検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

キャンプに最適!N-BOXを車中泊仕様に改造できるアレンジグッズ8選!

ホンダn-boxはキャンプなどのアウトドアに最適な車です。車中泊も簡単にできてしまうn-boxを簡単に改造アレンジしてみましょう。車中泊仕様に改造できるグッズなどを詳しくご紹介していきます。マットレスなどのサイズを合わせて快適な車中泊キャンプをおこないましょう
2020年8月27日
HANA0087

n-boxはキャンプ車中泊仕様として最適!

n-boxの車内空間は車中泊に最適なつくり!

ホンダから発売されているn-boxは発売当初から車中泊ができる車としてホンダNシリーズの中でも人気がある車種となっています。

フルフラットとなるシートやディーラーのオプションでも、車中泊仕様としてアレンジされているグッズが多数販売されていて、車中泊キャンプをおこなうには最適なつくりとなっています。

またn-boxの車内空間は広々としていて、車中泊キャンプ用に改造やアレンジするのに最適なつくりとなっていますよ。

車中泊キャンプに最適なn-boxをアレンジグッズを使って改造し、もっと快適な車中泊にしてみましょう。


軽自動車なのに広々とした車内空間

従来の軽自動車とは違い、n-boxの車内空間はとても広くつくられています。運転席や助手席だけではなく、後部座席の方もゆったりと座れ、疲れないような工夫がされていますよ。

車体は小さく、車内は広くをコンセプトとしているホンダのn-boxは、男の方が運転していても疲れない設計となっています。広々とした車内空間を利用すれば、車中泊も快適におこなうことができるのです。

この広々とした車内空間と改造アレンジグッズを使って、車中泊キャンプを楽しみましょう。

n-boxならどれでも車中泊キャンプは可能?

n-boxとn-boxプラスの違い


ホンダn-boxは、n-boxとn-boxプラスが販売されています。n-boxプラスは車中泊用にできていて、改造も簡単におこなえます。マルチボードを使ってベッドモードになったり、後部座席が荷物置き場になったりします。

もちろんフルフラットになるので、車中泊のようにアレンジするのは簡単におこなえますよ。

n-boxもプラスのようにフルフラットにはなりませんが、車内空間が広く快適につくられているため、フルフラットに近いリフレッシュモードへアレンジすれば、車中泊は快適におこなえますよ。

改造やアレンジ次第でn-boxであれば、快適に車中泊キャンプを楽しめますね。

ホンダn-boxプラスマルチボード

ホンダn-boxプラスは車中泊仕様となっているため、マルチボードを使用して車内をいろいろな仕様に切り替えることができます。

4人乗車モードの時は荷物置き場として、フラットモードの時には後部座席がフルフラットとなるため、1人~2人での車中泊など、車中泊場所に着くまでの荷物置き場として活躍します。

そして就寝する時には、ベッドモードでフルフラットにして、快適なベッド仕様にして眠れます。スロープモードは、普段自転車などを積む時にお使いくださいね。


n-box車中泊キャンプ仕様にアレンジ!

n-box車中泊アレンジグッズで快適に楽しもう

n-boxで車中泊を快適におこなうのに、改造・アレンジグッズは必要となってきます。快適に車中泊を楽しむために、どのようなアレンジグッズが必要なのかご紹介していきますね。

フルフラットでベッド仕様にした時のマットレスのサイズや、フルフラットにした際の段差を解消できるアレンジ改造グッズなどもご紹介していきますね。

また車中泊キットなども販売されていますので、賢く車中泊改造アレンジグッズを使いこなして、快適な車中泊を楽しみましょう!

自分なりのアレンジグッズで改造すれば、もっと車中泊が楽しくなりますよ。

n-box車中泊仕様改造アレンジグッズ1

マットレス・布団

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

フルフラットにしてベッドをつくった際に、必要になってくるのがマットレスとなります。

フルフラットでベッドに改造したとしても、シートやマルチボードの板の上では寝心地が悪くなってしまいます。

まずはフルフラットのベッドの上に、マットレスで寝心地のよいベッドをつくりましょう。

n-boxのサイズにあったマットレスのおすすめですが、n-box+用のマットレスには、ニトリで売っている6つ折りのコンパクト収納マットレスシングルがおすすめとなります。

フルフラットのベッドにした時のサイズにぴったりとはまり、収納時もラゲッジルームの板の上にぴったりとおさまりますよ。

n-boxフルフラットベッド仕様

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

n-boxプラスでは、フルフラットのベッドモードが作り出せ、前席から後ろまでがフルフラットとなります。大人の男の方でも足を伸ばして寝ることができるため、便利な機能となっています。

n-boxでもフレッシュモードで、前席を倒し後部座席につけることで、フルフラット状態がつくれ出せます。

こちらもプラスと同様、大人の男の方でも足を伸ばせてくつろげるため、n-boxのフルフラットベッド仕様は本当に便利ですね。

n-box車中泊仕様改造アレンジグッズ2

毛布・寝袋

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

n-boxでフルフラットベッドの上にマットレスを敷いたら、毛布や寝袋などといった寝具も必要となってきます。特に冬場の車中泊や標高の高い場所での車中泊などでは、昼間の気温と夜の気温の差が激しい場合があります。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

明け方に寒くて目が覚めて風邪をひいたということにならないように、ちょうどよいサイズを準備しておくとよいですね。

毛布は季節によって、薄手の物と厚手のもので分けておきましょう。あたたかく快適な素材をおすすめします。

寝袋

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

寝袋は車中泊であれば、筒形の寝袋がおすすめです。自宅のベッドで睡眠がとれているのと同じ感覚で熟睡できますよ。サイズ感も重要となり、あまり窮屈なものだと寝心地が悪いです。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ワイドサイズの寝袋を購入しておけばゆったりと眠れ、2人で車中泊キャンプをしてもひとつの寝袋で済むので経済的かもしれません。

また寝袋の素材は中綿がダウンだと快適に眠れます。寝袋の形やサイズ感・素材を確認して、ゆっくりと睡眠がとれる毛布や寝袋を準備しましょう。

n-box車中泊仕様改造アレンジグッズ3

クッションや枕

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

クッションも車中泊には便利なアレンジグッズとなります。車内の中に段差があると、なかなか落ちついて寝られないものですよね。そんな時にクッションは、車内のちょっとした段差を埋めたりできます。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

クッションを段差や隙間に敷き詰めて、なるべくフルフラットになるように改造していくとよいでしょう。

またクッションは就寝時の枕代わりにもなるので、サイズが小さめのクッションをいくつか積んでおくと便利ですよ。荷物にもならず、快適に車中泊キャンプを楽しむことができます。

イケヒコ ヌードクッション 約45×45cm

出典:楽天

n-box車中泊仕様改造アレンジグッズ4

車中泊仕様の段差を埋めるマット

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

完璧に車内の段差を徹底的に埋めたいという方におすすめなのが、n-box用にできている車中泊マットレスです。運転席と助手席のシートを倒した時にできる、背もたれとシートの間の段差を綺麗に埋めてくれますよ。

おすすめのマットレスは汎用品ですが、n-box仕様にできていますので、シートの段差は完璧に埋めてくれて快適な寝心地となります。こちらを準備しておくと車中泊が快適に楽しめますよ。

背もたれの段差は気になるのか?

一瞬全てがフルフラットになっているように見えるのですが、前座席のイスと背もたれ部分だけは段差があります。写真でも分かるようにかなり段差がありそっているのです。

身長の低い方やお子さんなどは足がここまでとどかないため、あまり気になることはありませんが、大人の男の方ですとやはり気になって寝心地が悪くなる部分だと思います。

イスから背もたれ部分の段差の違和感を解消して、快適な睡眠をおこないましょう。汎用品のマットレスも重くないので、女性の方でも簡単に持ち運びできますよ。

n-box車中泊仕様改造アレンジグッズ5

テーブル

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車内の中で食事をとるにはテーブルが必要となってきます。ベッドモードのフルフラットにしてから、小さいサイズの折りたたみのテーブルなどを置くと食事をとるのにも便利ですよ。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

またLEDランタンなども置けるので、カーテンなど閉めたあとでもプライベート空間が簡単に作り出せます。

キャンプ用の小さいサイズの折りたたみテーブルをひとつ購入しておくといいですね。素材はアルミ製のものだと、熱いものも置けたりするので便利ですよ。

折りたたみテーブル以外の改造アレンジは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

折りたたみテーブルもよいけど荷物になるのがいや!と考える方におすすめな改造アレンジ方法として、フロントテーブルを装着してしまう方法もありますよ。

ちゃんとした調理などはできないですが、フロンと部分にジュースホルダーや小物入れなどがある、小さなサイズのフロントテーブルを装着するだけで、見た目も格好よくなり、車中泊以外の普段での走行時などでも使用できるので、フロントテーブルの改造アレンジもおすすめですね。

n-box VERONAフロントテーブル ウッド

出典:Amazon

n-box車中泊仕様改造アレンジグッズ6

プライバシーサンシェード

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

プライバシーサンシェードは車内を隠す目隠しとなります。横の窓や後ろの窓はカーテンで、フロントガラスのみをプライバシーサンシェードで隠す方法もあります。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

しかしベッドモードにしてくつろいでいる時に落ち着かない方や、車内のプライベート空間をしっかりと守りたい方などは、n-box専用のプライバシーサンシェードがフロント用として販売されていますので、そちらを購入しておくと安心して車内でのくつろぎ空間を作り出すことができますよ。

素材も厚くできているので、外から見ても車内が見えない状態になります。

n-box車中泊仕様改造アレンジグッズ7

網戸

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

夏場の車中泊はとても暑いです。窓を締め切りエンジンをストップすると、ベッドで横になっていても暑くて眠れなかったりします。そんな時に役立つのが網戸です。

ウィンドーバグネットなどの名前で販売されているものもあります。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは車種によって設計されていますので、窓にぴったりのサイズで便利ですよ。

またサイズはよいから簡単にすぐ付けたいという方は、防虫ネットなどで代用することも可能です。いろいろと自作でアレンジしてみるのも楽しいかもしれませんね。

N-BOX ウィンドーバグネット フロント

出典:楽天

n-box車中泊仕様改造アレンジグッズ8

カーテン

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

プライバシーを守るにはカーテンが必要となりますね。リアのカーテンはプライバシーを守るだけではなく、日よけにもなるためつけておくと便利だと思います。

マットレスでベッドを作った時なども、カーテンがあった方が落ち着きます。

汎用品のカーテンでも十分役目は果たせますが、多少の隙間は開いてしまいますので、隙間なくプライバシーを守りたい方は、プライバシーサンシェードのリア用を購入しておくと完璧ですね。改造アレンジを上手におこないましょう。

n-box車中泊キャンプに必要な小物類1

銀マット

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊をおこなう場所でエンジンを止めると寒い場合がありますね。そんな時の寒さ対策として役に立つのが銀マットです。キャンプなどでも使用されている銀マットを一枚敷きこめば、かなり暖かく快適になりますよ。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

サイズも車内に合わせてカットしたりできるので、大きめなものを購入して車内のサイズにアレンジして使用してみましょう。

車中泊は体調管理も大切になってきますので、風邪などひかないように楽しい車中泊をおこなってみて下さい。

レジャーシートも役立つアイテム

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

子どもなどと一緒に車中泊をおこなう場合には、レジャーシートも役立つアイテムとなります。

アルミレジャーシートなら、車内で食事をする際に子ども達に食事やジュースをこぼされてしまっても、さっとふき取れて車内が汚れるのを防いでくれますよ。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

子ども達もピクニック気分で大喜びです。購入金額も高くなく購入できるため持っているとよいですね。

また銀マットの代用品としても使用できますので、銀マットが足りない部分に補えば暖かく睡眠をとることができます。

n-box車中泊キャンプに必要な小物類2

LEDランタン

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊で車を停めている時など、アイドリングストップで停車しなくてはならない場所がほとんどです。そんな時に役にたつのがLEDランタンとなります。

車内を明るく保ってくれるため、怖さも軽減されたり荷物が探しやすくなります。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊の小物類として持ち歩くようにしておくと便利ですよ。他にもヘッドライトなども持っていると、夜トイレなどに向かう時に役に立ちます。忘れないように車内に普段から準備しておくとよいですね。

ラドウェザー LEDライト アンティーク

出典:Amazon

LEDランタン以外はダメなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車内も室内やテント内と同じだと考えましょう。ガソリンランタンやガスランタンなど使用すると、車内の中で不完全燃焼による一酸化炭素中毒になる可能性があります。知らないと爆発事故にもつながったり、車両火災になる可能性もあります。

最悪な場合は中毒死などを引き起こす可能性がありますので、必ず車内ではLEDランタンを使用するようにしましょう。また定期的な喚起などもおこなって、快適な車中泊を楽しんでみてくださいね。

n-box車中泊キャンプに必要な小物類3

洗顔用品など

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊であっても旅行先で温泉に入ったり、朝に顔を洗ったりもします。洗顔フォームや歯ブラシなどは忘れずに持参していきましょう。

小さいサイズのシャンプーやリンス・ボディーソープなども持っていると便利ですね。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

女性の方であれば、化粧品グッズやスキンケアグッズなども持っていくとよいでしょう。

温泉によっては、アメニティーグッズが置いていない場所もありますので、準備しておくといざという時に焦りません。この他にもタオルなどを持参しておきましょう。宿泊施設ではないため、これらの小物類は準備が必要です。

N-BOXを車中泊仕様にできるアレンジグッズ8選!まとめ

車中泊の基本は疲れを持ち越さないこと

n-boxでの車中泊をするために、いろいろな改造アレンジグッズや必要な小物類をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

普通の旅行と違い、長距離を運転した後に車内で眠る車中泊は、快適に睡眠をとり疲れを持ち越さないことが基本となってきます。

疲れ知らずで快適に車内で過ごせるために、車内を改造してみてください。

寒くて眠れなかったり、寝心地が悪かったりすると車中泊の楽しみが半減してしまいます。おすすめの改造アレンジグッズを有効に使い、n-boxでの車中泊を楽しんでいきましょう。

車中泊が気になる方はこちらもチェック!

車中泊に役立つアイテムなどが詳しく記載されている記事となります。気になる方はこちらもあわせてご覧下さい。