Twitter
Facebook
LINE

DIY初心者でも簡単!オンリーワンのダイニングテーブルの作り方を伝授!注意点も!

ゆー

DIY初心者でも簡単!オンリーワンのダイニングテーブルの作り方を伝授!注意点も!

ゆー

お部屋のダイニングテーブルは、お店で購入すると価格もある程度します。でも、DIYで作ってしまえば価格を抑えることもできますし、家族の人数、インテリアに合ったデザインで作れます。サイズの大きいダイニングテーブルを、おしゃれにDIYしてみませんか。

ダイニングテーブルをDIY

ダイニングテーブルは、家族が団らんしながら楽しく食事をする場所として必要なもの。そんなダイニングテーブルを自分でDIYする人も多いです。家具屋や通販サイトで購入すると価格もかかりますが、DIYなら安く作ることも可能。お部屋に合った素敵なダイニングテーブルを、自分の手で作っていきましょう!

DIYでダイニングテーブルが作れる

Photo by yoshimov

ダイニングテーブルをDIYで作るなんてできないんじゃないか、と考える人もいるかもしれません。DIYに挑戦したことがない方は特に、難しくてできないだろうと考えてしまう人も多いでしょう。

でも実はDIYでも食卓のテーブルは作れるもの。どんな家具だってそうです。棚もタンスも、ベッドもDIYで作ることはできます。最近はDIYが流行っていることもあって作り方もさまざまな場所でアップされており、初心者でも作成可能!ぜひ素敵なテーブルを作っていきましょう。

ダイニングテーブルをDIYする場合の注意点

ダイニングテーブルを作り始める前に、DIYする際の注意点をお伝えしていきます。ダイニングテーブルは、食卓で毎日使うもの。その作り方を適当にしてしまうと、作った後に後悔してしまうことが考えられます。

せっかく予算内に抑えても、失敗してしまったら元も子もありません。ここではDIYでダイニングテーブルを作る際の注意点を挙げていきますので、作り方を見る前にこちらは必ずチェックするようにしてください。

注意点1:サイズやインテリアのテイストを決める

ダイニングテーブル以外でもそうなのですが、必要なダイニングテーブルのサイズやインテリアのテイストをまず考えていく時間を取りましょう。何も考えず、予算以内に抑えるために適当に考えてしまうと、後で後悔することも考えられます。

家族の人数が座れる大きさのもの。そしてお部屋のインテリアに合うようなデザイン…デザインとまでは行かなくとも、カラーを決めるなどなんとなくのイメージをしてから設計図を書いていくようにするといいでしょう。

注意点2:設計図を書く

なんとなくのイメージができたら、実際にそれをもとに設計図を書いていきましょう。大体で作ってしまうのが一番の失敗のもとにつながります。特に初心者の方はこの工程は必ず行うようにしてください。

また、設計図を書いておけばホームセンターに材料を購入しに行く際にそのままの寸法を伝えてカットサービスにお願いすることもできます。自分の作業の手間を省くためにも、この作業は行うようにしてください。

注意点3:やすり掛けやワックス・オイルがけを丁寧に



実際に作り始めた後の注意点ですが、やすり掛けを丁寧に行うことが大切です。やすり掛けが中途半端だとケガをしてしまったりすることもありますし、ワックスがけもやりにくくなります。

やすりは目の粗いものから細かいものに変えてやすりをかけていきましょう。また、木目に沿ってかけるようにします。また、ワックスがけも仕上がりにかかわってくるので、やすりと同じく木目に沿って塗っていくことできれいに仕上げていきましょう。

注意点4:がたつきのないようにしっかり採寸

ダイニングテーブルは机です。四つの脚で天板を支える形になっているので、一本でも脚の長さが合わないとテーブルにがたつきがでます。ですからカットする場合はしっかり採寸して切るようにしてください。

もしカットがうまくできなさそうだと感じる方は、ホームセンターのカットサービスを利用すると安心です。作り方は簡単ではありますが、細かいところを注意して、楽しい食卓を囲めるようなテーブルを作ってください。

POINTダイニングテーブルをDIYする際の注意点

  • サイズやテイストを考えてから作る
  • 設計図を書く
  • やすり掛けやワックスがけを丁寧に行う
  • がたつきの出ないように仕上げる

ダイニングテーブルのDIY方法5選

ではさっそく、ダイニングテーブルのDIY術をご紹介していきます。ダイニングテーブルといっても、作り方はさまざまです。材料に木材だけを使った作り方から、脚にアイアンを使った作り方、デザインも異なっています。自分の作りたいイメージに合ったものを参考に、ダイニングテーブルを実際にDIYしていきましょう!

①SPF材ダイニングテーブル

始めにご紹介するのは、材料にSPF材を使ったダイニングテーブルの作り方です。脚はアイアンでできたものなので、長さはきっちり同じサイズで作ることができます。SPF材を使っているので安く作れますしきっちり作っていけば意外と簡単にDIYできるので、6人サイズの大きいダイニングテーブルを作りたい方は参考にしてみてください。

6人掛けサイズのダイニングテーブル

使っている材料ですが、ツーバイ材とアイアンの脚を使って作っています。ツーバイ材は数枚並べて固定することで大きな天板が作れるので、座る人数に合わせて調節していくといいでしょう。

今回はすべて動画で作り方をご紹介していきますので、手順もしっかり確認しながら作っていただけます。DIY方法が確認できたら、図面を起こしてさっそく自作してみてください。

ダイニングテーブルのDIY方法

ツーバイ材を並べて天板を作っていくのですが、繋ぎ合わせるのに使っているのが木ダボです。木材に穴を開け、木ダボで繋いでいくのですが穴あけがずれないように寸法をきっちり測って作業していきましょう。

天板ができたら、次の手順はワックスがけです。ワトコオイルを塗りこみ、乾かしていきます。天板裏を補強し、脚を付けたら完成です。脚をつける場合は端から少し内側になるように固定してください。

②一枚板ダイニングテーブル

次のダイニングテーブルは、無垢の一枚板を使ったDIY。無垢の一枚板のダイニングテーブルは、お店で買うとなるとかなり価格がかかります。予算もそんなにかけられないけど、一枚板のおしゃれなダイニングテーブルが欲しいと考える方もいるでしょう。そんな方は一枚板を自分で購入してダイニングテーブルを作ってみてはいかがでしょうか。

一枚板のおしゃれなダイニングテーブルを手作りするアイデア

使っている材料は、安く手に入れたという一枚板と既製品の脚。一枚板の価格は2万円だったようです。この作り方だと、先ほどのSPF材を使って作ったように天板を作るという手順が必要なくなります。

一枚板のおしゃれなダイニングテーブルは、見た目もおしゃれですし毎日使っていって味が出るのも楽しみになりますね。実際に作ってみると簡単に作れるので、ぜひおしゃれな一枚板のダイニングテーブルを作ってみてください。

おしゃれなダイニングテーブルのDIY方法

始めの手順は、やすり掛けからです。目の粗いものからやすり掛けし、次に細かい目で仕上げていきます。もともと材料の板に蝋が塗ってあったため、この方はカンナを使って削り取っています。

チューダーオーク、ニスを塗り、乾かしていきましょう。テーブルの脚はすでに作られているので板に取り付けるだけで簡単に完成します。一枚板の木目がしっかり見える、素敵なダイニングテーブルです。

③パイン材ダイニングテーブル

次にご紹介するのは、パイン材を使ったダイニングテーブルの自作アイデアです。DIYでもよく使われる材料を使って作っていくのですが、これもSPF材を使ったような天板から作るという工程がないので簡単に作れます。パイン材は自分でカットしてもいいですが、ホームセンターのカットサービスを利用するのもおすすめです。

パイン材を使ったダイニングテーブルを手作り!

使っている材料は、パイン材とアイアン脚、ワトコオイル、ワトコワックス、鬼目ナット、ビットです。価格は24000円程度で作れたそうなので、やはりDIYなので安く仕上がります。

既製品の脚を使うので、図面を描く場合も天板のサイズをしっかり把握できるようにしておくだけでもいいでしょう。もちろん脚を取り付ける場所は図面に記載しておいてください。ではさっそく、作り方を見ていきましょう。

ダイニングテーブルのDIY方法

ダイニングテーブルを作る手順ですが、二つ目の一枚板の作り方と同じです。ただ、実例の方はサンダーがないので手で作業しています。かんな、やすりを使って削っていますが、やはりサンダーがあると便利です。

サンダーで削ったらオイル、ワックスを塗り、乾いたら脚をつけて完成です。手順は大体が同じですし、作り方自体は簡単。やすり掛けやワックスの塗りを丁寧に仕上げてください。

④木材だけで作るローテーブル

次にご紹介するのは木材だけで作るローテーブルです。ダイニングテーブルに低めのローテーブルが欲しいと考える方もいるでしょう。また、脚をアイアンで作るのではなく木材で安く仕上げたいという方もいますので、そんな方におすすめなDIY方法です。とはいえ脚部分にはアイアンペイントを塗っているので見た目はアイアン脚のテーブルに見えます。

おしゃれなローテーブルを手作りで

使っている材料は、杉の無垢ボードとツーバイフォー材です。価格は何と5000円でDIYできるんだそう。このローテーブルは小さめのサイズなので、もし大きなサイズで作りたい方はもう少し価格が上がりますが、1万円弱でつくれるのではないでしょうか。手軽に安く、しかもおしゃれなローテーブルが作りたい方はぜひこのアイデアで作ってみてください。

ローテーブルのDIY方法

まずはやすり掛け、オイルを塗っていきましょう。この作り方では既製品の脚を使っているわけではないので、脚の部分もやすり掛けとオイルを塗っていきます。アイアンペイントを塗ればアイアンな仕上がりに。

ローテーブルで作っていますが、同じように背の高いダイニングテーブルを作ることもできます。ちなみに次のDIYアイデアは木材だけで作る背の高いダイニングテーブル。木材だけで作りたい方は次のアイデアも参考にしてください。

⑤ダイニングテーブルとベンチ

最後にご紹介するのは、木材だけで作るダイニングテーブルと、ベンチ。ダイニングテーブルを作るということは、椅子も必要です。椅子は通販などで購入する方もいますが、ベンチを作れば雰囲気のあった食卓が作れます。また、価格も抑えられるので木材ですべて作りたいという方、価格を抑えて椅子もそろえたい方は参考にしてください。

ダイニングテーブルだけじゃない!ベンチもDIYで作る

使っているのは杉材とツーバイフォー材です。価格はなんと、ダイニングテーブルとベンチを合わせて12000円で仕上がったそう。価格もかなりやすく4人掛け程度のテーブルとベンチが作れるので、価格を抑えて作りたい方におすすめです。

実例の方はワトコオイルでナチュラル感のあるテーブルに仕上げていますが、ローテーブルのように脚だけアイアンペイントで仕上げてもいいでしょう。

ダイニングテーブルとベンチのDIY方法

動画ではやすり掛けの工程が省略されていますが、やすり掛けは必ず行ってください。脚を組み立ててから天板を作成。天板は①の作り方に合ったように、木材を木ダボで繋ぎ合わせて天板を作ります。天板はずれのないよう、しっかり測りながら穴を開けてください。天板ができたら脚と固定してダイニングテーブルが完成します。

ダイニングテーブルのDIY実例アイデア

ダイニングテーブルのDIY方法をご紹介してきましたが、最後に実例のアイデアを少しだけご紹介します。実際に作る場合も、作り方だけを見て作るだけでなく実例を見ることで、色合い、仕上がりを具体的にイメージできるもの。

せっかくですから、いいなと思えるようなものがDIYできたらいいですね。作り方も、5種類ご紹介してきましたので、自分で組み合わせて作るのもOK。自由に設計して作ってください。

ベンチとダイニングテーブルをDIYした実例

こちらはダイニングテーブルだけでなくベンチをDIYした実例です。ベンチは作り方に合ったものとは違い、背もたれがついています。また、木材ではなくアイアン素材を使って作成。

実例の写真をスライドさせると分かりますが、組み立てただけの仕上がりは味気なく感じますが、オイルを塗って仕上げるととてもおしゃれに変わっています。オイルやワックスの違いで、雰囲気の異なる家具が作れるので、SNSを参考にしてみてください。

木の色を活かした仕上がりにDIY

こちらは木の色を活かしたダイニングテーブルをDIY。周りのインテリアも自然素材を使ったものが多く、一体感の感じられるインテリアに仕上がっています。

もちろんDIYは設計図から実際に作るまで時間がかかるもの。でも一つ一つ自分で行うからこそ、作ったものへの愛着が湧いてきます。また、DIYは楽しいものでもありますので、ぜひDIYでダイニングテーブルを作ってみてください。

リメイクシートで仕上げるDIY方法も

ダイニングテーブルにはワックスやオイルを使っていますが、それ以外にもDIYに使える材料があります。それがリメイクシート。100均でも手軽に手に入るリメイクシートは、はさみでカットして家具に貼り付けられます。

大理石柄、木目柄、タイル柄などさまざまなデザインがあるのでお家のインテリアに合ったものを貼り付けるといいでしょう。手軽に貼れるので、リメイクシートで仕上げるのもおすすめです。

 

まとめ

今回はダイニングテーブルのDIY方法と実例をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。難しそうだと感じられるダイニングテーブルでしたが、思ったよりも簡単に作れるというのが分かりました。

DIYで作るのは時間がかかりますが、安く作れるというメリット以外にも、こだわりを持って作れることや、作った後に愛着が持てるということがあります。ぜひDIYでダイニングテーブルを作ってみてください。

 

テーブルDIYが気になる方はこちらもチェック!

テーブルのDIY方法については、他にも鉄脚のダイニングテーブル、カウンターテーブル、サイドテーブルのDIYがあります。今回の記事以外にも気になる記事がある方は、こちらも合わせて読んでみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【刺繡】桜の木の刺し方!3つのステップに分けて解説します♪

今回は「桜の木の刺繡」をご紹介しました!チェーンステッチ・デイジーレイジーステッチ・フレンチノットステッチの3つのステッチを使って刺していますので、参考にしてやってみて下さい♪ 初心者が覚えるべき基...

ロックショア初心者タックルの選び方を徹底解説!!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

縫わない!編まない!世界一簡単!毛糸のシュシュ作り方を実演解説♪

今回は「世界一簡単で材料も超少ない毛糸のシュシュの作り方」を実演解説しました♪なんと、材料は毛糸とゴムとストロー、使う道具ははさみだけ! お子様でも簡単に作れます。 毛糸はモコモコのタイプのものがオス...

【初心者向け刺繡】さくらんぼの刺し方を解説!サテンとストレートだけでさせます♪

今回は「さくらんぼの刺し方」をご紹介しました!とても小さいモチーフですので、あっという間に刺せます。ステッチも2つだけなので簡単です♪ 初心者の方もぜひ刺してみて下さい! 初心者が覚えるべき基本ステ...

【刺繡初心者向け】トレーシングペーパーについて解説!おすすめの厚さは?ハトロン紙とは違う?使い方は?

今回は「トレーシングペーパーについて」ご紹介しました!トレーシングペーパーで検索すると主にハトロン紙か、製図用のトレーシングペーパーが表示されます。手芸用に特化していなくても使用は可能です。 図案など...