検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

三浦半島のシュノーケリングスポット11選!波が穏やかで初心者、子連れとも超安心!

三浦半島は都心から90分ほどと日帰り可能な立地にあります。岩場のある海岸が三浦半島の特徴で、最高ランクの水質の海水浴場や、灯台観光も楽しめる場所などシュノーケリングスポットが多彩です。そんな三浦半島のシュノーケリングにおすすめのスポットをご紹介します。
2021年6月23日
haekon

目次

三浦半島はシュノーケリングに最適!

三浦半島は東京都心から東名高速と横浜横須賀道路を使って東岸・西岸なら60分ほど、南端でも90分程度と、日帰りできる立地にあります。大昔の海底が隆起してできた三浦半島には岩場が多く魚たちが生息しやすいのも特徴。半島周囲にはシュノーケリングに適した場所がたくさんあります。

キュウセン(ベラ)やクロダイなどの釣りでもおなじみの魚から、クマノミやソラスズメダイなどの南国でも見られるカラフルなものまで、鑑賞できる生き物のバリエーションが豊富なことも人気のポイントになります。

三浦半島では多彩なシュノーケリングができる!


三浦半島のシュノーケリング名所ではさまざまな体験ができるのも特徴になります。水質最高ランクの透明度抜群の海水浴場もあり、インスタ映えのお魚撮影も可能です。また、シュノーケリングだけでなく灯台や美術館などの観光とセットで楽しめるスポットもあります。

ほかにも、富士山の絶景を見ながらエントリーできるスポットなどバリエーションが豊富です。そんな三浦半島でシュノーケリングに人気の場所をご紹介していきます(本記事は2021年6月22日の情報をもとにしました)。

三浦半島のシュノーケリングスポット11選

ここからは具体的に三浦半島で人気のシュノーケリングの名所を取り上げていきます。最初にアクセス方法や特徴、駐車スペースのご紹介などをしたあとに、シュノーケリングの楽しみ方や注意点などについてレビューします。

三浦半島の観光やグルメなどの情報も付記しますので、楽しみながらお気に入りスポットを探してみてください。

1:多々良浜


三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

三浦半島東部の横須賀市鴨居(かもい)にあるシュノーケリングに人気の場所になります。公共交通なら京急の馬堀海岸からバスを利用、車の場合は横浜横須賀道路の佐原ICから20分ほどと、東京からのアクセスも便利です。

昭和29年の映画(初代)ゴジラは最初にこの浜辺に上陸したというストーリー、今では海岸沿いに1/10縮尺の足跡が記念として残っています。観音崎自然博物館の横の駐車場を利用するのが便利、平日は無料で土日祝(520円ほど)や7・8月は有料(840円ほど)です。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力


ここは海水浴場には指定されていませんが夏には水遊びする家族でにぎわいます。長さ150m・幅40mの砂浜がありトイレもそろっています。岩場もあり魚の種類も豊富でシュノーケリングにも最適です。

透明度が抜群で混雑もしにくいので初心者にも適していますが、釣り客も多いところなので注意して遊びましょう。昨年(2020年)秋には「ビーチパークリビング」なるBBQ施設が新設され、手ぶらできても海を眺めながらのバーベキューや軽食を堪能できます。

基本情報

多々戸浜

  • 住所
    〒239-0813
    神奈川県横須賀市鴨居4
  • 公式サイトURL
    https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2150/yls/apply/yokosukacoast.html
  • 電話番号
    046-822-8300
  • アクセス
    京急・馬堀海岸からバスに乗り換え、観音崎博物館で下車

2:荒崎公園

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

三浦半島の南端近くの横須賀市長井地区にある公園です。公共交通なら京急三崎口駅が最寄り駅、車なら第三京浜の衣笠ICから30分ほどと東京方面からも日帰りでアクセスできます。

大昔の海中が隆起した迫力のある地形で、全長4kmほどの散策コースが整備され観光スポットとしても人気です。公園前には駐車場もあり、土日や夏休み期間のみ有料、普通車1000円ほどです。トイレもあり駐車場から海岸までが近いのもうれしいポイントになります。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

海水浴場指定ではないのでライフセーバーは不在、岩場も多くラッシュガードなどの露出が少ない服装をおすすめします。海岸の両サイドがシュノーケリングの場所で、透明度もありさまざまな魚やエビ・カニなども鑑賞できます。

深いところでは数mもあるのでライフジャケットの着用が安心です。周辺は釣りにも人気の場所なので譲り合ってご利用ください。海の家はありませんがBBQは許可されているので、休憩しながら終日遊べます。

基本情報

荒崎公園

  • 住所
    〒238-0316
    横須賀市長井6
  • 公式サイトURL
    https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4130/sisetu/fc00000433.html
  • 電話番号
    046-822-9799
  • アクセス
    京急三崎口駅からバスに乗り換え、荒崎で下車

3:和田長浜海岸

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

三浦半島東部にあり、神奈川県横須賀市と三浦市にまたがる325mの海岸になります。電車なら京急三崎口駅が最寄りで、車なら横浜横須賀道路の衣笠ICから4kmと都心から日帰りでもシュノーケリングを満喫できます。

ヨットやウインドサーフィンなどのマリンスポーツも盛んで、レンタルショップも豊富な1年中にぎわう海岸です。公衆トイレや県営駐車場もあり、5月から10月の土日祝は普通車1000円・バイク500円ほど、夏休み期間を中心に普通車1500円・バイク500円ほど、そのほかの期間は無料です。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

夏には海水浴場をオープンする場所で、水質区分が「AA」と三浦半島でも抜群の透明度がセールスポイントになります。例年数軒の海の家が開設、更衣室やシャワーなどもあり家族連れにも人気です。

海岸の両脇には穏やかな磯場があり、その周辺がシュノーケリングに人気の場所になります。初心者の間は岸周辺で足場に注意しながら遊ぶのが無難です。要領をつかんだら岸から少し離れ深い場所に挑戦、ここでは大きな魚やタコなどに出会うこともあります。

基本情報

和田長浜海岸

  • 住所
    〒238-0316
    神奈川県横須賀市長井2-12
  • 公式サイトURL
    https://www.cocoyoko.net/spot/nahama-beach.html
  • 電話番号
    046-822-8301
  • アクセス
    京急・三崎口駅からバスに乗り換え、矢作入口で下車

4:荒井浜海岸

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

三浦半島南端の三崎町にあるシュノーケリングスポットになります。車の場合は横浜横須賀道路の衣笠ICから25分と東京方面からのアクセスも便利、公共交通でも三崎口駅からバス20分で到着します。

ビーチの長さは150mほどとこぢんまりとしていますが、相模湾の絶景がきれいで、日本の水浴場88選にもなりました。最寄りに市営の油壷駐車場があり、通年510円で利用できます。夏時期は朝に満車になることも多いので早めにご利用ください。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

この海水浴場は全体が岩礁になっていて、シュノーケリングが目的の客が多いのが特徴です。入り江の穏やかな水流なので初心者でも安心、オレンジ色のクマノミや真っ青のソラスズメダイなどカラフルな魚に出会えます。

少し沖には海藻が豊かなところもあり、隠れた魚を探すのも楽しい体験です。ラッシュガードやマリングローブなどを着用するなど岩場への注意が必要、海の家が3軒ほどオープンし食事にも困りません。

基本情報

荒井浜海岸

  • 住所
    〒238-0225
    神奈川県三浦市三崎町小網代
  • 公式サイトURL
    https://www.miura-info.ne.jp/%E8%A6%B3%E5%85%89-%E4%BD%93%E9%A8%93%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%B5%B7%E6%B0...
  • 電話番号
    046-888-0588
  • アクセス
    三崎口駅からバスに乗り換え、油壺バス停で下車

5:燈明堂海岸

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

三浦半島東部の横須賀市西浦賀地区にある、穴場のシュノーケリングスポットになります。横浜横須賀道路の浦賀ICから10分ほどと東京方面からの交通も便利な立地で、公共交通の場合は京急浦賀駅からバスで10分ほどのアクセスです。

海岸の名前の由来になっている「燈明堂」は江戸時代の灯台跡で、昭和時代に復元された木造灯台が見所の観光地になっています。最寄りの駐車場は燈明堂緑地駐車場で、最初の2時間まで320円、2時間を超えると30分・50円の追加になります。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

こちらにはトイレやシャワーなどの施設がなく、海の家なども開設しないのでご注意ください。穴場のため500mにわたる広い海岸は空いています。また、遠浅なので初心者や子供連れでもゆったりとシュノーケリングができると評判です。

このエリアは水草が多く、魚種が多彩なのもおすすめ点、赤い縦線のキュウセンやクロダイなども多く、お魚鑑賞が楽しいシュノーケリングのポイントになります。BBQもできるなど終日遊べるのも特徴、家族からグループまで幅広く利用できるスポットです。

基本情報

燈明堂海岸

  • 住所
    〒239-0824
    神奈川県横須賀市西浦賀6丁目1
  • 公式サイトURL
    https://www.cocoyoko.net/spot/toumyoudou.html
  • 電話番号
    046-822-8301
  • アクセス
    京急浦賀駅からバスに乗り換え、燈明堂入口で下車

6:浜諸磯

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

浜諸磯(はまもろいそ)は三浦半島南部・三浦市三崎町の諸磯エリアにある超穴場スポットになります。三浦半島南側にあり公共交通なら三崎口駅からバス15分(さらに徒歩で20分)、横浜横須賀道路 の衣笠ICから30分ほどのアクセスタイムです。

三浦半島らしい岩盤地層が続く散策にも人気の場所で、磯釣りの名所にもなっています。民宿でぐち荘の駐車場場が利用できて、平日500円・土休日1000円ほど、6時から19時までの営業時間です。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

海水浴場は開かれませんが、海岸から30mほどのところトイレも完備です。浅くて穏やかなスポットが多いので、初心者でもシュノーケリングを満喫できます。青や黄色のきれいな魚が泳いでいたとの口コミや、タコの目撃例などもあり多彩な生き物と出会うこともできるでしょう。

足元は岩礁なのでマリンシューズを履くのが必須になります。テントやタープを張ってのキャンプもできますが、スペースが広くないのでお早めに場所取りをするのがおすすめです。

基本情報

浜諸磯

  • 住所
    〒238-0243
    神奈川県三浦市三崎町諸磯
  • 公式サイトURL
    https://www.jalan.net/kankou/spt_14210ab2070007509/
  • 電話番号
    046-888-0588
  • アクセス
    三崎口駅からバスで15分、その後徒歩で約20分

7:大浦海岸

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

三浦半島南東部の三浦市南下浦町にある穴場になります。公共交通なら三浦海岸駅からバスに乗り徒歩15分ほどの立地、車の場合は横浜横須賀道路の佐原ICから40分ほどのアクセスタイムです。

近辺にはメジャーな海水浴場があるので、家族などでゆっくり過ごせる穴場になっています。駐車場も海岸の前にあり、7月から8月は1日2000円、他の時期は1日1000円ほどです。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

例年はこちらに海の家が2軒ほど建ち、仮設トイレやシャワーが設置されます。岩場もありシュノーケリングなどには最適、シタビラメやエイなどさまざまな種類の魚たちが泳ぐ姿が評判の場所です。

大きな岩が多く子供が隠れて見えない場合もあるので、家族で一緒に行動するようにご注意ください。周辺には三崎港の新鮮な魚や三浦半島の新鮮な野菜のお店があり、食事をするのも楽しい場所です。

基本情報

大浦海岸

  • 住所
    〒238-0104
    神奈川県三浦市南下浦町松輪
  • 公式サイトURL
    https://www.miura-info.ne.jp/%E8%A6%B3%E5%85%89-%E4%BD%93%E9%A8%93%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%B5%B7%E6%B0...
  • 電話番号
    046-888-0588
  • アクセス
    三浦海岸駅からバスに乗り換え、松輪で下車(徒歩15分)

8:一色海岸

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

三浦半島西側の葉山町にあるシュノーケリングが人気のスポットになります。公共交通ならJR逗子駅からバスで25分程度、車なら横浜横須賀道路の逗子ICから7kmほどの東京方面からアクセス便利な立地です。

葉山御用邸の前に広がるプライベートビーチのような静かな海岸で、きれいなトイレも完備、最寄りは徒歩15分ほどの真名瀬駐車場か、10分ほどの三ヶ岡駐車場になります。夏季の土日祝は1時間300円・平日200円程度、そのほかは1時間100円ほどが目安です。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

主なポイントは海に向かって左側の岩場の周辺になります。透明度が高く遠浅なので初心者でも安心のシュノーケリング場所、クロダイやクサフグのほか三浦半島名物のキュウセンなど多彩な魚を鑑賞できます。

堤防周辺には釣り客も多くクロダイが釣れることでも人気で、複数のアクティビティが楽しめるスポットです。堤防近くは魚も多いポイントですが、場所により2mほどの深さになるのでライフジャケットなどを身に着けて遊んでください。

基本情報

一色海岸

  • 住所
    〒240-0112
    神奈川県三浦郡葉山町堀内1083
  • 公式サイトURL
    https://www.town.hayama.lg.jp/soshiki/sangyou/1/7225.html
  • 電話番号
    046-876-1111
  • アクセス
    JR逗子駅からバスに乗り換え、一色海岸で下車

9:城ケ島ダイビングセンター

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

三浦半島南端の三浦市三崎町城ケ島地区にあるシュノーケリングもできるスポットになります。横浜横須賀道路の衣笠ICから20分ほどで、東京都心から90分ほどのアクセスタイム、京急三崎口駅からは無料送迎バスが運行中です。

ダイビングをメインにした施設で、体験からライセンスの取得までコースのバリエーションがあります。体験は12000円ほどから、ベテラン向けのビーチやボートなどでのファンダイビングプランも人気です。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

三浦半島でも有数のダイビングスポットが点在しますが、体験シュノーケリングなどに使われるのは梶の浜というビーチです。最大7mほどの水深がある岩や砂浜の穏やかなスポットでタツノオトシゴやウミウシ、季節ごとの回遊魚などの鑑賞を満喫できます。

体験シュノーケリングはプロから教えてもらえる貴重な機会なので、初めての方におすすめです。ショップの前にはレストランがいくつかあるので食事の心配はなし、駐車場も1日450円で利用できます。

基本情報

城ケ島ダイビングセンター

  • 住所
    〒238-0237
    三浦市三崎町城ケ島658
  • 公式サイトURL
    http://jdc-net.jp/
  • 電話番号
    046-882-0700
  • アクセス
    京急三崎口駅からバスに乗り換え、城ケ島で下車

10:芝崎海岸

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

住所は神奈川県三浦郡葉山町、三浦半島西部にあり公共交通ならJR逗子駅からバスで20分ほどの芝崎で下車します。車の場合は横浜横須賀道路の逗子ICから20分ほどと、都心からのアクセスもスムーズです。

ただし、駐車場は海岸から徒歩10分程度かかるのがデメリットになります。堤防付近は釣りにも人気、水質がよくダイビングにも人気の場所です。周辺にある「葉山ダイビングサービス」では体験シュノーケリング(レンタル付き5000円ほど)も開催しています。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

三浦半島独特の岩場地形なので、マリングローブやラッシュガードなどを着用の上、足場に注意しながら移動します。初心者も楽しめる浅い場所から10mを超える上級者向けの場所までさまざまなポイントがあるのも魅力です。

海藻が多く、間に隠れる魚たちを観察するのも楽しい時間、ウミウシやクロダイ、タコなど多彩な生き物と出会えます。天気が良ければ富士山が見えるロケーションにあり、景色も楽しめる贅沢なところです。

基本情報

芝崎海岸

  • 住所
    〒 240-0111
    神奈川県三浦郡葉山町一色2512ー8
  • 公式サイトURL
    https://www.town.hayama.lg.jp/soshiki/shougaigakushuu/2/2/7806.html
  • 電話番号
    046-876-1155
  • アクセス
    逗子駅からバスに乗り換え、芝崎で下車

11:観音崎海岸

三浦半島でシュノーケリングといえばココ!

住所は神奈川県横須賀市鴨居で、三浦半島東部の観光スポット・観音崎公園の北部にある海岸になります。横須賀駅からバスで35分ほど、横浜横須賀道路の馬堀海岸ICから5分程度のアクセスが便利な場所です。

駐車場は第1から第5まで279台分あり、夏休み(880円ほど)や土日祝(550円ほど)を中心に有料になります。観音崎灯台や観音崎自然博物館などの観光スポットのほか、レストランやBBQ場も完備で、終日過ごせるシュノーケリングの名所です。

三浦半島の名所でのシュノーケリングの魅力

海水浴場指定ではありませんが、例年水遊びする家族やグループでにぎわうスポットになります。岩場や砂浜が混じった変化に富んだ地形が特徴で、小魚やカニのほか三浦半島名物のキュウセンも頻繁にみられるところです。

尖った地形が多いのでマリングローブやマリンシューズは必須、タイドプールが多く初心者でも安心してシュノーケリングを満喫できます。周辺の岩場は釣りスポットにもなっていてさまざまな楽しみ方ができるスポットです。

基本情報

観音崎海岸

  • 住所
    〒239-0813
    神奈川県横須賀市鴨居4-1262
  • 公式サイトURL
    https://www.kanagawaparks.com/kannon/
  • 電話番号
    046-843-8316
  • アクセス
    横須賀駅からバスに乗り換え、観音崎で下車

三浦半島でシュノーケリングを満喫!

三浦半島で話題のシュノーケリング場所を取り上げてきました。和田長浜海岸は「AA」という抜群の水質で、カラフルな魚たちをきれいな写真に収めることができます。

また、観音崎海岸では穏やかな海でのシュノーケリングのほか、釣りや灯台観光など多彩な遊び方が可能、芝崎海岸では海からあがれば、富士山姿や夕景などの絶景も満喫できます。三浦半島でシュノーケリングをはじめとした多彩な体験をお楽しみください。

三浦半島やシュノーケリングが気になる方はこちらもチェック!

三浦半島には海水浴場が多く、なかにはシュノーケリングもできる場所も目白押しです。下にはその特集記事をリンクするほか、シュノーケリングの初心者講座や三浦半島のおすすめキャンプ場の情報も追記します。あわせてお楽しみいただければ幸いです。