【連載】豊洲へおでかけ♪映えから食まで充実の街をご紹介!

【連載】豊洲へおでかけ♪映えから食まで充実の街をご紹介!

埋立地ということから、他の街に比べて比較的歴史が新しい豊洲。築地からの市場の移転によって、一時期話題になったという印象がある豊洲ですが、近年では様々なスポットができたことにより、家族連れやカップルでのデートにも活躍する街になっています。

記事の目次

  1. 1.豊洲へおでかけ!どんな街?
  2. 2.豊洲駅前の特徴
  3. 3.家族や友達でワイワイ、豊洲のおでかけスポット
  4. 4.豊洲で目指せインスタ映え!カメラ必須なおしゃれスポット
  5. 5.豊洲ではグルメも忘れない!おすすめカフェ&レストラン
  6. 6.東京湾に面した都心のオアシス、豊洲におでかけしてみよう

豊洲へおでかけ!どんな街?

https://www.photo-ac.com/main/detail/2223319?title=豊洲運河&searchId=3490957477

東京都江東区に位置する豊洲。東京の中でも川や海に囲まれた水の多い街です。かつては工業地域としていましたが、今はタワーマンションをはじめとした住宅街が隣接し、それに伴い様々な施設が出来上がってきました。2018年には市場が築地から豊洲へ移転したということでも、連日ニュースで報道されており、それで名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。そんな変化の大きい街が豊洲です。

大正時代までは海だった、東京都有数の埋立地

豊洲は周辺のお台場や新木場同様、かつては海だった埋立地です。大正時代、関東大震災の瓦礫の処理のために当該地域が埋め立てられました。また1980年代までは、発電所や倉庫といった工業地帯として栄えていましたが、これによる土壌への影響が問題視されたこともありました。またかつては造船所となっていた場所は現在は「アーバンドッグ」という名称で開発され、水上バス乗り場や公園になっています。

豊洲駅前の特徴

https://www.photo-ac.com/main/detail/4295840?title=豊洲駅%20ゆりかもめ&searchId=3490957477

豊洲駅は東京メトロ有楽町線と、ゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)が乗り入れています。かつては有楽町線のみの駅でしたが、ゆりかもめの延線によって2006年に開通し、以降地下鉄とモノレールとの乗り換えに多く利用されています。この豊洲駅ができたことにより、有楽町線は池袋やその先の和光市や飯能から、乗り換えてゆりかもめを使って国際展示場方面まで、非常に行き来が便利になりました。

https://www.photo-ac.com/main/detail/4295840?title=豊洲駅%20ゆりかもめ&searchId=3490957477

晴海通りを挟み、北側が東京メトロ有楽町線、南側がゆりかもめの入場口となっています。ゆりかもめ方面にはモノレールの線路が目印になっています。また東京メトロ有楽町線は、ショッピングモールである豊洲センタービルに直通しており、雨に濡れずに買い物や食事が楽しめます。大通りが交差している関係で交通量が多いことや、バス停や交番、飲食店などが充実しており、非常に賑わっていると感じる印象です。

家族や友達でワイワイ、豊洲のおでかけスポット

豊洲には、家族や友人同士でワイワイ楽しめる場所が多く揃っています。豊洲に行ったら外せない、定番のおでかけスポットをご紹介します。

豊洲市場

2018年に築地から移転した「豊洲市場」は、東京のみならず日本の食の流通を支える重要な施設です。そんな築地市場では、まぐろのせりの見学や採れたてのグルメが楽しめるとして、国内外から人気のスポットになっています。まぐろのせりは朝5時半からスタートのため、敢えて早起きして「朝活」するのにぴったり。ツアーに参加していない方も、見学者専用通路から活気に溢れる市場を眺めることができます。見学が終わった後は、寿司や海鮮丼などで活きのいい魚介類に舌鼓を打つのもおすすめです。

アーバンドックららぽーと豊洲

海に面したショッピングセンター「アーバンドックららぽーと豊洲」全部で三棟に分かれた施設の中には、ショップや飲食店、映画館などが揃い、一日中遊べます。広々としていて緑豊かな公園は、水上バス乗り場に隣接しているので、水上バスに乗る予定の方もここを覚えておけば安心です。お買い物をした後は外でのんびり過ごしたり、東京湾の夕陽を眺めたりしてみるのもおすすめです。

キッザニア東京

「アーバンドッグららぽーと豊洲」内にある人気おでかけスポットが「キッザニア東京」です。3〜15歳の子供を対象にし、遊びながら様々な職業や社会の仕組みを学ぶことができます。職業の種類は、病院から飲食店まで約100種類以上、いずれも実際の企業が協賛しているので、子供達にとっては本物に近い状態でお仕事の体験ができます。施設全体が一つの街になっており、働いた後はキッザニア内で使える紙幣がお給料として支払われます。

豊洲で目指せインスタ映え!カメラ必須なおしゃれスポット

豊洲には、近年インスタグラマーが注目しているおしゃれスポットが続々とオープンしているのをご存知でしたか?写真を撮ることはもちろん、いろいろな楽しみ方ができる豊洲のおしゃれスポットをご紹介します。カメラの電池を十分にしていくことをおすすめします。

teamLab Planets TOKYO

「チームラボ」とDMM.com手がける、デジタルテクノロジーを駆使したアート施設が「チームラボプラネッツ」です。アート作品の中に観客が没入しながら鑑賞するという、「没入空間」というコンセプトのもと作品展示をしています。この豊洲では、水に入る作品や、暗闇の中を進む作品もあったりと、五感をフルに使ったアート体験ができるため、靴は入り口で脱ぐ必要がありますし、濡れても平気な服装で訪れることをおすすめします。「チームラボプラネッツ」は2022年末まで開催の予定です。

WILD MAGIC -The Rainbow Farm –

都心にいながら、非日常の中、手軽にアウトドア体験ができる場所があるのをご存知でしょうか。豊洲にあるこの公園では、手ぶらでバーベキューやグランピングが楽しめます。(2021年1月現在は宿泊は不可となっています)可愛らしいテントやトレーラーハウスで自分達だけの時間を過ごせるのはもちろん、園内のあちこちに撮影スポットが設けられているので、非日常感溢れる一枚を撮影することができます。またサーカスヴィレッジは500人まで収容可なので、ひと味違ったパーティーにもおすすめです。

豊洲ぐるり公園

東京湾に映る東京の景色と、レインボーブリッジを一望できる「豊洲ぐるり公園」もおすすめの撮影スポットです。東京湾に面しており爽やかな風が吹き込むこの公園では、ランニングに勤しむ人や野外ランチを楽しむ人まで沢山の人で賑わっています。どの時間も景色よくおすすめですが、やはり夕暮れ前後の時間帯がまさに絶景というに相応しい眺めで、一日豊洲の街で楽しんだ締めくくりにぴったりです。

豊洲ではグルメも忘れない!おすすめカフェ&レストラン

豊洲でランチやディナーを楽しみたい方へ、本格的な味をお届けする名店や非日常を味わえるおしゃれなカフェなど、おすすめのカフェやレストランをご紹介します。豊洲探索の合間に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

大和寿司

市場とともにここ築地に移転した、築地市場の名店「大和寿司」築地にあった頃から、多くの人に日本の海鮮の美味しさを伝えてきました。名物はやはりマグロですが、他にも季節ごとにおすすめのネタがあったりと、少し寿司に詳しくなれそう。とっておきの日だけと言わず、日頃から自分へのご褒美に食べたくなってしまうような、質の高いお寿司です。

基本情報

【住所】東京都江東区豊洲6-3-1 豊洲市場 5街区青果棟1F
【電話番号】03-6633-0220
【アクセス】市場前駅から徒歩3分、豊洲駅から徒歩18分
【営業時間】5:30~13:30(日曜・祝日定休日・不定休あり)

パティスリーSAKURA

可愛らしいピンク色の壁がなんともフォトジェニックな、「パティスリーSAKURA」は、豊洲に長年店を開いてきたパティスリーです。1階がスイーツの販売でテイクアウト専用、2階はカフェスペースになっており、自家製のスイーツを楽しめます。どのスイーツもこだわりたっぷりですが、やはり目を惹くのはフルーツがごろっと入った「豊洲はちみつフルーツ サンド」です。

基本情報

【住所】東京都江東区豊洲4-2-2
【電話番号】03-3531-3521
【アクセス】豊洲駅から徒歩1分
【営業時間】10:00~20:00(火曜定休日)

CITABRIA BAYPARK Grill&Bar

トレーラーハウスをアレンジしたキッチン&バーカウンターが、豊洲市場前に登場。新鮮な食材を使用した釜焼きグリル料理を、緑と海を感じながらお酒と一緒にお楽しみいただけます。焚き火がセットのコースもあり、東京湾を眺めながら火にあたり、料理を楽しむという贅沢なひと時が過ごせます。友達同士はもちろん、一人でストレスを払ってスッキリしたいという方にも多く利用されています。

基本情報

【住所】東京都江東区豊洲6-4-26
【電話番号】080-9179-5151
【アクセス】市場前から徒歩9分、豊洲駅から徒歩15分
【営業時間】平日16:00〜22:00、土日祝11:00〜22:00 (雨天荒天時休止)

味処いちむら

1983年の創業当時から豊洲の街で胃袋を支えてきた老舗店。1階はお肉屋さん、2階は定食屋さんになっており、お肉屋さんが選りすぐったお肉をお店で味わえるのです。しっとりボリュームのある美味しいお肉を使ったお料理はどれも好評で、特に「牛カツ定食」が人気です。サクサクの衣で揚げられたジューシーなお肉に、ソースが美味しく絡んでまさしく絶品の一言です。

基本情報

【住所】東京都江東区豊洲4丁目2−7
【電話番号】03-3534-8395
【アクセス】豊洲駅から徒歩2分
【営業時間】平日11:00〜0:00、土曜11:00〜23:00 (日曜定休日)

東京湾に面した都心のオアシス、豊洲におでかけしてみよう

https://www.photo-ac.com/main/detail/4310632?title=東京都中央区の高層マンション群と夕景&searchId=3490957477

これまで豊洲という街にあまりピンと来なかった方も、大人から子供まで、幅広い年齢層の方が楽しめる街ということをお分りいただけたかと思います。川と海に囲まれた、とにかく水の多い都心のオアシスで、スッキリリフレッシュできる休日になること間違いなしです。ぜひ距離を縮めたい方や、気のまま付き合える方と一緒に、豊洲を訪れてみてはいかがでしょうか。

EmiIemura
ライター

EmiIemura

海外、国内ともに旅行が好きです。旅の知恵や食べ物に関する興味があります。

Article Ranking