検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

カブトムシのさなぎが土の上にいる原因とは?対処方法や、人工蛹室の作り方をご紹介!

カブトムシのさなぎが成虫になる前に土の上に出ているのを放置すると、羽化不全になってしまうため対処が必要です。さなぎが土の上に出る原因の解説と、カブトムシのさなぎが土の上に出てきてしまったときに必要な人工蛹室の簡単な作り方もご紹介します。
2021年7月8日
佐藤3

カブトムシのさなぎが土の上に出てきたら

カブトムシのさなぎが土の上に出る原因は

出典:https://photo-ac.com/

カブトムシの飼育をしている方のブログやSNSでも、土の上で蛹化してしまった幼虫の画像を見かけることがありませんか?あまりあってはいけないことなのですが、さなぎが土の上にでる条件(原因)はいくつかあってそれほど稀なことではありません。

自分の飼育している幼虫が土の上に出てきた場合に適切に対応できるよう、また土の上に出ないよう原因と対処法を知っておくとよいですよ。


土の上に出たカブトムシのさなぎの対処法

カブトムシのさなぎが土の上に出るのを防ぐため、まずできることは土の上に出てきてしまう環境を作らないことです。いくつかの例を参考に原因を知り、それでもさなぎが土の上に出た場合に自分で作れる人工の蛹室の作り方を紹介していきましょう。

土の上のさなぎ対処前に知りたい基本情報

さなぎが飼育容器の土の上に出てきてしまう原因や対処法の前にまずカブトムシの分類や特徴・一生のサイクルについてお話しましょう。

はじめてカブトムシを飼育するという方にとってはどんな昆虫でどこに注意すればよいのか、いつになったら成虫になるのかなどの目安となって安心して飼うことができるでしょう。

カブトムシの基本情報


Photo byPatrizia08

科・属 コガネムシ科カブトムシ亜科真性カブトムシ族
分布 日本や中国・台湾など東アジア
学名 Trypoxylus dichotomus
好きな木 クヌギ・コナラ・アベマキなど広葉樹

カブトムシの特徴や性質

カブトムシといえば大きく突き出た角が特徴的ですが、これはオスにのみ見られるもの。頭に長いもの胸にそれよりも小さなものの2本付いています。この角により餌場争いをしかけ、相手をひっくり返し排除したりという戦い方が得意な昆虫です。

オスのサイズ平均は30-50mm(角を除く)メスのサイズ平均もほぼ同様でオスメスの体格差があまりないのもカブトムシの大きな特徴となっています。

カブトムシの一生のサイクル


Photo by kanonn

カブトムシの卵から成虫まで一生の長さは1年半程度といわれています。さらにいうと地上で生活する成虫の期間は短くて2-3ヶ月くらい。ちなみに卵から孵化するのに1ヶ月くらいなので約1年程は幼虫とさなぎの期間があるわけです。

カブトムシのさなぎが土の上に出て困る理由

カブトムシは縦で羽化するのが理想

さなぎはそれほど動けませんが多少は動くことができます。羽化したあとも体全体をしっかり乾かすために、蛹室の中で体を微妙に回転させ均等によい形を維持したまま硬い被殻で内蔵をガードできるようになります。

土の上だとまずこの縦状態が維持できないため体を乾かすことができないです。主に羽根に症状が現れますが中には角が折れているような個体もでてきます。

土の上のカブトムシに起こる羽化不全とは

カブトムシのさなぎは羽化してすぐの羽根は白っぽいままです。少しずつ時間を掛けて体を乾かし羽根の色もオレンジから茶色っぽく変色し、硬くなってきます。

これがうまく乾かすことができない個体がいて、羽根が開いたまま縮れて伸びないのが主な羽化不全の個体です。飛べないためエサにありつけず、また寿命的にも健康な個体よりも短命となることが多いといわれます。

カブトムシのさなぎが土の上に出る原因

カブトムシの一生のうちほとんどの時期をすごす幼虫とさなぎの姿、カブトムシにとって快適な環境で飼育してあげたいですね。土の上に出てくるというのはさなぎにとって飼育ケースの土の中がよい環境ではなかったということです。その原因はいったい何だったのかを、どうして上に出てくるのかという理由として4つご紹介します。

さなぎが土の上に出る理由1.広さ不足

出典:https://photo-ac.com/

かぶとむしの幼虫がさなぎになるとき作る蛹室。この大きさは1匹あたりだいたいLサイズたまご1個分程度といわれています。ひとつのケースで何匹もカブトムシに幼虫がいる場合、ケース内に十分なスペースがなく蛹室が作れません。

また1匹ずつ管理していてもボトル容器ではなく菌糸カップで飼育したままであったりする場合もこれにあたります。さなぎが土の上にでないようにするには十分な広さは必須です。

土の上に出したくない時は個別に管理

カブトムシがさなぎになるとき土の表面に出てきてほしくない場合は1匹ずつボトルで管理するという方法が多く使われます。縦長のガラスボトルならば外側や上から見て幼虫やさなぎの様子も観察しやすいため、健康管理にも役立ちます。

マットや菌糸ボトルなどが幼虫飼育に多く使われており、内容の減り具合で中身の交換タイミングも判断できるためおすすめです。

さなぎが土の上に出る理由2.土不足

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ケースの広さが十分でもそこに入れたマットの量が足りないと、やはり十分な環境とはいえずカブトムシはさなぎになるとき蛹室が作れません。ケースの大きさだけでなく、十分な深さのマットを入れるのもこの時期には大切なお世話といえるでしょう。

1匹が必要とする土の量目安

カブトムシが幼虫からさなぎになるとき注意したい土の量は、1匹あたり1リットルといわれています。こちらもボトルを使うとはじめから容量が決まっているため自分で測る手間が省けるでしょう。

マットでも菌糸でも飼育する甲虫のサイズによって500-1500mlと数種類のボトルが売られています。3-4ヶ月ごとに1度交換する目安で、消費期限があるため買いだめせず交換少し前に新鮮なものを買ってください。

さなぎが土の上に出る理由3.乾燥している

カブトムシが幼虫からさなぎになるとき、蛹室という空間を自分で作ります。このとき幼虫自身の分泌物で部屋を固めるのですが土の湿り気も蛹室作りには必要です。

このマットの水分が不足していると、さなぎになったときに蛹室がうまく作れず土の上に出てくるカブトムシも珍しくありません。

幼虫飼育に適したマットの水分量目安

土が乾燥していたら霧吹きで水を吹きかけるようにしてください。表面だけでは中の土が実は濡れているということがあり水分過多になってしまいます。

必ず少し掘ってみて手で握り、水がしたたっていないか・握った後に軽く形が残る程度には湿り気があるかを注意深くチェックしましょう。乾燥していたら霧吹きで表面に軽く水分を足してあげてください。

さなぎが土の上に出る理由4.糞やチップ

カブトムシの幼虫のエサでもあり自然界の土の変わりとなるのが甲虫飼育用の市販のマットですが、これは栄養分を含ませるため木の葉や木の皮などを腐らせ粉々に近く加工したもの。

自然の土も作られ方は同様ですが、市販品にはそれよりも未熟なままより大きな個体の状態で混じってるマットもあります。またカブトムシ自身の糞も異物となり蛹室を作る邪魔をしてしまうでしょう。

糞や固形物は定期的に掃除する

カブトムシに限らず甲虫類の幼虫を飼育するときは土(マット)の減りとともに糞の掃除は必須です。さなぎになる前から定期的に糞やマットの固形物の掃除をしていきます。やり方は園芸用などのふるいを使うと便利です。

細かいマットのみが下に落ち糞や固形物はふるいの中に残りますのでそれを捨てればOK。不足分は新しいマットを足して混ぜ合わせ飼育用容器やケースの中に戻すようにします。

土の上に出たカブトムシのさなぎ対処法

土の量やケースのサイズ・多頭飼いなど知らなくてつい幼虫を土の上で蛹化させてしまうケースも少なくないようです。もし自分の飼育しているさなぎが土の上に出ているときは、以下の方法で対処することが可能となっていますのでお試しください。

土の上のさなぎには人工蛹室を

ヘラクレスオオカブトなど海外産のカブトムシは仰向け状態でさなぎの期間から羽化もします。この種類であれば現在ある土を少しずつ霧吹きで湿らせつつ飼い主が手で固めたりほったりして蛹室を作ってあげ、その中央に置き直すことで羽化不全を防ぐことが可能です。

サイズは横がさなぎの2倍程度、深さがすっぽりと入る程度。日本型のカブトムシの場合は以下の方法で対処してください。

器用な方なら縦型の蛹室を作って

こちらの画像は人工ではなくカブトムシが自分で作った蛹室です。このくらいの大きさを目安としてマットを固めてその中央にさなぎを戻してあげることで、日本のカブトムシ用の土の蛹室も自分で作成できます。

土いじりが得意という器用な方は縦型の土の蛹室作りにもチャレンジしてみてくださいね。

市販の人工蛹室の使い方

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

市販品にも人工蛹室があります。値段はサイズによって変わるのですが、安価なものでだいたい1000円前後から買うことができるでしょう。使い方は簡単で土の上のさなぎを傷つけないようそっと手で人工蛹室の中へ移動させてあげるだけです。日本のカブトムシの場合は人工蛹室ごと縦向きに置きましょう。

自作のスポンジの蛹室づくり

カブトムシのさなぎが土の上に出ることはそれほど珍しいことではないので、人工蛹室用の穴の空いていないスポンジというのも売られています。これならば海外のカブトムシにも日本のカブトムシにも穴の開け方次第で自由自在。

また活け花に使うスポンジ(オアシスという名前で売られていることも)も人工蛹室に流用できるので、自分でくり抜いて蛹室作りをしてみましょう。

園芸用スポンジでの作り方を動画で確認

100均で売られている園芸用オアシス(緑色のスポンジ)で4匹分の人工蛹室を作っている動画をご紹介します。これを見ると実際にどのようにしているのか、大きさの目安や穴あけのコツを確認できるでしょう。

作り方は簡単でほぼ4等分に分けて軽く線を引きその中をスプーンでくり抜き指でなめらかに整えて出来上がりです。画像のサイズなら80mmくらいまでのさなぎに対応しています。

土の上のさなぎに人工蛹室を手作り

市販の人工蛹室を買わなくても自分でスポンジをスプーン等でくり抜いたり、トイレットペーパーを使って手作りすることができます。土の上に出てしまったさなぎの数が多いときは、これらを利用するとコストがかからず便利でおすすめです。

トイレットペーパーの芯での作り方

カブトムシが土の上でさなぎになっているのを発見したときには、トイレットペーパーの芯をかぶせて人工蛹室にするというのが飼っている方の一般的なやり方です。

サイズによってはそのまま、大きなサイズやオス(角があるため)である場合はトイレットペーパーの芯に1箇所切り込みを入れ開いた状態で土の上のさなぎにかぶせて使います。

湯呑と新聞紙でも代用可能

土の上で蛹室がない状態のさなぎは急いで人工蛹室に入れる必要があります。すぐ使えるトイレットペーパーの芯がないときは大きな湯呑の中に新聞紙を湿らせた状態で入れ人工蛹室にしている方もいらっしゃいます。

あくまでもトイレットペーパーの芯がない場合の代用品なので、あればトイレットペーパーの方がおすすめです。

ペットボトルで作る人工蛹室の作り方

急な対応でトイレットペーパーの芯がないときにできるもうひとつの方法・ペットボトルで作る人工蛹室の作り方も見ていきましょう。こちらは動画内でも言われていますが、マット交換しない人はさなぎが土の上に出てくるのでそのときにやってほしい方法として向くやり方です。

使うのはできるだけでこぼこのないペットボトルと丸く留めるためのワイヤーとカッター・ハサミ類です。

作り方は簡単

カブトムシのさなぎがちょうど入る高さ・大きさにペットボトルをカットします。1枚の板状に切って新たに丸めるイメージです。

サイズが決まったらワイヤーで円筒形を維持できるよう留めてから飼育ボトルの中のマットを半分残したくらいの状態で立たせてセット。中にさなぎをそっと戻して完成です。乾燥を防ぐため必ずマットは少し残しておくこと、霧吹きで水分補給をしてあげることをお忘れなく。

まとめ:さなぎが土の上に出たら放置しない

土の上のカブトムシのさなぎを助けよう

出典:https://photo-ac.com/

カブトムシの幼虫が土の上に出て蛹化してしまっとき、蛹室がないまま土の上に放置すると成虫になった場合羽化不全という症状がおこり最悪の場合死んでしまいます。そのために人工蛹室が必要なわけですが、市販品のほか簡単な方法で手作りすることもできるのでおすすめです。

土の上でさなぎになったカブトムシを助けるために、自分ができる簡単で最善の方法をお試しください。

カブトムシが気になる方はこちらもチェック

今回はさなぎが土の上に出てきてしまったというイレギュラーなケースが起こる原因とその対処法・手作りの蛹室の作り方解説でしたが、暮らしーのではこのほかにもカブトムシ飼育についてさまざまな記事を発信しています。こちらも是非見てくださいね。