Twitter
Facebook
LINE

幅広いデザインを展開!グレゴリーのウエストバッグおすすめ7選!レビューもご紹介!

hanashin

幅広いデザインを展開!グレゴリーのウエストバッグおすすめ7選!レビューもご紹介!

hanashin

アメリカブランド・グレゴリーより、タウンユースやアウトドアので使いやすいおしゃれなウエストバッグを紹介します。簡単に開閉できてスムーズに荷物を取り出すことができるウエストバッグばかりなので、使ってみたいグレゴリー製ウエストバッグを見つけてみてくださいね。



グレゴリーについて

アメリカ合衆国のカリフォルニアで誕生した人気バックパックブランド・グレゴリーは、一日だけのバイキングで役立てられるデイパックや、テント泊まりや小屋泊まりをする登山で役立てられる大容量のバックパックなどをバリエーション豊富に揃えていることで日本でも多くのファンを持っている人気ブランドです。

そんなグレゴリーには、お出かけの際に必要最低限のものだけを持ち歩きたい時に役立てられるウエストバッグも種類豊富に揃っています。今回はグレゴリーより、機能性が高くてデザインも良いウエストバッグを集めて解説していきます。(記載されている内容は2021年3月18日現在の情報を元に作成しています。)

グレゴリーのウエストバッグおすすめ7選

おすすめ①グレゴリー ハードテイル

グレゴリー ハードテール

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズタテ14.5cmxヨコ37cmxマチ7cm
素材表地: 外装100%ナイロン/内装100%ナイロン

グレゴリーのウエストバッグ・ハードテイルは、キャンプや海水浴、川遊びやピクニックなどのアウトドアシーンでちょっとした持ち物を入れて持ち運びたい場合に役に立つポーチです。

グレゴリーのウエストバッグ「ハードテイル」の特徴①

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B07MSMMTJY?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339


ダブルジッパーを採用していて、長めの引き手が付いていますので開閉も簡単にできるウエストバッグになります。真正面にはグレゴリーのロゴと名前の入っているタグが付いていてワンポイントになっています。

外側・内側の素材ともに防水性が備わっているナイロンで作られていますので、中身に入れた種類多くの小物を濡らさないようにも守りながら携行出来ます。

グレゴリーのウエストバッグ「ハードテイル」の特徴②

シンプルなデザインなので、落ち着いているファッションコーデとの相性も良いグレゴリー製ウエストバッグです。GARDENTAPESTRY・ブラックの2種類のカラーより選べるウエストバッグで、軽くて長財布もすっぽりと入れられて使いやすいというレビューもあります。

おすすめ②グレゴリー テールランナー

グレゴリー テールランナー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ約W39xH12.5xD8cm,


グレゴリーのウエストバッグ・テールランナーは、男女兼用で使うことができる商品で、外出する時にちょっとした荷物を入れて持ち運ぶのに便利です。

グレゴリーのウエストバッグ「テールランナー」の特徴①

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B07J1XMZ56?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

メインの開口部分はファスナー開閉式で、スムーズに開けられて荷物を取り出すことが出来ます。内部にはマジックテープ留めのポケットが付いていて機能性も高いです。正面にはグレゴリーのブランド名とロゴマークが表示されているタグが付いていてワンポイントになっています。

グレゴリーのウエストバッグ「テールランナー」の特徴②

肩から斜めがけして身につけられる他にも、肩がけしたり腰に巻きつけて持ち運びすることもできるウエストポーチです。普段使いにちょうど良いサイズというレビューや、見た目はスッキリとしたサイズですが収納力があるというレビューも投稿されている人気ウエストバッグです。

おすすめ③グレゴリー テールブリーズ

グレゴリー テールブリーズ

出典: Amazon
出典: Amazon
サイズタテ12cmxヨコ27cmxマチ7cm
素材表地/100%ポリエステル

グレゴリーのテールブリーズは、日常で外出する時に必要な小物を入れておくことができるウエストポーチで、正面にはグレゴリーの旧ロゴが付いています。

グレゴリーのウエストバッグ「テールブリーズ」の特徴①

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B078NRGZ4W?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

指でもつまみやすい長さのファスナーが2つ付いていて、スムーズに開けられるので中身の小物も簡単に取り出すことが出来ます。背面側には柔らかくてクッション性に優れているパッドが入っていますので、長時間、腰周りを痛めないように装着できるグレゴリー製ウエストバッグです。

ストラップの長さは調整可能ですので、サイズ感をウエストサイズに丁度よく合わせて身につけられます。使いやすいサイズで収納力にも満足しているというレビューも投稿されているウエストバッグです。

おすすめ④グレゴリー テールメイトS

グレゴリー テールメイトS

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズタテ16cmxヨコ39cmxマチ12cm
素材表地: 外装100%ナイロン/内装100%ナイロン

グレゴリーのテールメイトSは、防水性や耐久性も高いナイロン素材を内側と外側の素材に採用していて、重さも軽量なウエストバッグなので持ち運びもしやすいです。

グレゴリーのウエストバッグ「テールメイトS」の特徴①

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B07MJ2S24Z?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

メイン収納部へのアクセス方法はジッパーで簡単なので、中身に入れている種類多くの小物も簡単に取り出すことが出来ます。立体裁断構造のウエストバッグなので、腰回りにもよくフィットしてくれます。

背面には柔らかくてクッション性の高いパッドが入っていますので、腰回りを痛めないように身につけられます。ウエストベルトは長さを調整することが可能なので、サイズ感よく装着可能です。

グレゴリーのウエストバッグ「テールメイトS」の特徴②

外側に一つ、内側に二つポケットがありますので、この小物も綺麗に整理して入れておくことが出来ます。シンプルな無地のカラーや柄付きのタイプまでがありますので、ファッションコーデとの相性で選ぶことが可能な人気ウエストバッグです。

正面にはグレゴリーのブランドロゴが付いているタグが付いています。容量たっぷりでとても使いやすいというレビューも投稿されている商品です。

おすすめ⑤グレゴリー アセンドテールメイト

グレゴリー アセンドテールメイト

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズタテ16.5cmxヨコ39cmxマチ12cm
素材表地: 210Dヘビーツイルナイロン テフロンコーティング

グレゴリーのウエストバッグ・アセンドテールメイトは、ダブルファスナーで開閉もスムーズにできて中の荷物も取り出しやすいです。インディゴとシルバーグレーの2種類があります。

グレゴリーのウエストバッグ「アセンドテールメイト」の特徴①

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B016NTI80K?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

7Lと小さめな容量ですが、バッグの内側部分には種類多くの小物をキレイに整理して入れておけるオーガナイザーポケットが付いていて、機能性も高いウエストバッグなので、レビューでの評判も良いです。

耐久性に優れている210デニールヘビーツイルナイロン生地で作られていて、防水性を高めるためにテフロン加工も施されているため、天候状態が不安定な日のお出かけ時やキャンプ中にも中身の荷物を濡らさないように持ち運びが可能です。長さを調整できるストラップを採用していますので、サイズ感よく身につけられます。

おすすめ⑥グレゴリー ティーニーテールメイト

グレゴリー ティーニーテールメイト

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ24.5×10.5×7.5cm
素材外装100%ナイロン/内装100%ナイロン

グレゴリーのウエストバッグ・ティーニーテールメイトは、容量がわずか1.5L程度で、アパレルなどでいえばXSクラスの最小サイズになります。

グレゴリーのウエストバッグ「ティーニーテールメイト」の特徴①

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B07MFNQQ6B?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

コンパクトで気軽に使えるサイズ感の人気ウエストポーチになります。ハンドフリーで必要な小物類を街中に持ち運びたい時などにもとても便利なウエストバッグになります。

ポケットに入りきらなかった小物類を入れて持ち運びするのにも役立てられます。メイン収納部への開閉はダブルジッパーで簡単に出来ますので、荷物にもスムーズにアクセス可能です。

グレゴリーのウエストバッグ「ティーニーテールメイト」の特徴②

100%ナイロン素材で作られていますので防水性も高く、雨の日のお出かけ時にも問題なく使うことができる機能性に優れたウエストバッグです。

色は全部で8種類と豊富に揃っていますので、お好みのデザインより選んでコーディネートのワンポイントアイテムとしても使えます。正面にはグレゴリーのブランドロゴのタグが付いている特徴もあるウエストバッグです。

おすすめ⑦グレゴリー スケッチ3

グレゴリー スケッチ3

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズタテ14cmxヨコ38cmxマチ7cm
素材表地: 外装100%ナイロン/内装100%ナイロン

グレゴリーのウエストバッグ・スケッチ3は、シンプルなスリムデザインで、外出中に必要最低限の小物だけを持って出かけたい場合などに役に立つレビュー評価の高い人気ウエストバッグです。

グレゴリーのウエストバッグ「スケッチ3」の特徴①

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B07MJ2SSSF?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

ストラップの長さは変えられますので、体型に合わせてちょうど良い長さにして使うことができます。Wジッパーを採用していますので、メイン開口部へのアクセスも簡単ですスムーズに荷物を取り出すことができるポーチです。

グレゴリーのウエストバッグ「スケッチ3」の特徴②

色は2種類揃っていますので、お好みの色より選んで使うことが出来ます。正面にはグレゴリーのロゴも付いていておしゃれです。

大きさも形も丁度良くてかっこいいというレビューや、体と接するところがメッシュ素材で快適に身に付けられるというレビューもある人気の高いウエストバッグになります。

グレゴリーウエストバッグ比較表

スクロールできます

商品
商品名グレゴリー ハードテールグレゴリー テールランナーグレゴリー テールブリーズグレゴリー テールメイトSグレゴリー アセンドテールメイトグレゴリー ティーニーテールメイトグレゴリー スケッチ3
サイズタテ14.5cmxヨコ37cmxマチ7cm約W39xH12.5xD8cm,タテ12cmxヨコ27cmxマチ7cmタテ16cmxヨコ39cmxマチ12cmタテ16.5cmxヨコ39cmxマチ12cm24.5×10.5×7.5cmタテ14cmxヨコ38cmxマチ7cm
素材表地: 外装100%ナイロン/内装100%ナイロン表地/100%ポリエステル表地: 外装100%ナイロン/内装100%ナイロン表地: 210Dヘビーツイルナイロン テフロンコーティング外装100%ナイロン/内装100%ナイロン表地: 外装100%ナイロン/内装100%ナイロン
商品リンク
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る
Amazonで見る

上記は、本記事で紹介してきたグレゴリーのおすすめなウエストバッグを一覧にしている比較表です。それぞれのおすすめウエストバッグの外観を比較できるだけでなく、商品名や価格に関しても簡単にチェックできます。

縦や横のサイズ、奥行きなどをチェックすることができたり、表側や裏側に使われている素材に関しても確認できる表となっていますので、グレゴリーのウエストバッグに少しでも興味を持っている方は是非こちらの表もご参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?アメリカの人気バックパックブランド・グレゴリーには、ちょっとしたら荷物運びに役立つおしゃれで機能性の高いウエストバッグがたくさんあります。

コーディネートのワンポイントアイテムとしても活躍してくれるバッグばかりなので、気になるウエストバッグがありましたら使ってみてくださいね。
 

ウエストバッグについて気になる方はこちらもチェック!

以下は、ツーリングで役立つバイク用ウエストバッグや選び方についてを解説している記事、メンズ用のおしゃれで機能性の高いスノーボードウェアを紹介していたり、コーデの仕方についても解説している記事、XS・S・Mなどの大きさがあるパタゴニア製ウェアのサイズ感を解説している記事です。

Movie動画記事

【毎日キャンプ生活1ヶ月】ワークマンのテントから始まりジムニーでキャンプ場デビュー!

キャンプど初心者が1ヶ月間毎日、何かしらのキャンプ行為をした全記録をまとめました!1日目にワークマンのテントを手に入れてから、31日目にジムニーでキャンプ場に行くまで何があったかを全部記録しましたので...

【堤防SLS】奇跡の夕マズメでヒラマサ炸裂!【島日記12】

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ここのところ黒潮と水温上昇ですこーしカンパチの数が減ってきました。磯も場所を間違えるとご覧の有り様・・・笑 困ったときはやっぱりSLSですね!! ★ロックショア実釣動画...

年に一度しか行かない危険な地磯へ・・・【島日記11】

製品貸与:グローブライド株式会社 撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 今回は近況報告と本当は行きたく無い、しんどいランキング1位の磯へ調査へ行ってきました!最近の地磯は特定のポイントを除いて、ベイトに釣果が...

【初心者用】キャンプで使う三大ロープワーク・結び方3つが使えすぎて感動した…

キャンパーに必要なスキルの一つが「ロープワーク」!数々の方法がありますが、今回は「3大ロープワーク」を、人気書籍を参考にして学びました! もやい結び・自在結び・テグス結びは本当に使える結び方だと感じま...

初めてキャンプ場へ行った初心者、ガチで初心者丸出しすぎたwww【毎日キャンプ生活30-31日目】

今回のキャンプのテーマは「ギア不足の初心者でもキャンプ場をちゃんと楽しめるのか?」。大人気のキャンプ場「能登島家族旅行村 Weランド」に行ってきましたが、色々スタッフの方に初心者丸出しでお聞きしつつ、...