Twitter
Facebook
LINE

京都のアウトドアショップ人気11選!キャンプ用品や登山道具などが揃うお店をご紹介!

haekon

京都のアウトドアショップ人気11選!キャンプ用品や登山道具などが揃うお店をご紹介!

haekon

京都は名山やキャンプ場が豊富でアウトドアショップも多くあります。関西最大級のアウトドア用品取り扱いスポットやご夫婦2人で営む家庭的なアウトドアショップ、屋外でテント組み立て体験ができるお店など多彩です。そんなおすすめの京都のアウトドアショップをご紹介します。



自然豊かな京都にはアウトドアショップが満載!

京都には愛宕山や大文字山などの気軽に登れる名山が多く、登山を満喫できるエリアです。また、グランドーム京都天橋立やるり渓温泉・GRAXなどのグランピング施設などもあり、気軽にキャンプを楽しむこともできます。

京都のアウトドアショップは品ぞろえも充実!

そんな京都ではアウトドアショップもたくさんあり、グッズ調達もしやすいのもメリットです。最近オープンした関西でも最大級の大型スポットから、ご夫婦2人で営むアットホームなアウトドアショップまであります。

ほかにも、有名ブランドのテントを外で体験できるところから、新入荷のアイテムをSNSで確認できるおしゃれなショップなどバリエーション豊富です。そんな魅力的な京都のアウトドアショップを厳選してご紹介します(本記事は2021年7月15日の情報をもとにしました)。

人気のアウトドアショップ【京都市内】7選!

ここでは京都市内にあるアウトドアショップを取り上げます。アクセスや営業時間などの基本情報を述べた後に、販売する商品の内容などについてご説明するスタイルです。

多彩なブランドがそろった大型店から、モンベルやパタゴニアなどの専門店まで幅広いラインナップがあります。京都駅からもアクセスしやすく、アパレルや雑貨類なども豊富なので気軽に行けるのもメリットです。
 

1:UPI京都



京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都市の中京区にあるアウトドアショップで、地下鉄の京都市役所前駅から徒歩5分ほどの立地です。北米や北欧を中心にした海外アウトドアブランドの正規輸入代理店、UPIが手がける専門店になります。

今年の7月1日にリニューアルオープンしたばかりの店内は、三条通りから段差なしでつながっていて入りやすい雰囲気です。従来と比較して4倍ほどの大型の空間では、ハンモックの試乗体験もできます。年中無休で営業時間は11時から19時までです。

アウトドアショップの特徴は?



アウトドアショップ内にはドリンクカウンターがあり、箕面(みのお)ビールなどのクラフトビールやスウェーデンのレンメルコーヒーなどを販売中、ドリンク片手に買い物ができるユニークな場所です。

スウェーデンのモーラナイフやノルウェーのヘレナイフなどの手作りアイテムのほか、アメリカ・テキサス地方のソロストーブやウィルドゥのおしゃれなカップなどキャンプ用品が多彩です。ワークショップも実施もあり、8月には「 アウトドアナイフの基礎」が開催されます。

基本情報

UPI京都

  • 住所
    〒604-8082
    京都府京都市中京区弁慶石町61
  • 公式サイトURL
    https://upioutdoor.com/store/
  • 電話番号
    075-744-1993
  • アクセス
    地下鉄・京都市役所前駅から徒歩で約5分

2:好日山荘・京都河原町店

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都市の河原町通に昨年末に移転オープンした大型のアウトドアショップになります。若者から人気の商業ビル・河原町オーパの地下1階にあり、阪急・京都河原町駅から徒歩1分の便利な場所です。

好日山荘は1924年創業の日本初の登山用品専門店で、今ではキャンプやスポーツなど幅広い商品を扱っています。店内には山系イラストレーターとして有名な鈴木みきさんの絵が飾られているのも人気のポイント、営業時間は11時から21時までとなります。

アウトドアショップの特徴は?

このアウトドアショップではテントやリュックなどのほか、雪山まで対応の本格的な登山装備も取り扱います。パタゴニアやノースフェイス、マムート、ミレーなどの有名ブランドがそろっているのも人気点です。

気さくなスタッフから大文字山や比叡山などの登山スポットのほか、京都周辺の寺社めぐり情報など教えてもらえるのも売りになります。木曜日のレディースデイや10日のマウンテンの日などは、普段より値段が安いねらい目です。

基本情報

好日山荘・京都河原町店

  • 住所
    〒604-8505
    京都府京都市中京区河原町通四条上ル河原町オーパB1F
  • 公式サイトURL
    https://www.kojitusanso.jp/shop/kinki/kyoto/
  • 電話番号
    075-708-5178
  • アクセス
    阪急・京都河原町駅から徒歩で約1分

3:モンベル京都駅前店

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都市南区にあり京都駅の八条口から徒歩5分の立地で、キャンプや登山の前にアイテムを購入するのにも便利です。モンベルは1975年に大阪で誕生した老舗で、京都駅前店はイオンモール京都3階にある大型店になります。

入り口には大きなテントが置かれたアウトドアショップらしい佇まいで、キャンプや登山へのモチベーションを上げてくれる雰囲気です。定休日は無しで営業時間は10時から21時までになります。

アウトドアショップの特徴は?

 このアウトドアショップではテントやシュラフなどのキャンプ道具のほか、ザックなどの登山用品はもちろんスキーやスノボ、カヌー・カヤックなどのスポーツアイテムまで扱っています。

モンベルを含めたブランドのおしゃれなウェアやシューズなども販売、普段使い用に購入するのもおすすめです。現在では鳥居などが描かれた京都店限定のモンベルTシャツも話題、子供から大人までのサイズがそろっているのもこのアウトドアショップの魅力になります。

基本情報

モンベル京都駅前店

  • 住所
    〒601-8417
    京都府京都市南区西九条鳥居口町1イオンモールKYOTOSakura館3階
  • 公式サイトURL
    https://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618933
  • 電話番号
    075-693-8115
  • アクセス
    京都駅八条口から徒歩で約5分

4:ワイルドワン京都宝ヶ池店

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都市左京区の岩倉地区にあり、京都市営地下鉄の国際会館駅から徒歩8分ほどの立地です。全国に20店舗以上を展開するワイルドワンの京都支店で、2階建ての大型アウトドアショップになります。

オリジナルブランドの「テンマクデザイン」はテントや焚火用品、キッチンセットなどのキャンプ用品が人気、アニメが流れるキッズルームもあり、ファミリーで来てもゆっくりと買い物を楽しめます。営業時間は11時(土日祝は10時)から20時までです。

アウトドアショップの特徴は?

このアウトドアショップは2階建てで、1階にはダイワやシマノなどのブランドの釣り用品が充実、2階にはファミリー向けのキャンプ用品から、本格的なトレッキングアイテムまでが並んでいます。

コールマンやスノーピークをメインに、パタゴニアやモンベルなどの有名ブランドの商品が目白押し、カヌーやスノーシューなどの専門性の高いスポーツ用品が販売されているのもこちらの特徴です。人気ブランド・チャムスとコラボした「速乾Tee」も話題の人気商品になっています。

基本情報

ワイルドワン京都宝ヶ池店

  • 住所
    〒606-0006
    京都府京都市左京区岩倉西五田町41
  • 公式サイトURL
    https://www.wild1.co.jp/shop/kyoto/
  • 電話番号
    075-781-2555
  • アクセス
    京都市営地下鉄・国際会館駅から徒歩で約8分

5:パタゴニア京都

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都市下京区の四条通に2016年に移転オープンしたアウトドアショップです。繁華街の京都河原町駅から徒歩4分なので観光の途中でも立ち寄れます。パタゴニアは1965年にアメリカで創業したアウトドアブランドで京都店は国内でも最大規模の直営専門店です。

1階・2階が売り場で3階にはイベントルームもあり、ヨガ教室などイベントが定期的に開催されています。営業時間は平日が12時から19時、土日祝が11時から18時までです。

アウトドアショップの特徴は?

このアウトドアショップでは登山用品やサーフィン用品などパタゴニアの全カテゴリーの取り扱いがあるのが売りです。1階はレディースと子供用品、2階はメンズがメインになります。

アパレルや雑貨も充実していて、アウトドア以外の目的でも楽しい場所、パタゴニアのロゴ入りマグカップは京都店にしかないレアー商品です。また、環境再生のために立ち上げたブランド「パタゴニアプロビジョンズ」のオーガニックスープや天然サーモンのグルメなども話題になっています。

基本情報

パタゴニア京都

  • 住所
    〒600-8005
    京都市下京区四条通立売東町23番地
  • 公式サイトURL
    https://www.patagonia.jp/patagonia-kyoto-japan/store_164344596.html
  • 電話番号
    075-251-2101
  • アクセス
    京都河原町駅から徒歩で約4分

6:アクア

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都市南区にあり、京都駅から車で15分ほどのアクセスタイムです。ご夫婦が運営する家庭的な雰囲気のアウトドアショップになります。水色の壁がおしゃれで、一見はカフェか雑貨店と間違えそうな外観が目印です。

倉庫を改装してつくった店内には話題の商品がぎっしりと展示されていて、キャンプに出かけた気分になると口コミでも評判になっています。定休日は火曜日と水曜日で、営業時間は13時から18時30分までです。

アウトドアショップの特徴は?

店内でも面積を多くとっているのがテントの展示スペースです。キャンパルジャパンなどのブランド品を中心に、折りたたみイスやテーブルなども並べられ、すぐにキャンプができそうなラインナップがあります。

他にもスノーピークの ジカロテーブルやセットの焚火台、ユニフレームのキャンプアイテムなど多彩な展示です。フュアハンドやペトロマックスなどのランタン類が綺麗な灯りをともしていて、楽しみながらショッピングができます。

基本情報

アクア

  • 住所
    〒601-8371
    京都市南区吉祥院嶋樫山町26
  • 公式サイトURL
    http://www.j-aqua.com/index.html
  • 電話番号
    075-201-5655
  • アクセス
    JR京都駅から車で約15分

7:石井スポーツ京都ヨドバシ店

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都市の下京区にあり京都駅から徒歩3分ほどのアクセスしやすい立地です。2020年末にオープンしたアウトドアショップになります。石井スポーツは昭和時代創業の老舗で登山やスキー用品が豊富です。

このアウトドアショップは高級な登山用品から安い日常品まで多彩な取り扱いで、さまざまな目的で利用できます。年中無休で営業時間は9時30分から22時までです。

アウトドアショップの特徴は?

店内ではテントや焚火台などが展示され、キャンプの臨場感が味わえるほか、洋服やリュック類などの種類も豊富です。扱うブランドもミレーやスノーピーク、コロンビア、ロゴスなどの多彩で、見て回るだけでも楽しめると話題になっています。

併設のアートスポーツは、ロードからトレイルまでのシューズやウェアを扱う専門店で、専任スタッフが行うシューズカウンセリングが評判です。ほかにも、ヨガやフィットネス用品なども扱っていて多様な目的で利用できます。

基本情報

石井スポーツ京都ヨドバシ店

  • 住所
    〒600-8216
    京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町590-2ヨドバシカメラマルチメディア京都3階
  • 公式サイトURL
    https://www.ici-sports.com/shop/kyoto/
  • 電話番号
    075-351-1094
  • アクセス
    京都駅中央口から徒歩で約3分

人気のアウトドアショップ【京都市郊外】4選!

ここからは京都市の周辺にあるアウトドアショップをピックアップします。関西随一の大型店があるほか、お店独自の商品が入手できるアウトドアショップも話題です。カフェや宿泊施設併設のショップもあり、いろいろな楽しみ方ができます。

1:NOASOBIYA

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都府城陽市の寺田地区にあるアウトドアショップで、京都駅から車で30分ほどのアクセスタイムです。3階建ての民家のようなつくりが特徴で、中には店長がセレクトした魅力的なキャンプ用品がずらりと並んでいます。

2017年にオープンした比較的新しいお店で、1階にはキャンプ用品の取り扱いがあり2階はハンモックをメインとした販売エリア、3階はイベント用スペースです。水曜・木曜が定休日で営業時間は11時から18時までになります。

アウトドアショップの特徴は?

このアウトドアショップの1階にはソロストーブやトークスなどのブランド焚き火グッズのほか、料理アイテムやマット類など幅広くそろっています。ファミリー向けだけでなく、ソロ用や野営用商品の取り扱いがあるのも魅力です。

アウトレットコーナーがあるのもユニーク、ブランド品が安い値段にゲットできるのでアウトドア初心者からも人気があります。また、DDハンモックジャパンの直営店にもなっていて、2階では実際の寝心地を確かめられるのも特徴です。

基本情報

NOASOBIYA

  • 住所
    〒610-0121
    京都府城陽市寺田尺後10-23
  • 公式サイトURL
    https://www.noasobiya.net/shop
  • 電話番号
    0774-66-3367
  • アクセス
    京都駅から車で約30分

2:アルペンアウトドアーズ京都宇治店

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都府宇治市で2019年3月にオープンした関西で最大級のアウトドアショップになります。京都駅からも車で25分ほどとアクセスしやすい立地、人気スポーツ用品店・アルペンのアウトドアに特化したお店です。

広大な敷地内に200ブランド・5万点以上ものアイテムがそろったスポットで、有名ブランドのコールマンやスノーピーク、ロゴスの専門店が出店し専任スタッフも駐在しています。定休日は無しで、営業時間は10時から20時までです。

アウトドアショップの特徴は?

アウトドアショップ内はリビング・ダイニング・スリーピングのカテゴリー分けがされていて、商品が探しやすいのも魅力です。リビングエリアではアウトドア向けのチェアがたくさん展示され、実際に座り心地を確かめられます。

また、ダイニングエリアでは200種類以上のランタンがお出迎え、デザインや機能などさまざまな視点で選べます。スリーピングのエリアはテントやマットなどが体験できるようになっていて、キャンプをしている気分になれると口コミでも評判です。

基本情報

アルペンアウトドアーズ京都宇治店

  • 住所
    〒611-0041
    京都府宇治市槇島町大川原16
  • 公式サイトURL
    https://store.alpen-group.jp/outdoors/overview/kyotouji/
  • 電話番号
    0774-20-5531
  • アクセス
    京都駅から車で約25分

3:風街道具店

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都府の大山崎町に2018年10月に移転・オープンしたアウトドアショップです。京都駅から車で25分のアクセス、ユニークな店名はご主人がサーフィンを趣味としていることに由来します。

人気ブランドの取り扱いが多い大型店とは違い、ここでしか入手できないレアーグッズを扱っているのが特徴です。おしゃれな雑貨も多くインドア派からも人気のお店、定休は水曜日で営業時間は平日が12時から20時、土日が10時から18時になります。

アウトドアショップの特徴は?

店内にはテントや薪ストーブなどの大物から、ナイフや耐水性エコバックなどの普段使いもできるアイテムが満載です。SNSにて入荷情報を発信しているので、事前にチェックするとスムーズにお買い物ができます。

今は夏用品が多く、韓国メーカー MOTのマグネット式蚊取り線香ホルダー(9460円ほど)や、本場・今治のサウナMOKUタオル(1100円ほど)、ハエや蚊などの天敵の姿をかたどった「おにやんま君(1200円ほど)」などユニーク商品が目白押しです。

基本情報

風街道具店

  • 住所
    〒618-0071
    京都府乙訓郡大山崎町大山崎茶屋前17
  • 公式サイトURL
    https://kazemachi-tools.com/
  • 電話番号
    075-874-5411
  • アクセス
    京都駅から車で約25分

4:ロゴスショップ&カフェ

京都のアウトドアショップといえばコチラ!

京都府城陽市の寺田地区にある京都初のロゴス専門店になります。JRの城陽駅から徒歩20分ほどでアクセス、ホテルでのテント泊や200名のバーベキュースタジアムで話題のロゴスランドの中にあります。

アウトドアショップは敷地内の宿泊施設1階にあり、ロゴスのテントやBBQ用品のほかバッグやTシャツなどもそろっています。上階にはカフェがあり、ロゴス風ロコモコやBBQバーガーなどが人気、ショップは10時から18時、カフェは9時から18時の営業です。

アウトドアショップの特徴は?

このアウトドアショップはホテルの2室分ほどと比較的こぢんまりとしていますが、特徴的なのは屋外の展示スペースがあることです。テントの中に入って体験できるほか、購入したいテントを実際に組み立てることもできます。

店内ではロゴスのスタッフが丁寧にアドバイスしてくれるので、初心者でも安心して購入できます。休日にはシャボン玉のサービスなどもあり、子供と一緒に出かけても楽しめるスポットです。

基本情報

ロゴスショップ&カフェ

  • 住所
    〒610-0121
    京都府城陽市寺田大川原24-4
  • 公式サイトURL
    https://www.logos.ne.jp/shop/logosland
  • 電話番号
    0774-55-7811
  • アクセス
    JR城陽駅から徒歩で約20分

京都のアウトドアショップで買い物を満喫!

京都でおすすめのアウトドアショップをピックアップしてきました。「アルペンアウトドアーズ京都宇治店」はカテゴリー分けされた、商品を見つけやすい大型スポット、家庭的な雰囲気の「アクア」でスタッフと会話するのも楽しい時間になります。

ロゴスショップではテントを実際に張って試せるので本番でも安心、魅力的なアイテムが次々と入荷する「風街道具店」も見逃せないお店です。京都周辺でアウトドアをお考えの場合は、このような魅力的なお店にお立ち寄りください。

京都のアウトドアが気になる方はこちらもチェック!

アウトドアショップでグッズを調達した後は、京都周辺にあるキャンプ場や登山スポットにお出かけになってはいかがでしょうか。下には登山やキャンプを楽しめる場所や、コテージなどの宿泊施設についての特集記事をリンクしました。あわせてお楽しみいただければ幸いです。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...

【価格破壊】ダイワ2022新製品22カルディアSWがエグいっ!

★DAIWA 22カルディアSW 公式HPはコチラ★ https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/special/product/caldiasw/ ※画像出典元 ★...

シマノから2022新製品22ステラ登場!ついにアノ機構が・・・!

本情報はシマノから一時的に公開された情報を元にしております。綺麗事ではありますが、「釣りフェスティバル」という年に1度のイベントであること等を考慮し、動画内の画像には全てモザイクをかけております。また...