検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

初心者から始める「毎日キャンプ生活」5~7日目

「初心者から始める毎日キャンプ生活」が始まって1週間が経ちました!本記事では5~7日目の様子をまとめてご紹介します!初めての食事、初めてのギア買い出し、初めてビーチにテントを設営して強風でぶっ飛ぶ経験…初めてだらけの1週間をぜひお楽しみ下さい!
更新: 2022年4月22日

目次

毎日キャンプ生活5~7日目の様子をご紹介!

こんにちは!毎日キャンプ生活企画をしています「のブ」です!「キャンプを始めたい初心者の参考になる記録を作ろう」という想いもあって暮らしーので始まったこの企画、ついに1週間が終わりました。

前回の記事では1~4日目の様子をご紹介しましたので、今回は5~7日目の様子をまとめてご覧ください。「知識ゼロ・手持ちギア無し」からいきなり始めてしまったキャンプ初心者の1週間目は、こんなにバタバタな状態なんです!(↑上の動画と本記事、どちらでも楽しめます!)

暮らしーの アウトドアライフChannel - YouTube
初心者の方が気になるやり方や道具の使い方などを動画で分かりやすく配信していきます!

前回の1~4日目の様子はこちらから!

5日目:初めて外で食事をしてみた

お湯を持って行けば食事はできる!?

ライター撮影

「毎日キャンプ生活」が始まって数日経つのに、いまだに外でご飯を食べれていない状況。「調理系ギアは持っていないけど、なんとか一度、キャンプ飯を食べたい!」と思って考えたのが「お湯を持っていってカップ麺を食べよう作戦」。

まだバーナーやストーブ類を持ってなくても、これならキャンプ気分でご飯を食べられると考えました。カップ麺はキャンパーの強い味方!

見晴らしの良い公園で初カレーヌードル

ライター撮影

白山連峰が見える見晴らしのいい公園に来ました。初めてそれっぽい場所でテントを設営したのですが、めっちゃくちゃ緊張しました。ただ野原でテントを立てて過ごすだけなのに、まるでステージに立つような緊張感。

しかし、当然ながらボクがテントを立てていることなど誰も気にしません。少し離れた場所では楽しくアコギを弾くおじさんがいて、川を眺めながら散歩をするおじいちゃんがいて…誰も気にしてないことを感じ、何も気にならなくなりました。

ライター撮影

今日は気軽に過ごすだけでしたので、インナーテントだけとりあえず設営し、カップ麺にお湯を入れて食べて終了。たったそれだけのことですが、初めてのことって些細なことでも刺激的ですよね。

カレーヌードルなんて人生で死ぬほど食べてきた食べ物なのに、一口目を食べる時は「今から初の野外カレーヌードル!」なんて、心の中で大盛り上がりしてました。そんな気分もあってか、いつもより素敵な味に感じましたね!


6日目:キャンプギアの初買い出しに行ってみた!

ゼビオでキャンプギアの買い出しに!

ライター撮影

スーパースポーツゼビオはスポーツ用品店ですが、実はゼビオグループにはアウトドア専門店の「Victoria L-Breath」やゴルフ専門店「Victoria Golf」などがあります。ボクの近所のゼビオにはL-Breathが入っていまして、キャンプギアが豊富に揃っていました。

ライター撮影

ゼビオと言えば、入り口に動物の巨大模型!ボクの知ってるゼビオには、いずれも入り口に巨大動物がいますので、全国共通なんだと勝手に思っています。この熊は胸にマークがないので、きっとヒグマですね。会ったら死を覚悟するしかない迫力です。

ライター撮影

隣にいるのはヘラジカ。ヘラジカは世界最大のシカとして有名で、なんと体長3m、体高2m、体重はオスで700㎏にもなるという、化け物の如き巨大シカです。ボクはいつか、このヘラジカに会ってみたい願望がありまして、このゼビオに来る度に想いがつのります。でも会ったら失神しそうです。

魅力的なキャンプギアたち

ライター撮影

L-Breathにはキャンプギアがずらり!大きなテントから小物まで、キャンプ用品が沢山取り扱われていました。正直言えば全部欲しいのですが、編集部のマルヤマさんがお財布を握っているので無駄なお買い物は許されません。直近でとにかく必要になるものを吟味します。

ライター撮影

コールマンのガス缶。使い慣れてる方ならなんてことない商品かもしれませんが、バーナーすら所持していないボクからすれば、すごく素敵なアイテムに見えます。これを木棚に飾って一眼で写真撮ってインスタにアップすればキャンパーの仲間入りできるはず。

ライター撮影

メスティンもキャンプでの必須アイテムの一つですが、こちらもまだ未所持。画像のようなメスティンはまだ手を出せず、とりあえずは1000円で4つセットの激安クッカーを購入しました。いきなり高級装備を揃えてしまうと、レベルアップを楽しめませんよね!「木の棒スタート」が冒険の醍醐味です。

購入したのはポケットストーブと枕


ライター撮影

今回購入したかったのが、エスビットの「ポケットストーブ」。こちらもキャンパーご用達の人気アイテムとして愛されている様子で、これと燃料があればどこでも簡単な調理ができてしまうそうです。

価格も2000円を切るのでお手軽。バーナーは後にして、まずはエスビットでキャンプ飯作りに慣れていきたいと思います。

ライター撮影

もう一つの買いたかったものが、コールマンの「エアーピロー」!吹き込み口が付いており、いつでも簡単に膨らませて枕にできるナイスギアです。いつまでも家の枕を使う訳にはいきませんので、これは絶対に手に入れなければと思っていました。

ギア購入後の帰り道の高揚感…

ライター撮影

ワークマンでチェアやテーブルなどは買っていましたが、初めてキャンプ用品店でキャンプギアを買った帰り道の高揚感は凄かったです…!「買った!ついにキャンプギアを買ったぞ!エスビットのポケットストーブを買ったぞ!オレはキャンパーなのだ!」と、ワクワクしまくっていました。

帰宅したのが夕方の6時10分でしたので、ギアを使うのは明日に。チェアだけ広げてビールを飲んで終了です。

7日目:ビーチにテントを設営してみた

憧れの海を眺めながらキャンプ

ライター撮影

海を眺めながら一日を過ごせたら気持ちいいに違いない…でも海は風が強いだろうなぁ…!」と思ってビビっていたのですが、ボクがビビるということは記事を見て下さった初心者の方もビビるに違いないので、むしろ行かねばならないと思って砂浜に来ました。

テントを設営してみたところ、とりあえず風が強く吹いていない内は問題なし。砂浜用ペグも持ってませんが、とりあえずは問題ないように感じていました。

ライター撮影

こちらがテントの中からの光景ですが、この7日間の中で一番感動した瞬間になりましたね。テントの中にいるから室内のような感覚があるのに、目の前には海が広がっている。それはまるで「温泉につかりながらアイスを食べている」ような、非常に贅沢な気持ちになったんです!

うわ、これは砂浜キャンプに完全にハマるぞと思いましたね。強風でテントが宙を舞うまでは。

砂浜ならではのトラブル発生

ライター撮影

この日はコールマンの枕の初陣の日でしたので、カメラを回して寝心地をレビューしていました。「エアー枕は意外と硬さがしっかりあって、これなら問題なく寝れそうです」というレビューをしている最中に、テントに異変が発生します。テントが一部、浮いているのです!


ライター撮影

急いで状況を確認したところ、ペグが抜けていました!しかし、刺し直しても地面が砂浜なので、風で煽られるとすぐに抜けてしまいます。「ああ、やっぱり普通のペグでは砂浜キャンプは難しいんだな。今日はもう諦めようか。」と思い、テントを片付けようと思ったら…。

ライター撮影

テントが宙を舞いました。右手にはカメラ、左手一本で飛ばされないようにテントを持っています。静止画では伝わらないのですが、動画上では爆笑してます。海辺に一人、30代男性が、テントが飛ばないように掴みながら爆笑している状況です。

ちなみにこの時、少し離れたところに、何か人生の悩み事でもあるかのような30~40代と思しき女性が一人ポツンと座っておられました。こんなボクを見て笑ってくれたら嬉しいです。

ライター撮影

一旦カメラを置いて片付けようとするも、中々の強風。やはり海風は強いですね!キャプテンスタッグの砂浜用ペグ、30㎝ほどの長さのものを刺せば問題ないことが多いみたいなのですが、それも風の強さ次第。砂浜キャンプの恐ろしさを知りました。

砂浜キャンプスキルを絶対に習得したい!

ライター撮影

初回の砂浜キャンプ練習は失敗に終わりました。ですが、テントの中から見た景色の美しさには本当に感動しまして、「絶対に砂浜でキャンプできるようになりたい!」と強く思いました。

砂浜でキャンプできるようになれば、砂浜なんて日本中に無数にありますので、いつでもどこでも楽しめますよね。このスキルを身に着けて、どこでもキャンプできる人間を目指したいと思います!

最初の1週間を過ごして

ライター撮影

毎日キャンプ生活、最初の1週間が終わりました。今回もテントにトラブルが起きて大変でしたが、最初しか味わえないトラブルですので、むしろどんな失敗イベントが起きるのだろうと内心楽しんでいた部分もあります。テントが飛ぶ体験は、もう中々できないでしょう!

カップ麺ではありますが外でご飯を食べて、ビーチでテント設営もしましたが、キャンプで楽しめることはまだ100倍以上あるはず!次週も新しいことにどんどんチャレンジして成長していきますので、ぜひ見守って頂ければ幸いです!