検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

釣り×車中泊キャンプが大人気!その魅力&車内を快適にする便利グッズもご紹介!

新しい旅行スタイルとして人気なのが車中泊です。車中は宿泊代がかからない分旅行代の節約になり、好きなな場所に泊まれるところに人気があります。車中泊は釣り場の近くなら釣りあげた魚をその場で焼いて食べたり、海沿いでは海水浴などを楽しんでその場に泊まれるのが魅力です。
2022年1月21日
iwama

目次

釣りの車中泊の魅力と快適な便利グッズ

これまでの旅行は、ホテルや旅館などの施設やキャンプのテントサイトでの宿泊でした。新しい宿泊スタイルとして人気なのが車中泊です。車中泊は、ご自身の好きな所に泊まれて宿泊代も必要ありません。

アウトドアで人気の釣りですが、車中泊なら釣り場の近くに泊まれて周辺に宿泊施設がなくても快適に過ごせます。大自然の中で釣りを楽しんで宿泊する、それが車中泊の醍醐味です。ここでは釣りと車中泊の魅力と、あれば便利なグッズをご紹介します。

1.車中泊で釣りが人気の理由とは


車中泊が人気の理由は、宿泊代が無料で好きな場所でできることですが、それだけではありません。車を所有する方の多くが車中泊に適したミニバンタイプで、この車は車内で過ごせるスペースがあることも人気の理由です。

その中でも人気なのが釣りをしながらの車中泊、川原に車を止めて釣り上げた魚をその場でバーベキュー。夜は川のせせらぎの音を聞きながら、静かに過ごせるのは車中泊ならではの醍醐味です。岩でごつごつした川原でも車中泊なら問題ありません。

2.釣りと車中泊を快適に楽しむ方法

釣と車中泊を一緒に楽しむには、場所の設定と車中泊に必要は持ち物を忘れずに用意しましょう。車中泊は足場を気にせず宿泊できますが、渓流沿いでは、川に近づきすぎると車内でも川の音が大きすぎて眠れないことがあるので少し離れた場所がおすすめです。

寝る時には、車が斜めだと寝にくい場合があるのでなるべく平らな場所を選びましょう。朝もゆっくりしたい時には、車の窓をカーテンなどで目隠しすれば朝日が入り込まず快眠できます。

3.車中泊で便利なグッズ


釣の車中泊では最低限押さえておきたいのが睡眠と食事、釣り竿の収納になります。そのため、快適に睡眠ができて簡単に食事も済ませたいものです。寝る時の床の段差が気にならないよう折りたたみマットやシュラフを利用すれば快適に眠れます。

食事はレトルトやインスタント食品など、すぐに温められるようバーナーを用意したいです。釣り竿はロッドなどの長物の場合は、車の天井や側面に取り付けられるロッドホルダーを使用すれば収納に困りません。

釣と車中泊が楽しめるスポット

釣りを楽しむスポットとしては渓流や海などがあります。渓流では釣り場の近くで車中泊ができるスポットがあれば、移動をせずに過ごせて便利です。オートキャンプ場で釣りができれば、シャワーやBBQ施設などが揃っているので快適な車中泊ができます。

磯釣りが趣味の方なら、海岸の釣り場の近くで車中泊もおすすめです。ここでは釣りと車中泊が同時に楽しめるスポットについてご紹介しますので、お出かけの参考にしてください。

POINT

  • 駐車場の営業時間をチェック
  • キャンプ場は車でテントサイトに入れるかチェック
  • 一般駐車場は簡易シャワーや食事ができるかチェック

1.渓流の釣り場で車中泊を楽しむスポット

渓流釣りを楽しむ時は、国際マス釣り場のような渓流釣り掘りです。このような釣り堀には駐車場が併設されているので、多くの釣り客は駐車場を利用します。車中泊をする場合にはこの駐車場を利用すれば足場も平らなのでおすすめです。

確認が必要なことは、釣り堀の閉店時間に合わせて駐車場も閉鎖されるところもあるので、24時間利用できるかは確認しましょう。駐車場でどの程度火を使えて、ポータブルシャワーなども使用できるのか調べることもおすすめします。

2.釣り場併設のキャンプ場で車中泊を楽しむスポット

釣と車中泊をするのに適したスポットが渓流があるキャンプ場です。キャンプ場の中でも、車がテントサイトまで入れるスポットやオートキャンプ場がおすすめと言えます。キャンプ場なら、BBQやシャワーの施設も完備されているところもあるので便利です。

渓流があり釣りと車中泊ができるキャンプ場なら楽しい車中泊ができます。BBQやシャワーの施設の有無によって、必要な持ち物のアイテムが変わるのでチェックが必要です。

3.海岸の釣り場で車中泊を楽しむスポット

海釣りの場合は堤防や海岸の磯釣りが多いですが、車中泊をするには近くの駐車場を利用することになります。ほとんどの駐車場は、釣り利用者専用ではなく公共の駐車場ですので、利用時間と車中泊で食事やポータブルシャワーなどが使えるか確認しましょう。

食事やシャワーができない場合は、近くの食事や入浴ができるスポットを探す必要があります。事前に食事とシャワースポットを見つけておけば次の日も朝から釣りが楽しめますね。

車中泊を楽しめる車の選び方

車中泊を快適に過ごすには、車中泊向きの車を選びたいですね。車中泊ではゆっくり睡眠がとれる余裕のある車内サイズの車がおすすめです。車内の床がフラットになる仕様なら寝る時は快適で車内の高さがあれば広い空間の中でゆっくり過ごせます。

車中泊で困るのは携帯電話などの充電です。こんな時にはハイブリッド車には電源コンセント付もあるので充電に困ることもありません。ここでは車中泊に仕様の車の選び方を紹介します。

POINT

  • 寝る時に身長より長いサイズのとこスペースの車を選ぼう
  • 快適に過ごすなら床がフルフラットになる車
  • 電源コンセントが付いた車なら安心して電気を使える

1.快適な睡眠ができるスペースの確保ができる車

車中泊に適した仕様の車を選ぶのに重要なのは、睡眠ができるスペースがあることです。ミニバンタイプでは列目のシートを倒した時に慎重以上のサイズなら問題ありません。

一人の場合なら荷室の長さが十分あればよいですが、複数で車中泊をする時には横のサイズもチェックしましょう。さらに1列目のシートの足元に余裕があれば、荷物などを収納できてその分荷室のスペースが広く使うことができます。このように荷室のサイズはゆっくり就寝するには重要です。

2.車内がフラットになる仕様の車

車中泊をするには、床がフルフラットになる車を選べば車内で快適に過ごすことができます。ミニバンタイプの車はフルフラットの使用が多いのでおすすめです。車種によってはシートを倒した時に斜めになる車もあるのでチェックしましょう。

さらに、シートとの間が段差になる場合がある場合には、毛布やマットを敷けば気になりません。床のでこぼこは車内で過ごすのには不快なので、床のチェックは重要です。

3.車内が高く電源コンセントが完備された車

車中泊を快適に過ごすには、広さやフルフラットの床とともに車内の高さがあると一層広く感じられます。床から1mくらいの高さがあれば、座った時に天井に頭がつかないので窮屈さがありません。

車中泊の時には、携帯電話の充電や電気器具を使う時にあると便利なのが電源ですね。ハイブリッド車などには電源コンセントが完備された車があります。車を選ぶ時には充電や電気の使用ができるかも確認しておくと安心です。 

車中泊を快適に過ごすおすすめの持ち物

快適な車中泊をするには便利なグッズを用意しましょう。周りに何もないところで車中泊をすることがあります。また、夏や冬に車中泊する時には暑さ寒さ対策が必要です。さらに、車中泊で困ることの一つがお風呂やシャワーをどうするかではないでしょうか。

これらの問題を解決するには、車中泊に出かける前にグッズを揃えたいですね。ここでは、車中泊を快適に過ごすためにおすすめのグッズを紹介します。

POINT

  • 車中泊はプライベートの確保が重要
  • 簡易シャワーがあればお風呂の心配なし
  • 夏冬の気温には簡易冷暖房グッズで対応しよう

1.車中泊の車内で快適なおすすめグッズ

車中泊する時にはまずプレイベーとの確保です。車内にいる時には窓をシェードやカーテンで覆えば車内が見えなくなります。硬い床の上にはマットや毛布を敷けば寝転がっても体が痛くなりません。夜は車内灯だけでは暗いのでのランタンを用意すれば解消できます。

電気製品に必要な、ポータブル電源を用意すれば安心して使えますね。荷物で車内が狭くなった時には、天井ネットが収納できて便利です。車内の換気も必要なので、ウインドウネットがおすすめです。

2.何もない場所でも便利なシャワーグッズ

渓流の釣り場や海岸など周りに何もないところで車中泊する時に困るのがシャワーではないでしょうか。特に夏は汗をかくのでシャワーを浴びてすっきりしたいですね。そんな時におすすめのグッズがあります。

ポータブルシャワーと簡易シャワーブースです。ポータブルシャワーは40lほどの大容量を用意すれば3~4人分は使えます。簡易シャワーブースは、シャワーの時の目隠しになるのでどの場所でも使える便利なグッズです。

3.暑い夏と寒い冬に車内で快適に過ごせるグッズ

車中泊は気候のよい時だけでなく夏や冬も楽しみたいですね。そんな時でも暑さや寒さを防いで快適に過ご付ければすね。車にはエアコンが付いているので、エンジンを掛けてエアコンをつければよいと思うかもしれませんが、危険なのでやめましょう。

そのような時には、夏はサーキュレーターや扇風機、冬はホットカーペットやシュラフを用意すれば快適に過ごせます。これらの電気器具を使う時にはポータブル電源も一緒に用意すると安心です。

4.車中泊で食事に必要な持ち物

車中泊で忘れてならないのが食事に必要なグッズです。車中泊は車内で食事をとる機会も多くなりますが、車内のスペースは限られているので必要なものを揃えましょう。料理する時の調理器具以外には、車内で食事するミニテーブルや食器や食材を入れる収納ボックス

冷蔵品などを入れるクーラーボックスは釣りをした時に釣り上げた魚を持ち帰る時にも使えます。クーラーボックスは平らなものを選べばテーブル代わりに使えて便利です。

 

まとめ

釣りと車中泊の魅力と快適な車中泊の過ごし方、あれば便利なグッズを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。車中泊の釣りなら釣り上げた魚をその場で食べて、移動することなく次の日も同じ場所で朝から釣りができます。

それには快適に過ごせるグッズを用意することが重要です。必要なグッズは、季節や場所によって異なるので出かける前にチェックしましょう。きちんとグッズが揃えば楽しい釣りと車中泊ができること間違いないですね。

車中泊の記事をあわせて読みたい方はこちらをチェック

新しい旅行スタイルとして人気なのが車中泊です。快適な車中泊をするにはするには用意しておきたいグッズがあります。ここに車中泊を快適に過ごせるグッズを紹介する記事があります。

こちらの記事を参考に、必要なグッズを揃えて車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。