Twitter
Facebook
LINE

冬キャンプが快適に!おすすめの石油ストーブ9選!テント内で使用する際の注意点も!

kon_w

冬キャンプが快適に!おすすめの石油ストーブ9選!テント内で使用する際の注意点も!

kon_w

冬キャンプで暖かい時間を過ごしたい時に取り入れておきたいのが、石油ストーブです。本記事では、冬キャンプにおすすめの石油ストーブや選び方、使用の注意点についてまとめました。一番暖かい最強石油ストーブを手に入れて、快適なキャンプを楽しみましょう。



冬キャンプは石油ストーブが一番暖かい!

澄んだ空気の中で自然を満喫できる冬キャンプは、一度ハマるとやみつきになると人気を集めています。そんな冬キャンプの難点と言えば、寒さ。寒さを防いで暖かい状態を作るため、テント内に取り入れておきたいのが石油ストーブです。

ストーブを活用して快適なキャンプを楽しもう

石油ストーブと一口に言っても、さまざまなメーカーから多種多様な商品が出ています。本記事では、おすすめしたい石油ストーブの最新情報をまとめました。各メーカーを比較しながら、自分にぴったりなストーブを見つけませんか?

また、キャンプで石油ストーブを使う際の注意点についても紹介します。安心・安全に暖かい状態を作るために、注意を払いながらキャンプに役立てましょう。

キャンプ用石油ストーブの選び方

定番や人気のキャンプメーカーをチェックしてみると、多種多様な石油ストーブが出ていることがわかります。「キャンプ用には、どれを選べば良い?」と迷うこともあるでしょう。そんな時に役立つポイントについて紹介します。

選び方①:種類を確認する

各メーカーから選ぶ際にチェックしておきたいのが、商品の種類です。石油ストーブは、対流型と反射型があります。それぞれに違いがあるので、比較をしながら自分にぴったりの種類を選ぶようにしてください。



反射型

ストーブ内に反射板を設置することで、暖かい空気を1つの方向に向かって流すのが特徴です。足元を重点的に温めたい時など、スポット的にテント内を温めたい場合に役立ちます

またキャンプテント内の角の方に置いておけば、スポット的ではなく全体的に暖かい空気を行き渡らせることも可能です。状況に合わせて最適な使い方ができる便利なアイテムと言えるでしょう。

対流型



筒形になっており、全方向に向けて暖かい空気を流せるのが特徴です。1つの方向を重点的に温める反射型と比較すると、対流型の方が全体の空気を温めやすいと考えられます。

そのためキャンプテント内をじんわりと暖めたい場合には、このタイプの商品を選ぶと良いでしょう。また、レトロな雰囲気を感じられる見た目も魅力です。それぞれの違いを比較して、好みの商品を取り入れてください。

選び方②:キャンプ用テントのサイズを確認する

明かりがついたテント
Photo bybhossfeld

キャンプ用にストーブを選ぶ場合は、テントのサイズも確認しておきましょう。どんなに機能的な商品だったとしても、キャンプに使うテントのサイズに見合わないものだと意味がありません。

目星をつけた商品が何畳くらいのスペースを温められるのか確認し、キャンプ用のテントがそれに見合っているかチェックしておけば安心です。小さすぎるとテント内が暖まりきらず、キャンプ中寒い思いをし続けることになるので注意してください。

選び方③:持ち運びやすい小型を選ぶ

キャンプに出かけることを考えると、大きなストーブを持っていくのは困難です。キャンプには他にもいろいろなギアを持っていかなければならず、ストーブばかりを重視していると他の道具を持って行けなくなる可能性があります。

そのため、小型の商品を選ぶのも重要なポイント。小型なのはもちろんのこと、取手がついているとさらに持ち運びやすいです。重たくなりすぎないストーブなら負担をかけずにキャンプに活用できます。

選び方④:調理もできると便利

1台で2役を担ってくれる商品なら、さらに便利です。キャンプ用のストーブを選ぶ場合は、調理ができるかどうかも確認しておきましょう。ストーブの上に調理器具を置いて煮炊きができれば、気軽にキャンプ料理を楽しめます

また、使用中にヤカンを置いてお湯を沸かすことによって、加湿ができるのも大きなメリットです。冬のキャンプは乾燥することが多いので、ストーブを上手に使って湿度を上げてみてはいかがでしょうか。

選び方⑤:おしゃれなデザインなら見栄えがする

素敵なキャンプタイムを過ごしたい時にこだわりたいのが、使用するギアのデザインです。機能的だったとしても、デザインがダサいと見栄えがせず、気分も盛り下がってしまいますよね。

そのため、ストーブを選ぶ際も見た目にこだわるのがおすすめです。おしゃれなデザインなら写真映えしてSNSにアップするのにもぴったり。各メーカーから素敵なデザインの商品が出ているので、ぜひチェックしてみてください。

冬キャンプに!人気石油ストーブ9選

ポイントを踏まえた上で各メーカーの商品をチェックして、お気に入りのストーブを見つけませんか?ここからは、おすすめしたいキャンプ用石油ストーブの最新情報を紹介します。「どれが良いかな?」と思った時は、各商品を比較しながら自分に適した商品を見つけてください。

おすすめ①トヨトミ 石油ストーブ

トヨトミ 対流型 石油ストーブ ダークグリーン

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

電子点火式のストーブとなっているため、すぐに点火できるのが嬉しいポイントです。キャンプで石油ストーブを使うのに慣れていない人も、簡単に室内を暖かい状態にできると評判を集めています。

また、ヒーター切れのリスクが低いのも電子点火式の良いところ。急にヒーターが切れてキャンプテントが寒くならないように、工夫が凝らされています。国内の工場で生産した日本製となっているので、安定した品質を誇っているのもおすすめポイントです。

7色の光で優しい明かりになる

点火するとストーブ内に7色の優しい光が灯り、照明としても活用できます。柔らかな光を眺めながら、ゆったりとしたキャンプタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

キャンプで使うのはもちろんのこと、自宅で停電した時にも活用できます。もしもの場合に備えて、役立ててみてください。

おすすめ②石油ストーブ 6L 灯油ヒーター アウトドア

石油ストーブ 6L 灯油ヒーター アウトドア

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

持ち運びやすい取手付きの商品です。キャンプで取り入れるのにぴったりな小型タイプになっており、気軽に活用できるのが魅力。テント内や自宅の室内で使うのはもちろんのこと、キャンプ中に屋外で過ごす時に暖を取るのにも役立ちます。

5秒以内に着火し、2分ほどで最適温度へと変わるため素早く室内を温められるのもポイントです。寒い冬キャンプ中も、ほっこりとした暖かい時間を過ごせるでしょう。

コンロとしても重宝する

上の部分にはヤカンや調理器具を置けるようになっているため、コンロとして使うのにもぴったりです。

ヤカンでお湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、煮込み料理を作ったり、アイディア次第でキャンプ中にいろいろな使い方ができます。またボタンで温度調節ができるので、最適な状態で役立てられるでしょう。

おすすめ③キャンプ ストーブ Burners

キャンプ ストーブ Burners アウトドア

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

1人でも持ち運びやすい超小型タイプのストーブです。ソロキャンプに出かける際にも役立つでしょう。小さいながらも室内・テント内を暖める機能性には優れており、素早く快適な状態を作り上げてくれます。

上の部分には調理器具を置けるようになっており、1台で2つの役割を果たしてくれるのも嬉しいポイント。アヒージョなど、定番のキャンプ料理を作って楽しんでみてはいかがでしょうか。

あらゆるシーンで大活躍

高さ18.5×幅17.5cmと、他メーカーの商品と比較してもかなり小さなサイズになっているため、保管の際にスペースを取りません。キャンプ用として取り入れるのはもちろんのこと、急な災害で停電が起きた時も重宝します。

また冬の登山に出かける場合も、頂上で暖を取るのに役立つでしょう。超小型タイプだからこそ、キャンプ以外のシーンで使える汎用性を備えていると言えます。

おすすめ④CORONA 石油ストーブ

コロナ 石油ストーブ シルバー SX-2419Y

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

初めて使用する人でも扱いやすい工夫が凝らされた人気商品です。温度調整部分にはポジションマークがついており、操作しやすいのが特徴。表面にデコボコの加工を施したスピード消火ボタンなど、使いやすさに重点を置いた設計が目立ちます。

灯油を入れる際にはつまみを引いて蓋を開き、ワンタッチで閉められるのでスムーズに作業ができるでしょう。また、キャップを撤廃することで手が汚れたり、キャップの置き場に困ったりすることがなくなります。

消火時のニオイが気になりにくい

メーカーが開発した最新技術「ニオイカット消火」により、ストーブを消した時にニオイを感じにくいのも魅力です。ゆっくりと消火していくことによって未燃焼ガスが残るのを防ぎます。対震自動消火装置が付き、万が一地震が起きても安心して過ごせます。

おすすめ⑤アウトドア コンパクトストーブ

アウトドア コンパクトストーブ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

特殊な金属を採用することにより、高い燃焼率を叶えた商品です。効率的にキャンプテント内を暖め、快適な状態を作ってくれます。また、灯油の燃焼状況を確認できる最新機能がついているのも特徴です。

どれくらい灯油を使ったのか瞬時に判断ができ、必要に応じて足せます。万が一転倒した時は消火する、自動消火機能も付いています。初めて使用する方も安心して使える工夫が詰まっていると言えるでしょう。

コンパクトながらも広範囲を暖められる

キャンプに持って行きやすい小型タイプですが、約20平方メートルを暖められるため、広めのテントを使っても安心です。小さくてしっかりと暖房としての役割を果たしてくれるキャンプ用ストーブを探している場合におすすめです。また上の部分には五徳がついており、調理に活用できます。

おすすめ⑥アラジン 石油ストーブ

高い人気を誇る定番メーカーの商品も見逃せません。自宅で使うのはもちろんのこと、キャンプでも活用できるストーブとして評価を集めています。最新技術を採用したブルーフレームヒーターにより、テント内を余すことなく暖めるのが特徴です。

未燃焼ガスが残りにくい構造により、ニオイが気にならないと評判。対震自動消火装置により、振動が起きた際にはすぐに消火できます。キャンプだけでなく災害時にも安心して使えるストーブです。

おしゃれな見た目で写真映えする

レトロな雰囲気を感じさせるデザインは、見た目にこだわりたい方にもぴったりです。テント内に置いておくだけで、素敵な空間を作れるのではないでしょうか。柔らかに灯るストーブの青い光を眺めながら、キャンプタイムを過ごしてみてください。

おすすめ⑦アラジン 石油ストーブ

素早く点火ができる電子点火を採用することになり、寒さが厳しいアウトドアでも暖かい状態を作れます。小型でスリムなボディとなっているため、キャンプテント内に置いても場所を取りにくいのが魅力です。

給油時には自動消火する装置や、耐震自動消火装置もついているので「灯油ストーブを使うのは心配だな」と感じている方でも、気軽に取り入れられるでしょう。キャンプはもちろんのこと、自宅での使用にもおすすめです。

燃費が良くて暖かさが長持ち

他メーカーと比較して燃費が良いので、暖かい状態が長持ちしやすいと評判です。灯油ストーブは元々コスパが良いですが、さらに費用を抑えて活用できるのが嬉しいポイント。キャンプてんとないをじんわりと暖め、快適な空間を作ります。

おすすめ⑧PASECO 対流型 石油ストーブ

 PASECO(パセコ)はストーブ用の芯製造工場に端を発する、韓国の老舗メーカーです。暖房器具、キッチン用品、キャンプ用品などを幅広く取り扱っており、灯油ストーブについては1980年から製造・販売している実績があります。

この商品はすっきりとしたデザインが格好良く、キャンプなどアウトドアシーンで活躍すること間違いなしです。

サイズがコンパクトになる

この商品の大きな特徴は、サイズが収納時にコンパクトになること。直径44.5cmx高さ57cmの本体サイズが、直径44.5cmx44cmまで小さくなります。何かと荷物が増えるキャンプでは、暖房器具も小さめサイズが助かりますね。

カラーはアーミーグリーンとブラックの2色展開。どちらもメンズライクな印象で、アウトドアにぴったりの灯油ストーブになっています。

おすすめ⑨アルパカ ストーブコンパクト

アルパカ ストーブコンパクト

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

最新商品は予約をしないとすぐに売り切れてしまうと評判を集めているストーブです。キャンプ用品愛好家の間では定番の商品となっており、予約開始時には争奪戦が繰り広げられることもよくあります。

高い火力を誇り、リーズナブルな価格で手に入れられるのが人気を集めているポイントです。ランタンのようなおしゃれなデザインになっており、照明としても活用できます。

持ち運びに便利な収納ケース付き

ストーブ専用の収納ケースがついているため、持ち運びする際に重宝します。小型サイズで運搬の負担にならず、キャンプに出かける際の必須アイテムになるのではないでしょうか。

石油ストーブをテント内で使う際の注意点

キャンプに取り入れるのにぴったりな石油ストーブですが、使用時には気をつけておきたいことがいくつかあります。間違った使い方でキャンプ中に危険を感じることがないように、ストーブの使い方をチェックしておきましょう。

ストーブには灯油のみを使う

基本的にガソリンの使用は、禁止されています。誤って使用することで火が燃え広がる可能性があるので、注意が必要です。ストーブには、灯油だけ入れるのを意識しましょう。

もしキャンプ用品としてガソリンを持っていくのであれば、灯油と混合しないようにしっかりと目標をつけるのがポイントです。ストーブの近くに置かず、危険な状態を作らないようにしてください。

頻繁に空気を入れ替える

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

密閉した空間で使用すると、燃焼のための空気が足りなくなり、一酸化炭素中毒が起きる場合があります。キャンプ中にテント内で使用する際には、必ず換気を行いましょう。

1時間ごとに2回ほど空気を入れ替えるのがおすすめです。ストーブで十分にテントが暖まったのなら、少し窓を開けて常時換気をしておくのも良いでしょう。

寝る時は消す

つけっぱなしの状態で寝ると、一酸化炭素中毒や突然の火災など、あらゆる危険性があります。寝る時は必ず消しましょう。しっかりとテント内を暖め、シュラフに入って寝ればストーブを消しても寒さを感じずに済みます。

テント内のどこに置くのが良い?

どこに置くのがベストなのか迷った場合は、種類によって分けてみましょう。例えば対流型は全方向に向けて暖かい空気を出すので、テントの真ん中に置くのがおすすめです。

1つの方向に熱風を出す反射型は、隅の方に置くと全体を暖めやすいと考えられます。いろいろな場所に置いて試し、最終的にどこに置くか決めてみてください。

最強の石油ストーブでキャンプを満喫しよう

一番暖かいと感じる最強ストーブが手に入れば、キャンプ中に寒さを感じることはなくなります。選び方のポイントを踏まえた上でおすすめ商品をチェックしてみましょう。お気に入りを見つけて、ぜひ活用してみてください。

石油ストーブについて気になる方はこちらをチェック!

さまざまな人気メーカーから出ている石油ストーブについて紹介している記事は、他にもあります。お気に入りの商品を見つけて冬キャンプを楽しむために、ぜひ参考にしてみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

過去イチ使いやすいおすすめタックルボックスが決定しました。

提供:GAMAKATSU PTE LTD ★今回紹介した製品はコチラ★ 【がまかつ(Gamakatsu) LUXXE タックルバック ハードRH シアンxグレー LE-401】 https://www...

【棒針編み】初心者の方向け!棒針編みの作り目の方法を解説✨How to make knitting needles

今回は「棒針の作り目」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 糸のかけ方 作品の時は出来上がり寸法の3倍の長さに糸を引き出しておきます。 (ここ...

【かぎ針編み】初心者の方向け!鎖編みで円・輪の作り目を作る方法を解説✨How to knit a circle with crochet chains

今回は「鎖編みの円形の作り目(カギ針)」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 鎖編みの動画はこちら↓ https://youtu.be/lqs...

グランデージ アトラス100HH【開封の儀】

新型グランデージアトラス先行実釣インプレッション!【4K】 https://youtu.be/nRc29B9tL0A 詳細情報解禁!新作グランデージアトラス試投インプレッション! https://y...

【2021年釣具大セール!】コルトスナイパーが激安!いや、安すぎる!

★ナチュラム祭 公式ページ★ https://www.naturum.co.jp/sale/top/211203_nfes/?ref=topcarousel_d_pc ・20ソルティガ 14000-...