検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

レンタカーでも快適な車中泊が楽しめる!フルフラット仕様の人気車種もご紹介!

新しい旅行やキャンプのスタイルとして人気なのが車中泊。キャンプ場だけでなく駐車場でも車中泊のスポットが増えています。車中泊は車のない方でもレンタカーを借りれば気軽にできるのが魅力です。車中泊を快適に過ごすには、用途に合うレンタカーを借りるのが大切です。
2022年1月12日
iwama

目次

レンタカーで快適な車中泊

新しい旅行のスタイルとして注目を集めているのが車中泊。24時間利用ができる駐車場や道の駅、オートキャンプ場など車中泊ができるスポットがたくさんあります。車中泊はしたいけれど、フラットにならないシートの車をお持ちの方や、車のない方でもレンタカーなら車中泊は可能です。

レンタカーで車中泊を楽しむなら、予約の時にゆっくり就寝できて便利なタイプを選びたいですね。この記事は、車中泊におすすめのレンタカーをご紹介します。(この記事の情報は2022年1月9日のものです)

1.快適な車中泊ができるレンタカーの車種の選び方


レンタカーで車中泊をするには、シートがフラットになればマットを敷くだけで快適な就寝ができます。安心して就寝するには、横になった時に足が延ばせる広さが確保できるかです。さらに、天井が高ければ車内の空間が広々として、快適に過ごせるので重要な要素といえます。

レンタカーを借りる時にはこの辺りを注意しましょう。料金が気になる方は、軽自動車でもシートがフラットになり広い空間のタイプの車種があるので、予約前に確認したいですね。

 

2.レンタカーの車中泊であると便利なグッズ

レンタカーで車中泊をする時は、あれば便利なグッズを確認したいですね。プライバシーを確保するにはカーテンがあれば安心です。夜は車内灯だけでは暗いのでLEDランタンがあれば快適に過ごせます。

ポータブル電源も携帯などの充電には必需品です。フルフラットの車でも若干の段差が出る場合があるので、毛布を敷いた上にマットを敷けば快適に就寝ができます。これらはレンタカーのオプションで装備されることもあるので予約の時に確認しましょう。

快適な運転のSUVのレンタカー3選


SUVは快適な走行と広々とした車内が人気のタイプの車で、キャンプ場までの山道も安心して運転できる車です。SUVはレンタカーでも人気で、車中泊ができる車もあります。

普段は車を運転しない方でも、SUVなら取り回しがよいのでそれほど苦になりません。SUVの中にはフラットになるシートもあるので、レンタカーで車中泊をするには予約する前に確認したいですね。ここではおすすめのSUVのレンタカーをご紹介します。
 

POINT

  • SUVなら運転と車内泊が楽しめる
  • SUVならキャンプ場の悪路も軽快に走れる
  • レンタカーはSUVのオプションを確認しよう

1.体の大きい人も余裕で車中泊「スバルフォレスター」


スバルで人気の「フォレスター」は全長が4,625㎜のミドルサイズSUVです。フロントシートから荷室の後部までは1,856㎜あるため、大人でも余裕で就寝することが可能なサイズ。

荷室の高さもあるので、室内空間はかなり広く感じます。シートはほとんどフラットに近い状態になるので、マットを敷けばでこぼこも気になる事はありません。スバルフォレスターはSUVのレンタカーでは快適に車中泊ができるおすすめの1台です。  

2.キャンプで人気の「トヨタランドクルーザー」

SUVのクロカン仕様で、世界中で人気の車がトヨタランドクルーザーです。悪路での走行性に優れて、キャンプ場に乗り込めばひときわ目立つ車と言えます。ボディサイズは全長4,950㎜と大型です。

室内のスペースはセカンドシートを畳むと1,685㎜のスペースができるので、斜めに就寝すれば十分に車内泊ができます。床の部分は若干のでこぼこがありますが、マットの下に毛布などを敷けば快適な就寝が可能なレンタカーでは人気の車種です。

3.大きなラゲッジスペースで車中泊「ホンダCR-V」

ホンダで人気の「CR-V」は、取り回しのよい全長が4,605㎜のミドルサイズSUVになります。荷室内は、セカンドシートを倒せば1,830㎜もあり床は平らになるので、大人でもゆったりと就寝できるサイズです。

車内にはペットボトルが収納できるドアポケットや、携帯の充電に便利なUSBなどが完備されているので、車内で快適に過ごすことができます。レンタカーでも人気のCR-Vはキャンプなどの車内泊にはおすすめの車です。

車中泊で快適なフルフラットのミニバン3選

車中泊で最も快適にくつろげる車のタイプと言えば、ミニバンではないでしょうか。セカンドシートを倒した時の、室内の長さと高い天井の広々とした車内スペースは、寝るだけでなくゆっくりと過ごすことができます。

ミニバンと言っても、商業車仕様のような大型車からミディアムサイズまでたくさんのタイプがあり、使い勝手はさまざまです。ミニバンはレンタカーでも車種が多いですが、その中でも車中泊におすすめのタイプのレンタカーをご紹介します。

POINT

  • 広い室内のミニバンで快適な車中泊をしよう
  • ミニバンは床がフラットで快適就寝ができる
  • 大型ミニバンなら家族で車中泊ができる

1.フルフラットで車中泊におすすめ「日産セレナ」

日産で大人気のファミリーカーのセレナは、室内長が3,240㎜とミニバンの中では最長クラスです。室内高も1,400㎜もあるため、ゆったりとした空間の中で車中泊を楽しむことができます。

室内空間たっぷりのセレナはレンタカーでも人気の車種で、多くのユーザーはキャンプや旅行などの長距離ドライブに最適な車です。広い室内で、車中泊を楽しむにはセレナはおすすめのミニバンと言えます。

2.レンタカーで人気のミニバン「ホンダステップワゴン」

ホンダステップワゴンは、レンタカーのミニバンでは最も人気の車種です。車内長は2列目と3列目をフルフラットにすると1,950㎜になり、十分な広さが確保できます。床はフルフラットになるので、車中泊の時にはマットを敷けば安心の快適な就寝が可能です。

ステップワゴンは、他のメーカーにはない魅力として、リアゲートの「わくわくゲート」は室内からも開閉が可能なので、車中泊やキャンプの荷物の取り出しに便利なドアになっています。

 

3.快適なキャンプの車中泊で人気の「トヨタハイエース」

ミニバンの中でも最も大型の車種がトヨタハイエースです。ハイエースは商業車として荷物を積載するため広々としたフラットの床スペースになっています。室内空間が広く、室内幅が1,550㎜もあるのでファミリーの車中泊におすすめです。

ハイエースは、商業車のイメージが強い車ですがレンタカーではキャンプや車中泊用に需要が高い人気の車と言えます。レンタカーの予約の時には、オプションでマットやバッテリーなどもあるので確認しましょう。

コスパが抜群の軽自動車の車中泊3選

軽自動車のレンタカーで車中泊と言うと、狭い車内だと窮屈ではないかと思うかもしれません。軽自動車でもミニバン仕様の車なら室内空間が広く、快適な車中泊ができる車もあります。

車中泊用にレンタカーを借りる時に気になるのは借りる料金と燃料代ですが、軽自動車のレンタカーは料金や燃料代も安いので安心です。ここではコスパ抜群で、車内空間が広くゆっくりと車中泊ができるおすすめの軽自動車のレンタカーをご紹介します。

POINT

  • 軽自動車のレンタカーはコスパが抜群
  • レンタカーの車中泊は室内の広い軽自動車を選ぼう
  • 軽自動車ならレンタカーでも運転が楽

1.軽自動車でのゆったりサイズが人気の「ホンダN-BOX」

ホンダのN-BOXは、国内販売台数4年連続第1位に輝いた人気の軽ワゴンです。フルフラットシートのスペースは1,700㎜と、ミニバンと比べると若干の窮屈ですが、斜めに寝れば余裕をもって就寝できます。

車内は箱型で広々とした空間を保つことができて、レンタカーには車中泊用のベッドキッドなどのオプションが完備されていることもあるので予約の時に確認しましょう。ホンダN-BOXはレンタカーと燃料の料金どちらも安心できる車です。

2.軽自動車でも余裕の車中泊「ダイハツハイゼットカーゴ」

ビジネス用の軽自動車ながら、キャンプや車中泊のレンタカーとして人気なのが「ダイハツハゼットカーゴ」です。この車は精悍なエクステリアと、ビジネス仕様の床がもたらすフルフラットの広い居住空間は、他の軽自動車のワゴンとは一味も違います。

室内長は1,950㎜なので、大人でも余裕で就寝できる室内スペースの確保ができるので安心です。この車で車中泊する時は、ビジネス用で床が硬いので柔らかいマットを敷けば快適に就寝できます。

 

3.軽自動車で荷物室が大きい「スズキエブリイワゴン」

車中泊用の軽自動車で、最も車内長と広い空間があるのがスズキエブリイワゴンです。ハイル―フ社の室内長と2,240㎜と室内高は1,420㎜で、軽自動車としては最大級になります。大人でも余裕で乗れて、多彩なシートアレンジができるので、人数に合わせた車中泊用の室内を作るのが可能です。

この車は車中泊用のグッズも充実しているのが特徴なので、レンタカーを予約する時には、純正品のマットやベッドなどを確認することをおすすめします。

まとめ

車中泊におすすめのレンタカーをご紹介しましたがいかがでしたか。普段はセダンの利用や車がない方でも、レンタカーを利用すれば車中泊を楽しめます。レンタカーは、人数や予算に合わせて選びたいですね。

レンタカーを予約する時には、料金以外にも車のサイズや室内のサイズなどは確認しましょう。運転に鳴れていない方は、大きな車では安心して運転できないですし、車体が小さくても室内が広くて快適に過ごせる車なら楽しい車中泊が楽しめます。

車中泊のグッズの記事を合わせて読みたい方はこちらをチェック

車中泊をするには、マットやキャンプで使うグッズなどがあれば快適に過ごすことができます。特にレンタカーを利用する場合には車種ごとで室内の大きさが異なるので、どんなサイズの車でも使えるグッズを選びたいですね。

ここに車中泊におすすめのグッズを紹介する記事がありますので、ご自身の車中泊スタイルに合うグッズを選んで快適に過ごしてください。