検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022】シマノの22年春新作スピニングリールまとめ!追加番手も要チェック!

2022年春のシマノ新作スピニングリールまとめ!モデルチェンジ機種、追加番手のあった機種をまとめてご紹介します。今年のシマノは何といっても「22 ステラ」が見どころ!入門向けのスピニ入門向けのにも新作があるので、初心者の方もぜひチェックしてみてください!
2022年2月14日
sim0223

シマノの2022年新作スピニングリールをチェックしよう!

気になるシマノ新製品を一気にチェック!

シマノの2022年春新作スピニングリールをまとめてご紹介!注目の「22ステラ」をはじめ、番手の追加があったモデルやエサ釣り向けのスピニングリールもご紹介します。

今期はハイエンドのリリースがメインとなりましたが、手ごろな価格で初心者の方におすすめの「サハラ」もモデルチェンジが行われました。番手が揃った入門向けのリールなので、入門向けのアイテムをお探しの方はこちらをメインにチェックしてみてください!


2022年シマノ新作スピニングリールはこんな感じ!

最注目は「22 ステラ」!

2022年春のシマノスピニングリールは「ステラ」をはじめ、「リンカイスペシャル」、「キススペシャル」といったハイエンド機のモデルチェンジが目立ちます。追加番手のあった機種を除くと新作は全4モデルで、ルアー向けは「22 ステラ」と「22 サハラ」の2機種。ルアー派の方にとってはちょっと寂しい新作シーズンになったかもしれません。

ルアー向けのリールはベイトリールの人気機種が一気にモデルチェンジされたので、いろいろ検討してみたい方はそちらもチェックしてみてください。

「サステイン」はラインナップ無し


「ストラディック」をベースにパワフルなチューンを施した「サステイン」というリールがあります。海外では21年に新モデルの販売が始まっていて、国内版の22モデルを楽しみにしていた方も多いリールでしたが、今期は新製品にランナップがありませんでした。

ミドルクラスの価格帯でデザイン抜群、ライトショアジギングやサーフで活躍する高剛性モデルと人気の条件が揃った期待の1台!22年秋リリースの可能性はまだまだ残っているので、乗り換え先を検討中の方はこちらも判断材料としてチェックしておきましょう!

ルアーゲーム向けの新作スピニングリールは4モデル!

ルアー向けの4機種をまとめてチェック!


まずは人気のルアー向けスピニングリールからチェックしてみましょう!モデルチェンジとなる「ステラ」、「サハラ」と、追加番手のあった「21 ソアレXR」、「19 ステラSW」をご紹介します。

フラッグシップの「22 ステラ」はもちろん、安い「22 サハラ」も魅力十分!どちらも全モデルからしっかり進化しているので、スピニングリールの購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください!

①「22 ステラ」

【3月入荷予定/ご予約受付中 ステラ C3000MHG

出典:楽天

今期の最注目モデル!シマノのフラッグシップ機「ステラ」の2022年モデルです。デザイン的に前作「18 ステラ」系である印象を受けますが、今作はかなり思い切った技術が採用されていて注目度が非常に高いです。

この思い切った技術とは「インフィニティクロス」のことで、これは 「ミレニアムステラ」などに搭載されていた「スーパースローオシュレート  」の現代版。ラインを巻き取るときのスプール上下動がスローで、ライン巻き取り が平行に近い  密巻き」になります。スムーズなライン放出による 飛距離とドラグ性能のアップが持ち味です。

「インフィニティクロス」に注目!

「スーパースローオシュレート  」は「ミレニアムステラ」、つまり22年前はライントラブルの頻度から一部では 不評となっていた技術ですが、今作は新しい設計と技術特性でこのトラブルを大幅に低減。「スーパースローオシュレート  」よりスローになっていい部分がさらに突出し  、ライントラブルは低減されたというのが現代版の「インフィニティクロス」です。

飛距離アップ、ドラグ性能アップどちらも細糸の釣りから太糸の釣りまで期待できそう!ライントラブルに関しては全く起きないレベルなのか、ちょっとロッドを煽れば問題ないというレベルなのか、発売後のインプレも非常に楽しみな1台です。「スローオシュレート  」は巻き心地の変化がなだらかという面でもメリットが体感できるようなので、この部分にも注目です!

「インフィニティクロス」以外の採用技術も魅力十分!

「インフィニティクロス」以外にも前モデルには無かった機能がいくつか追加されていて、巻き取りのトルクを高める「インフィニティドライブ」、スプールエッジを守る「バリアコート」をプラス。新しい技術としてギアの耐久性を上げる「インフィニティクロス」やタフな新ドラグワッシャー「デュラクロス」、ライントラブルを低減させる「アンチツイストフィン」が追加されました。

新しいスプール形状や「アンチツイストフィン」は「インフィニティクロス」用の新技術で、その他は耐久性やパワーを引き上げるものが追加されています。タフで巻き心地がよく強いのが「ステラ」、今作はこの根幹的なコンセプトをさらに引き上げたモデルに仕上がっています。

②「22 サハラ」

【3月入荷予定・予約商品】22 サハラ C3000HG

出典:楽天

もう1台の注目モデル!実売価格アンダー1万円クラスの「サハラ」もパワーアップした新モデルがリリースされます。注目のポイントは「ねじ込み式ハンドル」になったことで、リーリング時のガタ付き感が大幅に軽減されました。

この「ねじ込み式ハンドル」であるかという点は入門向けのリールを選ぶときの大きな基準になる部分で、本格的なフィーリングを求める場合は「ねじ込み式ハンドル」の機種を選ぶべきです。今までは「21 ナスキー」がシマノ最安値の機種でしたが、今年からは「22 サハラ」が最安値の機種になります!

「21 ナスキー」との違いについて

「22 サハラ」のラインナップは500番からC5000XGの全12機種。岸釣り向けであればフルラインナップと呼べる構成です。価格が近い「21 ナスキー」との違いはベアリング数(1つ少ない)と防水機能「コアプロテクト」の有無のみ。特別な防水機能が無いというだけで、「22 サハラ」にも防水機能自体は搭載されています。

比較ポイントは「コアプロテクト」、つまり強力な防水機能が必要かどうかという点に注目するのがおすすめです。サーフ、小磯といった潮風や波の飛沫が気になる釣り場で使うなら「21 ナスキー」、淡水や港の内側など気にならない釣り場で使うなら「22 サハラ」のイメージで選択してみてください!

③「21 ソアレXR(追加番手)」

【5月入荷予定・予約商品】22 ソアレXR 500SPG

出典:楽天

アジングやメバリングといったライトゲーム向けのスピニングリール、「21 ソアレXR」に500SPGが追加されます。500番はこれまでにも展開されてきた番手で、特別なボディサイズを持つ軽量&ローギアのスペシャルモデル。アジングのジグ単専用とも言えるモデルです。

135gと非常に軽く、巻き取りが最大で58cmとショートなので、巻きすぎずスローに動かし続けたい近距離戦におすすめ。基本的には無難なC2000番系をおすすめしますが、近距離ジグ単用に特化型のタックル構築を目指す方はぜひチェックしてみてください。ソアレシリーズにバッチリ合うカラーリングです!

「21 ソアレXR 500SPG」の動画をチェック!

前作で検討された方は何となくイメージがつかめている「500番」ですが、「21 ソアレ」で初めて検討するという方も少なくないと思います。いいところはどんなところなのか、SHIMANOTV公式チャンネルの動画をチェックしてみましょう!

明確によいところはコンパクトで軽いこと、スプールが小さい(細糸をそのまま巻きやすい)こと、今作では巻き取り長が短いことの3点。弱点はジグ単以外で使いにくいことや、ドラグ力が低いことです。500番は設計が特殊なので、他の「21 ソアレXR」に搭載されている「マイクロモジュールギアII」、「X シップ」、「サイレントドライブ」、「マグナムライトローター」、「ロングストロークスプール」非搭載。このあたりも悩みどころになるポイントと言えます。

前作などでときどき言われていた巻きの重さについては、ローギア化による改善が期待できそうです!

④「19 ステラSW(追加番手)」

シマノ 22ステラSW 10000HG 2月頃入荷予

出典:楽天

「19 ステラSW」の22年追加モデルは「SW10000HG」。これまでは「SW8000HG」か「SW10000PG」かというラインナップだったので、「SW10000HG」が欲しい!という場合にジャストな番手を選べるようになりました。

スペックはPE5号300mでギア比5.6:1。HGということでプラグもジグも扱える番手です。PE5号で追加タックルを検討中という方はぜひ検討してみてください。「SW10000」はオフショアがメインになる番手ですが、ショアで大物を狙う釣りでも出番を作れそうです!

エサ釣り向けの新作スピニングリールは2モデル!

エサ釣り向けの2機種をまとめてチェック!

①「22 BB-X リンカイ スペシャル」

【4月入荷予定】BBXリンカイスペシャル 1700DXXG

出典:楽天

クロダイ専用のレバーブレーキリール、「BB-X リンカイ スペシャル」もモデルチェンジ!コンパクトなサイズ感はそのままに、5gの軽量化と超ハイギア化を遂げて22年モデルに生まれ変わります。「テクニウムブレーキレバー」や「Xプロテクトラインローラー」で使用感と耐久性もパワーアップです。

前作からは基本性能のアップがメインとなったモデルチェンジではありますが、最大巻き上げ長95㎝を達成したXXGは非常に魅力的。レバーでのファイトをよりクイックに、緩急の効いたコントロールをサポートしてくれます!

②「22 キススペシャル 45」

【4月入荷予定・予約商品】22 キススペシャル 45

出典:楽天
出典:楽天

投げ釣り向けのハイエンド機種「キススペシャル」もモデルチェンジが行われています。実に11年ぶりとなるモデルチェンジで、大きく変化した点は設かなり計から見直した最適なバランス構築「リジッドキャスト」と、スタンダードなスピニングリールにも搭載されてきた「インフィニティドライブ」の採用。剛性が高くなって、より付加に強い安定したキャストができるようになりました。

スタンダードな巻き取りで自重が軽い「GOKUHOSO」モデルと、飛距離が伸ばせる密巻きの「CE GOKUHOSO」がラインナップされていて、どちらも45mmストロークの替スプールが付属!モデルチェンジがゆっくりなモデルなので、思い切ってハイエンドへの乗り換えを検討してみてください!

2022年もシマノスピニングリールで楽しもう!

2022年は入門機&ハイエンド!

2022年のシマノ新作スピニングリールは、「22 ステラ」と「22 サハラ」が要注目機種。ハイエンドと入門機、予算に合う方を検討しておきましょう。ミドルクラスは「21 ソアレ」の500番のみなので、他の釣り用に検討したかった方は秋冬の新作に期待です。

「インフィニティクロス」の性能アップが今年の見どころ!ステラ以外には採用されそうにない機能なので、新しい技術を試してみたい方はぜひ「22 ステラ」を検討してみてください!

シマノが気になる方はこちらもチェック!

シマノのスピニングリールが気になる方は下記のリンクをチェック!

2020年、2021年モデルがチェックできる新製品まとめをご紹介します。「21 アルテグラ」などのモデルチェンジ直後は品薄で入手が難しかったリールも、準新作になれば流通状況は落ち着いてきます。同じグレードばかりがモデルチェンジされるということは無いので、準新作も要チェック!予算の許す範囲でワンランク上の機種、ワンランク下の機種も合わせて比較検討を行いましょう!