Twitter
Facebook
LINE

コンパクトで気軽に楽しめ!ソロデイキャンプのやり方を解説!基本の道具もご紹介!

kon_w

コンパクトで気軽に楽しめ!ソロデイキャンプのやり方を解説!基本の道具もご紹介!

kon_w

近年人気を集めているソロデイキャンプには、さまざまな楽しみがあります。本記事では、ソロデイキャンプのやり方や基本の道具を解説。ソロデイキャンプ初心者でも気軽に使えるコンパクトなギアを手に入れて、自由で気ままな時間を過ごしましょう。



デイキャンプはソロスタイルがおすすめ!

自分だけの時間を過ごせるソロスタイルのデイキャンプは、近年高い人気を集めています。大人数のデイキャンプもよいですが、たまにはソロタイムも満喫してみませんか?基本の方法を把握しておけば、初心者でも気軽にチャレンジできます。

ソロのデイキャンプで楽しみを見つけよう

景色が綺麗なキャンプ場
Photo bypiviso

本記事では、アウトドア初心者におすすめしたいデイキャンプのやり方を解説します。ソロスタイルでも快適に過ごすためには何をすればよいのか、細かく解説するので、ぜひ役立ててみてください。

また、デイキャンプにぴったりなソロ向けのギアもご紹介します。シンプルで使い勝手のよいギアを手に入れて、自分だけのデイキャンプを満喫しましょう。

楽しみ満載!ソロデイキャンプのやり方

さまざまな楽しみが詰まったデイキャンプをソロスタイルで楽しむためには、基本の方法をチェックしておくことが大切です。まずは基本の流れを把握して、ソロスタイルを楽しめるように準備していきましょう。

ソロデイキャンプのやり方①:キャンプ場を探す

スマートフォンを操作する手
Photo byJESHOOTS-com


最初にやっておきたいのが、キャンプ場探しです。海の近くや山の中など、デイキャンプができる場所はバリエーション豊か。どのような場所でソロタイムを過ごしたいのか考えましょう。ネットに掲載された情報を参考にして、デイキャンプ可能な場所を選ぶようにしてください。

また、ソロスタイルでも快適に過ごせるか、口コミを確認することも重要です。実際に出かけた人の口コミを見て、自分にふさわしい場所を決めれば失敗を防げます。

初心者は区画が分かれている場所がおすすめ

自分だけのスペースをしっかり確保するために、初心者は区画が分かれている場所がおすすめです。フリースタイルだと、大人数のグループが近くにテントを設営して、窮屈な思いをする可能性があります。

きちんと区画が分かれていれば、ソロスタイルでも大人数のグループに煩わされることなく一人の時間を満喫できるでしょう。ソロタイムを過ごすのに十分な区画を割り当てられた場所に決めるようにしてください。

設備も要チェック

どのような設備があるのかも、大切なポイントになります。トイレは近くにあるか、洗い場は備えられているかなど、必要となる設備を確認してください。

初心者の場合は、バーベキュー用の食材セットの販売や、器具のレンタルを行っている場所だと便利です。利便性をよく考えて、お気に入りの場所を見つけていきましょう。



ソロデイキャンプのやり方②:ギアを揃える

必要最低限のギアを揃え、コンパクトな荷物にすることはソロスタイルのコツです。大きな荷物だと運びにくく、目的地に着くまでに疲れてしまう可能性があります。なるべくコンパクトかつ軽量なタイプを揃えましょう

また、ギアを入れるためのバックパックにもこだわってください。内部に仕切りがあり、ポケットが充実しているタイプなら綺麗に整理整頓できます。小物類をバックパックの外側に取り付けられるカラビナも、準備しておくのがおすすめです。

見た目にもこだわっておしゃれに

自分だけのお気に入りのギアを使うのは、ソロスタイルの醍醐味です。機能性だけでなく見た目にもこだわると、気分が上がります。

こだわりのギアを揃えて、デイキャンプ中に写真撮影を楽しむのもおすすめ。おしゃれな写真をアップすれば、たくさんの「いいね」がもらえるのではないでしょうか。

ソロデイキャンプのやり方③:前日までにパッキング

場所が決まり、必要な器具も揃えたら、前日までにパッキングをしてください。当日にパッキングをしようとすると、想像以上に時間がかかって、予定時間に家を出られない危険性があります

また、荷物を詰め込んでいる間に、足りないものに気づくこともあるでしょう。足りないものがあっても、前日までに準備をしておけば、当日慌てて買わなければならない事態を防げます。万全の態勢で当日出かけられるようにしてください。

食材は下ごしらえをしておこう

もし、自宅から食材を持って行くのであれば、前日までに下ごしらえをしておくのがおすすめです。デイキャンプの当日は、なるべく手間をかけることなく楽しい時間を過ごすように準備しておくことが大切。

食材をそのまま持って行くよりも、カットしたり、下味をつけたりしておいた方が現地での作業の手間を減らせます。肉や魚などの生の食材を持って行く場合は、下ごしらえをした上で保冷ボックスの中に入れておきましょう。

ソロデイキャンプのやり方④:到着後に設営開始

現地に到着したらまずやっておきたいのが、タープやテントの設営です。最初に拠点を作っておくことで、快適なソロタイムを過ごせるようになります。初心者でも簡単に組み立てられる、シンプルなソロ向け商品を選ぶようにしてください。

設営が終わったら、机や椅子を設置したり、グリルを出したりして、のんびり過ごすための器具を揃えます。到着後にやるべきことを頭の中でイメージしておけば、初心者でもスムーズに準備を整えられるでしょう。

ソロデイキャンプのやり方⑤:バーベキューを満喫

野菜や肉を焼くグリル
Photo byFree-Photos

自由気ままに美味しい料理を楽しめるのは、ソロスタイルのよいところです。デイキャンプの準備が整ったら、好みの食材を焼いて、バーベキューを楽しみましょう。

食材を焼くだけのバーベキューであれば、面倒な調理の手間がかからないので、気軽に美味しい料理を堪能できます。普段はバーベキューに使わない変わり種の食材を入れるなど、自分なりの楽しみをプラスすると、ワンランク上のデイキャンプになるのではないでしょうか。

ソロデイキャンプのやり方⑥:焚火を楽しむ

焚き火の近くに置かれたドリンク
Photo byFree-Photos

料理を堪能した後は、のんびり焚火を眺める時間を取るのがおすすめです。何も考えず、ただ焚火を眺めるだけの時間を取れば、日々の疲れも癒されるでしょう。

贅沢な焚火タイムを取れるのは、ソロスタイルならではの楽しみです。大人数のデイキャンプだと他の人に気を使わなければならないシーンがありますが、一人なら周りを気にせずに焚火に集中できます。たまには、何もしない時間も楽しんでみてはいかがでしょうか。

お酒を片手に見るのもおすすめ

好みのお酒を片手に、焚火を眺める時間を楽しむのも素敵な時間の過ごし方です。お酒を飲めば、ゆったりとしたリラックス気分になれるでしょう。

ただし、お酒の飲み過ぎには要注意。デイキャンプ中に泥酔してしまうと、撤収作業が困難になります。心地よい時間を過ごせる態度の酒量にとどめて、のんびり過ごしてみてください。

ソロデイキャンプのやり方⑦:読書や音楽も楽しんで

読書を楽しむ女性
Photo byStockSnap

今まで読みたくても時間が取れずに読めなかった本や、お気に入りの音楽をデイキャンプに取り入れるのもよいでしょう。誰にも邪魔されず、本や音楽にフォーカスできる時間を作れます。

自然の中の読書や音楽鑑賞は、自宅とは違った開放感を感じられるのが嬉しいポイントです。慣れした親しんだ本や音楽も、新たな楽しみを発見できるのではないでしょうか。自然に溶け込み、自分だけのデイキャンプを満喫してください。

ソロデイキャンプのやり方⑧:撤収作業を開始

時間内に撤収作業を行い、帰宅の準備を整えることもデイキャンプにおいては大切なポイントです。いつまでもダラダラ過ごしているとタイムオーバーになり、キャンプ場の人に迷惑をかける可能性があります

のんびりと過ごしつつ、時間もしっかり意識しましょう。少なくとも、決められた時間の30分前には作業を開始するのがおすすめです。

ソロデイキャンプのやり方⑨:ゴミをまとめて帰宅

一人で歩く男性
Photo byHermann

専用のゴミ箱が設置されている場所ならその場で捨ててもよいですが、自分が出したゴミは自分でまとめて持って帰るのが基本的なマナーです。そのため、なるべくゴミを出さないように工夫をしておきましょう。

ゴミをコンパクトにまとめたら、帰路につきます。充実したソロタイムを過ごせれば、満足感に浸りながら帰宅できるのではないでしょうか。

ソロデイキャンプの基本道具6選

木陰に設営されたテント
Photo by imgdive

気軽に持って行ける、コンパクトサイズの器具を揃えることがソロスタイルでは重要になります。ここからは、おすすめの器具を解説。機能的で使いやすいアイテムを集めたので、ぜひデイキャンプに活用してみてください。

ソロデイキャンプの基本道具①:テント

自分の拠点を作るために必要不可欠なアイテムです。荷物を置いたり、ちょっと休憩したりする際に重宝します。初心者の場合は、なるべく設営しやすい商品を選ぶようにしましょう。シンプルな構造なら、初めてでも簡単に組み立てられます。

おすすめ商品:Go Glamping ワンタッチテント

Go Glamping ワンタッチテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

まるで傘を開くように簡単に設営できる、便利なソロ向けギアです。ワンタッチで作業が完了するので、初めてでも気軽に取り入れられます。耐水圧3000mmの撥水素材を使用し、突然雨が降ってきても安心して過ごせるのも魅力です。

ソロデイキャンプの基本道具②:タープ

日差しを避けたり、雨宿りをするために役立つ器具です。テントと組み合わせれば、開放感溢れるソロタイムを過ごせるでしょう。こちらも設営しやすく、手間がかからないシンプルなタイプを選ぶのがおすすめです。

おすすめ商品:KYOSER タープ

KYOSER タープ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

高耐水加工が施されており、土砂降りの雨が降っても心配することなく過ごせる耐久性を備えています。軽量&コンパクトにまとめられるので、ソロスタイルでも気軽に持ち運ぶことが可能です。組み立て方によって、いろいろな形に変えられます。

ソロデイキャンプの基本道具③:グリル

手軽にバーベキューを楽しむために、グリルも準備しておきましょう。近年はソロ向けのコンパクトな商品がたくさん出ているため、ぜひ活用してみてください。折りたたみタイプなら大きな荷物にならず、簡単に持って行けます。

おすすめ商品:YOLER バーベキューグリル

YOLER バーベキューグリル

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

工具を必要とせず、簡単に折りたたんでコンパクトに収納することが可能です。炭受けの高さを3段階に調整できる他、落下防止用に炭ストッパー板が付属しています。網を外せば、焚火台としても使えるのも魅力です。

ソロデイキャンプの基本道具④:料理器具

煮たり焼いたりといった作業を行いたい場合は、調理器具も準備しておきましょう。軽くてスタッキングできるタイプなら、大きな荷物になるのを防げます。また、荷物を減らすために、お皿やマグカップとして代用できるものを選ぶことも大切です。

おすすめ商品:ZYVoyage チタンクッカーセット

ZYVoyage チタンクッカーセット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

深型と浅型がセットになった商品です。強度の高いチタン製で、錆に強いのが特徴。スタッキングして、コンパクトにまとめられます。深型はマグカップ、浅型はお皿として使えるので、荷物を減らしたい時にもぴったりです。

ソロデイキャンプの基本道具⑤:椅子

のんびりとデイキャンプを楽しむために欠かせないアイテムです。座り心地のよさを重視して、商品を選ぶようにしましょう。また、折りたたんで持ち運べることも重要なポイント。耐水性があれば、雨が降ってきても安心です。

おすすめ商品:Campsnail アウトドア椅子

Campsnail アウトドア椅子

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

広い背もたれと深めの座面を備え、脚を伸ばしてリラックスできるのが魅力です。ドリンクホルダー付きのアームレストがあり、飲み物を楽しみたい時にも最適。アルミポールをポケットに入れるだけで、簡単に組み立てられます。

ソロデイキャンプの基本道具⑥:机

作った料理を置いたり、調理台として使ったり、机は1つあると便利なアイテムです。一人のデイキャンプ使うのであれば、シンプルなコンパクトサイズで十分。強度があり、重たいものを乗せても問題のない商品を選ぶようにしましょう。

おすすめ商品:CARBABY アウトドア机

CARBABY アウトドア机

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

本体と脚が一体化した構造にすることで、安定感を確保。天板の両側には頑丈なフレームを備え、重たいものも心配することなく乗せられます。耐食・耐摩耗性に優れたアルミ合金を使用し、拭くだけで簡単に汚れを落とせるのも特徴です。

ソロスタイルでデイキャンプを楽しもう

一人でキャンプをする女性
Photo byFree-Photos

スムーズにデイキャンプを楽しむためには、基本的なやり方を把握しておくことが大切です。自分に適した場所を選び、必要な器具を揃え、しっかりと準備を整えるようにしてください。

当日は、お気に入りのギアを使って自分だけのデイキャンプを楽しむのがおすすめです。美味しいものを食べたり、のんびり読書をしたり、周りを気にせず自由なソロタイムを過ごしませんか?今度の休日は、デイキャンプでリラックスタイムを満喫しましょう。

ソロデイキャンプが気になる方はこちらをチェック!

ソロスタイルでも快適にデイキャンプを楽しむためには、基本的な知識を身につけることが大切です。関連記事でもソロスタイルに役立つ情報を解説しているので、ぜひデイキャンプの参考にしてみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...