Twitter
Facebook
LINE

白い稜線との対比が美しい。鳥取県が誇る絶景の名所、大山の紅葉情報まとめ!

カレーパン

白い稜線との対比が美しい。鳥取県が誇る絶景の名所、大山の紅葉情報まとめ!

カレーパン

鳥取県にある大山(だいせん)は中国地方の最高峰で、山岳信仰の対象とされてきました。富士山のような独立峰で、別名伯耆富士とも呼ばれます。大山の周りには広葉樹林が広がり、紅葉シーズンには観光客でにぎわうエリアです。大山周辺の紅葉の名所・情報を紹介していきましょう。



国内有数の紅葉の名所大山は中国地方の最高峰

鳥取県にある大山(だいせん)は標高1,710mで、中国地方では最も高い山です。別名の伯耆富士のほか、各地にある大山との区分で伯耆大山とも呼ばれます。日本百名山の一つに数えられ、登山道や山頂の環境がよく整備されて登山・ハイキングの対象としても人気の山です。

大山は日本海に近く、広い範囲からよく見えることから地域にも親しまれてきました。一帯は大山隠岐国立公園に指定されているすばらしい景色で、特に大山周辺では広大な広葉樹林の紅葉が圧巻の観光スポットです。※この記事は2021年8月の情報によります

大山の周辺にはおすすめの紅葉の名所が多数

紅葉が美しい大山は太古の火山活動でできた溶岩ドームで、細長い稜線が東西方向に走っているため見る位置によって大きく表情を変えるのが特徴。西から見ると伯耆富士の別名通りなだらかな山容ですが、特に南側から見ると岩肌と深い谷による険しい表情がうかがえます。

その大山周辺の紅葉観光のおすすめスポットを紹介していきますが、紅葉が見頃のシーズンでは混雑が激しくなります。訪れるコースや駐車場の情報は地図などで確認してから出かけましょう。

大山で紅葉を楽しむおすすめシーズンはいつ?

鳥取県の大山では、秋の紅葉が美しいことで知られます。大山は標高が高い山なので気温が下がるのも早く、紅葉の見頃も平地より早めです。例年ではだいたい10月にシーズン入りで色が変わり始めます。そして10月下旬から11月にかけてが見頃のピークです。

大山の6合目から下はブナやカエデ、ナラ、ナラカマドといった色鮮やかな広葉樹林帯で、その紅葉の美しさは国内でもトップクラスでしょう。紅葉を楽しみに訪れる観光客の人出も、この見頃の時期がピークになります。

大山の紅葉が美しい見頃の期間は二度訪れる



大山の色鮮やかな紅葉が盛りを過ぎ、山頂付近では落葉が始まるころ、具体的には11月に入るころに、大山山頂にはいよいよ冬が訪れます。初めての冠雪で白く彩られた大山の稜線と、盛りを過ぎてもまだまだ美しい山腹の紅葉の対比は見事としか言えない景観です。

岩肌にうっすらと積もった雪でモノクロの世界に変わる大山では、色鮮やかな紅葉の見頃の後にもう一度、冬を前にした趣のある景色の見頃を楽しむことができるでしょう。

大山の紅葉が美しい名所:南側2選

見る位置によってさまざまな表情を見せてくれる大山で、紅葉の景色を楽しめるスポットを方角別に紹介していきましょう。最初は東西方向に広がった稜線が雄大で、岩壁崩落で野性的な表情を見せる南側から見た大山の紅葉スポットです。

南側から見る大山の紅葉名所①鍵掛峠



大山の南側で、鳥取県江府(ごうふ)町の奥大山と呼ばれるエリアにある鍵掛峠は、大山北側の豪円山と並び大山の景色が美しい名所とされる観光スポットです。標高910mのところにあって、正面に大山南壁を臨みその下には一面に広がるブナの樹林帯が広がります。

このブナ林エリアは日本でも有数と評価される規模で、四季それぞれに雄大な景色を見せてくれます。特に素晴らしいのが紅葉時期で、鮮やかな色彩が岩壁に映える紅葉が楽しめる名所です。

大山・鍵掛峠の紅葉は二度楽しめるお得な名所

鍵掛峠での紅葉の見頃は、10月中旬から始まり11月中旬が目安です。紅葉シーズンの始まりからは、樹種によって違う色彩が見事な絶景を見せてくれます。終盤ともなると山頂付近が雪で白くなり、紅葉との見事なコントラストが楽しめるチャンスに恵まれるでしょう。

1シーズンに2度楽しめる紅葉の名所・鍵掛峠には、周辺各地から毎年数万人もの観光客が訪れます。それほど魅力的な、大山と紅葉のコラボレーションが楽しめる観光名所なのです。

鍵掛峠展望台へのアクセスは絶景のドライブコース

鍵掛峠へのアクセスは、米子自動車道江府ICから国道482号、県道315号経由で大山環状道路に入り奥大山方面へのコースです。この道の両側は規模の大きな自然のブナ林で、秋以外にも希少なブナのトンネルが体験できる絶景のドライブコースになります。
 

コース上には一の沢、二の沢、三ノ沢という南壁では大きな崩落谷があり、これを超えるあたりが紅葉したブナ樹林の見どころです。位置関係は事前に地図で確認しましょう。鍵掛峠大山展望台にはトイレ付き無料駐車場があります。

口コミチェックはこちら

鍵掛峠の口コミ

鍵掛峠展望台

  • 住所
    〒689-4434
    江府町大字大河原字鍵掛1531-29
  • 公式サイトURL
    https://www.town-kofu.jp/kanko/8/1/01/

南側から見る大山の紅葉名所②鬼女台展望休憩所

次は鳥取県の南・岡山県真庭市にある鬼女台(きめんたい)展望休憩所から見る大山の紅葉です。こちらも大山の南壁を見ることになります。鬼女台展望所は蒜山(ひるぜん)大山スカイラインの途中・標高900mにあり、蒜山三座や蒜山高原、北側には雄大な大山の山並みと、360度のパノラマが望めます。

スカイラインは鳥取岡山県境を通っていて、周辺一帯は蒜山高原エリアです。秋の紅葉シーズンは一帯が見事に紅葉する中、その向こうにそびえる大山の美しさが引き立ちます。

鬼女台展望休憩所は紅葉撮影の好ポイント

秋になると、蒜山大山スカイラインは蒜山高原や大山の紅葉がお目当ての車で混雑します。鬼女台展望所はほとんどの人が立ち寄る人気スポットで、特に晩秋には高原一帯にみられる雲海を撮影する人にも人気です。

この展望所はそう大きくはありませんが、特産品や野菜など農産物の売店があり、トイレも利用できます。アクセスは中国自動車道蒜山ICから15 分です。国道482号経由でスカイラインへ入れます。冬季は通行止で、大山の雪景色は見られないので注意してください。

口コミチェックはこちら!

蒜山大山スカイライン鬼女台展望休憩所

鬼女台展望休憩所

  • 住所
    〒717-0613
    岡山県真庭市蒜山下徳山1109(鬼女台展望休憩所)
  • 公式サイトURL
    https://www.maniwa.or.jp/web/?c=spot-2&pk=9

大山の紅葉が美しい名所:西側2選

次は、大山を西から見た場合の紅葉の名所を紹介します。大山を西から見た姿は「正面大山」と呼ばれ、富士山のような三角錐の山に見えます。伯耆富士の名前は、この方向から見た形でそう呼ばれることになりました。大山の西側といえば伯耆町になり、ここからはきれいな形の大山と紅葉が楽しめます。

西側から見る大山の紅葉名所①大山ますみず高原

鳥取県の大山西側、伯耆町から見る大山はすっきりとした端正な姿を見せてくれます。大山の紅葉名所の一つ、大山升水(ますみず)高原から望めるのは、なだらかなすそ野に広がる紅葉と、高くそびえる正面大山の絶景です。

升水高原一帯は、冬の間はスキーやスノーボードを楽しむ人たちで賑わいます。牧場も多く、秋の紅葉期間はさわやかな高原の草紅葉や、横手道と呼ばれる紅葉した古道の散策がおすすめです。この横手道は、大山寺から鍵掛峠を回るハイキングコースの一部でもあります。

リフトで行く展望台からは日本海や夕日も楽しもう

大山環状道路にある250台収容の広い駐車場から、中腹にある展望台まで観光リフトが運行しています。約8分で着く標高900mの展望台からは、晴れていれば遠く隠岐の島影までが見通せ、そして四季を通じて楽しめる美しい夕日でも人気です。

すぐそばには、レストランや無料休憩所、特産品・土産品の売店、案内所を備えた桝水フィールドステーションがあります。アクセスは米子自動車道の溝口ICから県道45号線で7㎞、約10分で駐車場です。

口コミチェックはこちら!

桝水高原

ますみず高原天空リフト

  • 住所
    〒689-4215 
    鳥取県西伯郡伯耆町金屋谷1801
  • 公式サイトURL
    http://www.daisen-b.net

西側から見る大山の紅葉名所②大山まきばみるくの里

大山まきばみるくの里は、大山環状道路から県道284号に入ってすぐのところにある観光施設兼乳製品の工房です。広大な大山放牧場の一角にあり、その先には雄大な正面大山がどっしりと構えます。

ここから見る大山は、秋の紅葉の季節にはすそ野から頂上近くまで全山が赤いじゅうたんで覆われたような景観で、鮮やかな色彩が感動的です。左手の海側には米子の街並みから弓ヶ浜が伸び、その先には出雲半島、日本海の絶景が望めます。

大山のふもとで食べて遊べるおすすめ観光施設

「大山まきばみるくの里」は紅葉した正面大山を間近に見るスポットですが、大山を巡るドライブ途中での休憩にも最適です。レストランで自家製乳製品を使ったメニューが味わえるほか、隣接の工房ではバターなどの手作り体験もできます。

ここへ行ったら、名物の自家製ソフトクリームをぜひ味わいましょう。1日4500個も売れる大人気のソフトは、これだけを目当てに来る人も多いという名物です。アクセスは、米子自動車道の溝口ICから10分ほどで着きます。

口コミチェックはこちら!

大山まきばみるくの里

大山まきばみるくの里

  • 住所
    〒689-4101
    鳥取県西伯郡伯耆町小林2-11
  • 公式サイトURL
    https://dainyu.or.jp/daisenmakiba

大山の紅葉が美しい名所:北側4選

今度は北から見た大山の紅葉の名所を紹介しましょう。大山の北側は東西に長ぼそい稜線の北壁が見られます。北壁も岩壁ですが南壁ほど崩落が激しくはなく、山の表情も幾分おだやかで北壁よりも近づきやすい山です。そのため、紅葉の見どころも多くなっています。

北側から見る大山の紅葉名所①元谷

元谷は大山の北側にいくつかある、崩落でできた谷の集合地です。崩れてきた岩や石が溜まって河原のようになった地形で、目の前には大山の北壁が圧倒的な迫力で立ちはだかります。紅葉の時期には岩壁との間や谷の両側を覆う広葉樹が色づき、鮮やかな紅葉が楽しめる圧巻スポットです。

ここは鳥取県大山町になり、中腹の大山寺からは徒歩1時間ほどかかる、ハイキングには最適なコースになります。気軽な紅葉スポットとしては最奥部で、この先は本格的な登山道になり、装備と登山届が必要です。

紅葉を楽しみながら歩く大山・元谷への散策路

元谷へ行く道は、谷の下流にある大山寺の門前町の駐車場からスタート、佐陀川沿いに散策路を登ります。約2㎞で標高差200mを登るので、途中の急坂には木の階段が整備された道です。周囲の樹種は紅葉よりも黄葉のほうが多いようですが、元谷まで見事な色彩の道が楽しめます。

視界が開けて、谷の奥に砂防堰堤が見えたらそこが元谷です。圧倒的な北壁と紅葉の取り合わせをゆっくり楽しんでください。途中にいくつか分岐があるので、できれば地図を持っていたほうが安心でしょう。

口コミチェックはこちら!

大山の元谷

大山ナショナルパークセンター

  • 住所
    〒689-3318
    鳥取県西伯郡大山町大山40-33
  • 公式サイトURL
    https://tottoridaisen.web.fc2.com/

北側から見る大山の紅葉名所②大山寺

大山寺は大山の山中にある天台宗のお寺で、創建は718年という大変な名刹です。昔は僧兵を3000人も抱える勢力を誇りましたが、現在でも山内に10ヵ所の寺院があり、重要文化財や宝物を数多く所有します。

寺域内の山々が紅葉で彩られる季節には、国内でも有数の紅葉絵巻を見ようと各地からの観光客が集まります。大山寺はこの時期開催の大山紅葉まつりの拠点になり、稚児行列、灯篭への献灯、山門のライトアップなどが例年のイベントです。

大山寺でのおすすめは紅葉と寺院とのコラボ

大山寺の境内に入ると、そこは言うまでもなく紅葉の名所です。山門から鐘撞き堂、本堂などがある境内には、赤や黄の広葉樹に交じって緑が豊かな針葉樹の巨木もあります。これで色のコントラストが強まり、より鮮やかな紅葉の絶景に目を奪われることでしょう。

大山寺から大山の展望は、木立に隠れてよく見えません。参道をずっと下った県営第四駐車場(博労座駐車場)からなら、眼前に迫る大山北壁が堪能できるでしょう。大山寺へのアクセスは、米子ICから14㎞・約20分です。

口コミチェックはこちら!

大山寺の口コミ

大山寺(鳥取県)

  • 住所
    〒689-3318
    鳥取県西伯郡大山町大山9
  • 公式サイトURL
    http://www.daisen.gr.jp/

北側から見る大山の紅葉名所③豪円山のろし台

次の大山の紅葉スポットは、豪円山のろし台です。ここは大山寺のすぐ近くにある展望台ですが、規模が小さく穴場的な存在になります。でも、そこからの景色は日本離れした素晴らしいもので、もっと有名になってもおかしくない大山の展望台です。

展望台へ着いて後ろを振り返れば、その絶景に誰でも息をのむでしょう。眼下にはスキー場の施設とゲレンデで、その周囲は紅葉の錦の絨毯で覆われ、その向こうは大山の北壁がそびえます。観光写真でみたスイスの風景を思わせる超絶的な美しさです。

豪円山は穴場的で絶景の紅葉観光スポット

豪円山のろし台は、スキー場の施設から細い登山道を15分ほど上がったところです。大山寺の参道ルートから外れているので、紅葉期間には訪れる人が少ないのかもしれません。登山道は舗装されていて、危険もなく誰でも通れます。

大山の方角から顔を左へ振ると、ふもとに広がる紅葉から米子、弓が浜、出雲半島の絶景が望めます。第一級の眺望をもつ壕円山は米子自動車道・米子ICから25 分、大山スキーロッジから徒歩15分です。

口コミチェックはこちら!

豪円山のろし台

豪円山のろし台

  • 住所
    〒689-3318
    鳥取県西伯郡大山町大山45-5(大山観光局)
  • 公式サイトURL
    https://tourismdaisen.com/spot/28/

北側から見る大山の紅葉名④大神山神社奥宮

大山寺からさらに南へ入ったところに大神山(おおがみやま)神社奥宮があります。大山寺の参道から分岐して、自然石の石畳を800mほど行くと大神山神社です。もともと大山寺の僧の修行場として作られましたが、明治の神仏分離令で分かれました。

ここは大きな神社で、社殿も権現造りでは日本最大級の規模です。神社に至る自然石の石畳の長さも国内最長で、その参道では両わきにあるブナやもみじが見事な景観を見せてくれます。この参道はハイキングコースにもおすすめです。

木立ちが美しい紅葉の名所

参道の途中にある岩壁が狭まった場所は金門と呼ばれ、神域と俗界を隔てる場所とされました。岩の間から見える秋色の大山が神々しく見える場所です。参道の終わりには山門・本殿があり、神社らしい濃緑の杉木立に混じる落葉樹の紅葉が、途中の華やかな紅葉とはまた違った景観を見せてくれます。

大神山神社奥宮へのアクセスは大山寺と同じで、米子ICから博労座駐車場(県営第四駐車場)まで14㎞です。なお、この博労座駐車場は、停めた車から紅葉の大山が大迫力で望める穴場になります。

口コミチェックはこちら!

大神山神社奥宮

大神山神社奥宮

  • 住所
    〒689-3318
    鳥取県西伯郡大山町大山
  • 公式サイトURL
    http://www.oogamiyama.or.jp/

どこから見ても美しい大山で紅葉ドライブを!

大山は見る方向によってさまざまに表情を変える不思議な山でした。岩肌が荒々しい山、深い谷が険しい山かと思えば、広いすそ野をもつ雄大な山だったりします。でも、どこから見てもすばらしい紅葉は同じです。

大山には中腹を3時間でぐるりと一周する環状道路があります。よく整備された快適な道路はドライブに最適。のんびりドライブしながら、お気に入りの紅葉スポットを見つけてください。

各地の紅葉情報が気になる方はこちらをチェック!

空気が澄んでさわやかな秋は観光には最適なシーズンです。各地の絶景を見にお出かけしたくなるのは皆さん同じでしょう。秋が深まると紅葉前線が次第に降りてきます。各地の紅葉情報をまとめた記事を参考に、今年も紅葉を見に出かけませんか。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の3」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の3の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは3についてご紹介しています。...

超簡単なのに子供達に喜ばれた「ハロウィンお菓子ラッピング3つ」をご紹介✨

今回は「ハロウィンお菓子のアイディア・ラッピング3つ」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! ハロウィンのお土産にぴったりのお菓子のラッピングの...

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の2」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の2の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは2についてご紹介しています。...

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の1」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の1の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは1についてご紹介しています。...

【ショアジギング】根がかりのはずし方完全攻略!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...