検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【テント不要】車中泊キャンプが超お手軽!設営撤収が超楽チン&夜間でも安心!

簡単にキャンプを楽しみたい場合は、テントの設営が不要な車中泊がおすすめです。テントなしでプライバシーが確保できるだけでなく、夜間も安心なのが車中泊キャンプの魅力。本記事では、そんな車中泊キャンプについて、詳しい情報をご紹介します。
2022年1月14日
kon_w

目次

手軽なキャンプなら車中泊がぴったり!

「キャンプをしたいけど、テントを設営したり、他の設備を整えたりするのは面倒」と感じている方は多いのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが、車中泊です。車に宿泊するのであれば、テントなしでも快適な時間を過ごせます。

車中泊でキャンプを満喫しよう

野原を走る車
Photo byPexels

本記事では、初心者でも簡単にキャンプができる車中泊の魅力についてご紹介します。いろいろな魅力があるからこそ、車に宿泊するキャンプは大人気。魅力を知った上で、車中泊に出かけてみませんか?

また、キャンプをする際に注意しておきたいポイントやおすすめのギアについても解説します。きちんと準備を整えておくことで快適な時間を楽しめるようになるので、ぜひこだわりながら車中泊を満喫してください。

とてもお手軽!車中泊の魅力とは?

「最近は車中泊が人気を集めているけど、何がよいのだろう」と感じている方も多いでしょう。まずは、車中泊でキャンプをする魅力についてご紹介します。さまざまな面で利便性の高い車中泊で、手軽にアウトドアを楽しんでください。

テントの設営&撤収が不要

ドアが開いた車
Photo byPoposky

通常のキャンプでは、寝るためのテントは必須です。しかし、テントの設営に高いハードルを感じている方は少なくありません。そんな時に車中泊を取り入れれば、テントなしでも安全に眠りにつけるのが嬉しいポイントです。

ペグを打ったり、ポールを立てたりといった作業が不要となるため、不器用な方でも安心。「テントの設営&撤収をしたことあるけど、うまくいかなかった」と失敗の経験をしている方も、車で寝ると決めてしまえば気軽にキャンプができます。

ギアの量を減らせる

赤いカラーリングの車
Photo byTheoRivierenlaan

テントを必要とするキャンプスタイルの場合、さまざまなギアが必要になります。テント本体やポール、ペグ、チェアなど、用意すべき道具はバリエーション豊か。荷物が多くなり、自宅で収納するのも大変になる場合もあります。

車中泊なら、こうしたギアの量を減らせるのも魅力です。テント周りのギアが不要になるのはもちろんのこと、車のトランク部分を開いて椅子代わりにすればアウトドアチェアも必要なくなります。荷物を減らしたい時にも適したキャンプ方法です。

プライバシーを確保できる


たくさん並んだキャンピングカー
Photo byMemoryCatcher

オープンエアーになりやすいテントに対しては「プライバシーを確保できなさそう」と不安を感じている人も多いでしょう。車中泊では、プライバシーを確保したい時には車の中に入って目隠しをすればよいので、周囲の目を気にする必要はありません。自分の思い通りに、のんびり過ごせます。

女性でも安心

女性だけでキャンプをする場合は、プライバシーの確保だけでなくしっかりと防犯対策をすることが重要です。車のロックをきちんとかけておけば、テントで寝るよりも安全に過ごせるのが嬉しいポイント。「危険を感じることなくキャンプをしたい」という場合には、車中泊にしませんか?

キャンプをするときの注意点

手軽にチャレンジできる車中泊のキャンプですが、気をつけておきたいこともいくつかあります。続いては、キャンプをする際の注意点にチェックしましょう。基本を学んだ上で、安全に車中泊ができるようにしてください。

オートキャンプができるキャンプ場・駐車場を選ぶ

キャンピングカーが停車した駐車場
Photo byMemoryCatcher

まずは、オートキャンプができるタイプのキャンプ場を探しましょう。通常のキャンプができるキャンプ場でも、車の乗り入れができなければ車中泊はできません。キャンプ場の詳細を確認した上で、宿泊場所を決めることが大切です。

また、駐車場に関しても同様なので注意が必要。最近は道の駅で車中泊をする人が増えていますが、全ての道の駅が宿泊できるわけではないため、気をつけてください。利用規約を守った上で場所を決めると、安心です。

設備が整っているとベスト

車で宿泊できるのに加えて、その他の設備も整っていると便利です。ゆったり過ごせる温浴施設があったり、地元の食材を購入できるお店があったりすると、より快適なキャンプになるでしょう。設備情報についても確認した上で、場所決めするのがおすすめです。

暖房・冷房をつけっぱなしにしない

黒い車のハンドル
Photo bynoelsch

暑さ・寒さが厳しい時期は、ついつい車のエアコンに頼ってしまうことがありますよね。しかし、エアコンをつけっぱなしにするのはNGです。エアコンはバッテリーの消費量が激しく、使いすぎると車が動かなくなってしまう可能性があります。

また、長時間のエアコンの使用によって空気が滞留し、中毒が起きる場合も。暑い時は保冷剤やポータブル扇風機、寒い時は防寒具といったように、エアコン以外の対策を考えてください。

目隠しなどの対策をする

カーテンがかかった車クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

車内はテントよりもプライバシーを確保しやすいですが、窓から覗き込まれる危険性があります。安全に車内で過ごすために、目隠しを行いましょう。車用のカーテンを取り付けておけば、簡単に目隠しができるようになります。

目隠しをしておけば人の視線を遮断できるだけでなく、紫外線予防になるのも嬉しいポイントです。紫外線の影響を避けるためにも、目隠しをしてみてください。

役立つ便利ギア3選

車中泊の快適性を上げるためには、便利なギアを揃えておくことも大切です。ここからは、おすすめのギアをご紹介します。お気に入りの商品をピックアップして、車中泊に役立ててみてはいかがでしょうか。

①:寝袋

LEEPWEI 寝袋 シュラフ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

基本的に、車のシートでそのまま寝るのはおすすめできません。体が痛くなったり、冷えたりしてしまう可能性があります。車で宿泊する場合でも、寝袋は持って行きましょう。

こちらの寝袋は、手足を自由に動かせるデザインが魅力です。圧迫感がなく、寝袋に慣れていない方でも心地よく眠りにつけると評判。撥水性があるので汚れがつきにくく、お手入れも簡単にできます。

②:マット

VENTLAX キャンプマット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

寝袋だけだと体が痛くなってしまう危険性があるので、マットも準備しておくと安心です。マットがあれば車で寝転がったり、座ったりするのも楽になるので、ぜひ活用してください。

こちらは約8cmのウレタンフォームを備え、体への負担を最小限に抑えてくれる優れもの。適度な沈み込みで、長時間寝ていてもストレスを感じにくいと言われています。

③:コンロ

イワタニ カセットコンロ タフまるJr.

出典: Amazon

アウトドアの魅力の1つと言えば、料理ですよね。屋外でも使えるコンロがあれば、車中泊の楽しみの幅はグッと広がります。こちらのコンロは小型で持ち運びやすく、しっかりとした耐久性を備えているのが特徴です。

ガスボンベを繋ぐだけで着火できるので、火起こしができない方でも安心。保管に便利なキャリングケースが付いています。

車中泊でキャンプを満喫しよう!

道を走る緑の車
Photo bySkitterphoto

車中泊は、テントの設営や撤収の必要がなく、初心者でも気軽に楽しめるのが魅力です。必要なギアの量を減らせるため、なるべく荷物を増やしたくない方にもぴったり。また、しっかりとプライバシーの確保ができます。

車で泊まる場合は、駐車場所を厳選することが大切です。車が乗り入れられるだけでなく、設備が整っている場所を選ぶと、より快適な時間を過ごせるようになるでしょう。今回ご紹介した情報をもとに、車中泊を楽しんでみてくださいね。

車中泊のキャンプが気になる方はこちらもチェック!

車中泊で手軽にキャンプを楽しむためには、必要なアイテムや車、駐車場などの選び方を押さえておくことが大切です。関連記事ではおすすめアイテムや駐車場所の選び方などを詳しくご紹介しているので、車中泊のキャンプに役立ててください。