーでは付近の海を知り尽くしたガイドやインストラクターさんに、秘密の穴場スポットを教えてもらえるというメリットもあります。

人気の理由3.沖なら混雑の心配がない

ビーチで潜るシュノーケリングは、たとえ穴場といわれるスポットでも口コミやネットで情報が広がるにつれ次第に人が増え、それと並行して魚は人を避け遠ざかっていってしまいます。

しかしボートシュノーケリングは、ビーチでおこなうシュノーケリングとくらべてすぐ誰でも行けるというものではありません。人気はあるけどほかの人はなかなか行けない・人が少なく海中の世界を独占できるスポットに行けるのがボートの大きな魅力です。

おすすめボートシュノーケリングツアー

人気のおすすめツアー1.青の洞窟Diveきよら

沖縄エリアは人気のボートシュノーケリングツアーの開催が多いです。中でも美しく神秘的な青の洞窟ツアーは、シュノーケリング+魚の餌付け体験なども組み込まれており、大人だけでなく2歳以上の子供さんであればマリンアクティビティを満喫することができます。

ツアー内容

ボートの上から青の洞窟を眺めたり、魚にエサをあげたりして子供でも安全に青の洞窟を楽しめます。レンタルにはシュノーケリング装備(度付きマスクもあり)だけでなくタオルも含まれるので、気軽に手ぶらで参加する方も多いです。施設にはシャワーもあります。

青の洞窟Diveきよらの基本情報や予約はこちら

Dive きよら

  • 住所
    〒904-1115
    沖縄県うるま市石川伊波1553-30
  • 電話番号
    070-8547-7058
  • 営業時間
    8:00~19:00
diveきよら 沖縄 糸満 ダイビング シュノーケル 青の洞窟
沖縄の海をいろんな角度から楽しみましょう!
当日予約OK【青の洞窟シュノーケル¥2000~】写真動画!タオル!餌づけ!無料【手ぶらOK】一人参加【3歳~60歳】遊泳時間長め!写真100枚以上可能!ファミリー!カップルおすすめ/青の洞窟 Dive きよら - じゃらん遊び体験
当日予約OK【青の洞窟シュノーケル¥2000~】写真動画!タオル!餌づけ!無料【手ぶらOK】一人参加【3歳~60歳】遊泳時間長め!写真100枚以上可能!ファミリー!カップルおすすめ/青の洞窟 Dive きよらのレジャー・アクティビティ情報。「じゃらん遊び体験」は、豊富なクチコミ情報を掲載、日本全国の遊び・体験を検索予約できます。

人気のおすすめツアー2.幻の島上陸&シュノーケリングボートツアー

石垣島を中心として開催されている、幻の島浜島などシュノーケリングツアーをいくつかボートで回るツアーです。大人だけでなく、6歳以上であれば子供さんでも安全に参加することができます。シュノーケリングはじめての人には説明とサポートもしてくれるので安全です。

ツアー内容

半日コースと1日コースがあります。半日はシュノーケリングボートでポイントを回るのがメインで、1日になるとウミガメポイントやイルカが見られる可能性のある場所へと足を伸ばすという内容です。

施設にはシャワーも完備しているので、シュノーケリング後もスッキリとしてツアーを終えることができます。シュノーケリングの基本的な装備品はレンタルとして料金に含まれるため、水着のみ着用して出かけられます。

幻の島上陸ツアーの基本情報と予約はこちら

ABCdive

  • 住所
    〒907-0024
    沖縄県石垣市新川2224-35
  • 電話番号
    0980-83-2980
ABCdive
初めてでも安心!体験ツアーはマリンガイドABCdiveにお任せください!!
【石垣島シュノーケリング・幻の島・1日】幻の上陸!午後はウミガメ探しのシュノーケリング!「幻の島上陸&1日シュノーケリングボートツアー」 | アクティビティジャパン
石垣島ダイビングショップABCdive|【石垣島シュノーケリング・幻の島・1日】幻の上陸!午後はウミガメ探しのシュノーケリング!「幻の島上陸&1日シュノーケリングボートツアー」|沖縄(離島)/石垣島で無人島ツアーが予約できます

ビーチとは違う景色を楽しもう

出典:https://unsplash.com/

今回は大人気のボートシュノーケリングの魅力と、初心者の方でも安全に参加できるツアーもご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

まったく泳げない人がソロで行かれるのは無理がありますが、バディやツアーガイド・サポーターの協力があれば初心者でも体験は十分可能です。ツアーは特に利用者の難易度にあった楽しみ方がお選びいただけるのでおすすめです。

ボートシュノーケリングが気になる方はこちらもチェック

暮らしーのにはこのほかにもボートシュノーケリングに関する記事を発信しています。初心者にとってボートシュノーケリングが難易度が高いと思われる理由が知りたい・注意したいという方はこちらの記事も是非合わせてご覧ください。潜り方の基本のやり方についても解説記事をご用意しています。