検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022】ダイワの新作リールまとめ!ベイト・スピニング6機種をまとめてチェック!

2022年のダイワリール新製品まとめ!スピニングリール、ベイトリールを合わせて、今年のダイワ新製品から6機種を紹介しています。今年は「イグジスト」がゴージャスにモデルチェンジ!ダイワファンは要チェックの新製品ラインナップです!
2022年3月9日
sim0223

目次

ダイワの2022年新作リールをまとめてチェック!

2022年春のダイワ新作リールまとめ!

ダイワ2022年の新作リールから6アイテムを紹介!陸っぱりでも使えるものを中心に、スピニングリール・ベイトリールを合わせてご紹介します。今期は「イグジスト」をはじめハイエンドなアイテムが目立つ内容ですが、「カルディア SW」や「タトゥーラ TW 80」など、エントリーモデルとしても検討できるミドルクラスも揃っています。

新タックルへの乗り換え、新しい釣りを始めるための1台に!ぜひ今年の釣りを楽しむリールを探してみてください!


2022年の新作スピニングリールを2アイテムご紹介!

2022年春のダイワ新作スピニングリールを2つご紹介!

まずはダイワのスピニングリールを2アイテムご紹介!ダイワスピニングリールのフラッグシップモデル「イグジスト」とミドルクラスのSW機「カルディア SW」をご紹介します。イグジストはLT2000S~LT5000-Cまでのラインナップで、陸っぱりはほぼすべての釣りに対応!22モデルはアフターサービスにもかなり力が入っていて、ハイエンドへの乗り換えにはピッタリの1台です。

やり込む釣りが決まったらリールはハイエンド!本気の趣味を見つけた方は「22 イグジスト」をチェックです!

①「22 イグジスト」


【3月入荷予定】イグジスト LT2500S-DH

出典:楽天

前作となる18年モデルの評価が非常に高かったハイエンドスピニングリール「イグジスト」は、22年モデルも非常に魅力的!今作はデザイン、前作の重厚なコンセプトを引き継ながら、軽やかな使用感をさらにプラスする「エアドライブデザイン」を採用してモデルチェンジを果たしました。自重こそそれほど変化がありませんが、フロントの軽量化、ローターを低慣性化で重心が手元によることで、軽さと強さのバランス感をより体感できるコンセプトです。

採用技術面では次世代の技術となる「ATD TYPE-L」、「ツイストバスターⅢ」を獲得。ドラグ、ライン巻き取り性能もしっかりアップデートされて、新型らしい仕上がりです。ラインナップは全14機種、ライトゲームからライトショアジギングクラスまでと陸っぱりのルアーゲームを幅広く対応できる機種構成!ガッツリやりこむメインタックルのリールとして検討してみてください!

新番手表記「パワーカスタム」

「18 イグジスト」からの大きな変更点としてチェックしておきたいのが番手表記の変更。前作にはFC(フィネスカスタム)というモデルが多数存在していましたが、今作ではFC表記を撤廃し、PC(パワーカスタム)という表記が追加されています。PCモデルは非PCモデルに比べてボディがワンサイズ大きいです。

この変更は「18 イグジスト」を知っていると混乱しやすい内容で、まず「22 イグジスト」は全モデルコンパクトボディ、その中でPCモデルはボディがワンサイズ大きいというのが変更の全貌とイメージすると分かりやすいです。FCのことは忘れて、コンパクトボディとPCモデルなんだとイメージしてモデルを選んでみてください。

アフターサービスが超充実


もう1点、前作からの価格上昇とアフターサービスの充実も「22 イグジスト」の大きな特徴です。価格上昇は定価で前作比1.5万円~2万円程度、後述するアフターサービス分なのか、パーツや製造などでコスト上昇があったのかは分かりませんが、流通価格でも10万円近いモデルがあります。

気になるアフターサービスの内容は非常に豪華で、ダイワアプリ内に「22 イグジスト」専用のオーナーページが登場。専用問い合わせ窓口、定期点検サービス、オーバーホール特典などのサービスを受けられるようになります。

組み立てから出荷、点検時にも明確に「22 イグジスト」専用という枠組みが作られて特別感が大きくアップしました。ハイエンドほど初回購入時の個体差は気になるところ!このあたりも「22 イグジスト」は期待ができそうです!

②「カルディア SW」

【3月入荷予定】カルディア SW 6000D-H

出典:楽天

続いてはお手頃価格でビッグゲームに挑戦できる大型スピニングリール「カルディア SW」をご紹介します。「21 セルテート SW」に続くダイワSW機として展開されるこのリールは「BG」の血統を受け継ぐハイコストパフォーマンスが持ち味で、アルミ製のモノコックボディと大口径ギア、カーボンドラグワッシャーを揃えた本格派の仕様。ボディ剛性を高めることで、高負荷時でも巻けるパワーを備えています。

亜鉛製のギア、4000番、5000番のローターがDS5、それ以外はDS4と「21 セルテート SW」からは見劣りする部分がありますが、エントリーモデルとしては十分に魅力的!18000番まであるので、ヒラマサキャスティング入門としても十分使えるリールです。まずはタックルを揃えて、リールにダメージが出るまでやりこんでからハイエンドに乗り換え、こんなイメージで入門用のリールをお探しの方はぜひチェックしてみてください。もちろんすぐに壊れることはありません!

小型番手はどう使う?

ラインナップ中最小となる4000番クラスは、SWではない通常のモデルにもラインナップされているサイズ。「21 カルディア:LT4000-CXH」と「22 カルディア SW:4000-CXH」どちらにすべきか悩む方に向けて、選び方のポイントを簡単にご紹介します。

比較のポイントとして最も明確なのは自重とパワーのバランス感で、自重差は4000番同士の比較で60gあります。軽さに魅力のあるようなロッド、取り回しに優れたタックルをイメージするなら、選択すべきは「21 カルディア」です。リールのパワーを活かせるヘビーなロッドと組み合わせるなら「22 カルディア SW」をおすすめします。

ターゲットで選ぶ場合はシーバスやフラットフィッシュが境界となるラインで、ヒラスズキや青物を意識するなら重くて強い「22 カルディア SW」がおすすめ!「セルテート」や「イグジスト」は予算オーバーでリールにパワーが必要、というときも「22 カルディア SW」を検討してみてください。

2022年の新作ベイトリールを4アイテムご紹介!

2022年春のダイワ新作ベイトリールを4つご紹介!

ベイトリールからはルアーゲーム向けの機種を4つピックアップしてご紹介!最注目はレベルワインドレス機「22 ソルティガ 15」ですが、「シルバークリーク」に「シルバーウルフ」と魅力的なハイエンド機が他にも複数発表されています。

バス釣りのベイトキャスティング入門に最適な「タトゥーラ TW 80」もあるので、初心者の方はこちらをチェック!ソルト対応機種なので、ロックフィッシュやシーバスで遊んでもOKの1台です!

①「タトゥーラ TW 80」

【3月入荷予定】タトゥーラ TW 80 右

出典:楽天

野池の陸っぱりのバスベイトキャスティングデビューにもピッタリ!!12lb100mサイズの新しい「タトゥーラ」です。剛性感と耐久性能を高める新しい設計コンセプト「ハイパードライブデザイン」採用機としては最安値となるアイテムで、価格は定価22,000円。流通価格17,000円前後でバス釣り入門機としても検討できる価格が非常に魅力的です。

少し細めの12lbフロロを80mほど巻いて3/8ozクラスのバスルアーを使う陸っぱりタックルに、16lbを50mほど巻いて野池の撃ちモノタックルに、どちらの運用でも軽くコンパクトなボディが活きてきます。手ごろな価格かつソルト対応なので、2タックル目を検討中の方にもおすすめです。

②「シルバークリーク エア TW ストリームカスタム」

22 シルバークリーク エア TW ストリームカスタム

出典:楽天

「21 月下美人AIR TW PE スペシャル」に続くカスタムモデル第二弾!同じく「20アルファス AIR TW」ベースの渓流ベイトフィネス専用モデルがリリースされます。価格は「シルバークリーク エア TW ストリームカスタム」が定価で1,800円高いです。

違いが大きなポイントはスプールと付属しているブレーキ構造で、シルバークリークについているのはインダクトローター固定式の専用スプール。PE専用ではなくモノフィラメントラインも使えます。ライトソルトゲームとは異なり、ネイティブトラウトで1gやそれを下回るようなルアーをキャストする機会はほぼ無いので、月下美人よりも対応ルアーに幅を持たせたセッティングです。

シルバークリークはコルクハンドルノブ、アルミスタードラグが標準で装備されていますが、ベアリング数は6個少ないです。スプールの性格には大きな違いがあるので、ご自身のスタイルを加味しながらどちらを使うか検討してみてください!

③「シルバーウルフ SV TW PEスペシャル」

【5月入荷予定】シルバーウルフ SV TW PE スペシャル

出典:楽天

新コンセプトのPE向けベイトキャスティングリール!細糸に10g前後のルアーを組み合わせたロングキャスト、という釣りにハマるチニング向けのベイトリールです。ベースは「ハイパードライブデザイン」採用機の「21 ジリオン SV TW」で、基本的なスペックはダイワの最新型基準。剛性や巻き感もバッチリです。

最大のセールスポイントである「34mmG1ジュラルミン製SV BOOST PEチューンスプール」はPEライン専用のスプール。PE0.6号~PE0.8号を150m巻いて、3.5g~28gをロングキャストというシチュエーションに最適化されたセッティングです。

チニングでのフリーリグを強く意識した内容なので、バスフィッシングやライトロックフィッシュゲームでのシンカー系リグでもかなり活躍できそうです。PEラインでボトム感知能力が大幅アップ!ソルトゲームにこだわらずいろいろ検討してみたい1台です!

④「22 ソルティガ 15」

【5月入荷予定】ソルティガ 15-SJ 右

出典:楽天

最後にご紹介するアイテムは、ダイワのフラッグシップジギングリール!「21 ソルティガIC」よりもパワフルな「22 ソルティガ 15」です。スタンダードモデルと型番にSJがつくスロージギングスペシャルが同時にリリースされます。SJモデルはカーボン製クランクハンドルアームを標準で装備したモデルです。

「ハイパードライブデザイン」を軸に剛性を高める技術、耐久性を高める技術を満載した内容で、青物ジギングはもちろん、アカムツなどディープ系の釣りにも対応。PE3号400mのキャパシティでオフショアソルトシーンを幅広くカバーします!

ダイワのNEWリールで今年の釣りを楽しもう!

今年のダイワリールも魅力たっぷり!

淡水向けにソルト向け、陸っぱりからソルトオフショアシーンまでをカバーする新製品が揃ったダイワの新作リール。ゴージャスになった「22 イグジスト」をはじめ、ルアーアングラーの好奇心を刺激する魅力的なアイテムが揃っています。

「カルディア SW」や「タトゥーラ TW 80」は新しい釣りを始めるための1台としても検討できる手頃な価格!初心者の方もぜひダイワの新作リールを検討してみてください!

リールが気になる方はこちらをチェック!

2022年の新作リールが気になる方は下記のリンクをチェック!

シマノの新作スピニングリール・ベイトリールまとめをご紹介します。今年はシマノの「ステラ」もモデルチェンジ!ソルト、淡水どちらでも活躍する「22 アルデバラン BFS」や「22 サハラ」も登場します。こちらもぜひ合わせてチェックしてみてください!