Twitter
Facebook
LINE

おしゃれさと使い勝手の両立!ソロキャンプ向けテントおすすめ10選!選び方のコツも!

ゆー

おしゃれさと使い勝手の両立!ソロキャンプ向けテントおすすめ10選!選び方のコツも!

ゆー

ソロキャンプに使うためのテントが欲しいけれど、アウトドアブランドで出ているテントにはさまざまなものがあり、迷ってしまう方も多いです。今回はそんな方のために、ソロキャンプに使えるおすすめ商品をご紹介しましょう。おすすめだけでなく選び方についてもお伝えします。



ソロキャンプ向けのテントが欲しい!

ソロにかかわらず、キャンプのテントはさまざまなブランドから販売されているため、どれを選べばいいのか分からないという方が多いでしょう。テントの開き方、構造自体も種類が多いですし、価格もさまざまです。

総合的に見てどれが一番自分に合ったものなのかを考えていく必要があります。今回はおすすめのテントだけでなく、選び方もお伝えしていきますのでそちらも参考にしてください。

ソロ用テントのおすすめが知りたい!

Photo byFree-Photos

ソロキャンプ用テントとして販売されているものは1人用というものがありますが、それでは狭く感じてしまう人がいます。また、収納袋から出してすぐに設置できるタイプ、組み立てて設営するタイプなど、テントには種類があるものです。

ということは、人によって好ましいテントが異なってくることになります。今回は選び方も含め、おすすめのテントをご紹介しますので、自分に合ったテントを探してみてください。(2021年7月1日時点の情報をもとに作成しています)

ソロキャンプ用テントの選び方のコツ

ではおすすめをご紹介する前に、ソロキャンプ用テントの選び方についてお伝えしていきます。先ほどもお伝えしたように、人それぞれ快適なテントは異なってくるものです。ここではその選び方についてお伝えしていきますので、まずは自分がどのようなテントが欲しいのかを見極めるためにも、こちらも参考にしてみてください。

選び方1:設営の仕方で選ぶ

Photo by km058


テントの設営の仕方には種類があり、収納袋から出しただけで広がるポップアップテントやワンタッチテント、さらにポールを立てて設営するワンポールテントなど、たくさんの種類があります。

例えば初心者でテントの設営の仕方が分からない方であれば、簡単に設営できるポップアップテントやワンタッチテントがおすすめです。また、天井が高く広々と使えるのはワンポールテントと、設営方法によって決める方法があります。

選び方2:デザインで選ぶ

Photo byOpenClipart-Vectors

次の選び方はデザインです。特に女性の方がソロキャンプをやりたいと考えたとき、選ぶ条件の上位に挙がってくるのがデザインだという方も多いでしょう。男性の方でも、かっこいいデザインがいいと思うのは当然のことです。ですからテントの設営の仕方もそうですが、デザインもテントを選ぶうえで重要なポイントになってきます。

選び方3:前室のありなしで選ぶ



テントには一つの空間だけがあるものと、その前に前室(土間部分)があるタイプがあります。ソロキャンプは一人なので、テントが一つあればいいと思う方もいるでしょう。ですが一人でも荷物はあるので、それを寝室に置くと居住スペースが狭くなっていまいます。

土間があるテントなら靴や荷物を置いて、広々と過ごすことが可能です。テントに入った感覚については通販サイトで購入するだけでは分からないことが多いので、気になる方は店舗に行って確かめてみるといいでしょう。

選び方4:価格で選ぶ

やはりテントを購入する場合、重要なポイントになってくるのが価格だという人は多いものです。ソロキャンプを始めてするという方であれば、他にも買いそろえなければいけないものはたくさんあります。

テントの価格はもちろん、安いものから高いものまでさまざまです。まず初めにどれくらいの予算で購入するのか考えてからテントを選んでいくといいでしょう。

選び方5:おすすめテントの評価で選ぶ

最後は商品の評価で選ぶことです。最近では通販サイトにレビューが投稿されていたり、実際に商品を使った使い心地がYouTubeやブログなどでアップされるようになってきました。ですから、購入を検討しているソロキャンプテントの評価を見て、設営の手軽さや使い心地を調べてみることをおすすめします。

ソロキャンプ向けポップアップテント2選

ではさっそくソロキャンプ用のおすすめのテントをご紹介していきましょう。今回お伝えするのは、ポップアップテント、ワンタッチテント、ワンポールテントと前室のあるタイプのテントと四種類のタイプをお伝えしていきます。

まず初めにお伝えするのは、ポップアップ式のテントです。特に初心者の方や簡単に設営できるものを探している方におすすめのテントですので、そういったテントを探している方はここでご紹介するものを選んでみてください。

①アルパインデザインのソロキャンプ用テント

ソロキャンパーにおすすめな組み立て式モデルとは

alpine design ポップアップ テント ii

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

始めにご紹介するおすすめ商品は、アルパインデザインのソロキャンプ用テントです。パッと開いたら上にフライシートをかぶせるだけで簡単に設営できるので、まさに初心者におすすめの商品となっています。

スペースは狭いので荷物を置くなどを考えると、プラスしてタープを利用するのがいいでしょう。こちらは寝るためだけに利用したいという方に最適なソロキャンプテントですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

おすすめするテントの詳細ですが、サイズは253×203×80cmで重量は2.6kgです。商品にはUVカット機能もついており、紫外線遮蔽率は90%以上となっています。かっこいいモデルですので、男性の方のソロキャンプにいかがでしょうか。

レビューでは快適に寝られましたと書かれていました。このアルパインデザインでは、専用のコットも販売されているため、コットを使うことでより快適に寝ることができます。

175センチの私にはこちらの方が広さがあり、快適に寝れました。
コットと組み合わせることで熟睡出来ます。

②Eackrolaのソロキャンプ用テント

使い勝手のいいテントでソロキャンプを楽しもう

Eackrola テント 2人用 4人用 ポップアップ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらは1万円以下で買えてしまうソロキャンプにおすすめなテントです。2人用として販売されている商品のため、一人なら広々として使えます。また、防水加工もされているため天気が雨でもキャンプをしたいという方ならこのテントがおすすめです。テントの内側に収納ポケットがあったり、窓もついているので通気性もよく使っていただけます。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

こちらのおすすめテントはサイズが246×155×105cmで重量が3kgです。防水加工がされていて窓が二か所あるため、通気性と撥水性の両立した商品となっています。

レビューではコンパクトにたため、居住性も抜群との声がありました。また他に、数秒で設置できるという声、二人で過ごすには十分な広さがありますとの声もあり、一人なら十分快適に過ごせるということが分かります。

コンパクトにたため、居住性も抜群!

ソロキャンプ向けワンタッチテント3選

次にお伝えするのはソロキャンパーにおすすめなワンタッチ式のテントです。こちらも傘を開くときのように設営できるようになっているので、ポップアップ同様、初心者におすすめの設営方式となっています。また、1人用だけでなく数人で使えるものもご紹介しますので、一人で広々とキャンプを楽しみたい方は数人用のものを選んでください。

①ケシュアのソロキャンプ用テント

ソロキャンプに最適なおしゃれモデルとは

ケシュア2 SECONDS EASY ワンタッチテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらのおすすめ商品は二人用のテントとして発売されているため、スペースを広く使える商品となっています。ソロキャンプとはいえ、やはり空間が広い方がゆったりと過ごすことが可能です。

ワンタッチなのでこちらも簡単に組み立てでき収納もコンパクトなので使い勝手もいい商品となっています。広々と使え、さらに簡単に設営できるといった点が両立しているテントです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

こちらのおすすめ商品はサイズが205×145×110cmで重量が4.7kgです。また、遮熱、遮光、UVカットもできるので、朝日に邪魔されず朝までゆっくり寝ていただくことができます。

口コミ評価はなんと4.8と高評価で、コメントには設営も組み立ても簡単、耐水性も問題なしと絶賛の声がありました。使い勝手がよく、スペースが広く使えるテントを探している方は、こちらの商品を使ってみてください。

まずこのテントの設営は本当に秒でできます。袋の口がカバっと開くので仕舞うのも楽ちんです。
耐水性も結構な雨に降られましたが一切問題なしでした。風も足付きタープが飛ばされそうな位吹いてたけど平気でした。
インナーが外せるので乾かすのも楽。通気性も良く快適

②GoGlampingのソロキャンプ用テント

防水・防風・防虫効果のある快適テント

Go Glamping テント ワンタッチテント 1-2人用

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらのおすすめ商品は、価格が1万円以下と安い価格で購入できるモデルです。ソロキャンプはもちろん、野外フェス、海水浴、運動会などさまざまなシーンで使える商品となっています。

ソロキャンプもそうですが、簡単設営のものは災害時にもぱっと出して使えるので、その時のためにも持っておくと安心です。防水、蚊帳付きのテントなので、夏のソロキャンプにも最適。女性も楽に持ち運びができる、おすすめの商品となっています。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

こちらのおすすめ商品はサイズが225×145×120cmで、耐摩耗性と耐水性の両立した商品です。また2人まで使えるテントとして販売されているため、スペースも広く快適に過ごしていただけます。

口コミでは広げるのも閉じるのも簡単、外観がかっこいいとの声がありました。ソロキャンプの初心者だと設営が心配だという方がいますが、これなら安心して組み立てしていただけます。

広げるのは本当簡単で、閉じるのも折りたたみ傘のように巻いて慣れるととても簡単だと思います。外観もカッコ良いので、これから沢山使いまくります。

③フィールドアのソロキャンプ用テント

ソロキャンプに最適なかっこいいデザインのおすすめテント

FIELDOOR ワンタッチテント100 フライシート付

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらのおすすめテントは1人用として販売されている商品です。広いスペースは求めない方、寝られる場所だけ確保できればいいという方に最適のテントとなっています。この商品もワンタッチで簡単に設営でき、かつコンパクトに収納も可能です。少しではありますが前室があるので、靴を置いたりちょっとした荷物を置いたりすることもできます。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

こちらのおすすめ商品はサイズが210×165×110cm、重量が2.9kgです。このテントはダブルウォール構造ということで、結露もできにくい仕様となっています。インナーテントはひもを引っ張るだけで簡単に設営できるため、初めての方にもおすすめです。

口コミでは設営も収納も簡単だと書かれていました。ソロキャンプではくつろぐ時間、料理をする時間をたっぷりとりたいものです。設営、撤収に時間を掛けたくないという方はぜひ、こちらのおすすめ商品を選んでください。

設営に1分もかかりません!他メーカーの円型に収納するタイプは慣れるまで収納も大変ですがこれなら誰でも収納も簡単です。

ソロキャンプ向けワンポールテント2選

次は広々と使えるおすすめなワンポールテントです。ワンポールテントはティピーテントともいわれ、おしゃれなモデルのものも多くあります。今回はソロキャンプで便利に使えるものはもちろん、女子にもおすすめなおしゃれなテントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①DODのソロキャンプ用テント

前室のあるワンポール式のおすすめテント

DBUNDOKソロ ティピー 1 BDK-75

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらのおすすめ商品はバンドックのおすすめソロキャンプ用テントです。カーキ色がかっこいい商品ですので、男性の方でソロキャンプがしたいという方に最適なテントです。

今までご紹介していた商品は高さがあまりないものでしたが、これはワンポールタイプなので高さがあり、広々と使っていただけます。また前室もあるタイプですので荷物を別に置きたいという方にもおすすめです。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

おすすめテントの詳細ですが、240×240×150cmで重量が4.8kgです。また、商品にはUVカット、ベンチレーションもついています。テントを撤収したらそれを入れる収納袋もついており、便利に使っていただくことが可能です。

口コミでは日陰を作れる、コスパがいいとの声があります。他にもかっこいい、広々として快適だとの声もありました。スカートもついている商品でもありますので、冬は保温性も保たれる優秀な商品です。

・フラップがあるので、日影を作れる(タープいらず)
また、フルクローズ時にはフラップの生地は内側でクルクル巻いて留めれる。
・インナーテントの位置が変えられる
・スカート付き、しかも暑い時はクルクル巻上げできる。そしてスカートの先端にはループが付いているので、ペグ固定すればバタ付き防止になる。
・コスパがいい

②ロゴスのソロキャンプ用テント

おしゃれさと使い勝手が両立したソロキャンパーにおすすめなテント

LOGOS ナバホ Tepee

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

次は女子におすすめしたいおしゃれな商品をご紹介しましょう。ロゴスのロゴと、カラフルなデザインのあるタイプなので、きおしゃれなものが好きな方に気に入っていただけるはずです。

またおしゃれさはもちろんなのですが、2~3人用でも使えるものですので、一人ならゆったりと広い空間で過ごすことができます。女性の方でソロキャンプに挑戦したいと思っている方は、ぜひこちらの商品を使ってみてください。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

こちらのおすすめ商品は300×250×180cmで重量が4kgです。耐水圧1600mmで、UVカット加工もされており、さらにおしゃれなデザインなので女性の方に最適な商品となっています。

口コミではソロキャンプデビューでスムーズに設営できた、可愛いとの声がありました。他にも雨が降ったけど雨漏りもせず楽しめた、コンパクトにたためるため、バイクにも乗せられるとあります。おしゃれなだけでなく便利に使える商品ですので、ぜひ使ってみてください。

ソロキャンデビューで本番ぶっつけで行きましたがスムーズに設営できました!可愛いし買って良かった!

ソロキャンプ向け前室広めテント3選

最後は、土間部分が広めにあるソロキャンプ用のテントをご紹介していきましょう。土間があるので荷物が置け、その結果寝室を広々と使えます。快適さを求めるのであれば、土間部分が広いタイプの商品を購入するのがおすすめです。ここでは使い勝手のいいおすすめの商品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

①DODのソロキャンプ用テント

スペースが広く使えるライダーズ向けテント

DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらはDODのおすすめ商品、ライダーズバイクインテントです。商品名についている通り、バイクを中に入れられる広い前室がついています。大切なお気に入りのバイクも中に入れられるので、その点も安心して使っていただける商品です。

ソロキャンプをされている方の中には、ツーリングをされている方も多く、この商品はまさにそんな方にぴったりのテントとなっています。もちろんツーリングで使わないまでも、広々と使えるテントですので気になる方はチェックしてみてください。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

こちらのソロキャンプ用テントはサイズが215×260×140cmで重量が5.5kgです。Wウォール構造、蚊帳付きの大型窓、出入り口が二か所あるなど、テントで過ごすのに快適に使っていただける商品となっています。

口コミでは前室の広さが申し分ないと書かれていました。他にも一晩雨にさらされたけれど水が滴ってくることはなかったという声や、居住性は最高に良いという声も見られます。特にバイクを持っている方におすすめなので、気になる方はぜひ使ってみてください。

なんと言っても前室の広さです!
ワンタッチテントでこの広さであれば申し分ないですね。
タープを広げればなおさら広い空間が作れます!

②オガワのソロキャンプ用テント

広い屋根で快適に過ごせる商品

オガワアウトドア キャンプ テント ドーム型

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

こちらは大きな屋根がついた前室が魅力の商品です。前室がないタイプですと、雨が降ってしまうだけでキャンプ自体が難しくなることもあります。こちらは大きな屋根がついているため、雨が降っても安心して前室で過ごしていただくことが可能です。

テントの土間部分も、寝室ともに広々としたスペースがありますので、快適に過ごせるテントを探している方はこちらの商品を使ってキャンプに挑戦してみてください。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

こちらのおすすめテントは重量が3.9kgで、テントのカラーがカーキとベージュの二種類があります。また、テフロン加工で撥水性、防汚性、耐摩擦性もありますので、安心して使っていただける商品です。

口コミでは土間部分の天井が高いため、そこで煮炊きができたと書かれています。他にもデザインがいい、設営がしやすい、天井が高くストレスがない、雨の日に助かるといった声が見られました。

土間部分の天井が高いので、雨に降られても土間部分で煮炊き(ガスコンロ)はタープが無くても十分対応できた。これがいい。

③コールマンのソロキャンプ用テント

コールマンのおすすめモデルでソロキャンプを楽しもう

コールマンテント ツーリングドームST 1~2人用

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

最後にご紹介するのはコールマンのおすすめ商品です。ブランドのロゴが入ったかっこいいテントで、2人まで使える商品として販売されています。カラーもオリーブ、グリーン、グレーと色が選べるので好きな色を選んでください。

こちらはテントの前室部分が高く設定されており、その点が特徴になった商品となっています。アウトドアをされる方の中にはコールマンが好きだという方も多いです。コールマンでギアをそろえたいと思っている方は、ぜひこちらをご購入ください。

ソロキャンプにおすすめのテントの仕様

こちらのソロキャンプ用テントは210×120×100cmで重量が4.4kgです。一人でも設営しやすいポールポケット式のテントで、背の高い前室が備わっています。前室は狭めではあるのですが、価格の安さにおいてはこちらの商品が一番です。

口コミでは組み立てが簡単、使い勝手がいいとの声がありました。他にも持ち運びが便利、荷物を置くのによかったとの声もあります。前室があり、できるだけ安い価格でテントを求めている方はこちらの商品を選んでください。
 

レビューでみなさんがあまりに讃えているのと、広めの前室が欲しかったので購入してみた
たしかに組み立ては簡単で使いかっても良い
とくに大雨に降られた時などはこの広い前室がとても有り難かった

まとめ

Photo byFree-Photos

ソロキャンプにおすすめなテントをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。数秒で設営できるテントや、おしゃれなワンポールテント、土間部分が広く使えるテントなど、まさにおしゃれと使い勝手が両立している商品がたくさんありました。

選び方でもお伝えしましたが、人によって何を重視するのかは異なってきます。価格、デザイン、設営のしやすさなどさまざまな点を考慮して、一番納得のできるテントを選んでみてください。

ソロキャンプが気になる方はこちらもチェック!

ソロキャンプについての記事は、他にも必要な道具、ソロキャンプのおすすめクッカー、初心者ガイドなどさまざまな記事がアップされています。今回の記事以外に気になるものがある方は、こちらも合わせて読んでみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...

【価格破壊】ダイワ2022新製品22カルディアSWがエグいっ!

★DAIWA 22カルディアSW 公式HPはコチラ★ https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/special/product/caldiasw/ ※画像出典元 ★...

シマノから2022新製品22ステラ登場!ついにアノ機構が・・・!

本情報はシマノから一時的に公開された情報を元にしております。綺麗事ではありますが、「釣りフェスティバル」という年に1度のイベントであること等を考慮し、動画内の画像には全てモザイクをかけております。また...

シマノから2022新製品22ステラ登場!ついにアノ機構が・・・!

本情報はシマノから一時的に公開された情報を元にしております。綺麗事ではありますが、「釣りフェスティバル」という年に1度のイベントであること等を考慮し、動画内の画像には全てモザイクをかけております。また...