検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

夏バイクにはインナープロテクターが必須!おしゃれを叶えるおすすめモデルもご紹介!

夏にバイクを乗るときにジャケットを着たくない方はインナープロテクターを試してみてはいかがでしょうか?最近ではおしゃれなデザインのプロテクターもあり、服装を気にする方にもおすすめです。素材も風通しの良いものが採用されており、夏でも快適にバイクに乗れます。
2022年6月28日
tambakouta

夏バイクにはインナープロテクター!

Photo byRDS_INC

気持ちがいい夏のバイク。しかし、暑いのに夏用ジャケットを着るのが億劫という方もいるのではないでしょうか?そんなときはインナープロテクターを着用することを検討してみてください。

プロテクターを内側に着用すれば、暑い中で夏用ジャケットを着る必要がなくなり、身軽に、快適にお出かけできます。多少寒い時でもお手持ちの薄手のウェアを合わせれば、おしゃれに着こなせるのも魅力的なポイントです。

暑い夏にジャケットを着るのが嫌な人におすすめ!


Photo bydendoktoor

ジャケットには夏用と冬用があり、もちろん夏用の方が暑い時期に適したように薄めに作られていますが、風を通さない生地でできているものも多く、たとえ夏用とはいえ着用したくないと人が多いのも事実。

ジャケットを着たくない方はインナープロテクターに夏用の薄手のウェアを合わせるというコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。暑さ解消になる上に、服装を気にする方にもおすすめです。

最近ではおしゃれなデザインのインナープロテクターも!

Photo byPexels

プロテクターはバイクに乗っている人を物理的に守るための商品で、機能性に特化し、外観に配慮していないものが多くありました。しかし、最近ではシンプルなデザインのメーカーやおしゃれに作られている商品まで幅広く販売されています。

インナープロテクターだけでバイクに乗るのはダサいという先入観を抱いていた方も、実際の商品をみてみると価値観が変わるかもしれません。


暑い夏バイクにはプロテクターが必須?

夏にバイクを運転する際インナープロテクターは必須と言っても過言ではありません。夏用ジャケットを羽織る方は必ずしも必要ではありませんが、ジャケットを着たくないという方には必須となります。

事故の衝撃を防ぐことはもちろん、夏の暑さの解消にも繋がるため、ジャケットを着ないという方はインナープロテクターを利用することを検討してみてください。

バイク運転中の事故から身を守る!

Photo byRonaldPlett

バイク事故で最も多い死亡原因は脳挫傷ですが、2番目は何だかお分かりでしょうか。答えは胸部を強く打つことによって内臓を損傷することです。この2カ所を守ることが非常に重要であることがよくわかります。

頭部は大体の方がヘルメットを着用されると思いますが、胸部のプロテクターは意外と見逃されている方も多いのではないでしょうか。胸部の保護を強化するためにはプロテクターを着用することが必須と言えるでしょう。


暑い夏はバイク用ジャケットよりプロテクター!

バイク用ジャケットには夏用と冬用がありますが、夏用のジャケットとはいえ、普段着るようなアウターに比べると、生地が分厚い上に、ジャケット全体が硬い素材でできているため、体を動かしにくいというのが実情です。

ジャケットを着たくない方でも体を守ることは必須になりますので、その場合はインナープロテクターが活躍します。生地も夏用の素材でできているものが多く、薄く作られているので、暑い夏でも快適に着られるのです。

最新プロテクターは機能性も充実!

一昔前まではインナープロテクターのプロテクションの効果が一般的なジャケットと比べると劣ってしまう場合がありました。そのため、インナープロテクターはジャケットの補佐役として使用されることが多かったのです。

しかし、最近ではプロテクターの進化が目覚ましく、ジャケットと同等の保護効果を持った製品が続々と発売されています。メーカー公認で、レーシングスーツに使用されている商品もあるくらいなのです。

夏バイクに最適なプロテクターを選ぼう!

Photo bywww-erzetich-com

夏にバイクに乗るときにはインナープロテクターを着用することが大切です。また、プロテクターを着用することによって、夏の暑い時期にわざわざ分厚いジャケットを羽織らなくてもよくなります。

ここでは夏バイクに最適なプロテクターの選び方について見ていきましょう。

夏バイクに合わせるプロテクターは素材で選ぼう!

Photo bycocoparisienne

夏バイクは気温が高く、ジャケットを着用したくないという方も多くいらっしゃいますよね。そんなときはインナープロテクターを内側に着て、外側は夏用の薄手のウェアを羽織るなどして対策しましょう。

プロテクターを選ぶ際に重要となってくるのが、素材が何でできているかです。風通しのよい素材でできたプロテクターを選べば、夏でも快適にバイクに乗れます。

インナープロテクターはデザインがおしゃれに!

Photo bynebulosagrafica

インナープロテクターだけでバイクに乗るなんてダサくてできないという声もありそうですが、最近のプロテクターはデザインがおしゃれになっており、そのまま外を出歩いていても様になるものが多いのです。

おしゃれなインナープロテクターであれば、その上に夏用の薄手のアウターを羽織ってもうまく調和するため、デザインに配慮したプロテクターを販売するメーカーは非常に人気が出てきています。

夏バイクのおすすめインナープロテクター2選!

夏バイクにおすすめのリーズナブルなインナープロテクターを2つ紹介します。暑い夏にバイクジャケットを着たくないという方はインナープロテクターの着用を検討してみてください。

コミネバイク用アーマードトップインナーウェア

優れた伸縮性と吸汗性を持つ素材を採用し、夏に最適!

コミネのインナープロテクターは伸縮性と吸汗性に優れたクールマックスという素材を採用。そのため、バイクを運転する際に大きな動きが取りやすい上に、暑い夏でもさらりと着ることができます。

普段着をその上から羽織ることもできるため、服装をおしゃれにしたい方にもおすすめ。プロテクター部分は厚みがあるため、アウターを重ねる場合は大きめをチョイスするのが無難です。
 

安全性の高さも申し分なし!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

肩と肘、背中には欧州のCE規格モデルをしようし、胸部にも頑丈なプロテクターを装備。レーシングスーツにとしても利用されているため、その安全性の高さも伺えます。

1947年の創業以来、より高い安全性を実現することに力を入れてきたメーカーだけに、価格以上の良質なプロテクターをバイク愛好者に届けようという熱意が感じられる商品です。

デイトナバイク用インナープロテクター

プロテクション効果を高めるための特殊技術!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

デイトナのインナープロテクターは衝撃を受けた際に瞬間硬化するSAS-TEC製を採用しており、そのプロテクション効果の高さが光ります。胸部、肘、肩、背中と万遍なくプロテクターが配置されているため、大きな安心感を得られるとことも魅力的。

生地にストレッチ素材を使用しているため、身動きが取りやすいのも大きなポイントです。プロテクターも衝撃を受けるとき以外は柔らかさを備えており、動きやすさに貢献しています。
 

シンプルなデザインでおしゃれに着こなせる!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

シンプルなデザインで体にフィットするように作られているため、お手持ちのアウターと合わせてもおしゃれに着こなすことができます。メーカーもお気に入りのウェアを上から羽織ることを推奨しており、暑い夏にジャケットを着たくない人におすすめ。

また、プロテクター自体がスタイリッシュなデザインになっているので、単体で着ていても様になる点も嬉しいポイントです。

高性能な夏バイクインナープロテクター2選!

より高性能で安全面に配慮した夏バイクインナープロテクターが欲しいという方におすすめの商品を2つご紹介します。上記の2つと比較して、ご自身に最適の商品を選んでみてください。

パワーエイジPORON肩・肘・胸・脊椎サポーター

まるで着ていないかのような衝撃の軽さ!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

パワーエイジのインナープロテクターの魅力はその軽さ。高い衝撃吸収力を誇る一着でありながら、その重さは700gと、着ていることを忘れるほどの快適さを提供してくれます。

プロテクターを付けるのではなく、着るというコンセプトで作られているので、体にうまく馴染み、バイクで運転中の動きを邪魔することがないのも魅力的です。
 

快適素材で夏バイクにおすすめ!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

素材はポリエステルが主体ですが、一般的なスポーツ用アンダーウェアと同様の感覚で着られるため、夏でも涼しく着こなせます。抗菌素材が使用されているため、汗をかいた後でも清潔感が持続するのも嬉しいポイントです。

肩や肘のプロテクターは厚みがあるため、上にアウターを羽織る場合は大きめのサイズを選ぶとよいでしょう。

KNOXバイク用インナープロテクター

プロテクション効果はピカイチ!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

KNOXのインナープロテクターはプロテクションの高さがメーカー最大の売りです。頑丈な革製ジャケット並みの強靭さとされるCE規格でAAランクを獲得しています。

耐衝撃、耐摩耗、耐切り裂きというバイクに乗る際に必要なプロテクション効果を全て備えており、ジャケットを着る必要はないと断言するほどに安全性を保証。特に、背中部分は最大限に全体をカバーしており、大きな安心感を与えてくれます。
 

商品名の通りシャツのように着こなせる!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

シャツ感覚で着られるという商品名の通り、夏場はこれ一枚だけでバイクに乗っても十分なプロテクション機能を発揮。さらに、スタイリッシュでおしゃれなデザインに作られている点が、服装を気にする人にも人気が出ている理由となっています。

5つの外ポケットがついており、収納機能も充実しているのが嬉しいポイント。プロテクターは取り外し可能で、外してしまえば洗濯機で洗えるので清潔面でも安心です。

インナープロテクターは夏バイクに必須!

Photo byMaxxGirr

夏バイクにはインナープロテクターが大活躍します。暑い夏にジャケットなんて羽織りたくないという方はプロテクターの上にご自身の好みのウェアを羽織るというコーディネートを検討してみてください。

シンプルにできているプロテクターが多く、上着として重ねるウェアを選ばないので、おしゃれに着こなせますよ。

他のバイク用品を知りたい方はこちらの記事をチェック!

他のバイク用品が気になる方は以下の記事もチェックしてみてください。インナープロテクター以外のバイク用品も充実させて安全、快適なバイク旅を楽しみましょう。