Twitter
Facebook
LINE

【これさえあればOK】川遊びの必須持ち物まとめ!便利なウォーターグッズもご紹介!

mamma32

【これさえあればOK】川遊びの必須持ち物まとめ!便利なウォーターグッズもご紹介!

mamma32

川遊びに行く場合、どんな持ち物が必須なのでしょうか?今回は、川遊びに必須な持ち物をまとめてみました。基本の持ち物だけでなく、お子さんがいる場合についてもまとめてあります。また、おすすめのウォーターグッズも紹介しているので、チェックしてみましょう!



川遊びに行く場合は持ち物が大切!

Photo by Kanko*

暑くなりレジャーシーズンが到来すると、川遊びに出かける方も多いのではないでしょうか?そんな川遊びに行く場合は、持ち物に気を遣うのがおすすめ。今回は、川遊びに便利な持ち物をまとめてみたのでチェックしてください。

大人だけで川遊びに行く場合と、子供がいる場合では必要な持ち物も変わってきます。今回は基本パターンの持ち物にプラスして、子供同伴の場合の持ち物の掲載していますので参考にしてみてください。

川遊びで必需品となる持ち物のポイント

Photo by nubobo

川遊びに行く場合必需品となる持ち物は、濡れることを想定するのがポイントとなります。特に子供がいる場合は、全身ずぶ濡れになる覚悟で着替えなどの持ち物を用意しましょう。また、濡れた物の処理についても考える必要があります。

さらに川遊びに使うアイテムも、濡れて大丈夫な物をチョイスしましょう。例えばおもちゃ類も、水に濡れて問題のない素材を持っていくべきです。さらにカメラやスマホも濡れて構わないように、ケースなどに入れるなどの工夫をしましょう。

これさえあればOKな川遊びの必須持ち物

川遊びに行く際に必需品となる、基本の持ち物をご紹介します。これがあればOKな基本の持ち物は、大人子供関わらず必要となるアイテムなので、川遊びに行く場合はチェックしておきましょう。案外見落としがちな持ち物もあるので、しっかりとチェックしてください。

①帽子



川遊びに行く際の持ち物で用意すべきなのが、帽子です。川遊びは真夏や初夏など、気温が高い季節に行うことが多い傾向にあります。そのため帽子は、熱中症対策として重要なアイテムです。楽しい川遊び中は熱中症に気づきにくいため、予め帽子でしっかりと対策が必要になります。

また、子供がいる場合は必ず帽子を被せて川遊びをしましょう。子供は大人以上に自分の体調に鈍感で、暑さにも弱いです。そのため帽子を被せるなどの熱中症対策が必須となります。

つば付きの帽子ならOK

熱中症対策にこれさえ用意すればOKな帽子ですが、つば付きを選ぶのがおすすめです。キャップやマウンテンハットのように、顔に陰を作ってくれるタイプを選ぶと安全で快適ですよ。子供の場合は、後頭部も守ってくれるような形の帽子を選ぶとより安全です。

また、お子さんがいる場合は、着替え用の帽子もあると安心ですよ。子供の場合は川遊びで全身の着替えが必要となるため、帽子も持っていきましょう。

②ライフジャケット



川遊びの持ち物として人気なのが、ライフジャケットです。川遊びをする場合、川の流れに乗ったり浮かんだりすると楽しめます。そのため、ライフジャケットをつけて安全に川遊びを楽しみましょう。

毎年大人子供に関係なく、川遊びで流されてしまうという事故が発生します。川遊びは安全性に考慮しないと危険なので、ライフジャケットの使用は必須です。大人用だけでなく子ども用のライフジャケットも売っているので、ゲットしておくと便利ですよ。

ライフジャケットの代用品を持ち物にプラスするのでもOK

ライフジャケットの代用品になるものを持ち物にプラスすると、実際の川遊びで役に立つ可能性があります。ライフジャケットが壊れてしまったり、他の参加者が持参していなかったりする場合は、代用品で対処しましょう。ペットボトルやポリタンクなど、浮力の強いものを持ち物にプラスしておけば大丈夫です。

③履き慣れた靴

川遊びの持ち物でこれさえあればOKなのが、履き慣れた靴です。川遊びは川底の石や砂利で怪我をしやすいので、靴を履いて行うのが必須になります。履き慣れた靴であれば、安全に川遊びを行えますよ。また、水を吸って重くなるような靴は不向きです。

クロックスのような素材のサンダルだと、安全に川遊びを行えます。また、サンダルであれば川遊びが終わった後にすぐ乾くので、そのまま帰宅しても大丈夫です。

ウォーターシューズがあると便利

川遊びの持ち物として必須な靴ですが、ウォーターシューズがあると便利です。ウォーターシューズとは名前の通り水に特化した靴なので、川遊びも快適に楽しめます。川底を歩いても安全で、なおかつ軽く柔らかい素材でできているのが特徴的です。特に子供がいる場合は、ウォーターシューズで川遊びを安全に行いましょう。

④タオル

川遊びの持ち物で必須なのが、タオルです。川遊びをすれば、必ず濡れてしまうのでタオルが必要になります。ハンドタオルのように小さなサイズではなく、バスタオルに近い大きな物を持っていくと便利です。

川遊びの持ち物として必須なタオルは、吸水力が重要になります。そのため新品のタオルではなく、何度か使っているタオルを選ぶようにしましょう。また、水をよく吸ってくれる素材を選ぶのがおすすめです。

⑤ゴミ袋

川遊びの持ち物として必需品となるのが、ゴミ袋です。川遊びの時は洋服や靴が濡れてしまうため、着替えを持参する人も多くいます。そんな濡れてしまった衣服やタオルを入れるのに便利なのが、ゴミ袋です。

ゴミ袋に入れておけば、濡れた衣類や川遊びグッズをそのまま持って買えることができます。意外と持ち物グッズの中に入れるのを忘れがちなアイテムなので、用意しておきましょう。

ゴミ袋は多めに持っていると便利

川遊びをする場合は、持ち物にゴミ袋を多めに入れておくと便利です。濡れた衣類を入れるだけでなく、何かをまとめたりくるんだりする時に活用できます。大きすぎるゴミ袋よりも、中くらいのサイズを何枚か用意しておくと重宝しますよ。

⑥絆創膏

川遊びの持ち物として用意すべき必需品が、絆創膏になります。自然豊かな川底は砂利や石が多く、皮膚を怪我してしまうケースも多いです。そんな時絆創膏が無いと、傷口から菌が入り込む危険性があります。そのため子供の有無に関わらず、絆創膏は川遊びの持ち物の中に用意しておきましょう。

川遊びの持ち物に絆創膏を入れる場合は、防水効果のある物を選ぶと便利です。100円ショップなどで気軽に購入できるので、是非ゲットしておいてください。

⑦虫除けスプレー

川遊びの持ち物として用意すべきなのが、虫除けスプレーです。自然豊かな川の周りは草木が生い茂っているため、必然的に虫がたくさんいます。せっかく楽しく川遊びをしているのに、虫に刺されて不快な想いをするのは避けたいです。そのため虫除けスプレーで、予め対策をしましょう。

⑧ラッシュガード

川遊びの持ち物で用意したいのが、ラッシュガードです。ラッシュガードを着ておけば、紫外線対策や怪我の予防に繋がります。川底や川べりには砂利も多く、皮膚を傷つけてしまう可能性もあるので、なるべく肌の露出は控えるべきです。

ラッシュガードは長袖なので、手首まで肌を覆って守っておけます。パーカータイプで気軽に脱ぎ着できるラッシュガードだと、川遊びの時にも便利ですよ。
 

長袖の服でもOK

ラッシュガードが用意できない場合は、長袖の衣類でも問題ありません。川遊びではなるべく怪我をしないように対策すべきなので、長袖のTシャツを着て楽しみましょう。薄手で水に濡れても重たくならないような素材を選ぶと、快適に川遊びが楽しめます。また、汚れても大丈夫なアイテムを用意しましょう。

子供がいる人におすすめな川遊びの持ち物

川遊びに行くときの持ち物は、子供がいるかいないかで変わります。今回は、子供がいる場合の川遊びの持ち物もまとめているので、是非参考にしてみてください。お子さんがいる場合、川遊びに必要な持ち物も多くなりやすいです。そのためなるべくコンパクトにまとめられるアイテムを選んで、持ち運びしやすいように工夫しましょう。

①浮き輪

子供がいる人におすすめな川遊びの持ち物が、浮き輪です。浮き輪は海やプールで使用するイメージがありますが、水位の低い川遊びでも人気のウォーターグッズになります。特に大人にとって水位の低い川であっても、子供にとっては危険になりうる水位です。

そのため浮き輪は単に楽しむためだけではなく、安全に川遊びを行うための持ち物でもあります。お子さんのサイズに合った浮き輪を用意して、安全な川遊びを行いましょう。

ライフジャケットも併用するとより安全

お子さんと川遊びに行く場合は、浮き輪だけでなくライフジャケットも併用するとより安全です。ライフジャケットは浮力が強く、ベルトで体にしっかりと巻き付けられます。そのため川遊び中に万が一流されてしまっても、ライフジャケットがあれば安全を確保できる可能性があるのです。

浮き輪は流されている途中で外れたり破れたりする可能性もあるため、もしもの時のことを考えてより安全な対策をとるようにしましょう。

②ゴーグル

子供と川遊びに行く場合に人気の持ち物が、ゴーグルです。自然豊かな川では、川底に魚や生き物が生息していることも珍しくありません。ゴーグルがあると、水中に潜って自然生物を観察できますよ。

また、ゴーグルをつければ川の中を泳ぐこともできます。ゴーグルならかさばりにくいため、持ち物の中に入れる時も困りません。100円ショップやスーパーで気軽に買えるので、是非用意しておきましょう。

③水鉄砲

子供と川遊びに行く時の持ち物で人気なのが、水鉄砲です。水鉄砲があると、川遊びをより充実させることができます。特にお子さんがいる場合は、川遊び用のおもちゃをいくつか用意しておくと便利ですよ。

さまざまな種類の水鉄砲を用意しておくと、子供同士で対戦ができたり威力を試したりして盛り上がります。最近はいろいろなタイプの水鉄砲が販売されているので、お店で気に入ったものを見つけてみましょう。

持ち運びやすいものを選ぶのがおすすめ

子供と川遊びに行く時に人気な持ち物の一つが、水鉄砲です。ただし、川遊びの持ち物に水鉄砲をチョイスする場合、持ち運びやすいものを選びましょう。川遊びやレジャーの時は、持ち物が多くなりやすい傾向にあります。そのためかさばりにくい水鉄砲を選ぶと、持ち物をまとめやすいです。

特に子供は大きなサイズの水鉄砲が人気ですが、なるべく持ち運びやすいサイズ感を選ぶようにしましょう。これは水鉄砲に限らず、他のウォーターグッズにも言えることです。

④防水カメラ

お子さんがいる場合は、川遊びの持ち物に防水カメラを追加しましょう。子供の成長を記録するために、積極的にカメラで写真を撮影する親御さんも多いです。しかし川遊びのような水辺の場合、防水カメラでないと故障や破損の原因になります。

そのため防水カメラや、防水のスマートフォンを持っていくようにしましょう。防水ではない電子機器は、川から離れた場所にまとめておくと安全です。

⑤レジャーシート

子供がいる川遊びでは、レジャーシートを持ち物に加えるのがおすすめです。川遊びの場合は衣服や体も濡れてしまうため、乾かすための場所が必要となります。特にお子さんがいる場合は濡れる衣服も多く、着替えさせるための場所も必要です。

そんな時にレジャーシートを用意しておくと、着替えられる場所や乾かす場所ができます。また、川遊びの途中でお子さんが休憩できる場所を作るのにも便利です。レジャーシートなら用意するのも簡単で、持ち運びにも困りませんよ。

川遊びの持ち物に便利な人気ウォーターグッズ

川遊びの持ち物には、ウォーターグッズを用意しておくのがおすすめです。今回は、おすすめの人気ウォーターグッズをまとめてみたので、是非参考にしてみてください。川遊びだけでなく、プールや海などさまざまなレジャーで活用できるので、ゲットしておくと便利ですよ。

①防水ポーチ

Danyee 防水ポーチ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

川遊びのウォーターグッズとして人気なのが、防水ポーチです。スマホやカメラなど、水没OKではない電子機器類を入れるのに役立ちます。首からポシェットのように下げられるタイプだと、紛失防止や盗難防止にも役立っておすすめです。

いろいろなタイプの防水ポーチが販売されていますが、なるべくしっかり密閉できるものを購入しましょう。安すぎたりチープすぎたりする防水ポーチだと、水が内部に入る可能性があります。購入前によくチェックしておくと、失敗しにくいです。

②水中メガネ

水めがね 箱メガネ 子供用 水遊びおもちゃ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

川遊びに行く際の人気ウォーターグッズでおすすめなのが、水中メガネです。自然豊かな場所なら、川底にたくさんの魚や生き物が住んでいます。そんな川底を覗く時に役立つのが、水中メガネ。

特に水に顔をつけられない小さなお子さんは、水中メガネで川底の自然を覗くのがおすすめですよ。浮き輪のように膨らませるタイプを選べば、持ち運びにも困らず、他のウォーターグッズとまとめる時にも便利です。

③フロート

浮き輪 フロート 背もたれ付

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

川遊びに持っていきたい人気ウォーターグッズの1つが、フロートです。ウォーターグッズの必須アイテムとして、ライフジャケットや浮き輪を持っていく方も多いですが、フロートも用意しておくと快適ですよ。浮き輪と違って座るだけなので、気軽に川の上を浮くことができます。

また、浮き輪やライフジャケットは子供が身につけるイメージがありますが、フロートなら大人でも気軽に楽しめますよ。最近はいろいろなタイプのフロートが売っているので、好みに合ったものを見つけてみましょう。

④救命ロープ

HONEI 30m 水に浮く 救命ロープ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

川遊びで用意したいウォーターグッズの1つが、救命ロープです。安全な川遊びを行いたいのであれば、必需品として用意するべきでしょう。川遊びでは毎年事故が多数発生しており、安全面を考慮するのは必須です。もしものことがあった時のため、救命ロープは近くに置いておきましょう。

また、小さなお子さんを川遊びさせる場合は、予め救命ロープを巻き付けておくのもおすすめです。親御さんがロープの先を離さないようにしたり、ポールにくくりつけておいたりしましょう。

⑤マリンシューズ

[Putu] マリンシューズ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

川遊びの持ち物にプラスしたい人気のウォーターグッズが、マリンシューズです。マリンアクティビティ専用のウォーターグッズで、水中でも快適に過ごせる靴になります。特に川遊びは岩や砂利で足を怪我することも多く、マリンシューズで保護するのがおすすめです。

子ども用だけでなく大人用のマリンシューズも多く、人気のデザインも豊富に用意されています。そのため好みのマリンシューズを見つけやすく、日常使いにもできますよ。

持ち物をチェックして川遊びにでかけよう!

Photo byblickpixel

これがあればOKな川遊びの持ち物をチェックして、快適なレジャーができるようにしましょう。今回はこれがあればOKな基本の持ち物だけでな、子供がいる場合の持ち物もまとめてみました。お子さんがいる方は、是非参考にしてみてください。

また、持ち物に人気のウオーターグッズをプラスすると、ワンランク上の川遊びが楽しめます。通販や店頭でウォーターグッズをチェックして、ニーズや好みに合ったものを購入してみてください。

バーベキューの持ち物が気になる方はこちらをチェック!

レジャーシーズンになると、川遊びのようなアウトドアに行く機会が増えるはずです。なかでもバーベキューは人気があり、自然豊かな環境でおいしいお肉を楽しむ人も多いのではないでしょうか?

以下の記事では、そんなバーベキューの持ち物を紹介しています。これがあればOKな持ち物や、あると便利なグッズもまとめてあるので、是非合わせてチェックしてみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年撃投ジグに新色登場!秋のオーナーばり新製品特集!

【製品紹介】ファイアツイン https://www.youtube.com/watch?v=3WM1rbflOeM&t=1s 【製品紹介】ファイアフック https://www.youtube.com...

Tピンの基本の使い方を解説✨パールピアスを作りながら!【100均ハンドメイド】

00:00 用意するもの 00:24 作り方 03:33 完成品 今回はTピンの基本の使い方を解説をご紹介しました! 材料 パールビーズ×4 Tピン×4 ピアス金具 ペンチ 丸ヤットコ Tピン...

19セルテートの耐久性は?1年過酷使用したセルテートはこうなります。

★軽くなりすぎ・・・シマノ21ツインパワーXDを買わないワケ。★ https://youtu.be/leptCkAwX8I ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube....

【100均ハンドメイド】セリアの試験管で✨ハーバリウム試験管ネックレスの作り方!

00:00 用意するもの 00:38 作り方 02:54 完成品 今回は「セリアの試験管で作るハーバリウム試験管ネックレスの作り方」をご紹介しました! 材料 試験管ガラスドーム(セリア) チョー...

釣りのラジオ釣りラじ「ねぇ、知ってた?第49回」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ▼釣りラジをSpotifyで聴く!! https://open.spotify.c...