検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

強度十分、100均パラコードをレビュー!アウトドアでも使えて超便利!

アウトドアやキャンプで活躍するパラコードは100均でも複数の種類が販売されていますが、強度や便利度はどれくらいのものでしょうか。そこで、セリアとダイソーで売られている100均パラコードを実際のキャンプで使って丈夫さや利便性を確認しました。
2021年11月5日
hisakazu22

目次

はじめに

Photo by akaganesaru

最近は、キャンプ動画やアニメ「ゆるキャン△」などの影響もあり空前のアウトドア・キャンプブーム。そんなキャンプブームのおかげでセリアやダイソーなど、100均でもアウトドアグッズやキャンプ道具が人気です。

100均のアウトドアグッズやキャンプ道具は、ペグやランタン、小型の焚き火台までさまざまなアイテムが人気ですが今回はガイロープにも使える100均パラコードに注目しました。
 

パラコードとは


まず、名前にパラとついていることでも分かりますが、パラコードはシビアな強度や耐久性を求められるパラシュート用のロープとして作られたものです。

パラコードの強度や耐久性はさまざまな用途で利便性が高いことから、アウトドアやキャンプ道具など多くの場面に重宝され、100均のダイソーやセリアでも販売されるようになりました。

パラコードの用途

出典:ライター撮影

100均ショップのアウトドア用品で人気のパラコードは、タープ・テントのガイロープや物干し用ロープといったアウトドアのほか、強度が求められる登山ロープや災害時の救出用としても幅広く利用されます。

また、パラコードをほどきやすい編み方で斧の柄やシェラカップなどの道具に巻き付けたり、ブレスレットにしておくことで、いざというときの予備ロープとして使えるため便利です。

アウトドアで便利に使える100均のパラコード


今、アウトドアといえば空前のキャンプブームですが、キャンプ道具といえばタープとテントが必須となります。タープやテントに使うガイロープには当然それなりの強度が求められますが、パラコードはガイロープにも最適です。

大事な役割を果たすパラコードを100均で買うのは不安だと感じる方も多いですが、意外と強度があり価格も安く便利なので人気があります。

100均パラコードをセリアとダイソーで購入

次に、実際のアウトドアキャンプで100均パラコードを使います。今回はおもにテントやタープ用のガイロープとして使うことを念頭にパラコードを選びました。

長さや太さの違いで色んな種類のパラコードがありましたが、100均大手のセリアとダイソーのそれぞれで購入。買ったのはロープ状のもの、ほどけやすい編み方で予備に使えるブレスレットタイプのものです。それではショップ別に強度や便利度をレビューします。

セリアで人気の100均パラコードをレビュー

出典:ライター撮影


セリアで人気なのは、ガイロープ用に金具付きで売られているパラコードで長さは3m、直径は4mmで色の種類は赤と黒があります。金具がついているため別途購入の必要が無く、そのまま使えるので便利です。

やることといえば、パッケージを外して使いやすいように結びなおすくらいなので準備段階の便利度で言えば申し分ありません。100均といえど先端を焼き処理してるところなどは好感が持てます。
 

ペグもセリアで購入

出典:ライター撮影

今回、100均パラコードのレビューで使用するペグについてもセリアで人気のものを使います。長さ20㎝・直径0.9cmでスチール製で、100均ですが明らかにテントやタープに付属してるペグより強度が高そうです。

色は赤と黒の2種類で売られていましたが、店舗の在庫が少なかったため色分けせず16本の100均ペグを購入しました。ガイロープに使うパラコードだけでなくペグのレビューも載せておきます。

風が強い日のタープ利用も強度十分

出典:ライター撮影

100均とはいえ、セリアの3mパラコード、ペグも強度十分です。使用したのは河原にあるキャンプ場でこの日は風も強い。風上と風下にかなり力が加わってすが、赤いガイロープとペグはしっかり両サイドを支えてます。

この日は両サイドへの負荷が特に強かったので、セリアの100均パラコードの強度は十分であると確信できました。あえてデメリット上げるとすれば長さが3mと少し短くセンターポールに使いにくいところです。

セリア100均パラコードはかなり便利

ガイロープとして使用できるセリアで人気のパラコードですが、結論から言ってかなり便利です。まず、100均で売られてるという価格の安さから始まり、自在金具がついていることやメーカーのキャンプ道具と比べても強度が高いことなどメリットだらけ。

注意点といえば、さきほどお伝えしたパラコード自体の長さくらいです。3mと言わずせめて4mくらいあれば用途が広がり便利度はもっとあがるはずです。

セリアで買ったパラコードのメリット

メリットをまとめると、まず税込み110円という100均特有の破格値。自在金具もついているのでガイロープとしてそのまま使用できますし、何といっても強度はキャンプ道具を販売しているメーカーのものと比べても引けをとりません。

今回セリアで購入した製品は、強度、価格、利便性の3拍子揃った100均パラコードと言えます。

デメリット

あえてデメリットをあげるとすれば、長さ3mという部分でしょうか。今回使用したセンターポールが2mのヘキサタープだとセンターポールに使うには短すぎます。

100均でこのレベルは大満足なのですが、せめて4mの商品があればもっと良かったと感じました。

ダイソーで人気の100均パラコードをレビュー

出典:ライター撮影

次の100均はダイソーですが、長さ3mで金具がついていないものと7mの蛍光塗料が塗られたもの、他に12mのパラコードが店頭に置かれていました。

12mのパラコードも直径4mmと表記されていたので、4mのガイロープなら3本作れます。断然お得ですし応用できて便利だと考え長さがある12mのパラコードを購入しました。

100均パラコードでガイロープを9本作る

出典:ライター撮影

ダイソーの12mパラコードを3つ購入し、タープ用の長さ4mガイロープを9本作りました。ここで気が付いたのは直径4mmと記載されていますが、見るからにセリアで買った自在金具付きのパラコードより細いこと。

ただ、タープに付属しているガイロープよりは強度がありそうなので実際に使ってみて確かめます。自在金具はセリアのキャンプ道具で人気のものを使いました。

ロープの長さに余裕があるので少しあまる

出典:ライター撮影

ダイソーの12mで売られてる100均パラコードは長さに余裕があります。4m10でガイロープを作ると上記の写真のように1m程度あまりました。

これはこれで張り方をアレンジする際に便利なので、同じく100均で買った自在金具を付けてストックしておきます。

ダイソーの100均パラコードも強度は十分

出典:ライター撮影

ダイソーの長さ12mパラコードはセリアのものと比べるとあきらかに細いですが、結論から言って強度は十分でした。100均で買えるキャンプ道具としては文句ありません。

5本買っても税込み550円なので、やはり100均はお財布への優しさが半端じゃないところも素敵です。

 

ダイソー100均パラコードの便利度

ダイソーで売られている長さ12mのパラコードは、明らかに3mのものより細いですが利便性は高いといえます。6mなら2本、4mなら3本、3mなら4本のガイロープが作れますし、他にもいろいろと応用が利きます。

物干し用のロープを現場で作ったり、キャンプやアウトドアシーンに予備として持って行くのもかさばらないので便利度は抜群です。

ダイソーで買ったパラコードのメリット

ダイソーで買ったパラコードは長さ12mということで、タープやテントに使うガイロープを作る場合アレンジが効くし使い道が広がるというメリットがあります。値段も110円と破格なので間違いなく買いです。

デメリット

通常時のガイロープとして使う分には何の問題もありませんが、強風時やハードな利用に関しては避けたほうがいいです。パッケージには直径4mmと記載されていますが、セリアで買ったパラコードより明らかに細いのは見ただけでも分かります。

ただ、長さが12mあり少し風が吹いたくらいの通常使用に関しては全く問題ないので買いなのは間違いありません。

ダイソーのパラコードブレスレットをレビュー

出典:ライター撮影

パラコードはアウトドアやキャンプ道具に巻き付け、予備のロープとしてストックしておくことも多いです。ダイソーやセリアといった100均ショップではパラコードブレスレットも意外と人気があります。

今回はダイソーのパラコードブレスレットを2つ購入してみました。このブレスレットはすぐに解ける特殊な編み方をしていて、必要な時はさっとほどいて使います。

パラコード100均ブレスレットの用途

出典:ライター撮影

パラコードブレスレットの使用方法ですが、パッケージの裏に具体例が書かれていますので今回はそれを参考にします。他にもいろいろありますが、あとは応用ですのでこれだけ知っておけば十分です。

緊急時にほどいて使う

出典:ライター撮影

100均のパラコードブレスレットはロープが切れてしまったときや緊急時、ロープが必要になった場合に便利です。ほどけやすい編み方で編まれているので、写真にあるマル印の部分を指で押すと簡単にほどけます。

編みめの背の部分を引っ張るとスルスルと抜けて、最後は1本のロープに。少し編み方のクセが付いていますが非常時にはこれで対応できます。

ホイッスル(笛)として使う

出典:ライター撮影

ジョイント部分に息を吹き込む穴があいていて、緊急時などを笛を鳴らせるようホイッスル機能を搭載。ということで実際に吹いてみましたが、少し音がスカスカで下手な人が必死に口笛を吹いてるのと同じ音がします。

荷物などの取っ手として使う

荷物を持つ時の道具としても便利です。パッケージ裏の記載では「重い荷物を持つ時のハンドル(取っ手)として使う」とありますが、耐荷重が3kgとあるのであまり重いものを持つと編み方の関係でブレスレットがほどけてしまうのでしょう。

ダイソーブレスレットパラコードの強度

出典:ライター撮影

強度に関しては今回実際に試せなかったので何とも言えないところです。セリアの100均パラコードより明らかに細いこともあり、強風でガイロープが切れた時の代わりなら1本だけでなく2本にするほうが安心だといえます。

パラコードブレスレットは1本だけでなく2本から4本常備するようにして、強風でロープが切れた時などは2本張りにしたり補助に使用したりするのが好ましいでしょう。

ダイソーのブレスレットパラコードは便利?

パラコード100均ブレスレットの利便性ですが、軽くて邪魔にならず使い方次第では予備ロープとして十分利用できる点においては便利だと言えます。

アウトドアやキャンプでは道具を忘れたり、アクシデントがつきものなので100均で手に入るブレスレットパラコードを腕に巻いておけば荷物にもなりません。

パラコードブレスレットのメリット

ブレスレットタイプのパラコードは非常に軽く腕に巻いていれば荷物が増えることがないのがメリットです。長さは2m~2.5mほどあるのでいくつか持参しておけば非常時のバックアップロープとして十分に使えます。

注意点

ホイッスル(笛)としての機能には商品ごとのバラツキもありますが、学校の体育で使う笛ほど高い音が鳴りません。

ジョイント部分の僅かな大きさにつけられた機能なので少し空気の入ったような音になってしまいます。

特に不便を感じるほどでもないですが期待し過ぎないようにしてください。

種類豊富な100均パラコード

Photo byEfraimstochter

今回はセリアとダイソーの100均パラコードを実際に購入してレビューしましたが、100均のパラコードはまだまだいろんな色や種類のものが販売されています。

最近のキャンプブームで女性キャンパーもかなり多くなったので、実用性プラスおしゃれなファッション性のニーズも高まっているのが現状です。

おしゃれを楽しめる100均パラコード

Photo by nidate

ブレスレットやガイロープへの応用以外にも、ネックレスタイプやカラビナ付きのキーホルダーになったパラコードがあります。100均ショップによってカラーもさまざま。

キャンプ場で見かけたソロの女性キャンパーは、ネックレスとキャンプ道具を入れた荷物の取っ手、メスティンやシェラカップにまでパラコードを巻いていましたが、全て100均で揃えたと楽しそうに話してくれました。

100均のパラコードであんなにおしゃれになるなんて驚きです。

まとめ

出典:ライター撮影

昔の話ですが、アウトドア用品やキャンプ道具はとにかく何でも高額でテントやタープはもちろん、パラコードなどの小物も100均で買える時代が来るとは思ってもみませんでした。

それもこれも近年のアウトドアやキャンプ人気のおかげ。パラコードの他にも固形燃料やアルコールストーブ、トングやLEDランタンなど、100均のアウトドアグッズでも充分です。
 

100均の道具を使ったキャンプのすすめ

出典:ライター撮影

パラコードのほかにも、椅子、水タンク、ペグ、火吹き棒、五徳、固形燃料、メスティン、ランタンハンガーなど、100均グッズをたくさん使っています。

実際に使ったパラコードの強度も十分だったので、100均のキャンプ道具で可能な限り揃えてみてもいいでしょう。

100均のキャンプグッズが気になる方はこちらをチェック!

100均にはまだまだ多くのアウトドア用品やキャンプグッズがあります。キャンプで使える便利グッズや100均の商品を使って手作りする応用編の記事がありますので、ご興味があればぜひご覧ください。