検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

キャンプ用温度計のおすすめ12選!室内・室外の気温差に合った服装&装備で臨もう!

キャンプの快適度を上げてくれるアイテムとして注目を集めている温度計。簡単な使い方で取り入れられる温度計があれば、冬も夏も快適にキャンプを楽しめます。本記事では、キャンプにおすすめしたい温度計を集めました。室内・室外共に使える温度計を役立てましょう。
2021年3月11日
kon_w

目次

キャンプには温度計があると便利!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

キャンプにはいろいろなギアが必要になりますが、持っていると重宝するのが温度計です。室内・室外両方で使える温度計があれば、キャンプだけでなく日常生活でも役立つのが嬉しいポイント。便利な温度計を手に入れて、さまざまなシーンで活用しませんか?

お気に入りの温度計を見つけてキャンプへ行こう


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

本記事では、キャンプにおすすめしたい温度計の最新情報をご紹介します。機能性が高いだけでなく、おしゃれで使い勝手のよい温度計ばかりを集めたので、ぜひ快適なキャンプを楽しむために取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、キャンプのために温度計を選ぶ際に、チェックしておきたい選び方についても解説します。自分にぴったりな温度計を見つけるためのヒントを得るために、ぜひ参考にしてみてください。

なぜキャンプ用温度計が必要?

そもそも、どうしてキャンプに温度計が必要なのでしょうか。温度計を取り入れるメリットについて知ることで、その必要性が見えてきます。まずは、温度計が必要な理由についてチェックしていきましょう。

最適な服装や装備が決めやすくなる


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

室外で行うキャンプは、天気や季節によって必要な服装や装備が変わります。例えば、冬や夏のキャンプでは想像以上に寒かった、暑かった、と思うことがありますよね。そんな時に自分が寒い・暑いと感じた気温を温度計で調べておけば、次回の服装や装備を決めやすくなります。

前回のキャンプで記録しておいた気温を元に天気予報をチェックし、「このくらいの気温なら、防寒対策をしっかりできる服装・装備がよい」などとスムーズに選べるでしょう。

乾燥や結露を防げる

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

キャンプに用いられる温度計は、湿度も測れるものがほとんどです。湿度を測るのも、キャンプにおいては重要なポイント。テント内の湿度が低過ぎると、乾燥によって喉を痛めやすくなります

また、湿度が高過ぎるとテント内で結露が起こる可能性が高いです。温度計があれば、湿度の低過ぎ・高過ぎを防げます。温度と共に湿度も管理して、快適なキャンプを楽しみましょう。


おすすめ!キャンプ用温度計12選

夜明けのキャンプサイト
Photo by6091236

キャンプに使える温度計はバリエーション豊か。数ある中でも、特におすすめしたい最新の人気温度計を紹介します。おしゃれな人気商品をチェックして、最新の技術をキャンプに役立てていきましょう。

おすすめ①:Neoteck 温度計

センサーコードがついており、テントの外側と内側の気温を同時に測れる便利な商品です。コードをつなげるだけの簡単な使い方なので、初めて温度計をキャンプに取り入れる方でも安心。すぐにキャンプに役立てられます。

背面にはスタンドがついているため、テント内に簡単に立てられるのも嬉しいポイント。背面に空いたホールに引っ掛けて、壁掛けのようにもできます。好みの置き方ができる温度計を求めている時にぴったりです。

大型LCDディスプレイで読み取りやすい

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

大型のLCDディスプレイを採用することで、遠くからでも表示を読み取りやすいのも特徴です。小さいディスプレイだと数字が読みづらい、という方も気軽に活用できます。

キャンプ中の最大・最小温度を切り替え表示できるため、どのような環境で過ごしていたのか把握しやすいのも魅力。時計表示もあるので、うっかりキャンプ用の時計を忘れた時に重宝します。

おすすめ②:ドリテック温湿度計

キャンプに持って行きやすい、ミニサイズの温度計です。バックパックに取り付けられるベルトがついているので、荷物を大きくしたくない場合に最適。常にバックパックにつけておけば、キャンプに行く際に温度計を忘れてしまうのを防げます。

警告モードボタンを使うことで、熱中症や風邪のリスクが高まった時に知らせてくれるのも特徴です。警告アラームが鳴ったら、湿度や温度の調整をして、快適な状態を保てるように意識してみてください。

耐久性の高いセンサーで高温・低温度域でも安心

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

精度と耐久性の高いセンサーがついているので、高温や底温度域でキャンプをする場合も正確な温度・湿度を計測できます。防滴機能を搭載し、突然の雨に濡れても大丈夫です。

また、バックライトがついているため、夜間に表示を見たい場合に役立つでしょう。キャンプで使うための機能がしっかり揃った温度計と言えます。

おすすめ③:ラドウェザー 温度計

バックパックに簡単に取り付けられる、カラビナ付きの温度計です。スカイブルーやオレンジ、グリーンなど8色のおしゃれなカラーラインナップ。最新の機能性だけでなく、おしゃれな見た目にこだわりたい方からも人気を集めています。

気温と湿度を測ると共に、現在の状態を多湿・快適・乾燥の3段階で表示。どのような状態でキャンプをしているのか、すぐにわかるのが特徴です。多湿や乾燥の表示が出ていたら、湿度や気温の調整をして快適な状態に戻せます。

天気を予測する機能付き

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

気圧の変化を測定することにより、今後の天気を予測できるのも大きな特徴です。晴れや晴れ時々曇り、曇り、雨といったように、細かな天気について把握できます。

天気がわかっていれば翌日のキャンプの計画も立てやすいので、ぜひ役立ててみてください。この他に高度や気圧の測定も行えるため、キャンプだけでなく登山に持って行くのもおすすめです。

おすすめ④:タニタ 温度計 TT-558

オレンジやグレーなどのカラーの他に、ミッキーやキティちゃんといったキャラクターデザインがあるのが特徴です。おしゃれな見た目の温度計が欲しい時にぴったり。キャンプ中の気分を上げてくれます。

持ち運びやすい軽量タイプなのも嬉しいポイント。わかりやすいデジタル表示で、どんな人でもすぐにその時の温度や湿度を把握できます。マグネットと壁掛け、置きの3種類の設置方法を選べるので、キャンプシーンに合わせて決めましょう。

カレンダーや時計もついている

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

温度や湿度を測るのはもちろんのこと、カレンダーや時計もついているので現在の日時を把握できます。キャンプで連泊をしていると、ついつい時間を忘れてしまいがちですが、この温度計があれば安心です。また最低・最高温湿度を記録できるため、今後のキャンプで服装や装備を決める時に役立ちます。

おすすめ⑤:タニタ 温度計 TT-580

24時間の温湿度の推移がすぐにわかるグラフ付きの温度計です。キャンプ中に温度や湿度がどのように変化したのか、明確になるのが人気の理由。記録を取っておけば、自分が快適だと感じる温度や湿度も把握できます。

自分では気づいていなくても、温度は湿度は意外と大きく変化しているもの。キャンプ中のちょっとした変化も見逃したくない、という場合に重宝します。当日だけでなく、1週間分の温度・湿度の変化を記録できるメモリーが搭載しているのも特徴です。

最適な快適範囲を設定可能

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

メモリーに記録した温度・湿度から、自分に最適な快適範囲を設定することが可能です。キャンプ前に快適範囲を設定しておけば、現在の状態が自分に合った環境なのかすぐに把握できます。常に快適にキャンプを楽しみたい時の強い味方になるでしょう。

おすすめ⑥:ThermoPro 温度計

簡単な使い方で取り入れやすい、デジタル温度計です。画面をタッチするだけでオレンジ色に光るバックライトが付き、暗闇の中でも使用できます。手のひらサイズで持ち運びしやすいのに加え、大きな画面で表示を見やすいのも特徴です。

画面表示では、乾燥、快適、不快の3段階で現在の状況も知らせてくれます。気づかないうちに乾燥し過ぎていたり、湿度が高過ぎていたり、といった事態を防げるでしょう。

温度や湿度記録のリセット方法を選べる

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

現在の気温・湿度だけでなく、これまでの最低・最高の湿度・温度も同時に表示されるため、キャンプ中の環境の変化をすぐに把握することが可能です。

最高・最低のデータは24時間で自動リセットするか、手動でリセットするまで全ての期間の記録を残すか選択できます。好みに合わせて選び、キャンプ中の環境を把握できるようにしましょう。

おすすめ⑦:ORIA デジタル温湿度計

ORIA デジタル温湿度計 付き置き掛け

出典:Amazon

こちらのキャンプに適した温度計は、外気温を測ることができます。画面は見やすく設計されており、暗闇の中でも見やすく成っているのがポイント。

現在の室温と湿度が見やすく表示され、最高の温度、最低の温度と湿度を覚える機能や温度湿度のトレンドの指示、快适度の指示を行う機能が搭載されている温度計となっています。

いろんな場所に設置可能

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらの温度計は、過去の期間や過去24時間のMAX、MIN記録がチェックできます。また、ローバッテリーアイコンを表示でき、華氏・摂氏も自由に変換可能。

子機はハンガーホールに吊るすことができ、水平面に立たせることもできます。XP3級耐水に対応しているほか、室内温度湿度計は卓上スタンド・マグネット・壁掛け用フック穴が付いているので、自宅のさまざまな場所に設置可能です。

おすすめ⑧:AMIR 温度計

AMIR 置き掛け両用タイプ マグネット付

出典:楽天

こちらのキャンプに適した温度計は冷蔵庫や冷凍庫、または屋外で使用できます。ディスプレイ付きの本体と、センサーの2つで構成されているセットで、センサーを屋外に設置して、本体を部屋に設置するだけ。

ディスプレイに室内温度や屋外温度をまとめて表示してくれます。一度に確認できるので、室内ではエアコンを使う時などに大活躍すること間違いなしです。

見やすい大型ディスプレイ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

大型デジタル液晶画面を搭載している温度計で、最低温度と最高温度を記録し、過去の温度測定値を見ることが可能。

また、コンパクトでシンプルなデザインを採用しているほか、卓上スタンドやマグネット、壁掛け用フック穴が付いているので、自宅のさまざまな場所に設置できます。気になるという方は、ぜひこの機会に購入してみてください。

おすすめ⑨:Vocaluka デジタル湿度計

温湿度計 室内 室外 デジタル ワイヤレス

出典:Amazon

こちらは、測定値を30秒ごとに自動的に更新する温度計です。より広い通気エリア、より高い精度のデータを測定可能となります。

場所を選ばず設置できるデザインなので、ぜひさまざまなシチュエーションで利用してみてください。また、バックライトボタンを押すと、画面が明るくなります。暗闇の中で確認することが可能です。

天気予報機能が使える

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのキャンプに適した温度計は、天気予報機能を搭載しています。室内外での温湿度測定し、データを整理したあと、異なる5種類のアイコンで天気変化を表示します。

1時間ごとに測定するだけでなく、24時間以内の最高最低温湿度を記録するほか、表示可能です。気になるという方は、ぜひこの機会に購入してみてください。

おすすめ⑩:シンワ測定 デジタル温度計

コストパフォーマンスに優れている温度計を探しているという方には、こちらの製品がおすすめです。3000円以下で購入できる温度計ですが、キャンプで活躍するシンプル設計となります。

見やすい大型ディスプレイを搭載することで、離れた場所からでも確認しやすく成っているのがポイント。気になるという方は、ぜひこの機会に購入してみてください。

シンプルなスタイリッシュ設計

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのキャンプに適した温度計は、スタイリッシュな形状を採用。スタイリッシュな外観のフラットサーフェスモデルで、見栄えにこだわりたい空間の温度管理に最適です。

防水仕様の外部センサーを搭載しているので、雨の日でも問題なく利用できます。重量は約174gほどと軽量で、持ち運びやすく成っているのもポイントです。

おすすめ⑪:ORIA 温度計

子機と親機をワイヤレスでつなげられる最新温度計です。子機を外に置いておけば、テント内外の温度・湿度を同時に表示することが可能。テントの外はどのような状態になっているのか、外に出なくても把握できます。

シンプルな設計なので簡単な使い方で取り入れられるのが、嬉しいポイント。難しい操作に煩わされたくないという方にもおすすめです。

大型画面&バックライト付き

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

大型画面に数字が大きく表示されるので、遠くからでも気温や湿度を把握できます。バックライト付きで、暗いテント内でも重宝するでしょう。比較的リーズナブルな価格なので、コスパのよい温度計を求めている場合にぴったりです。

おすすめ⑫:SwitchBot 温度計

スマホと連動することにより、過去28日間の温度・湿度を記録できるのが特徴です。スマホ内に、今までのキャンプの環境記録を取っておきたい場合に最適。アプリをインストールしたら、3ステップで簡単に設定が完了します。

本体はLED画面になっており、現在の湿度や温度をはっきりと表示。温度や湿度が下がり過ぎたり上がり過ぎたりしたときは、アプリを通してアラームが鳴ります。最新技術を用いて、快適な環境を保てる便利な温度計です。

精度の高いスイス製温湿度センサー

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

スイス製温湿度センサーを搭載することにより、高い精度を実現。どのような状況下でも、正確な数値を測定できます。最新技術が用いられているだけでなく、しっかりとした正確性を備えたデジタル温度計が欲しい時に取り入れてみてはいかがでしょうか。

キャンプ用温度計を選ぶコツ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

いろいろな商品を見ていると、どれが自分に最適なものなのかわからなくなる時もあるでしょう。そんな時にチェックしておきたい、選び方について紹介します。選び方のポイントを学んで、お気に入りの商品を見つけてみてください。

選び方①:最高・最低温度を記録できる

雪の中のテント
Photo byTJENA

自分がどのような環境でキャンプをしているか知るためには、最低・最高の温度・湿度を記録できる温度計であることが大切です。キャンプ後に記録を振り返れば、次のキャンプに向けて装備や服装を決めるヒントになります。

選び方②:テントの外と中を測れる

テントの中にいる人
Photo byStockSnap

冬のキャンプでは、テントの外側と内側の気温は大きく変わります。できれば、外側と内側の両方を測定できる温度計を取り入れましょう。あらかじめ外の気温がわかっていれば、テントから出た時に寒い思いをせずに済みます。

選び方④:薪ストーブ用とは分ける

燃える炎
フリー写真素材ぱくたそ

キャンプ用の温度計を薪ストーブ用の温度計として使用することはできません。薪ストーブは200℃~300℃くらいの温度を測定できることが必須条件ですが、キャンプ用の温度計は70〜80℃くらいが限界。キャンプ用と薪ストーブ用は分けて考えた方がよいです。

温度計を活用してキャンプを楽しもう!

星空の下でテントをする人たち
Photo byNoel_Bauza

気温や湿度を把握することは、快適なキャンプを楽しむために欠かせないことです。今までの気温や湿度をしっかりと記録しておくことで、天気や季節に合わせた服装・装備を決められるようになります。

自分のキャンプにはどのような機能が必要なのか考えて、ぴったりの商品を取り入れて行きましょう。おしゃれな見た目の温度計なら、写真映えもするので気分が上がります。今回ご紹介したおすすめ商品の中から、ぜひお気に入りを選んでみてください。

便利なキャンプギアが気になる方はこちらもチェック!

キャンプでは、温度計以外にも役立つギアがいろいろあります。関連記事もチェックして、快適にキャンプを楽しむための道具を手に入れましょう。