Twitter
Facebook
LINE

SUVの人気車種を徹底比較!価格や燃費を比べながらおすすめをご紹介!

GABACHO

SUVの人気車種を徹底比較!価格や燃費を比べながらおすすめをご紹介!

GABACHO

SUV(Sports Utility Vehicle)スポーツ・ユーティリティ・ビークルとは

SUVとは「Sports=スポーツ」「Utility=実用的な、万能の」「Vehicle=車両、乗り物」の頭文字をとって造られた言葉です。元々はピックアップトラックの上にFRPなどでシェルと呼ばれる居住空間や荷室を作ったものを指していましたが、近年、街乗りからアウトドアまで使えるクロスオーバー乗用車の総称として使われて比較的人気が出ています。

最新のSUV事情

国産車では1990年代にオフロードをメインに開発されたトラックベースのクロスカントリーSUVをレジャーに使うRV(レジャービークル)が大流行しましたが、近年では小型乗用車ベースで車高を上げたり、ラゲッジスペースを大きくしたクロスオーバーSUVが主流となっています。最新のSUVは乗用車ベースなので運転しやすく、居住空間も快適で様々なニーズに応えられる人気のモデルもラインナップされていて、アウトドアユースで比較するにはセダンやワゴンに比べておすすめです。

最新の販売ランキングを元に人気SUVの比較

車の購入は楽しくもありますが、メーカーやブランドによって様々な特徴があり、結構悩むときですよね。特にクロスオーバーSUVを選ぶときには使い方を考えながら比較しないと、ニーズや生活にあったものを今回は最新の販売台数ランキングを元に人気のSUVをおすすめしていきます。

トヨタ C-HR | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト
toyota.jp C-HRの公式ページです。カタログ情報の確認をはじめ、オーナーの皆様の評価の閲覧、見積りシミュレーション、他車比較シミュレーション、カタログ請求などができます。


最新の人気SUVの比較:駆動系編

近年の国産SUVとしての特徴は荷物の積載に加えて、90年代にスバルがレガシィでアウトドアシーンである雪道やオフロードなどの悪路走行に有利な四輪駆動車を用意して大成功したので、舗装路での乗り心地や操作性を向上させたクロスオーバーモデルも多数ラインナップされる様になってきて比較の対象に挙がっています。

最新の人気SUVの比較:エンジン編

販売台数ランキング以外にもエンジンの選択肢も増えてきています。通常のガソリンエンジンに加えて、ハイパワーのハイオクガソリン仕様車。燃費や環境保護を前面に打ち出したハイブリッド車や新技術でのディーゼルエンジンを搭載し、多種多様なアウトドアの利用ができるモデルが存在し、購入時の比較に迷います。



マツダの最新技術の粋を集めたクリーン&エコ・ディーゼルエンジン

最新の人気SUVの比較:燃費編

当然、車体の小さい車、エンジン排気量の小さい車やハイブリッド車は燃料消費量が抑えられて燃費に優れています。また、ディーゼル燃料は単価が安いため燃料費という面からはガソリン車と比較すると優位ですし、最新のディーゼルエンジンは燃費もよく環境にも優しいクリーンエンジンである事がさらなる優位性を保っています。

最新の人気SUVの比較:サイズ編

多種多様な人気SUVが存在するので比較する際に迷うことが多いと思いますが、まずは車の大きさから選ぶこをおすすめします。ざっくりと荷物の積載量や乗車人数、普段の使い勝手やドライバーの力量から選ぶと、排気量1~1.6LのコンパクトSUV、2L前後のミドルレンジSUV、全長5mを超えるフルレンジSUVなどがあります。

コンパクトSUV

ミドルレンジSUV

フルレンジSUV

最新の販売ランキングから見たSUVの比較

2018年度月別販売台数ランキング
ブランド通称名   ブランド名  1月販売台数  2月販売台数
C-HR      トヨタ     5,493   7,627
エクストレイル   日産      4,822   5,854
ハリアー      トヨタ     3,497   4,436
ヴェゼル      ホンダ     3,411   5,887
CX-8      マツダ     2,938   3,032
ランドクルーザーW トヨタ     2,636   2,981
CX-5      マツダ     2,045    -
CX-3      マツダ     1,323   1,439
フォレスター    スバル     1,284   1,618
アウトランダー   三菱       825    864
NX300H    レクサス     822    931
※CX-5は3月マイナーチェンジ前なので販売台数がランキング外になっています。

乗用車ブランド通称名別順位 2018年
2018年1月2月販売台数、ランキング

SUVの特徴比較:コンパクトSUV

コンパクトカーとは厳密な定義はありませんが、5ナンバー枠で全長4m前後に抑えられていて、エンジンの排気量が1L~1.6L前後までの小型車を指す事が多いようです。最新のモデルの特徴ではダウンサイジングで過給機が付いて、より力のあるコンパクトカーが増えています。クロスオーバーSUVよりは比較的タウンユースに使うことが多い方におすすめです。

トヨタ渾身のダウンサイジング・ターボ

SUVの特徴比較:ミドルレンジSUV

エンジンの排気量が2L前後で、車体の全長が5m以内の車を指す事が多く、クロスオーバーSUVとしてはジャストサイズで国産SUVにはおすすめの人気車種が揃っていて選択肢の幅が一番広く、比較検討するのに難しいクラスです。何を特徴としているのかを見て、自分のライフスタイルに合わせて、一番比較の幅が広く選択肢が広がります。

SUVの特徴比較:フルレンジSUV

全長が5mを超える大型のSUVを指すことが多いようです。乗車人数も5人乗りの他に7人乗り、8人乗りもラインナップされており、大容量の積載量が必要な場合や大人数での移動に最適です。日産サファリの国内販売が終了した時点ではトヨタランドクルーザーの独壇場でしたが、マツダCX-8の国内販売開始から各社でも販売を予定しています。国外メーカーのSUVとサイズや価格帯が被るので購入時の比較の対象に挙がることが多いです。

トヨタ ランドクルーザー プラド | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト
toyota.jp ランドクルーザー プラドの公式ページです。カタログ情報の確認をはじめ、オーナーの皆様の評価の閲覧、見積りシミュレーション、他車比較シミュレーション、カタログ請求などができます。

国産コンパクトSUVの販売ランキング上位の比較とおすすめ

コンパクトカーという厳密な定義はありませんが排気量1000cc~1600cc程度の小型乗用車のことを指すことが多いです。最近は国産でもダウンサイジング(小排気量+過給機)コンパクトカーが多くなってきているので、SUVとしてもコスパを優先させる方には比較対象の選択肢の幅が広がっています。

トヨタ CH-R

2018年1月~2月の販売ランキングではSUVでは断トツ一位の5,493台でトヨタのコンパクトSUVの真骨頂です。クロスオーバーSUVの先駆者として成功したRAV4のコンセプトを受け継いでさらに洗練され、万人に受け入れられる特徴を持った国産小型SUVの雄です。4WDには1.2L直噴ターボが用意されていますが、1.8L+モーターの2WDのハイブリッドカーもラインナップされていて比較の幅が広がります。

エンジン:1.2L直噴ターボ 燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値):15.4km/L 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:254万円円~280万円

ホンダ ヴェゼル

CH-R登場までは販売台数1位の人気SUVです。2018年2月は3,411台を販売して相変わらずの人気を博しています。ホンダならではのコンパクトSUVとしては十分な快適装備が充実していて、4WD、2WDを選ぶことができます。クロスオーバーSUVとしての室内の広さの割に小型車ならではの取り回しの便利さが比較検討する時のポイントです。

エンジン:1.5L 直噴 DOHC i-VTEC エンジン 燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値):19.8km/L 乗車人数:5人乗り 本体価格帯: ガソリン車:208万円~248万円/ハイブリッド車:246万円~293万円

マツダ CX-3

2018年1月の販売ランキングで8位のマツダのスカイアクティブ技術をリーズナブルな価格で十分に味わえるおすすめのコンパクトSUVモデルです。小型車ガソリン車でハイブリッド車並みの燃料消費量を誇っていますし、ディーゼルエンジンでは新世代でクリーン&エコな最新の技術を誇っており、どちらのエンジンも燃費を抑えるのに適していて、比較検討する時のポイントとなります。

エンジン:SKYACTIV-D 1.5 水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ 燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値:23.0【23.2】km/l 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:210万円~320万円

日産 ジューク

販売台数ランキング外ですが、日産の唯一無二の存在感を際立たせるコンパクトスポーツクロスオーバーです。特徴的なデザインとベースとなるノートの走りと燃費の良さを両立した使い勝手の良さは比較対象の少ない人とは違う個性的な小型SUVを好まれる方にはおすすめの1台です。

エンジン:MR16DDT1.6Lターボエンジン/HR15DEエンジン 1.5Lデュアルインジェクターエンジン 燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値):13.4 km/L~18.0 km/L 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:198万円~347万円

スバル XV 1.6i-L EyeSight

こちらのランキング外ですが、スバルと言えば伝統の4WD+水平対向エンジンでドライビングの優れたSUVがたくさんラインナップされています。なかでもインプレッサから派生した最新のXVはコンパクトな小型サイズながら1.6Lから2.0L直噴まであり、小型車でありながらワンランク上のクロスオーバーSUV以上の走りとユーティリティを特徴として購入比較には外せない1台といえます。

エンジン:水平対向1.6L DOHC/2.0L DOHC 燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値):16.2km/L 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:214万円~305万円

国産ミドルレンジSUVの販売ランキング上位の比較とおすすめ

日産 エクストレイル

国産SUVとして2018年1月のランキング第二位で4,822台を販売している人気のSUVです。新世代ディーゼルエンジンを搭載していてハイブリッド車も比較対象に含まれます。またディーゼルエンジン仕様車には3列7人乗りも用意されており、大人数での移動におすすめです。

エンジン:ガソリンMR20DDエンジン 燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値):16.4 km/L(ガソリン2WD 乗車人数:5人~8人乗り 本体価格帯:220万円~385万円

トヨタ ハリアー

2018年1月のSUV販売ランキング第三位3,497台のこちらも人気のミドルレンジSUVです。流石トヨタブランドだけあってタウンユースにも使える洗練されたデザインとバランスの取れた走りや充実した機能は比較の幅が広いおすすめの1台です。

エンジン:2.0L 8AR-FTS ターボエンジン 2.0L 3ZR-FAE(バルブマチック付)エンジン 燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値):ターボ:12.8~13.0km/L ガソリン:14.8〜16.0km/L 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:295万円~460万円

マツダ CX-5

マツダの新世代スカイアクティブエンジンを搭載して、走りと燃費を両立した特徴のおすすめのモデルです。デザインも最近のマツダ車の最新のデザインでハイウェイやタウンユース、アウトドアでも映えます。2018年3月にターボエンジン搭載車が発売されて、さらに進化して比較の幅が広がった1台です。

エンジン:SKYACTIV-G 2.5L / SKYACTIV-G 2.0L / SKYACTIV-D 2.2L 燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値:14.2【19.0】km/l 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:250万円~280万円

スバル フォレスター

2018年1月販売ランキング第9位にランキングされているスバルのミドルレンジSUVです。同じクラスのレガシークロスオーバーやレヴォーグ、エクシーガと使い勝手を比較して分かれるところですが、やっぱりユーティリティーとしてはフォレスターが勝ります。自慢の4WDやEye-Sightなどのアクティブセイフティーは比較検討にはおすすめの特徴です。

エンジン:2.0ℓ DOHC水平対向エンジン 2.0ℓ DOHC 水平対向直噴ターボ"DIT" 燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値):ガソリン:16.0km/ℓ ターボ:13.2km/ℓ 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:242万円~313万円

レクサス NX300H

トヨタの高級ブランド、レクサスからはハリアーと共通パッケージを持ちNX300のハイブリッドモデルとして2018年1月に822台の販売台数を誇り、国産SUVランキング11位に入る人気のクロスオーバーSUVです。高級SUV価格帯は同じクラスの国産SUVよりも国外メーカーのSUVとの比較になるぐらいですが、それ以上にクオリティーを求める方にはおすすめの1台です。

エンジン:2AR-FXE 直列4気筒2.5Lエンジン+2JMフロントモーター(+2FMリアモーター) 燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値):19.8~21.0km/L 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:504万円~596万円

国産最強SUVの比較

フルレンジのSUVはランドクルーザーの4.6Lエンジンを見るように大口径タイヤによる車高を確保し、ラダーフレームを使用していたり、オフロードの走破性を重視したものが多いですが、その中でもCX-8の様な上級ミドルレンジの様な車種がアメリカ市場をメインに販売され、国外メーカーとも含めてワールドワイドな比較対象が広がるクラスです。

ランドクルーザー

トヨタSUVのフラッグシップモデルです。国産SUVでは比較対象の少ないクラスですが、世界中のあらゆるシーンに使用されている信頼性と汎用性があります。大型の車体に8人乗りのゆとりと大容量のラゲッジルームを持っていて、それでいて使いやすさや運転のしやすさは大人数で何でも積んで何処へでも行ける、歴史に刻まれたトヨタならではの安心感があります。

エンジン:4.6L V8 1UR-FE 燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値)6.7 km/L 乗車定員:8人乗り 本体価格帯:6,84万円~

マツダ CX-8

2018年1月のSUV販売ランキングで5位のマツダのフラッグシップSUVです。スカイアクティブ技術をふんだんに使って、ランドクルーザーの独壇場であったフルレンジSUVに切り込んだモデルです。8人乗りの車格で小型車並みの燃料消費量を誇っていてますし、CXシリーズ共通のディーゼルエンジンでは新世代でクリーン&エコな最新の技術を誇っており、どちらのエンジンも燃費を抑えるのに適していて、比較検討する時のポイントとなります。

エンジン:SKYACTIV-D 2.2 水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ 燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値:17.6【17.0】km/l 乗車人数:6~7人乗り 本体価格帯:320万円~420万円

国産ハイブリッドSUVの比較とおすすめ

三菱 アウトランダーPHEV

三菱が満を持して販売した国産ミドルレンジSUVでのプラグインハイブリッドの先駆けです。比較対象が少なくなりますが、燃費やプラグインにこだわる方にはおすすめの人気車種です。

エンジン:2.0L MIVEC エンジン+フロントモーター+リアモーター 燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値:19.2km/L(フルモーター:60.8km/L~60.2km/L) 乗車定員:5人乗り 本体価格帯:365万円~478万円

トヨタ ハリアー PREMIUM “Metal and Leather Package”

トヨタ人気のモデルのハリアーにも燃費に優れたハイブリッドモデルが存在しています。前輪、後輪を独立のモーターで駆動してパワーアシストする最新技術にしてクラス最強のパワートレインを特徴としています。ハイブリッド車として比較するにはクロスオーバーSUV以上の走りを求める方にはおすすめの1台です。

エンジン:2.5L 2AR-FXEエンジン+2JMフロントモーター+2FMリヤモーター 燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値):ハイブリッド:21.4km/L 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:295万円~460万円

日産 エクストレイル 20Xi HYBRID

日産のクロスオーバーSUVであるエクストレイルにもハイブリッドモデルが存在します。エクストレイルのユーティリティーユースや走りはそのままで燃費を抑えたい方には特徴的なおすすめの1台です。ガソリンエンジンモデルと十分に比較検討して決めるのもよいでしょう。

エンジン:ハイブリッドMR20DDエンジン+RM31モーター 燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値):20.0(ハイブリッド4WD) 乗車人数:5人~8人乗り 本体価格帯:220万円~385万円

海外メーカーのお手軽SUVの比較とおすすめ

フォルクスワーゲン ティグアン

フォルクスワーゲンにはトゥーランというフルレンジの高級クロスオーバーSUVがラインナップされていますが、最新のテクノロジーを備えたより小型のミドルレンジSUVが発売されました。これによって国産クロスオーバーSUVでなく海外メーカーのクロスオーバーSUVを比較検討の対象にする幅が広がりました。ドイツ車の堅実な特徴そのままにフォルクスワーゲンお得意のダウンサイジングエンジンTSIを装備して、燃費や走りも充実したモデルです。

エンジン:BLUE MOTION TECHNOLOGY 1.4L TSIエンジン 本体価格帯:364万円~472万円

ルノー キャプチャー

ルノーの新型クロスオーバーSUVが発売されました。国産車のコンパクトSUVと比較できる小型クロスオーバSUVです。ダウンサイジングエンジンと取り回しの良い車格はタウンユースでもちょっとしたアウトドアユースでも十分に利用する事が可能です。

エンジン:1.2Lターボチャージャー付 筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ 燃料消費率 JC08 モード(国土交通省審査値)17.2km/L 乗車人数:5人乗り 本体価格帯:270万円~280万円

ジープ レネゲイド

アメリカのSUVの雄、ジープの特徴的な新型ミドルレンジSUVです。エンジンは小型化したダウンサイジングエンジンを搭載して燃費とタウンユースからアウトドアユースまでカバーしています。ジープにはフルレンジのクロスカントリーSUVからクロスオーバーSUVまでラインナップが豊富なので国産SUVとの比較の幅が広がっています。

エンジン:1.3L直列4気筒マルチエア16バルブインタークーラ付きターボ 燃料消費率 JC08 モード(国土交通省審査値)14.6~15.5km/L 乗車定員:5人乗り 本体価格帯:299万円~350万円

SUVの選び方まとめ

クロスオーバーSUVを比較するにはやはりタウンユースに使うか近郊でのアウトドアを楽しむか、郊外、遠距離に遊びに行くかなどニーズによって比較することが大切です。大抵のメーカーからはニーズに合ったSUVが用意されています。あとは雪道やオフロードに利用するなら4WDを選ぶとか、燃費を取るならハイブリッドやダウンサイジングエンジン、ディーゼルエンジンを選ぶなどのこだわりを持つこと。いろんな切り口での比較はできますが、最終的には親切なディーラーを探すことと好みのデザインを選ぶことが大切です。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年撃投ジグに新色登場!秋のオーナーばり新製品特集!

【製品紹介】ファイアツイン https://www.youtube.com/watch?v=3WM1rbflOeM&t=1s 【製品紹介】ファイアフック https://www.youtube.com...

Tピンの基本の使い方を解説✨パールピアスを作りながら!【100均ハンドメイド】

00:00 用意するもの 00:24 作り方 03:33 完成品 今回はTピンの基本の使い方を解説をご紹介しました! 材料 パールビーズ×4 Tピン×4 ピアス金具 ペンチ 丸ヤットコ Tピン...

19セルテートの耐久性は?1年過酷使用したセルテートはこうなります。

★軽くなりすぎ・・・シマノ21ツインパワーXDを買わないワケ。★ https://youtu.be/leptCkAwX8I ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube....

【100均ハンドメイド】セリアの試験管で✨ハーバリウム試験管ネックレスの作り方!

00:00 用意するもの 00:38 作り方 02:54 完成品 今回は「セリアの試験管で作るハーバリウム試験管ネックレスの作り方」をご紹介しました! 材料 試験管ガラスドーム(セリア) チョー...

釣りのラジオ釣りラじ「ねぇ、知ってた?第49回」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ▼釣りラジをSpotifyで聴く!! https://open.spotify.c...