検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【冬キャンプデビューしたい】初心者も安心!舞洲バーベキューパークをご紹介!

大阪舞洲にある「舞洲バーベキューパーク」は、初心者でも安心してアウトドアを楽しめるスポットです。おすすめポイントや基本情報を紹介しますので、キャンプデビューしたい人や大阪周辺でキャンプ場を探している人はチェックしてみてください!
更新: 2022年3月17日
ソウカワ ヨウスケ

「舞洲バーベキューパーク」で雨キャンプ!

ライター撮影:広いキャンプサイトが魅力

今回は、大阪此花区にある「舞洲バーベキューパーク」で雨キャンプをしてきました。舞洲といえば、私は大阪マラソンやサマーソニックなど楽しい思い出がたくさんある場所です。

実際にキャンプを楽しんだ感想やおすすめポイントを紹介しますので、フィールド探しの参考にしてみてください!

当記事は、2022年2月20日訪問時点の情報をもとに作成しています。最新情報は、施設にお問い合わせください。また、料金はすべて税込価格です。

ライターの感想

ライター撮影:広いサイトがたくさん

全体的にとても整備されていて、初心者からベテランキャンパーまで誰でも楽しみやすいフィールドだと感じました。1サイトがとても広々しており、大型テント+タープ+車を駐車してもゆとりがあります。

販売・レンタルも充実しているため、手ぶらで訪れたり職場が大阪の人は仕事帰りにキャンプしたりと、とても便利に使えそうなキャンプ場です。

屋根つきサイトもあるため、雨の日も安心してバーベキューやキャンプを楽しめます。都市部にあるため、自然の風景を楽しむより集まりやすい場所でアウトドアを楽しむのにピッタリなスポットです。

基本的に「舞洲バーベキューパーク」は、デイキャンプを楽しむ施設であるため、宿泊できるプランは、月毎に開催日が指定されています。2・3月の場合は毎週末に「焚き火 de キャンプ the ナイト!」の予約が必要です。

この点は要チェック!

ライター撮影:しっかりとペグダウンして設営しよう

サイトは砂地が多く、一般的なペグだとしっかり固定できないおそれがあります。鋳造ペグやスクリューペグなど、固定力が強いペグを準備しておきましょう。

また、海に近く、訪れた日の日中気温は10度前後、明け方も氷点下に下がることなく暖かいのはうれしいポイントです。しかし、時間帯によっては風が強く吹くため、タープやテントはしっかり設営しなければ、風で飛ばされてしまいます。

「舞洲バーベキューパーク」のおすすめポイント!

1:好アクセス

大阪の中心地から約20分の場所にあり、アクセスしやすいのがポイントです。私の自宅からでも、高速道路を利用すれば1時間以内で到着します。電車やバスなどの公共交通機関を使っても訪れやすく、車に乗らない人でも気軽にキャンプできるフィールドです。

また、グループで利用する人にうれしい送迎バスの貸切にも対応してくれるため、レクリエーションや会社の行事にも利用しやすいでしょう。見積もりは無料で対応してくれるため、気になる方は気軽に相談してみてください。

2:車を横付けしても広いサイト

ライター撮影:小さいテントなら、あと2張りは設営できる

サイト区画が10×10mと広く、車を横付けできます。ソロキャンプで初めて横付け駐車可能なキャンプ場へ訪れましたが、荷物の運搬を気にしなくてもいいのは大きなメリットです。

キャンピングカーなどの大型車両で訪れている人も見かけましたので、一般的な車であれば広々とした空間でキャンプを楽しめます。

車を駐車し、タープ・テントを設営しましたが、ソロキャンプなら場所が余るほどでした。

3:屋根ありサイトも選べる

屋根ありのサイトも選べるため、雨でも安心してキャンプを楽しめます。今回は「カンガルースタイルをするんだ!」と意気込み、屋根なしサイトを選びました。しかし、思い返してみると「屋根があってもできたな」と少し恥ずかしい気持ちになります。

屋根ありサイトを利用していた、ほかのキャンパーさんの楽しみ方を見ていると屋根の使い方もさまざまです。例えば、屋根にタープの端を固定したり、全面をビニールカーテンで覆って寒さ対策したりと上手に活用している人がたくさんいました。

4:トイレや洗い場もキレイ!

ライター撮影:中もキレイ・清潔

初心者にとって、キャンプ場で気になるのはトイレや洗い場の清潔さです。いずれもしっかりと清掃されており、気持ちよく利用できます。

トイレは、温水洗浄便座が完備されているため、冬場でも冷たさに震える心配がありません。

ライター撮影:お湯を使えるのはうれしい

洗い場もコンロを洗う場所と食器類を洗う場所に分かれており、とても使いやすいのが特徴。また、お湯も使えるため、冬でも手がかじかまないのはうれしいポイントです。
 

5:BBQメニューも豊富!

「舞洲バーベキューパーク」を予約する際、迷ったのは豊富なBBQメニューです。定番のバーベキューセットや豪華なラムやステーキなどのメニューがたくさんラインナップされています。

1人では食べ切れる気がしなかったため、今回はパスしました。しかし、グループやファミリーキャンプするときに、食材の準備をしなくてもいいのは大きなメリットです。

6:遊べるスポットもたくさん!

「舞洲バーベキューパーク」には、アトラクションがたくさん併設されているため、子ども連れのキャンプにもおすすめします。セーフティーネットが備えられて、安心して遊べる「舞洲シーサイドアスレチック」。

未経験者から経験者まで、多彩なコースをバギーで駆け抜けられる「舞洲シーサイドバギー」。大人も子どもも楽しめる陶芸体験などあらゆるアトラクションを楽しめます。

「舞洲バーベキューパーク」の基本情報!

ライター撮影:受付&売店

基本情報

  • 住所:〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2-1-107
  • 営業時間:10:00~17:00
  • TEL:06-6147-5858
  • FAX:06-6147-5851
  • 公式サイト:https://maishima.com/bbq-park/

デイキャンプの利用料金

屋根なしサイト:2,200円
屋根ありサイト:4,400円
大人(中学生以上):1,100円
子ども(小学生):550円
未就学児:無料(定員人数に含まず)
最大定員:12名
電源利用:可能(1日550円)
基本料金には車1台分の駐車料金が含まれ、2台目以降は1台につき900円が必要です。

「焚き火deキャンプtheナイト!」の利用料金

屋根なしサイト:4,400円
屋根ありサイト:8,800円
大人(中学生以上):2,200円
子ども(小学生):1,100円
未就学児:無料(定員人数に含まず)
基本料金には車1台分の駐車料金が含まれ、2台目以降は1台につき1,800円が必要です。

主なレンタル用品と販売品

グリルコンロ:1,650円
テーブル:料金:880円
イス:330円

木炭3kg:1,100円
薪(松)1束:880円
薪キャリーバッグ:220円
炭バサミ:330円
着火剤:110円
チャッカマン:220円
支払い方法:現金のみ

初心者も安心して楽しめるフィールド!

ライター撮影:テントを撤収して、デイキャンプを楽しむ

「舞洲バーベキューパーク」は、フィールドの広さ・気候・設備やレンタルが充実しているなど、あらゆる人が快適にアウトドアを楽しめるキャンプ場です。

普段はデイキャンプを楽しめる施設ですが、月毎に宿泊できるプランも用意されています。居心地がよく、設備も充実しているフィールドは、初心者のキャンプデビューにもおすすめです。

海沿いにあるキャンプ場のため、寒さが厳しくないのもポイント。気軽にアウトドアを始めたい人はチェックしてみてください!

ライターのSNSアカウント

Twitter・Instagramのアカウントで、ライターとして情報発信しています。こちらもよろしければフォローしてみてください。

ライターのTwitterアカウント
ライターのInstagramアカウント

こんな記事を書いています!

冬キャンプデビューに関する連載や、フィールドへ訪れた実際の感想をキャンパー目線で記事にしています。キャンプへお出かけ前にチェックしてみてください!

アンケートにご協力ください!