検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

車中泊向きのSUV6選!フルフラットになる、タイプ別のおすすめ車種をご紹介!

新しい旅行やアウトドアとして人気なのが車中泊です。快適に車中泊するには床がフルフラットで、広いサイズの車内のスペースが重要になります。さらに、快適な運転を求めるならSUVタイプの車が最適です。SUVはいろいろなタイプの車種があるので、慎重に選びたいですね。
2022年1月12日
iwama

目次

車中泊におすすめのタイプ別SUV

SUVはいろいろなタイプの車の中でも人気です。SUVはオフロードに強いタイプや街乗り向きのタイプなどたくさんあります。SUVの特徴はセダンと比べて車内のスペースが広いため、旅行やキャンプなどのアウトドア向きの車と言えるのではないでしょうか。

SUVの中でも車中泊向きの車は、車内がフルフラットになり高さのある車内です。ここではSUVの中でも車中泊におすすめの車種をタイプ別にご紹介します。(この記事の情報は2022年1月10日現在のものです)

1.SUV車のタイプとサイズ


SUVがどのようなタイプの車と言うのははっきりとした定義がありませんが、大きく分けると取り回しがよく街乗りとしてよく見かけるのがクロスオーバー。ジープに代表するオフロードに強いクロスカントリー車になります。

サイズ別では、セダンやコンパクカーの車高を高めにしたコンパクトトサイズ。3列シートで大人7人も楽に乗れるミドルサイズやフルサイズ、軽自動車などです。このようにタイプやサイズが広範囲な所がSUVの特徴と言えます。

2.車中泊におすすめのSUVの選び方のポイント

車中泊に適したSUV車の選び方のポイントとして大切なのは、就寝スペースが確保できるかです。2列や3列シートの場合はシートを倒して床がフルフラットになることと、荷室が身長より長ければ寝る時も窮屈ではありません。

もう一つ重要なのは車内の高さです。車内が高いとより広く感じられ、車中泊ではゆっくり過ごすことができます。ハイブリッド車などはUSBで電源が取れる車もあるので、携帯電話などの充電に使えて車中泊には便利です。

快適な走りがおすすめのSUV3選


快適な走りで車中泊もできる仕様でおすすめのSUVはクロスオーバー車で、その中で車内高がありフルフラットになるタイプの車です。国産車のSUVではクロスオーバー車が最も車種が豊富で、自分に合ったSUVが選べます。

クロスオーバー車は5人乗りと7人乗りがあり、どちらも車種によっては後部のシートを倒せば就寝スペースも十分です。ここでは快適なドライブとアウトドアの車中泊の両方を楽しみたい方におすすめのSUV車をご紹介します。

POINT

  • クロスオーバーの車中泊は荷室の長い車を選ぼう
  • 街乗りと車中泊におすすめはクロスオーバー
  • 取り回しのよいsuvならミディアムサイズがおすすめ

1.快適な走りと車中泊ができるSUV「トヨタRAV4」


美しいデザインとオフロードも乗りこなすタフさで人気のSUVが「トヨタRAV4」です。ガソリン車とハイブリッド仕様があり、定員は全車種5名で大きな特徴としては荷室の広さが挙げられます。

その広さはミディアムサイズのSUVとしてはトップクラスで、後部シートの使用時でも奥行きが1,015㎜の大容量。シートを倒せば十分車中泊ができるスペースが確保できます。車中泊やキャンプなどのアウトドアのレジャーでは活躍する車です。
 

2.走行性が高くアウトドアに便利なSUV「マツダCX-8」

マツダCX-8はガソリン車とディーゼル車があり、2WDと4WDの2タイプになります。車のサイズは全長4,900㎜と国産車のSUVでは最大級の大きさです。座席は3列シートで、セカンドシートを前方に倒せば床がフルフラットになります。

荷室は大人でも十分に就寝するスペースが確保できるため、車中泊にもおすすめです。CX-8は多彩なシートアレンジができるので、人数に応じた車中泊ができるSUV車と言えます。

3.高い走行性が人気のSUV「スバルフォレスター」

スバルフォレスターは、全長が4,625㎜の国産車のSUVとしてはミディアムサイズで、スバルならではの高い走行性が特徴です。車内はフロントシートから荷室後端まで1,856㎜あり、フロントシート背面と荷室の間の足元スペースを荷物などで埋めればゆったりと車中泊ができます。

フォレスターにはルーフキャリアが付いているため、車内が狭い時にはルーフテントの設置ができて車中泊のスペースが確保できる便利なSUV車です。

フルフラットで広い車内サイズのSUV3選

国産車のSUV車の中で、最も快適に車中泊向きのタイプの車種が多いのがミドルサイズのSUV車です。荷物室のスペースが広く、床がフルフラットになるので快適な就寝が可能で、車内の高さもあるので窮屈さも感じません。

さらに、ハイブリッド仕様ならUSBなども完備されている車種もあるので、携帯電話などの充電の心配はなく快適にアウトドアの車中泊が楽しめる車です。ここではフルフラットで車内が広いおすすめのSUVをご紹介します。

POINT

  • 車内の広いSUVなら快適な車中泊ができる
  • ラグジュアリーはSUVで優雅に車中泊をしよう
  • PHEVのSUVなら車中泊で電気が使えて便利

1.フルフラットで広い車内のホンダCR-V

ホンダCR-Vは5人乗りの2列シートと、7人乗りの3列シートの仕様があります。車の長さは4,605㎜とSUVのミドルサイズの平均的な長さです。どちらも2列目のシートを倒せば床がフラットになります。

CR-Vは7人乗りより5人乗りの方が荷室が広く、2列目のシートから荷室後端までの長さは1,950㎜です。出かける時の人数にもよりますが、車中泊を楽しむのであれば5人乗りのタイプがおすすめと言えます。

2.フルフラットスペースが人気のSUVレクサスRX450HL

SUV車の中でもひときわラグジュアリー感を醸し出す車が「レクサスRX」です。その中でもハイブリッド仕様の車がRX450HLになります。車の長さは5,000㎜と国産車のSUVでは大型です。

車内は、3列シートの6~7人仕様で、2列目と3列目のシートを倒せば床がフラットになります。この時の荷室の長さは1,700㎜程になるので車中泊もできる車です。高級感あふれる車の中の車中泊はレクサスならではと言えます。

3.便利なハイブリッド仕様の三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーは、全長が4,695㎜と国産車のSUVでは平均的な大きさの車です。この車の特徴は電気で走れる距離を長くしたPHEV仕様なので、車内にはコンセントが用意されて、照明だけでなくポットや電子レンジが使える便利さがあります。

室内はフルフラットになり、大人2人なら少し斜めになれば寝ることが可能です。寒い冬のアウトドアの車中泊では、ファンヒーターやホットカーペットも使えるので、車中泊するには便利な車です。

快適な車中泊を楽しむポイント

SUVで快適な車中泊をするにはいくつかポイントがあります。快適に過ごせる車を選ぶことは重要ですが、それだけではありません。車中泊に最適な車でも、車中泊する場所を選ぶことが大切です。

車中泊は車の中で寝泊まりするので、季節によって必要なグッズが変わります。快適に過ごせるグッズも持って行きたいですね。さらに、車中泊する近くの状況も確認すれば忘れ物があっても安心です。ここでは車中泊を楽しむためのポイントをご紹介します。

POINT

  • 快適な車中泊はプライベート確保が大切
  • 快適に睡眠できるように気温対策は重要
  • 車中泊するエリアの情報をチェックしよう

1.プライベートとしっかり就寝できるスペースの確保

快適な車中泊をするにはプライベートの確保と、ゆっくり過ごせる室内居住の確保が大切です。外から人に除かれると安心して過ごせないのでカーテンやサンシェードなどで目隠しをしましょう。目隠しをすることで防犯にも役立ちます。

就寝する時にはゆっくり休めるスペース大切です。疲れが取れないと翌日の運転にも影響するので、足が伸ばせる長さとフルフラットの床なら安眠できますね。さらに、マットを持ちこめば快適に休むことができます。

2.気温対策と作業ができる備品を用意しよう

暑い夏や寒い冬に車中泊をする時には気温対策が必要です。エンジンを掛けたままでエアコンを使うと排気ガスが車内に充満する危険があるのでやめましょう。ポータブル電源を用意して、夏は差キュレーター、冬は電気毛布などを持ち込めば気温対策ができます。

車中泊をする時には、夜に屋外で作業をすることがあるかもしれません。そんな時には電灯やランタンがあると役に立ちます。SUV車のなかでもハイブリッド車なら電源付きもあるので便利です。

3.アウトドアで車中泊する場所を選ぼう

車中泊はどこでもできるわけではありません。道の駅の駐車場などはあらかじめ車中泊の利用ができるか確認しましょう。駐車できても車の行き来が多いとゆっくり休むことができないので静かなスポットを選びたいですね。

駐車場以外のスポットで車中泊する時は、近くにガソリンスタンドやスーパー、コンビニなどの場所を確認しておくと便利です。ガソリンが少なくなった時にいつでも給油ができて、車中泊の途中で食事の材料を忘れた時でも対応できます。

まとめ

車中泊におすすめのSUVをタイプ別にご紹介しましたがいかがでしたか。SUVで車中泊をするには荷室の長さと室内の高さ、フルフラットになるかがポイントです。ハイブリッド車ならUSB電源などがあれば便利ですね。

もう一つのポイントは、クロスカントリー車のようにオフロードの走りを楽しむか、流行のクロスオーバーの車を選ぶかでは大きく異なります。SUVは車中泊とともに、どのような使い方をするのかで選ぶかことが大切です。

SUVが気になる方はこちらをチェック

これからSUVの購入を考えている方は、種類が多すぎてどんな車がよいのか迷うのではないでしょうか。SUVにはデザインが優れたクロスオーバー車やオフロードに強いクロスカントリー車などたくさんの種類があります。

また、5人乗りや7人乗りなどもあるので自分に合った車を選ぶのも大変です。そんな方のために、ここにSUVを紹介する記事がありますので車選びの参考にしてください。