ソロキャンプテントおすすめ12選|一人用テント選ぶポイントとは?のイメージ

ソロキャンプテントおすすめ12選|一人用テント選ぶポイントとは?

登山をしたり、自転車・バイクでツーリングをしたり、キャンプをしたりする楽しみ方の中で、ソロキャンプテントで1人の自由で開放的な時間を過ごしたい時もあります。特別な時間を手に入れるために思い切ってソロキャンプテントデビューしてはいかがでしょうか。

2018年03月24日更新

凸凹
凸凹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ソロキャンプのすすめとは
  2. ソロキャンプテントとは
  3. ソロキャンプテントの選び方
  4. ソロキャンプテントの要素とは
  5. ソロキャンプテントの種類
  6. ソロキャンプテント シングルウォールタイプ
  7. ソロキャンプテント ダブルウォールタイプ
  8. ソロキャンプテント 非自立タイプ
  9. ソロキャンプテントにツェルト
  10. ソロキャンプテントのまとめ

ソロキャンプのすすめとは

出典: https://www.amazon.co.jp

登山やツーリングでソロキャンプをするのはなかなかハードルが高いものですが、ソロキャンプでしか味わえない醍醐味があるのも確かです。

大人数で大きな広いテントに泊まるのも楽しいものですが、1人で自由な時間を過ごしたい時もありますね。

そんな時にはソロキャンプがおすすめです。 1人でキャンプなんて危ないし寂しいと考える人も多いと思いますが、一度やってみるとその開放感にはまってしまう人も多くいます。

ソロキャンプテントとは

出典: https://www.amazon.co.jp

 
1人で気ままに、登山をしたり、自転車・バイクでツーリングをしたり、キャンプで自然を満喫するなど楽しみ方はたくさんあります。

そこで、今回はソロキャンプやツーリングなどで気軽に使える一人用テントをご紹介します。

ソロキャンプテントの選び方

出典: https://www.amazon.co.jp

テントで過ごす時間も、登山やキャンプの醍醐味の一つです。天候の変化が激しい山で、ゆっくり身体を休めるには信頼できるテントを選ぶのが重要です。

ソロ用テントを選ぶ際にはバックパッキングなのかオートキャンプなのかによって重視するポイントが変わってきます。

また、軽量性と居住性はどちらを最重視するかにより条件面を決めていく必要が出てきます。

個人の力量に合ったテントで、行先や、日本の雨の多い気候や、四季のある気温差も考慮した上で優先順位をつけて検討してみてください。

ソロキャンプテントの要素とは

出典: https://www.amazon.co.jp

 


 
     a.携帯性

          b.操作性

              c.居住性

a.携帯・軽量性

ソロでは、登山など沢山の荷物を持たなければ行けない場合もあるので、テントはなるべく軽いものを選びましょう。テントは大きさポールの数・材質によって重さの差がかなりあります。 このときの注意点は、ポールの材質が軽いものの方が値段が高い傾向にあるので、決まった予算の中で軽くてコンパクトになるものを選びましょう。

b.操作性

テントの設営のしやすさは重要なポイントです。1人でもちゃんと設営できるものを選ぶ必要があります。疲れた体を少しでも早く癒したい人は、ワンタッチで設営ができるタイプをおすすめします。

c.居住性

一人用のテントを買う場合は、サイズ感を把握して購入しましょう。一人用のテントは思ったより狭い場合があるからです。 横幅は75cmしかない場合もありますし、天井も低く、座ってる姿勢でも辛い場合もあります。自分が寝るのに最低限必要な広いスペースが確保できるテントを選びましょう。

ソロキャンプテントの種類

出典: https://www.amazon.co.jp

 

  a.シングルウォールテント

     b.ダブルウォールテント

        c.非自立式テント

a.シングルウォールテントとは

シングルウォールは1つの壁で雨風を防ぎテント内の蒸気を逃がします。そのため防水透湿性の素材が使われています。軽量で設営・撤収が早いという反面、結露しやすい・密閉性が高い・前室がないなどのデメリットがあります。

b.ダブルウォールテントとは

インナーテントと防風・防水目的のフライシートが二重構造になっているのがダブルウォールテントです。シングルに比べると重量が増しますが、比較的に広い空間が確保でき、初めての1張目には快適性の面でダブルウォールテントをおすすめします。

c.非自立式テントとは

自立式のテントとの違いはポールを通しただけではテントの形になりません。ペグや張り網、またはトレッキングポールを使うことで初めてテントとしての形になります。設営に慣れた上級者向けといえます。

ソロキャンプテント シングルウォールタイプ

① モンベル X-TREK マイティドーム1型

モンベル|X-TREKマイティドーム 1型/1122470

最高レベルの軽量・コンパクト性を実現したシングルウォール構造のテント。優れた防水透湿性と通気性を備えたX-TREKファブリクスを生地に使用しています。 ・人数:1人用 ・サイズ:全高105cm、幅90cm、奥行き210cm 収納時=本体/約φ14cm×約30cm、ポールバッグ/約φ5cm×約41cm ・本体重量:1.19kg(1.34kg)※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量です。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

 
・構成:テント本体1、本体ポール2本、φ2mm反射材入り張り綱4本、16cmアルミペグ8本、ポール応急補修用パイプ1本
・対応グランドシート:「グラウンドシート ドーム1型 1122485」

ソロキャンプテント ダブルウォールタイプ

② ロゴス neos ツーリングドーム

ロゴス|neos ツーリングドーム

耐風性に優れた魚座型フレームと、天井メッシュで通気性抜群です。フライシートは耐水圧2000mmとUV加工で快適に過ごせます。 ・カラー:グリーン ・サイズ:Free ・素材 総重量:(約)2.3kg ・組立サイズ:(約)幅210×奥行100×高さ120cm ・インナーサイズ:(約)幅210×奥行100×高さ115cm ・収納サイズ:(約)長さ31×幅18×奥行18cm

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

 
大型のベンチレーションも備え、ツーリング用テントのエントリーモデルとして最適です。

張った雰囲気はしっかり自立して良い感じです。道の駅などペグダウンできない場所でも中に荷物をおけば問題ありません。

高さがあってテント内の開放感があります。

・素材:フレーム、グラスファイバー
   フライシート、難燃性ポリエステルタフタ 耐水圧2000mm UV-CUT加工
   インナーテント、ポリエステルタフタ ブリーザブル撥水加工
   フロアシート、ポリエステルタフタ 耐水圧3000mm
   メッシュ、ポリエステル

③ モンベル ステラリッジ1型

モンベル|ステラリッジ テント 1型 本体

山岳用テントの頂点[ストラリッジテント]がさらなる軽量化、設営の容易性、居住性の向上を達成。世界トップクラスの軽量性と過酷な環境下に耐え得る高い剛性を備えます。素早い設営を可能にした独自のオートセットアップ・スリープエンドを搭載。雨や降雪時などさまざまな環境下でも素早く設営可能です。 ・サイズ:長さ210cm×幅90cm×高さ55cm、収納サイズ13×13×30cm ・重量:約1260g(ペグ等含む総重量約1440g)

Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

・素材:キャノピー/30デニールバリスティックナイロンリップストップ(通気撥水加工、難燃加工)/フロア&フライシート/30デニールバリスティックナイロンリップストップ(耐水圧1500mmウレタンコーティング)

・防水防風:シームシーリング・床面4隅とジッパーフラップ接合部/引き裂き強度従来比2倍の軽量生地を使ったフライシート&フロア/テント出入り口は凍結や雪の付着に強い樹脂製ビスロンジッパー使用

出典: https://www.amazon.co.jp

 

・安全快適:テーパードデザイン/ポールエンドを本体フロアコーナーに近づけ居住空間を保ちつつ軽量化に成功

・ベンチレーター/テント本体正面とフライシート側面・モスキートネット/出入り口上部はメッシュと本体生地の二重構造・リフレクティブ張り

④ アライテント トレックライズ0

ライペン|トレックライズ0

トレックライズ」はテントの広いパネルに解放感のある大きな半月型の入り口を持った3シーズン用テントです。 新しいトレックライズはエアライズと同じ東レ「ファリーロ」中空糸を使用した28dnリップストップナイロン布地を採用し、一層軽くなりました。その重量はわずか1250gしかありません。(一人用、付属品を含まず)

Amazonで詳細を見る

出典: http://store.shopping.yahoo.co.jp

ツーリングやトレッキングでの使いやすさを徹底的に検討して作られたトレックライズは、あなたに素晴らしい旅の思い出をプレゼントしてくれることでしょう。

究極の一人用
・重量:1250g

・サイズ
設営時:間口205cm×奥行80cm×高さ100cm
(前室張出40cm)
収納時:28×φ13cm(42×φ13)
フレーム38cm
・カラー:本体、クリーム、フライシート、フォレストグリーン、グランドシート、グレー

出典: http://store.shopping.yahoo.co.jp

 

・素 材
本体:28dnリップストップナイロン(東レ「ファリーロ」中空糸使用)
フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング
シート:40dnナイロンタフタPUコーティング
フレーム:#7X5Xスカンジウム『エアハーキュリー』8.88φ


・価格:41,580円

⑤ アライテント エアライズ1

アライテント|エアライズ1

「エアライズ」は3シーズンをベースにして、豊富なオプションを利用することで、4シーズンあらゆる状況の下で快適に過ごすことができるように設計されたコンパクトでシステマチックなテントです。 「エアライズ」は人が自分自身の力で移動する「人力移動」のためのコンパクトなテントです。

Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

 
「人力移動」のために不必要な要素はすべて削ぎ落とされていますが、決してテントの居住性は損なわれていません。

そして何よりも、厳選された素材を使用することによって、軽量でコンパクトでありながら、強度や機能を維持しているところがアクティブに活動する人にとっておすすめの最大限の快適さだといえるでしょう。

1人用(最大2人)

出典: https://www.amazon.co.jp

・重量:1360g(本体+フレーム+フライシート)
・サイズ:設営時:間口100×奥行205×高さ100cm
・収納時:本体29×14φcm、フレーム38cm
・素材:本体:28dnリップストップナイロン(東レ『ファリーロ』中空糸)、フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング:シート:40dnナイロンタフタPUコーティング

⑥ MSR ハバNX1

MSR|ハバ NX 1人用

MSRの自立式ベストセラーテントを超軽量のソロバックパッキングテントとして再設計。軽量ながら満足すべき強度と居住性を誇るテントです。 最小限の荷物とともに、しっかりとした快適性が欲しいという要望におすすめできる、ミニマムかつハイパフォーマンスなテントです。

楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

軽量で通気性が良く、すべての機能が備わった3シーズン用のテントです。

居住性に優れ、カヤックからクライミング、泊まりがけのハイキングから数日間のトレッキングなど、様々なアクティビティをするバックパッカーや冒険家におすすめします。

出典: https://www.amazon.co.jp

 
軽量化したにも関わらず、従来モデルよりさらに広いフロア。出入口も従来モデルより大きくなりました。ハブ構造のポールシステムにより設営が簡単です。

・原産国:台湾
・最少重量(フライ、本体、ポール):1120g
・総重量:1290g
・収納サイズ:46×15cm
・材質:フライ/20Dリップストップナイロン(耐水圧1200mmデュラシールド・ポリウレタン&シリコーン・コーティング)、
 本体生地/20Dリップストップナイロン、メッシュ/15Dナイロン・マイクロメッシュ、フロア/30Dリップストップナイロン(耐水圧3000mmデュラシールド・ポリウレタン・コーティング)

・定員:1人
・ドアの数:1

出典: https://www.amazon.co.jp

  

・耐水圧:1200mm、
・サイズ:(使用時76cm ×216cm 高さ91cm 前室76cm・収納時46cm ×15cm)

・定員:1人
・最小重量:1,120g
・総重量:1,290g
・収納サイズ:46×15cm

⑦ ニーモ タニLS 1P

ニーモ・イクイップメント|タニ LS 1P

2012年に登場し、NEMOの山岳用テントのベストセラーモデルとなったタニが生まれ変わりました。 最先端の生地とパーツを採用することで十分な強度を確保しながら、設営時間の短縮と大幅な軽量化を実現しました。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

 
優れたベンチレーション機能や広い内部空間はそのままにさらに軽量、コンパクトになったタニLSは新たな日本の山岳用テントのスタンダードとなるポテンシャルを持っています。

新タイプのコーナーアンカーを採用。雨天時にフットプリントとフライシートのみでセットアップ、その後にインナーテントを設営することも可能です。


1Pはフロア形状を変更することでテント内の居住空間を大幅に広げました。

出典: https://www.amazon.co.jp

・定員:1人
・最小重量:1.09kg
・フロア面積:2.2平方メートル ・前室面積:0.8平方メートル
・室内最大高:103cm
・素材:本体、20Dナイロン/メッシュ フライ、15D PUナイロン フロア、20D PUナイロン

⑧ ニーモ ブレイズ 1P

ニーモ|ブレイズ 1P NM-BLZ-1P

独自のポール構造で超軽量ながら驚くほど広い居住スペースを確保したミニマリスト向け1人用モデルです。1本のメインポールと短いサブポールが一体型になっていますので、一般的な非自立式テントよりも簡単かつ確実に設営でき、しかも十分な強度と広さを確保しています。 ・カラー:イエロー ・サイズ:20x9x5inches ・重量:2.6 Kg ・就寝人数:1人 ・最小重量:790g

Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

 



・本体素材:メッシュ
・フライ素材:7D PeUナイロン
・フロア素材:20D PeUナイロン
・フロア面積:1.7 平方メートル
・前室面積:0.6 ㎡

⑨ ヒルバーグ ウナ サンド

ヒルバーグ|ウナ テント/1人用

ヒルバーグテントの特徴の1つである組立の速さ、簡単を体現しているテント。一人用とは思えない位の広い床面積も魅力です。 ・カラー:グリーン、レッド、サンド ・人数:1人 ・シーズン:4シーズン ・最低重量(収納時重量):2.0 kg(2.2 kg) ・室内高:100 cm ・室内面積:2.5㎡ ・ポール:387 cm/9 mm×2本 ・ペグ:V-ペグ×12個 ・素材:ケルロン(Kerlon)1200

楽天で詳細を見る

出典: http://store.shopping.yahoo.co.jp

 


セット内容
・アウターテント
・インナーテント
・ガイライン(ラインランナー付き)
・ポール
・ペグ
・テント・ポール・ペグ用スタッフバッグ(収納袋)
・スペアポールセクション
・リペアスリーブ
・インストラクション(説明書)

ソロキャンプテント 非自立タイプ

⑩ コールマン ツーリングドーム ST

コールマン|ツーリングドームST 170T16400J

前室を高くして開放感アップ。コンパクトサイズのドームテント。1人でも設営しやすいポールポケット式。 ・サイズ:使用時/約210×120×100(h)cm、収納時/約直径23×54cm ・重量:約4.4kg ・耐水圧:約1500mm(フロア/約1500mm)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

・定員:1~2人
・材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)、ポール/FRP約直径8.5mm×2本(メイン)、FRP約直径9.5mm×1本(フロント)
・仕様:前室、メッシュドア×2、ストームガード、ベンチレーション、メッシュポケット
・付属品:ペグ、ロープ、キャリーバック

⑪ スノーピーク ラゴ1

スノーピーク|テント ラゴ1 SSD-735R [1人用]

山岳テントにも、スノーピーク品質を。すばやく設営できる信頼のXフレーム。内側に土間をつくり軽量化を実現。雨風をしっかり防ぎながら、結露対策も万全です。 ・セット内容:テント本体、本体フレーム(×2)、バイザーフレーム(×2)、自在付ロープ(1.6m×4)、リペアパイプ、本体ケース、フレームケース

Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

・材質:フライシート/20Dシリコンポリエステルミニリップストップ・PUコーティング1,500mm、インナーウォール/前後部:20Dシリコンポリエステルミニリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mm、側部:20Dポリエステルミニリップストップ、ボトム/30Dナイロンリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mm、フレーム/ジュラルミンA7001(φ9mm)
・収納ケースサイズ/本体ケース:Φ14×28cm、フレームケース:Φ6×43cm
・量:1.25kg(本体・フレームのみ)

⑫ MSR カーボンリフレックス1

MSR| カーボンリフレックス 1

MSRの非自立式テントの中で最軽量のダブルウォールテント。 昨年までのモデルと比べさらに軽くなりました。 タープのように軽く、前室のジッパーがないシンプルなテントで設営も簡単です。 軽量の生地で作られたレインフライ、ポール、フットプリントの組み合わせで、超軽量のシェルターを設営できます。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

・定員:1人
・材質:フライ素材/7Dリップストップナイロン、耐水圧1200mmデュラシールド・ポリウレタン&シリコーン・コーティング、フロア素材/15Dリップストップナイロン、耐水圧1200mmデュラシールド・ポリウレタン・コーティング、キャンピー素材/10Dナ・

・総重量:790g

出典: https://www.amazon.co.jp

・フロア面積:1.63㎡
・収納サイズ:43×13cm
・室内最大高:91cm
・原産国:中国

ソロキャンプテントにツェルト

とにかくコンパクトで軽く、かさ張らないので携行性は抜群なツェルトをテントとして使うこともできます。ただ、グランドシートやポールなど荷物が増えることになるかも知れませんが。

mont-bell(モンベル) U.L.ツエルト/SPGN 1122518

モンベル|U.L.ツエルト/SPGN 1122518

収納サイズは350mL缶ほどのコンパクト性を実現。通気性を備えた素材を使用しているため、結露しにくくなっています。ベンチレーターは酸欠を防ぐため、完全には閉まらない状態に設計。ジッパーをベンチレーター底部まで延長し、出入りのしやすさにも配慮しました。スタッフバッグ付き。※ウレタンコーティングを施していない撥水加工の生地を使用しているため、雨の日は別売のツェルトフライシートを併用することをおすすめします。 ツェルト類、マルチチューブシェルターは、就寝を目的としたテントではありません。正しい使用方法を理解してご使用ください。

Amazonで詳細を見る

出典: http://store.shopping.yahoo.co.jp

・素材:10デニール・バリスティックR エアライトナイロン[超耐久撥水加工]
・重量:230g(240g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
・カラー:スプリンググリーン(SPGN)
・収容人数:1人

・価格:15,876円

出典: http://store.shopping.yahoo.co.jp

 
コーティング素材を使用し、気密性が高いので、必ず換気が必要です。そのため本体上部と出入り口上部のベンチレーター(換気口)は常に開いた状態になっています。

ソロキャンプテントのまとめ

出典: https://www.amazon.co.jp

わがまま気まま、誰にも遠慮はいらない、全てが自由のソロキャンプ。そんな時、こだわりたいのが夜を明かすテントです。ただの寝場所というだけではなく、テントの中で過ごす時間も大切にしたい。そんな居心地の良い一人用テントを見つけましょう。

価格についてはショップによって大差がありますので目安として表記しました。

 最後までご覧いただきありがとうございました。

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ