Twitter
Facebook
LINE

MUNIEQのコンパクトで持ち運びやすい人気コーヒードリッパーやストーブを紹介!

揚げ餅

MUNIEQのコンパクトで持ち運びやすい人気コーヒードリッパーやストーブを紹介!

揚げ餅

MUNIEQ(ミュニーク)は持ち運びしやすい画期的なコーヒードリッパーと小さなストーブで人気のガレージブランドです。今回はそんなMUNIEQの人気プロダクトのコーヒードリッパーとストーブを紹介しますね。MUNIEQは通販サイトで購入できますよ。



ミニマルなブランドMUNIEQを紹介

2016年に生まれた北海道のブランド

MUNIEQ(ミュニーク)は2016年に北海道で生まれたガレージブランドです。持ち運びやすさを優先したミニマルなギアが多いという特徴があり、シンプルかつコンパクトなギアが多く、徒歩でのキャンプで使いやすいものばかりになっています。

購入できる場所が多いのもMUNIEQの特徴です。国内外のさまざまなアウトドア用品を取り扱うA&FカントリーなどのアウトドアショップからAmazonなどの通販まで幅広い場所で購入できます。

プロダクトは2種類

今回紹介するMUNIEQのプロダクトは大まかに分けると2021年5月の時点で2つの種類があります。コンパクトで軽量なコーヒードリッパーと、ウルトラライトで徒歩や自転車のキャンプにおすすめの小型のストーブとなり、2つのプロダクトのバリエーション違いやオプションなどを合わせて紹介していきますね。

このうちウルトラライトストーブは特許申請中の非常に独創的なストーブになっています。軽量化したい方におすすめアイテムです。

MUNIEQの人気コーヒードリッパー

Tetra Drip

Tetra Drip

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天


熱湯でも使えるポリプロピレン製のコーヒードリッパーです。ビビットでポップなカラーで金属製のものにはない色になっています。また、Tetra Dripの魅力は収納時フラットになっているため収納しやすくポケットでも持ち運べるサイズ感になってい点です。ポリプロピレンという軽量な樹脂素材ということで軽めになっているのも魅力になります

大きさは103×69×4.5mm、重さは12gとなり直径48~95mmのカップに設置可能です。

ワンサイズ上のモデルも

Tetra Drip 02P

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

パネル上のパーツを組み合わせることで円錐形のフィルターがセットできるドリッパーです。先程紹介したポリプロピレン製のドリッパーの一回り大きいサイズとなり直径56~128mmのカップにセットできます。収納サイズは135×90×6mm、25gと少し大きくなっていますが、ポリプロピレン製のため軽いままです。

口コミ



ポリプロピレンという樹脂製ですがしっかりしていると評価されています。軽さを保ちながら強度もきちんと保っていて簡易的なドリッパーではなく普通のドリッパーとして使えるなどの声も多いです。MUNIEQの他のドリッパーと比較すると一番軽量なモデルになります。

材質が柔らかいので壊れる心配される方が多いようですが、無理に組み立てず説明書どうり少し湾曲させて組めば問題ありません。

Tetra Drip [TD-01S]

Tetra Drip TD-01S

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天

ステンレス製のコーヒードリッパー。ステンレスになったことで強度も高くなり高級感もあります。パネル状のパーツを組み合わせる方法でコンパクトな収納サイズは変わりません。樹脂と比べると重たくなっていますが、肉抜きされているので軽さもあり自転車や徒歩のキャンプでも持ち運びやすいです。

サイズ感は樹脂モデルのSサイズと同様に直径40~95mmのカップに安定して設置して使えますよ。収納サイズは106×69×0.9mm、重さ25gです。

大きいサイズもおすすめ

TD-02S

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天

樹脂モデルと同様にラージサイズもきちんとあります。大きくなってもかさばらず、フラットに収納でき、3杯分のコーヒーを抽出できますよ。直径40~128mmのカップに設置でき収納サイズは、132×90×0.9mm、重さは40gになります。肉抜きのおかげで大きくなっても50g未満と計量でコンパクトなままです。

口コミ

バネのようなドリッパーと比べると風が拭いても安定しているという声が多く風が吹いてるときでも安心して注げると好評です。金属のため強度も高めで、デザイン性なども高く評価されていますよ。パネルを組み合わせて組み立てるため、最初は慣れが必要という声もあります。金属製ということでヘビーユースする方におすすめです。

これまで山コーヒをする際、風でフィルタが飛ばされるや入れてる最中にひっくり返るなど多々有りましたが買い替えてから殆ど無くなりました
又、収納がコンパクトで強度もよし、洗いやすくデザインも気に入ってます

Tetra Drip(TD-01S-bk)

前述してきたSサイズのドリッパーと同じですが、材質が少し異なるスペシャルモデルです。本品はステンレスに黒色酸化皮膜を施して高級感を持たせたブラックステンレスが使われています。前述したステンレスモデルと同様に肉抜きにより軽量化されたコーヒードリッパーに、酸化発色の美しい黒色が加わりデザイン性も増したモデルです。

大きさはさほど変わらずSが106×69×0.8mm、23gになります。       

ラージサイズも

他のモデルと同様にラージサイズもあります。黒色酸化皮膜、酸化発色は塗装をしているわけではなく、ステンレスだけしか使われていないので熱湯を入れても有害な成分が溶け出すということもなく、安心して使えますよ。

ラージサイズも少しだけサイズが異なり132×90×0.8mm、35gです。ほんの少し薄くなっているという違いがあります。特殊な加工が施されているため価格が高くなっていますが、デザイン性もこだわりたい方におすすめです。

Tetra Dripケース

Tetra Dripケース

出典: 楽天

Tetra Dripを収納するための革製ケースです。スモール、ラージサイズの2種類がありTetra Dripシリーズをすっきり収納できますよ。牛の革を使ったアウトドアにぴったりのケースになっています。、大きさはシングルで150×116mm、36gとなりラージサイズが150×116mm、36gです。

セットモデルも

Tetra Drip

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天

専用の革ケースとコーヒードリッパーがセットになったモデルありデザイン性を重視する方におすすめです。S、L共にケース付きがあります。革ケースのため使い込んでいくと味わいのあるケースになると好評です。同封されているコーヒードリッパーはステンレスモデルになります。

MUNIEQの人気コーヒードリッパー

X-MESH STOVE (Sサイズ)

特許申請中の非常に変わったストーブです。光を通すメッシュ状のボディーとなり厚さ0.2 ㎜のステンレスをシート状にしたストーブです。ネイチャーストーブと比べ底がないタイプとなりエスビットのような固形燃料と合わせて使います。

MUNIEQのストーブは、メッシュのストーブがゴトクになり調理もしやすく、光を通すため炎状態やゆらめきなども確認できるため焚き火のような感覚で調理も楽しめるストーブとなるところが魅力です。

大きさ

本品1つを使った場合は直径62×高さ67mmとなり、2つでは直径124×高さ67mmにります。シート状になっているため複数個使って大きくすることも可能です。

また、本品は大きなLサイズもあります。Lサイズは直径82×高さ67mmになり、組み立て方次第で3段階に大きさが変更でき直径82、72、62mmになるところが大きな魅力です。大型サイズのストーブはアルコールストーブのゴトクしてもおすすめになります。

オプションも

出典:https://www.munieq.com/product-page/ti-grid-for-x-mesh-stove-large

チタン製のゴトクも発売されています。ストーブよりも小さなシェラカップなどが置けるようになるアイテムです。チタン製のため軽くて丈夫で持ち運びやすく携帯しやすくなっていますよ。収納サイズは90×100mmです。

口コミ

MUNIEQのギアの中でも人気のアイテムとなり多数の口コミがあります。特にシングルバーナーを使わずアルコールストーブや固形燃料を使っているユーザーから支持されていますよ。シート状のため持ち運びやすくメッシュのため軽量で火が見えるところなどさまざまな部分が評価されています。

また、見た目だけではなく風防のような効果も期待できるとして全体的に高く評価されているおすすめのストーブです。

固形燃料、アルスト、のせるものによって大きさ調節◎。軽さ、スタッキング◎
夜、燃焼時キレイ。強風では使ってませんが風よけも付けずに煮炊き出来ました。
10回ほど使いましたが変形等の問題なし。

まとめ

コーヒー好きにおすすめ

Photo by6689062

MUNIEQはコンパクトで持ち運びやすいコーヒードリッパー、コンパクトで持ち運びやすいストーブがあるため荷物を極力少なくして楽しむキャンプスタイルにおすすめのブランドになります。また、それぞれのプロダクトにはオプションケースやゴトクなどのオプションもあり使いやすくカスタマイズできるなど魅力が豊富です。

気になる方は各種ショップをチェックしてくださいね。

コーヒーが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはアウトドアでのコーヒーに関する記事があります。よかったらチェックしてくださいね。

Movie動画記事

【毎日キャンプ生活1ヶ月】ワークマンのテントから始まりジムニーでキャンプ場デビュー!

キャンプど初心者が1ヶ月間毎日、何かしらのキャンプ行為をした全記録をまとめました!1日目にワークマンのテントを手に入れてから、31日目にジムニーでキャンプ場に行くまで何があったかを全部記録しましたので...

【堤防SLS】奇跡の夕マズメでヒラマサ炸裂!【島日記12】

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ここのところ黒潮と水温上昇ですこーしカンパチの数が減ってきました。磯も場所を間違えるとご覧の有り様・・・笑 困ったときはやっぱりSLSですね!! ★ロックショア実釣動画...

年に一度しか行かない危険な地磯へ・・・【島日記11】

製品貸与:グローブライド株式会社 撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 今回は近況報告と本当は行きたく無い、しんどいランキング1位の磯へ調査へ行ってきました!最近の地磯は特定のポイントを除いて、ベイトに釣果が...

【初心者用】キャンプで使う三大ロープワーク・結び方3つが使えすぎて感動した…

キャンパーに必要なスキルの一つが「ロープワーク」!数々の方法がありますが、今回は「3大ロープワーク」を、人気書籍を参考にして学びました! もやい結び・自在結び・テグス結びは本当に使える結び方だと感じま...

初めてキャンプ場へ行った初心者、ガチで初心者丸出しすぎたwww【毎日キャンプ生活30-31日目】

今回のキャンプのテーマは「ギア不足の初心者でもキャンプ場をちゃんと楽しめるのか?」。大人気のキャンプ場「能登島家族旅行村 Weランド」に行ってきましたが、色々スタッフの方に初心者丸出しでお聞きしつつ、...