意外とお手軽に作れる!本当に美味しい燻製ベーコンの作り方を徹底解説!

意外とお手軽に作れる!本当に美味しい燻製ベーコンの作り方を徹底解説!

燻製は芳醇な香りが漂って最高の贅沢なお酒のおつまみでもあります。そんな燻製は、意外と簡単に手作りすることができるのを知っていますか?今回は、美味しいと評判の自家製ベーコンの燻製の作り方を紹介します。ぜひ自宅でベーコンの燻製作りにチャレンジしてみて下さい。

記事の目次

  1. 1.自家製ベーコンの燻製を作ってみよう
  2. 2.ベーコンの燻製作りに必要な材料
  3. 3.ベーコンの燻製に合うチップを探そう
  4. 4.ベーコンの燻製レシピ①下ごしらえ
  5. 5.ベーコンの燻製レシピ②ソミュール液に漬ける
  6. 6.ベーコンの燻製レシピ③燻製
  7. 7.ベーコンの燻製を美味しく作るコツ
  8. 8.手作りベーコンの燻製をアレンジしてみよう
  9. 9.ベーコンの燻製を発酵食品でアレンジ
  10. 10.バーベキューで燻製を楽しんでみよう
  11. 11.バーベキューにおすすめな燻製具材
  12. 12.まとめ

自家製ベーコンの燻製を作ってみよう

最近、自宅で燻製を作るのが流行っているのを知っていますか?燻製と言うと、特別な機会や材料、時間がかかる料理だと思っている人も多いと思いますが、最近では燻製に必要な道具なども手軽に購入できるので、自家製の燻製を作って楽しむ人も多いです。特にキャンプやバーベキューなどのついでにアウトドアで自家製燻製を作ってみるのもいいでしょう。そんな燻製の中でもおすすめなのが、ベーコンです。燻製にしたベーコンは、芳醇な香りや程よい柔らかい食感が楽しめビールやワインのお供にもピッタリです。

燻製は作り方はチップによって味を変えられる

自家製のベーコンの燻製は、作り方や使うチップによってさまざまな味を楽しめるのも魅力です。さまざまなチップを使って、自分好みの燻製を探してみるのもいいでしょう。基本的な燻製の作り方を知れば、ベーコン意外にもさまざまな食材でお手軽に燻製を楽しむことができると思います。今回は、ぜひ作ってもらいたいベーコンの燻製の作り方を詳しく紹介して行きましょう。今まで、自家製の燻製作りは手間や時間がかかって面倒だと思っていた人も、基本の作り方さえマスターすれば、絶品の燻製が楽しめることでしょう。

ベーコンの燻製作りに必要な材料

ベーコンの燻製を作るには、まず材料を揃える必要があります。使うお肉は豚肉で部位は肩ロースを用意するといいでしょう。使う部位によって味わいや柔らかい食感などが変わってくるので、お好みの部位でベーコンの燻製を作ってみてもいいでしょう。必要な調味料は、砂糖、塩、黒胡椒で、他にもニンニクのスライスを用意しておきましょう。どの材料もお手軽にスーパーなどで揃えられると思います。この材料は水と共にすべて鍋でひと煮立ちさせておき、ソミュール液を作っておきましょう。

道具を準備しよう

調味料などを用意したら、必要な道具もチェックしましょう。スモーカー、アルミホイル、スモークチップ、網、保存袋、キッチンペーパーなどを用意しておきます。スモーカーは、最近さまざまなタイプが販売されています。室内でできるスモーカーや屋外専用のスモーカーもあるので、自分が持っているスモーカーの種類をチェックしましょう。また、初心者の人はキャンプやアウトドアで使用できる簡易的なお手軽スモーカーも最近では販売しているので、チェックしてみるのもおすすめです。

ベーコンの燻製に合うチップを探そう

ベーコンの燻製作りに欠かせないのが、スモークチップです。チップとは、木を細かくしたもので、燻すことで使っている木の香りがベーコンについて良い香りにしてくれます。また、燻製の場合は香りだけではなく、食材の色づきもチップによって変わってくるので、自分好みのチップを探しながら、燻製作りを楽しむのもおすすめです。また、チップは燻製にする食材によって味付けは合う合わないがあるので、最初は燻製にする食材に合ったチップを選ぶといいでしょう。

ベーコンの燻製にはヒッコリー

さまざまなチップがある中でも、ベーコンの燻製に適していると言われているチップはヒッコリーです、ヒッコリーはベーコンの他にも鮭など比較的オールマイティに使用出来るチップなので初心者などにおすすめです。チップは種類によて柔らかいものや硬いものがありますが、ヒッコリーは硬めの材質なので、煙が出やすいのが特徴になっています。煙が多くでるということは自家製の燻製作りに適していると言えます。

ベーコンの燻製レシピ①下ごしらえ

まず、自家製ベーコン作りを始める前に、お肉を下ごしらえしておきます。使う豚の肩ロースは、脂の量や柔らかい肉質は手作りベーコンに適しています。まず、豚の肩ロース全体に砂糖をまぶしていきましょう。砂糖をまぶしたら、キッチンペーパーで豚の肩ロースを包んで例倉庫で1時間ほど寝かしておきます。この作業をしっかり行っておくことで、柔らかい肉質や味付けに変化が出てきます。自家製のベーコンの燻製はとにかく下ごしらえに時間がかかりますが、この作業さえ行っておけば、絶品の燻製が味わえるので頑張ってみて下さい。

ソミュール液も作っておく

先ほども少し紹介しましたが、ソミュール液は手作り燻製には欠かせない調味料を合わせたものです。水に塩や砂糖、黒胡椒、にんにくのスライスを入れて鍋に火をかけたもので、混ぜながら火にかけて塩や砂糖がとけたら完成です。出来上がったものは、氷で冷やしておきましょう。ソミュール液に漬けることで、柔らかい肉質になったり、味がしっかりつくので、ソミュール液はしっかり作ってみて下さい。

ベーコンの燻製レシピ②ソミュール液に漬ける

1時間たって冷蔵庫から出した豚の肩ロースをジップロックなどの保存袋にソミュール液と共にいえます。その時、保存袋はしっかり空気を抜いておきましょう。そしてタッパーに入れて3時間ほど冷蔵庫で寝かします。この際、しっかりソミュール液が豚肉に染みるように密閉することが大切です。3時間たったら、豚肉を水で洗って表面の塩分を洗い流します。

塩抜きをしよう

水で洗いながしたら、下ごしらえとしてボウルに水を入れて豚肉を塩抜きします。だいたい30分ほど水を変えながら塩抜きを行うといいでしょう。その後は、水分をキッチンペーパーでしっかり拭き取って、食品用の脱水シートに包んで、冷蔵庫で8時間ほどかけて乾燥させます。この下ごしらえをしっかり行っておくことで、美味しい手作りのベーコンの燻製が味わえます。

ベーコンの燻製レシピ③燻製

下ごしらえがすんだら、いよいよ燻製を行っていきます。ベーコンの燻製時間はだいたい20分ほどで完成します。チップを入れたら、その上から網を乗せ、下ごしらえをおえた豚肉を乗せていきます。そして蓋をして火をつければ、燻製の始まりです。うまく燻製がすすむと白い煙が出てくるので、チェックしましょう。20分ほどの時間で火を止めたら10分ほどそのまま蓋をあけて放置しておきます。

色合いをチェックしてみよう

しっかり燻製ができていると、いいてかり具合の色合いになっていると思います。しかし燻製は、このままでは表面だけが色づいていて中は生の状態なので、食べる前に必ず、火を通すようにして下さい。塊のまま火を入れたい場合は、200度のオーブンで20分ほどの時間焼くとジューシーで美味しい自家製ベーコンが食べられます。

ベーコンの燻製を美味しく作るコツ

ベーコンの燻製を美味しく作るレシピのポイントは、塩分が強くならないようにすることです。基本的にベーコンは塩分を多めで作りますが、分量を間違えるとしょっぱすぎる燻製になってしまうので、味付けに注意しましょう。さらにしっかりと乾燥させてから燻製することが大切です。また、燻製する際は、あまり時間をかけすぎてしまうと柔らかい食感ではなく硬くなってしまい、酸味が強くなることがあるので、注意が必要です。

途中経過をチェックする

美味しいベーコンの燻製レシピのコツは、燻製している最中は途中で状態を確認するのが大切です。燻製しすぎてしまうと食材が柔らかい状態から硬くなってしまうので、時間経過を食材によって変えてみるのがいいでしょう。味付けやレシピによっても味わいが変わってくるので、程よいバランスで燻製時間を調整するのがおすすめです。コツさえ覚えておけば、キャンプなどでもお手軽に作れるレシピなので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

手作りベーコンの燻製をアレンジしてみよう

基本のベーコンの燻製の作り方をマスターしたらアレンジレシピにチャレンジしてみるのもおすすめです。アレンジを楽しめるのも自家製ならではの楽しみ方なので、お手軽にさまざまなベーコンの燻製を手作りしてみましょう。アレンジをする場合は、ソミュール液に違う調味料を加える方法やチップの種類を変えて匂を変える楽しみ方があります。チップの種類を変えるのがとてもお手軽なアレンジ方法になるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

チップの種類による違い

チップは種類によって匂いなどが異なります。ベーコンの燻製にはヒッコリーがおすすめと紹介しましたが、お手軽にアレンジを楽しむのなら違うチップで味付けに変化をつけるのもいでしょう。例えば、サクラは香りが強く肉や魚との相性がいいのが特徴です。さらにブナはヨーロッパではスタンダードなチップで、ハムやベーコンなどに適してる匂いです。他にもクルミやりんごなどいろいろな樹木のチップが存在するので、チップで味付けや匂いの違いをお手軽に楽しむのもおすすめです。食材によっておすすめのチップの種類も違ってくるので、燻製にする食材に合ったチップを使ってみるのもいいでしょう。

ベーコンの燻製を発酵食品でアレンジ

ベーコンの燻製のアレンジ方法としてソミュール液に発酵食品を加えて味付けの変化を楽しむ作り方があります。例えば、塩麴や味噌、ヨーグルとなど発酵熟成させたもので漬けることでより柔らかい食感になりベーコンを美味しく仕上げてくれます。他にもはちみつやアルコール、ビネガーなどに漬けて味付けの変化を楽しむのもお手軽アレンジレシピでしょう。基本のソミュール液の作り方にさまざまな調味料をプラスして手作りベーコンにオリジナリティをプラスしてみるのがおすすめです。

アレンジする際のコツ

ベーコンの燻製をアレンジする際は、使う調味料の塩分濃度によって分量を調整することです。分量を間違えてしまうと、塩分が強くなってせっかくの手作りベーコンが美味しくなくなってしまいます。そのため、自家製ベーコン作りには、使う調味料の量によって塩分の調整を行うのが美味しく作るコツになります。塩分に注意してソミュール液を作れば、お手軽にアレンジベーコンを楽しむことができることでしょう。

バーベキューで燻製を楽しんでみよう

自家製燻製はバーベキューを楽しみながら、行うことができます。バーベキューでベーコンの燻製を手作りしたい場合は、下ごしらえは事前に行っておくことがおすすめです。下ごしらえが済んだ豚肉を使えば、短時間で手作りベーコンの燻製が味わえます。また、バーベキューの際に手軽に燻製を手作りできる箱などでできた使い捨ての燻製器もお手頃な価格で販売しているので、そのような道具を使って手軽にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

バーベキューにおすすめな燻製具材

バーベキューで燻製を楽しむ際は、ベーコン意外にも手軽な食材を使ってみるのもいいでしょう。おつまみにピッタリのナッツも下ごしらえいらずで燻製にできるのでおすすめです。燻製にすることで、よりいい匂いが漂うので、お酒のおつまみに最高です。他にもポテトチップも燻製にすると美味しいと評判になっています。こちらも下ごしらえや味付けいらずなので、時間もかからず簡単です。

ミニトマトやチーズもおすすめ

バーベキューで下ごしらえや味付けいらずで燻製を作るのなら、ミニトマトやチーズもおすすめです。燻製に必要な時間も30分ほどですぐに手作り燻製が味わえます。さらにミニトマトやチーズの場合は、火を通さずにそのまま味わえるのも魅力です。チーズは程よい柔らかい食感がクセになる美味しさです。いろいろな燻製を簡単に楽しんでみたい場合は、下ごしらえや味付けは不要な食材を使ってみるのもいいでしょう。

まとめ

ベーコンの燻製の作り方を覚えておけば、キャンプやバーベキューを楽しんでいる時に追加で楽しむことができるのでおすすめです。使う食材や味付けもいろいろお手軽にアレンジできるのも自家製ベーコンの燻製の醍醐味ではないでしょうか?柔らかい食感で美味しく作るコツは使う調味料の分量を調整して塩分が多くなりすぎないような味付けにすることや燻製しすぎないことです。基本のレシピを守れば、いろいろな作り方で燻製を楽しめることでしょう。自家製の燻製は柔らかくいい香りで、ついつい手が止まらなくなる美味しさなので、レシピを参考に試してみて下さい。

燻製の作り方が気になる方はこちらの記事もチェックしてみましょう!

今まで燻製を作ったことがなかった人も、こちらの記事をチェックして燻製作りにお手軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?手作りレシピならではの柔らかい食感の燻製が楽しめることでしょう。

スモークウッド入門!使い方を基礎~応用までご紹介!これで燻製もバッチリ!のイメージ
スモークウッド入門!使い方を基礎~応用までご紹介!これで燻製もバッチリ!
アウトドア料理の定番BBQメニューに、ひと手間加えて「燻製」を楽しんでみませんか?スモークウッドを使えば、消える心配もなく温度や時間の管理も簡単。手軽に燻製を始められます。そんなスモークウッドの使い方からレシピまで、燻製を楽しむ基本をご紹介します!
燻製器の決定版20選!キャンプで使いたいおすすめをご紹介!のイメージ
燻製器の決定版20選!キャンプで使いたいおすすめをご紹介!
キャンプの定番になりつつある手作り燻製。自分で作った燻製をキャンプで味わう一時は格別ですよね♪そんな、魅力たっぷりでおすすめの燻製作り。その為に必要な燻製器にはどんな種類があるかご存知ですか?今回は燻製を簡単に作れるキャンプでおすすめの燻製器をご紹介します!
bambi
ライター

bambi

2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking