Twitter
Facebook
LINE

【2021年最新】GoProの画角をモデルごとに徹底解説!モード別にもご紹介!

haekon

【2021年最新】GoProの画角をモデルごとに徹底解説!モード別にもご紹介!

haekon

GoProは防水性に優れるアウトドア向けのカメラで、画角の大きな迫力のある映像が魅力になります。最新機種で高性能のHERO10や、全方位を網羅するGoPro・MAXなど種類も豊富です。本記事ではGoProの画角について、モデルごとに詳細に解説します。



アウトドアで話題のカメラの画角を説明!

GoProとは

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

GoProはマリンスポーツや登山、マウンテンバイクなどのハードなアウトドアで活躍する人気ツールの一つです。小型・軽量ながら4K画質以上を高速で撮れるだけでなく、アクセサリ類が豊富なのも特徴で、他社製品と比較しても高評価の製品になります。

GoProにはラインナップが豊富!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

2005年に第1弾が発売されて以来、GoProには多彩なラインナップが登場しています。現在でも入手しやすのはHERO8・BLACKからHERO10・BLACKまでの3種とGoPro・MAXの合計4種類です。

HERO10は今年の9月に発売された最新製品で、MAXは2つのレンズで360度を網羅できるのが特徴になります。そんなGoProの製品ごとの画角について、比較をしながら説明します(本記事は2021年12月9日の情報をもとにしました)。

GoProの画角の選択肢や大きさを解説!

ここではGoPro・HEROの画角に関してまとめてご紹介します。GoPro・MAXについては、「GoPro・MAXの画角を解説!」の章で個別に説明しますので、そちらをご参照ください。



HEROシリーズ共通の画角のラインナップ!

GoProは通常より画角が広い魚眼レンズを搭載し、デジタルレンズという電子的な機構で画角を設定する仕組みです。主なHEROモデルには最大5種の画角があり、ディスプレイで簡単に設定ができます。

「SuperView」は超広角で、「広角」は全モード対応の通常画角、「リニア+水平維持」や「狭角」は魚眼の歪みを補正しているのが違いです。ちなみに、視野範囲についてGoProが公開しているのは焦点距離のみで、小さいほど画角が大きい傾向があります。

画角の種類 焦点距離 備考
SuperView 16mm GoPro・HEROの最大画角
広角 16~34mm 全モード対応の通常画角
リニア 19~39mm 歪みが少ない
リニア+水平維持 19~39mm 傾きも補正(HERO8には無し)
狭角 27mm 最も狭い

GoProの画角の大きさについて

下でご紹介するようにGoProの画角の種類は、画像サイズやフレームレート(1秒間に撮る静止画数)、画像の縦横比によって制限される仕組みです。

また、具体的な画角の値は、手ブレ補正のモードによっても多少異なります。日本総代理店のタジマモーターコーポレーションの公式サイトによると、SuperViewの横方向の画角は約120度、広角が90度から120度、リニア(リニア+水平維持)が70度から90度の範囲、狭角は70度程度が目安です。



GoPro・HEROの画角を解説!

GoPro・HERO8の画角は?

GoProのHERO8・Blackは2019年10月に発売になった製品で、最新のイメージセンサにより、1200万画素の静止画と、最大で4Kの画像を60フレーム/秒で撮影できます。

水深10mまでの防水機能があり、手のひらサイズですが、直接自撮りスティックやクリップなどに固定できる、フレームを標準装備するのも魅力です。「HyperSmooth2.0」という高性能の手ブレ補正機能により、スムーズな映像が楽しめます。

セッティングごとに選べる画角を解説!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

このGoProを使って静止画を撮る場合、選べる画角は広角・リニア・狭角の3種類です。動画については下の表のように解像度やフレームレート、縦横比により、設定できる画角が違います。

例えばSuperViewにできるのは最大画質が4Kで、フレームレートは30以下です。また、広角のみが使えるモード(2.7K・120)や、広角・リニアが使えるモード(4K・60など)などと、細かく設定されているのが特徴になります。

解像度 フレームレート(60Hz時) 縦横比 画角
4K 60 16:9 広角、リニア   
4K 30・24 16:9 SuperView、広角、
リニア
4K 30・24 4:3 広角、リニア
2.7K 120 16:9 広角
2.7K 60・30・24 16:9 SuperView、広角、
リニア、狭角(全種類)
2.7K  60 4:3 広角
2.7K  30・24 4:3 広角、リニア、狭角
1440p 120 4:3 広角
1440p 60・30・24 4:3 広角、リニア、狭角
1080p 240 16:9 広角
1080p 120・60・30・24 16:9 全種類

 

GoPro・HERO9の画角は?

2020年9月に発売された製品です。最大で2000万画素の静止画を撮影できるほか、ビデオは最大で5Kの映像を30フレーム/秒で取得できます。また、高性能な画像処理「Hyper Smooth3.0」により、映像がさらにスムーズなのも魅力です。

従来のGoProシリーズよりは少し大型ですが、フロントディスプレイが標準で装備され、確認しながらの撮影ができるのも大きな変更点になります。

セッティングごとに選べる画角を解説!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

このGoProも静止画で対応できる画角はHERO8と同じ3タイプです。動画については下の表にまとめました。広角から狭角までの範囲は全モードで設定可能で、前モデルのHERO8と比較しても幅広い対応です。

また、SuperViewに対応できるのは最大4K画質で、30フレーム/秒以下での使用になります。さらにこのGoProには「MAXレンズモジュラー」なる別途購入のマウントがあり、155度の超広角で使用することも可能です。

解像度 フレームレート(60Hz時) 縦横比 画角
5K 30・24 16:9 広角、リニア、
リニア+水平維持、狭角
4K 60 16:9 同上
4K 30・24 16:9 SuperView、広角、リニア、
リニア+水平維持、狭角(全種類)
4K 30・24 4:3 広角、リニア、リニア+水平維持、狭角
2.7K 120・60 16:9 全種類
2.7K 60 4:3 広角、リニア、
リニア+水平維持、狭角
1440p 120・60・30・24 4:3 同上
1080p 240 16:9 同上
1080p 120・60・30・24 16:9 全種類

GoPro・HERO10の画角は?

このGoProは2021年9月に発売されたばかりの最新機種です。静止画の最大23メガピクセルで、新たに開発した「GP2」というプロセッサーの搭載により、4K画質を120フレーム/秒で撮影し、新しいブレ機能・HyperSmooth 4.0にも対応します。

さらに、水平維持機能も前モデルの27度から45度とへと高性能化し、激しいアクションに対応可能になりました。サイズは前モデルと同様で、その場で映像確認できるディスプレイが付いています。

セッティングごとに選べる画角を解説!

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

静止画で選べる画角は他のGoProと同じく3種類です。動画のモードと画角との関係は下の表のようになります。

前モデル(HERO9)と比較すると、全てのモードでSuperView 以外の全画角に対応できるのは同じですが、4K画質の場合、60フレーム/秒でもSuperViewが使えるのが違いです。また、このGoProも「MAXレンズモジュラー」なるマウントと互換性があり、155度の迫力のある映像が楽しめます。

解像度 フレームレート(60Hz時) アスペクト比 画角
5.3K 60・30・24 16:9 広角、リニア、
リニア+水平維持、狭角
5K 30・24 4:3 同上
4K 120 16:9 同上
4K 60・30・24 16:9 SuperView、広角、
リニア、リニア+水平維持、狭角(全種類)
4K 60・30・24 4:3 広角、リニア、
リニア+水平維持、
狭角
2.7K 240 16:9 同上
2.7K 120・60 16:9 全種類
2.7K 120・60 4:3 広角、リニア、
リニア+水平維持、
狭角
1080p 240 16:9 同上
1080p 120・60・30・24 16:9 全種類

GoPro・MAXの画角を解説!

GoPro・MAXの画角は?

GoPro・MAXは2019年の10月に発売になった製品で、GoPro・Fusionという360度対応機種の後継モデルです。前モデルになかった液晶ディスプレイが追加され、映像を見ながらの操作や撮影が可能になりました。

静止画は最大16.6メガピクセルで撮影できて、5.6K 30でのビデオ撮影ができます。また、通常の360度モードだけでなく、2枚レンズの片方だけを使うことにより、GoPro・HEROと同じような使い方も可能です。

セッティングごとに選べる画角を解説!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

このモデルの静止画モードはHEROシリーズとは異なり、選べる画角はMax SuperViewと広角という2種です。Max SuperViewは名前のとおり、HEROシリーズの最大画角(SuperView)よりさらに大きい仕様で、広角は焦点距離で考えるとHEROシリーズの最大画角に相当します。

HERO モードは1080pと1440pの2種類の解像度があり、選べる画角は下表のようになります。また、360 度モードでは5.6Kの高解像度が標準です。

画角の種類 焦点距離 備考
MaxSuperView 13mm GoProの最大画角
広角 16mm 焦点距離はHEROのSuperViewと同じ
リニア 19mm 歪みを補正
狭角 27mm 視野最小

高性能カメラでアウトドアを満喫!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

GoProの画角について、現在も入手しやすい4つのモデルを例に解説しました。4Kの高解像度でも30フレーム(HERO8・9)や60フレーム(HERO10)の高速撮影ができるのも人気点です。

また、特殊なマウントを使えば155度の広角撮影も可能で、GoPro・MAXなら360度のダイナミックな映像を楽しめます。高性能で厳しい環境にも耐えられるGoProを入手して、アウトドアをより充実させてみてはいかがでしょうか?

GoProが気になる方はこちらもチェック!

GoProは自在に画角を変えられるだけでなく、他にもさまざまな機能があります。下では他のアクセサリとの組み合わせも含めた、実用的な記事をリンクしました。GoPro初心者向けの記事もありますので、合わせてご参考になさってください。

Movie動画記事

予算1万円設定でキャンプ道具揃えてキャンプやってみたらヤバかった

キャンプ道具と言えば1つ1万円を超えるものも沢山ありますが、今回はキャンプ道具全部合わせて1万円以内というルールでキャンプしてみました! 結論としては、不可能ではないのですが、やはり不足感はあるといっ...

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...

キャンプ初心者に「好きなだけギア買ってきて!」と伝えてみたらこうなった…

「今日中ならキャンプギア買い放題です!」と暮らしーの編集部から言われ、急いでワークマンとゼビオに行って爆買いしてきました! ですが、本当にそんなにギアが必要なのかと考えてしまい、意外と大量に買えずに終...

デカカツオHIT!!!!! #shorts

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉