検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【短距離用】おすすめのランニングシューズTOP12!自分の動きにあった物を選ぼう!

初心者向きの短距離ランニングシューズは、メーカーによってデザインや性能の違いなどさまざま。自分の動きに合ったシューズを見つけるために、短距離ランニングシューズのおすすめランキングや選び方のポイント、さらにはランニングシューズの性能を解説します。
2021年6月2日
伊藤雅文

陸上の短距離用ランニングシューズとは?

https://pixabay.com/photos/shoes-colorful-fashion-sneakers-666059/#content

ランニングシューズは、短距離では競技や準備運動、トレーニングなどで使われています。ランニング中に地面を蹴った時の反発力やシューズの軽さ、選手の足を衝撃から守る性能が、短距離ランニングシューズの特徴です。

ランニングシューズとアップシューズの選び方


https://pixabay.com/photos/sport-shoe-sport-shoe-run-nature-3340598/#content

日本で人気のランニングシューズの中から、短距離選手に合うランニングシューズの選び方を紹介します。ランニングシューズの選び方を参考に、自分に合った短距離シューズを見つけましょう。

短距離用では足の長さや幅を合わせてランニングシューズのサイズを選ぶ

https://pixabay.com/photos/run-fitness-workout-train-athlete-1499362/#content

ランニングシューズは、足の長さと足の幅によってサイズが決められます。初心者が短距離シューズの選び方に困った時には、まず専門店でご自身の足の長さや幅を計測してもらいましょう。


適切な重さのランニングシューズやアップシューズを選ぶ

https://pixabay.com/photos/dumbbells-training-fitness-gym-2465478/#content

短距離ランニングシューズの選び方として、シューズの重さを重視する人もいます。初心者は350グラム程度、中級者は250グラム程度、上級者は200グラム以下と、短距離ではレベルに適した重さの違いが、ランニングシューズの選び方の基準です。

好きなメーカーから短距離用のランニングシューズを選ぶ

https://pixabay.com/photos/shoes-sport-feet-foot-346986/#content


自分好みのデザインや色味の違いや価格の違いなど、短距離選手のランニングシューズは選び方に悩みます。そのため、短距離ランニングシューズの選び方は、慣れ親しんだスポーツメーカーから選ぶのがおすすめです。

短距離向きのランニングシューズは試しに履いて確認する

https://pixabay.com/photos/shoe-sport-run-sports-shoes-2660196/#content

短距離ランニングシューズは、足のフィット感にクッション性の確認が必要なため、選び方として重要です。現在はネットで気軽に購入ができますが、フィットするシューズを購入するためにも、実際にお店で履いて試しましょう。

短距離おすすめランニングシューズTOP12

https://pixabay.com/photos/shoes-blue-sports-running-orange-2847466/#content

ナイキやアディダスのランニングシューズは日本で大人気です。そのため、メーカーによっては独自の性能や陸上のアップシューズに最適なものもあります。短距離選手がランニングシューズ選びに困らないように、ランキング形式で紹介します。

12位 ニューバランス フューエルセルレベルM

ニューバランス フューエルセルレベルM

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
靴幅D
ソール素材ゴム
アッパー素材合成繊維
カラーHABANERO
サイズ25.0cm〜29.0cm

フューエルセルレベルMは、前に進む力を高めるためにメッシュ素材を取り入れ軽量化されました。そのため、アップシューズ本体はムレもなく陸上選手が準備運動をしたり、足に負担をかけることなく快適にトレーニングに励むことができるんです。

デザインは、ニューバランスらしいツートンのおしゃれなカラーで、陸上選手の足元を彩ます。

11位 アディダス アディゼロジャパン6

アディダス アディゼロジャパン6

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
メイン素材合皮
ヒールの高さ2.5cm
留め具の種類レースアップ
ソールの厚さ1.5cm

アディダスのアディゼロジャパン6は、陸上選手がいい状態で走るためメッシュの軽い素材を使い、地面をしっかりと掴むグリップ性能に定評があります。また、場所に限らずトレーニングが可能な「Boost性能」は、陸上のアップシューズとしても最適です。

アディダスのシューズを選ぶ際には、半サイズ大きめのシューズがおすすめとなります。

10位 ナイキ リアクト マイラー 2

ナイキ リアクト マイラー2

出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
品番CW7121-001
カラーブラック/スモークグレー/ホワイト
サイズ24.5cm〜30.0cm

リアクトマイラー2は、メーカー独自の「Nike React」が地面を蹴り上げる反発力を生み出し、短距離だけに限らず足に負担をかけず安定して走ることができます。さらに、常に消耗してしまう靴底には耐久性のある素材を使用しているので、アップシューズにもぴったりです。

9位 アシックス ライトレーサー

アシックス ライトレーサー

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
靴幅2E
ヒールの高さ3cm
留め金の種類レースアップ
ソールの厚さ2cm

アシックスライトレーサーは、陸上選手が求める性能を形にしたランニングシューズです。性能は、ターサーエッジと同様に地面を掴み蹴り上げる力に優れています。他にも、快適に走るための通気性能の違いや、初心者の短距離ランナーにも買いやすいリーズナブルな料金設定は、アップシューズとして好評の理由です。

8位 アディダス パルスブーストHD

パルスブースト HD

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
ソールの素材合成底
ヒールの高さ3.5cm
留め具の種類レースアップ
ソールの厚さ2cm

ランキング8位のアディダスパルスブーストHDは、短距離で重要な足の裏にしっかりと力が伝達できるように設計されています。アディダスでは、負荷を軽減するクッション性能の違い、地面を踏み込んだ時の「BOOST性能」など、短距離用のランニングシューズとしての魅力が満載です。

さらに、夏の暑い日でも快適になる通気性能は、アップシューズとしてもおすすめとなります。

7位 ニューバランス フューエルセル プロペル

ニューバランス フューエルセル プロペル

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
靴幅D
表地合繊
裏地ゴム
ヒールの高さ3cm
留め具の種類レースアップ
ソールの厚さ2cm

フューエルセルプロペルは、陸上選手の走行データをもとにランニングシューズが作られています。シューズの構造は、くるぶしから足首をしっかりと包み込む「フルレングス性能」が備わり、短距離ランナーの足を守る履き心地の違いは、ランキングでおすすめする理由の1つです。

さらに、飛んでいるようなクッション性能は、短距離初心者にも安心の1足となります。

6位 ナイキ エアズームペガサス36

ナイキ エアズームペガサス36

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
品番AQ2203-002
カラーブラック/サンダーグレー/ホワイト
サイズ26.0cm〜28.5cm

ランキング6位のエアズームペガサス36は、有名な短距離選手からの助言からスピード性能にこだわり抜かれて作られた1足です。踏み出した1歩は遠くに進むように設計され、反り上がったかかとは、場所を選ばずに短距離走の練習に向いています。

アップシューズや短距離レース、さらには長距離マラソンなど、さまざまなシーンにもおすすめです。

5位 ニューバランス ハンゾーV2

ニューバランス HANZO V2

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
靴幅D
ヒールの高さ3cm
留め具の種類レースアップ
ソールの厚さ2cm

ランキングでおすすめの「HANZO V2」は、足の指を使って地面を蹴り出せるように足を補助する「DYNARIDE性能」が備えられ、短距離ランナーはしっかりと足首が支えられ、スピードが出しやすくなります。

M.Labと共同で作られたこのランニングシューズは、アップシューズとしてはもちろん、長い距離を走る陸上選手のランニングシューとしても魅力的なシューズです。

4位 アディダス  アディゼロ RC2

アディダス  アディゼロ RC2

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
表地合繊
ヒールの高さ3.5cm
留め具の種類レースアップ
ソールの厚さ2cm

アディゼロRC2は、アップシューズや短距離走などで快適に走れるように軽量化されています。足首はしっかりと固定され、足への衝撃を吸収する「Ligtstrike性能」、反発性能や無駄を軽減させた「コンチネンタルソール」は、ランキングのおすすめポイントです。

また、フラットな靴底はアップシューズとしても優れ、足が安定して軽快に走れる履き心地は、ランニングに最適なシューズとなります。

3位 アシックス ノヴァブラスト

アシックス ノヴァブラスト

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
メイン素材合成繊維
ヒールの高さ5cm
留め具の種類レースアップ
ソールの厚さ3cm

ランキング3位のノヴァブラストは、ランニングシューズに必要な蹴り出す力を最大限に発揮する「FlytefoamBlast」を備えています。靴底は厚めに作られ、足への負担を軽減したトランポリンのような反発性能は、アップシューズとしても最適です。

風が通りやすい素材や優しい履き心地など、短距離に限らず魅力的なランキング上位にふさわしい1足となります。

2位 ナイキ ズームライバルフライ2

ナイキ ズームライバルフライ2

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
表地合繊
品番CJ0710-102
カラーホワイト/クロリンブルー/ミッドナイトネイビー
サイズ24.5cm〜30.0cm

ズームライバルフライ2は、先進的なデザイン性と少ない力でも前に進むことができるナイキ独自の「ZoomAir」が、短距離選手におすすめです。他にも、かかとで衝撃を吸収したり、走り出す際の足の安定性を高めたりと、短距離初心者が安心できる性能が備わっています。

また、個性的でスタイリッシュなナイキならではのデザイン性も、ランキング上位の理由です。

1位 アシックス ターサーエッジ

アシックス ターサーエッジ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07L332VH7/?tag=kurashino0b-22

靴幅2E
表地合繊
ソール素材または裏地ゴム, ウレタン底
ヒールの高さ3.5cm
留め具の種類レースアップ
ソールの厚さ1.5cm

ターサーエッジは、通気性を上げ軽くしたり、ランナーの重心の違いを研究して地面を掴むグリップ力を強化したりと、ターサーエッジは、ランニングシューズに必要な性能をすべて兼ね備えています。

また、短距離で足にかかる負担を軽減させるための「SpEVA機能」は、ランニングシューズのランキング1位に相応しいおすすめポイントです。

ランニングシューズの人気メーカー

hobi-industri-sbn_yH6Y5x8-unsplash.jpg

アディダスやナイキのランニングシューズは短距離ランナーに大人気です。短距離初心者がシューズ選びに悩まないために、メーカーごとの違いや特徴を参考にした選び方を考えてみましょう。

ナイキ

https://unsplash.com/photos/j1fkEwhhtdg

「ナイキ」は、足にかかる負担を抑制するため、靴底の構造が厚くなっています。自分好みのカラーを作れたりメーカー独自の反発性能など、ナイキは初心者や短距離選手におすすめできる人気のメーカーです。

POINTナイキの特徴

  • 足の負担を軽減してくれる厚底設計
  • ナイキ独自の反発性能システムを採用
  • 自分の好きなカラーのシューズが作れる

アディダス

https://unsplash.com/photos/i0-01GMx_Cw

陸上選手に人気のメーカー「アディダス」は、短距離初心者をはじめ高いレベルのランナーの特性に合わせたランニングシューズまで揃います。他にも、レディースのラインナップが豊富に揃っているのが、アディダスの人気の理由です。

POINTアディダスの特徴

  • 普段着と合うデザイン性
  • 初心者から上級者までのラインナップの多さ
  • レディースのラインナップが豊富

アシックス

https://unsplash.com/photos/LdhTorI9T-o

日本人特有の足の形に合わせたランニングシューズを、アシックスは手がけています。短距離初心者や高いレベルの陸上選手などに合わせたモデル、足の裏にかかる力を吸収するクッション性能の違いが人気の理由です。

POINTアシックスの特徴

  • 日本人特有の足の形状に合わせている
  • 足にかかる衝撃を吸収するクッション性能
  • 初心者から上級者までのシューズが揃っている

陸上の短距離用ランニングシューズに求めること

https://unsplash.com/photos/wmdcUQ0CJ4c

ランニングシューズが持つ3つの特性は、短距離で特に求められます。1つは地面を蹴る時の「反発力」、もう1つは地面を掴む「グリップ性能」、最後は初心者の足を守る「クッション性能」です。ここからは、短距離選手が求めるランニングシューズの性能ついて解説します。

短距離選手に必要な地面を蹴る時の「反発力」

https://pixabay.com/photos/running-shoes-run-sole-sneakers-2661560/#content

短距離において「反発力」は、前に進むために重要な性能です。陸上では、トラックやアスファルトなど、走る場所によってコンディションに違いがあるため、ランニングシューズはしっかりと反発力が求められます。

地面に吸い付くような「グリップ性能」

https://pixabay.com/photos/feet-footwear-shoes-sport-shoes-965688/#content

短距離で求められる「グリップ性能」は、地面を掴んで蹴り出す力のことです。この力は、1歩1歩の蹴る力によってスピードが上がるため、短距離用のランニングシューズを購入する時には、注目するべきポイントになります。

足に負荷がかからないための「クッション性」

https://pixabay.com/photos/sports-shoes-running-shoes-sneakers-115149/#content

短距離やランニングにおいて、地面に脚が着地する時には体重の何倍もの衝撃が脚にかかります。そのため、短距離選手が求めるランニングシューズには足の疲労感を防いでくれる「クッション性」が必要です。

足に合ったランニングシューズを見つけよう

https://pixabay.com/photos/sneaker-running-athletics-warming-3549982/#content

短距離ランニングシューズは、足に負担がかからない構造や軽さに特化し、ナイキやアディダスから購入できます。メーカーごとの特性やデザイン性の違い、おすすめランキングや選び方などを参考に、自分に合うシューズを見つけましょう。

ランニングシューズをお探しの方はこちらもあわせてチェック!

ランニングシューズは、メーカーごとに独自の性能を備えデザイン性にも優れています。短距離用のランニングシューズを探している方は、関連記事もチェックしてみて下さい。