Twitter
Facebook
LINE

【決定版】グランピングの持ち物リスト!季節別&男女別に必要なものを徹底紹介!

kon_w

【決定版】グランピングの持ち物リスト!季節別&男女別に必要なものを徹底紹介!

kon_w

おしゃれなひと時を楽しめることから人気を集めているグランピング。いざグランピングをしようと思っても、必要な持ち物が足りなければ楽しみは半減してしまいます。本記事では、グランピングで必要な持ち物チェックリストをまとめました。必要なものをそろえて出かけましょう!



グランピングとは?

メディアなどで取り上げられることが多いグランピングは、「何なのかいまいちよくわからない」という方もいるのではないでしょうか。まずはグランピングの概要からチェックしましょう。

新たなスタイルのキャンプ

「グラマラスなキャンプ」を一つの言葉で表したのが「グランピング」です。グラマラスは「豪華な」「魅力がある」という意味があり、普通よりもワンランク上のキャンプスタイルのことを指します。キャンプにありがちな「アウトドアの知識がなければ難しそう」「外で寝るのは大変」といったイメージを覆す新しい宿泊体験を提供してくれるのが特徴です。

初心者でも安心

宿泊に必要な設備はほとんど整っているので、テントの設営など初心者には難しい作業をする必要はありません。ホテルや旅館に行く感覚で気軽に出かけられるので「アウトドアはやったことがないけど、自然の中でゆったり過ごしてみたい」という方にぴったりだと言えます。小さな子どもがいる家族から男女のカップルまで、老若男女問わずに楽しめるのが大きな魅力です。

代表的なグランピングのタイプ

大きく3つのタイプに分けられるのがグランピングの特徴です。どのような時間を過ごしたいかによって選ぶ施設が変わるので、イメージを膨らませながら自分好みのタイプを見つけましょう。



①コテージ

レストランや温泉がある施設も!

自然と触れ合いながら快適な時間を過ごしたい時にぴったりなのが、コテージタイプです。1組に対して1つのコテージが割り当てられ、プライベートな時間を過ごせます。カップルや小さな子どもがいる家族など、他の人の視線を気にせず自分たちの時間を楽しみたい人たちに最適です。また施設によっては地元の食材を楽しめるレストランや、温泉を併設している場合があります。贅沢感のあるコテージは記念日を過ごすのにもおすすめです。

②テント



初心者も優雅にテントを楽しめる

テントと言うと設営が大変だったり、外の気配が気になったりしそうですが、グランピングではワンランク上の設備が整っているので安心です。広く快適なテントが用意されている場合がほとんどで、初心者でも苦労することなくアウトドアを楽しめます。ベッドや暖房器具など、「これが本当にテントなの?」と思うくらいレベルの高いテントを備えた施設も多数。カップルや家族で素敵なひと時を満喫できます。

③トレーラーハウス

おしゃれで海外の雰囲気を楽しめる

海外を訪れたようなおしゃれな気分になれるのが、トレーラーハウスです。家族で出かける場合は、トレーラーハウスが子どもたちのワクワク感を誘ってくれるでしょう。非日常を体験したい時にぴったりです。またBBQ設備が整っているトレーラーハウスの多いので、アウトドア料理を楽しみたい場合にも適しています。テラス付きのトレーラーハウスなら、木陰でのんびり昼寝をするのも素敵ですね。好みに合わせた過ごし方を楽しんでください。

あると便利!基本的に必要な持ち物

基本的な設備が整い、おしゃれなひと時を過ごせるグランピングですが、自分で用意しておいた方が良いものもあります。「あれを持っていけば良かった」と後悔しないように、基本的に必要なものをチェックリストにして確認しましょう。

スマホの充電器

スマートフォンを持つ手
Photo byJESHOOTS-com

充電切れを防ぐために

おしゃれな写真や動画を撮影したり、遠くにいる人と連絡をとったり、スマホはさまざまな場面で必要です。途中で電源が切れたら大変なので、充電器は忘れないようにしてください。予備のバッテリーも持っておくと、もしもの時に安心でしょう。

洗面や歯磨きグッズ

歯磨き粉のついた歯ブラシ
Photo bystevepb

アメニティにない場合に

洗面用具や歯磨きグッズなどは施設で用意されていることが多いですが、「いつも使っているものを使いたい」という場合は必要なものチェックリストに入れておくと心配がありません。事前にアメニティを確認して、ないものだけ準備するのも1つの方法です。

飲食物

自由に美味しいものを食べた時に

カフェやレストランが併設されていたとしても、テントやコテージの中で自由気ままに飲んだり食べたりしたい時がありますよね。そのような場合は、お好みの飲食物を必要なものチェックリストに入れておくのがおすすめです。大人同士で集まるのなら、お酒を準備してまったりとしたひと時を過ごすと楽しいのではないでしょうか。

着替え

色とりどりの洋服
Photo byMikes-Photography

服が汚れた時に役立つ

BBQをしたり、外で遊んだりしているうちに、アウトドアでは洋服が汚れる場合がよくあります。特に子どもと一緒に出かける時は、大人が気をつけていても泥だらけになってしまうのは仕方がないことです。こうした事態に備えて、着替えも必要なものチェックリストに入れておくと良いでしょう。

ビニール袋

ゴミや汚れた服を入れるために

さまざまな場面で活躍する便利グッズとして挙げられるのが、ビニール袋です。汚れた洋服を入れたり、ゴミを捨てたり、「ビニール袋があって良かった」と思うシーンが幾度か訪れるでしょう。少し大きめのビニール袋をまとめて持っていき、もしもの時に備えてください。

ウェットティッシュ

手が汚れた時に活躍

自然の中で遊んだり、BBQをしたりしている時に手が汚れることがよくあります。乾いたティッシュだと十分に汚れを落とせない場合が考えられるので、ウェットティッシュを必要なものチェックリストに入れておくのがおすすめです。

雨具

ピンク色の傘と長靴
Photo byJillWellington

急な天候の変化が起きても安心

自然を相手にするグランピングは、急な天候の変化が訪れる場合があります。特に山の天気は変わりやすいと言われているので、山沿いの施設に行く場合は雨具を忘れないようにしてください。傘やレインコートなど、必要に応じて準備しておけば心配がありません。

ランタンや懐中電灯

明かりのついたランタン
Photo byLUM3N

夜の外出も明かりがあれば安心

自然の中にある施設は、夜になると周辺が真っ暗になることが多いです。そんな時には懐中電灯があると安心。おしゃれな雰囲気を出したい場合は、アウトドア用のランタンをチェックリストに入れておきましょう。ランタンの光に癒されながら、素敵な夜の時間を楽しめます。

救急グッズ

怪我をした時の応急処置に

もしもの時のために、救急グッズも必要なものチェックリストに入れておきましょう。絆創膏や消毒液など、基本的なグッズをひとまとめにして怪我をしたらすぐに出せるようにすると良いです。特に子どもがいる場合は怪我のリスクが高まるので、注意をしてください。

【季節別】グランピングに必要な持ち物

春夏秋冬によって必要なものは変わります。続いては、春夏・秋冬に分けて必要なものチェックリストを確認していきましょう。春夏秋冬にふさわしい持ち物を準備して、楽しい時間を過ごしてください。

春夏の場合

青々とした森
フリー写真素材ぱくたそ

虫除けスプレー

春夏は虫除けスプレーが必要です。どんなに設備が整っている施設でも、春夏は虫が出てくることを想定しておきましょう。

水着

川が近くにある場所なら、春夏には水着を準備するのがおすすめです。ただし海ではないので、露出度は低めの水着が良いでしょう。

パウダー状の経口補水液

春夏は熱中症のリスクがあります。パウダー状の経口補水液も春夏の持ち物に入れておくと安心です。パウダーになっていればかさばらず、気軽に春夏のグランピングに持って行けます。

秋冬の場合

雪が積もった山
フリー写真素材ぱくたそ

防寒用のアウターやブランケット

秋冬は、防寒用のアウターを持って行くのがおすすめです。冬だけでなく秋も朝晩は冷えることが多いので、忘れないようにしてください。また膝掛けなどいろいろな用途で使えるブランケットも秋冬に必須の持ち物です。

保温マグやカイロなど

秋冬ならではの温かい飲み物を楽しむために、保温マグも持っていくと良いでしょう。おしゃれなデザインなら写真映えします。この他に、カイロや湯たんぽといった防寒グッズも秋冬に欠かせない持ち物です。

【女性】グランピングに必要な持ち物

女性と男性によって、必要なものチェックリストに入れる持ち物が異なる場合があります。まずは女性が用意しておくと良い持ち物を紹介するので、荷物を準備する際の参考にしてください。

日焼け止め

太陽が眩しい山
Photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

紫外線予防に

外で過ごすことが多くなるため、紫外線が気になる女性は日焼け止めが必須です。春夏はもちろんのこと、秋冬も紫外線は降り注ぎます。こまめに日焼け止めを塗り直すことで日焼けを防げるでしょう。

メイク落とし

ボトルに入った化粧品
フリー写真素材ぱくたそ

アメニティに入ってない場合があるので注意

施設によってはアメニティにクレンジングが入っていることがありますが、入ってない場合も。もしもの時を考えてメイク落としも準備しておきましょう。100均ショップなどで販売されている小分けの容器に入れれば、荷物がかさばることはありません。

メイク道具や化粧品

いろいろなメイク道具
Photo bykinkates

メイク直しや保湿系のアイテムがあると安心

女性にとってメイク道具や化粧品は重要な持ち物です。汗をかきやすい春夏は、メイク直しができるアイテムがあると心配がありません。また秋冬は湿度が低くなるので、肌の乾燥が気になる女性は保湿ができる化粧品を必要なものチェックリストに入れておくのがおすすめです。

生理用品

予定日が近い時の必需品

お出かけする日が生理の予定日に近い女性は、生理用品を忘れないように気をつけてください。女性の日が訪れたらすぐに対処できるように、心構えをしておきましょう。目立たないように、ポーチなどに入れるのがおすすめです。

【男性】グランピングに必要な持ち物

女性と比べて男性は「絶対に必要!」という持ち物は少ないですが、事前準備を怠らないことが大切です。ここでは、持っておくといざという時に役立つ男性に必要なアイテムを紹介します。特にカップルでグランピングをする際に役立ててみてください。

デオドラント用品

汗をかいた時のニオイ対策に

春夏の汗をかきやすい時期にアウトドアにいると、汗をかきやすいです。自分でも気がつかない間に汗臭くなってしまう可能性があるため、デオドラント用品を準備しておくと良いでしょう。自分のニオイに無頓着だと、女性に「汗臭い男性は嫌だな」と思われることも。清潔感のある男性になるために必要なものチェックリストに入れておくと安心です。

整髪剤

いつでもベストなヘアスタイルをキープ

男性が取り入れておきたい持ち物としておすすめなのが、整髪剤です。好きな女性と出かける場合は、いつでもカッコ良い状態を保ちたいですよね。整髪剤を持っておけば、ヘアスタイルを整えるのに役立ちます。持ち運びしやすいように、コンパクトサイズのものを選びましょう。

避妊具

女性と夜を過ごす際に

女性との夜の時間を過ごす場合は、避妊具も必須です。せっかく良い雰囲気になったのに「避妊具がないからダメ」となったらガッカリしてしまうはず。いざという時に備えて、準備しておきましょう。

遊びを楽しみたい時に!必要な持ち物

遊びに関連したものもチェックリストに入れておくと、さらに楽しい時間を過ごせます。アウトドアだからこそ取り入れておきたいアイテムを準備して、みんなで遊んでみましょう。

外で遊べる遊具

ラケットとソケット
Photo byanncapictures

バトミントンやフリスビーなど

バトミントンやフリスビー、大縄跳びなど、アウトドアだからこそ楽しめる遊具を準備しておくと退屈しません。男性女性問わずに遊べる遊具を持って行き、アクティブな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

カードゲーム

カードを持った手
Photo byjlaso

雨が降っても楽しめる

トランプやウノなど、みんなで楽しい時間を過ごせるカードゲームもおすすめしたい持ち物です。もし雨が降って外に出られなくなっても、カードゲームがあれば退屈することなく過ごせます。ホームセンターやバラエティショップなどにユニークなカードゲームが販売されているので、お出かけ前にチェックしてみましょう。

アイスクリームボール

遊びながらアイス作り

生クリームや砂糖、氷などを入れて簡単にアイスクリームを作れるアイテムです。キャッチボールをしたり、転がしたりして遊んでいるうちにアイスクリームを作れるのが嬉しいポイント。1つあると、その場が盛り上がるでしょう。

グランピングで借りれるものは?

基本的な設備が整っている施設では、当日借りられるものもたくさんあります。「あの持ち物を忘れた!」となっても聞いてみれば貸してくれる可能性があるので、借りられるものを事前にチェックしておきましょう。

①寝具

普通のキャンプなら寝袋などを準備する必要がありますが、基本的な寝具は施設にそろっていることがほとんどです。グレードの高い施設なら、ベッドが備え付けられているでしょう。寝具に関しては、準備の心配をしなくても大丈夫です。

②BBQ用の調理道具

バーベキューを楽しむ人
フリー写真素材ぱくたそ

アウトドアといえば、BBQが欠かせないですよね。BBQコンロやトング、菜箸など必要な調理道具は施設内にあることがほとんどです。また食材の販売を行っている場合もあります。ただし、もしおしゃれな写真を撮影したいなら、お気に入りのアウトドア用食器を持っていくのも良さそうですね。

③タオル類

カラフルなタオル
Photo byAlexas_Fotos

水遊びをして体が濡れたり、調理後に食器を洗って手が濡れたりした時に必要なのがタオルです。施設ではタオルを無料で貸し出してくれることが多いので、濡れたとしても心配はありません。何枚か貸してもらい、もしもの時に備えましょう。

グランピングに適した服装

持ち物の準備ができたら、服装にもこだわってみましょう。どのような服装がふさわしいのか確認しておけば「場違いなコーディネートをしてしまった」ということはなくなるはず。おすすめの服装を紹介するので、参考にしてください。

服装①脱ぎ着しやすいコーディネート

デニムジャケットを羽織った女性
Photo byStockSnap

豪華なキャンプと言っても、外で過ごす時間は普段よりも長くなります。日中と朝晩とでは寒暖の差が出ることがあるので、脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。秋冬はもちろん、春夏も1枚羽織れるものがあると肌寒くなった時に便利でしょう。

服装②動きやすさを重視

アクティブに動くことが多いので、汚れても良い服装やストレッチ性のあるアイテムを取り入れるのを意識してください。ミニスカートや半ズボンなどは脚が露出して怪我や虫刺されの原因になるので注意が必要です。なるべく全身を覆えるような服装を心がけましょう。

服装③おしゃれも忘れずに

おしゃれな写真を撮影するのも、楽しみの1つですよね。カメラのフレームに収めた時に写真映えするように、おしゃれな服装も意識すると良いです。女性ならワンピースにレギンスと合わせたり、男性はポロシャツにチノパンにしたり、工夫をしておしゃれを楽しみましょう。

おすすめ!グランピングを満喫する方法

最後に、楽しいひと時を過ごすためのアイデアを紹介します。普段とは違う素敵な時間を満喫できるように、イメージを膨らませていきましょう。

①食材や調理法を工夫してBBQを楽しむ

美味しそうなバーベキュー
Photo bymoerschy

BBQは、使用する食材や調理方法を工夫すると楽しみが増えます。カマンベールチーズを丸ごと網の上に乗せてチーズフォンデュを作ったり、ダッチオーブンでローストビーフに挑戦したり、お好みに合わせてアウトドア料理を楽しんでみませんか?

②自然の中でまったり

白い花が咲いた原っぱ
Photo byLarisa-K

せっかくアウトドアに来たのであれば、スマホを見る時間はなくして自然の中でまったり過ごすのがおすすめです。水遊びをしたり、昼寝をしたり、喧騒から離れた場所で癒しのひと時を満喫してください。

グランピングのための持ち物を準備しよう

お出かけの前は、必要な持ち物を記入したチェックリストを作ることが大切です。事前に確認しておけば、うっかり忘れ物をするのを防げます。準備万端で家族や恋人、友達と楽しいひと時を過ごしませんか?自然の中で、普段は感じられない解放感を楽しみましょう。

グランピングに関連した記事はこちらもチェック!

事前情報を仕入れておくことで、さらにグランピングを楽しむヒントを得られます。下記の記事も参考にして、グランピングを満喫してくださいね。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年撃投ジグに新色登場!秋のオーナーばり新製品特集!

【製品紹介】ファイアツイン https://www.youtube.com/watch?v=3WM1rbflOeM&t=1s 【製品紹介】ファイアフック https://www.youtube.com...

Tピンの基本の使い方を解説✨パールピアスを作りながら!【100均ハンドメイド】

00:00 用意するもの 00:24 作り方 03:33 完成品 今回はTピンの基本の使い方を解説をご紹介しました! 材料 パールビーズ×4 Tピン×4 ピアス金具 ペンチ 丸ヤットコ Tピン...

19セルテートの耐久性は?1年過酷使用したセルテートはこうなります。

★軽くなりすぎ・・・シマノ21ツインパワーXDを買わないワケ。★ https://youtu.be/leptCkAwX8I ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube....

【100均ハンドメイド】セリアの試験管で✨ハーバリウム試験管ネックレスの作り方!

00:00 用意するもの 00:38 作り方 02:54 完成品 今回は「セリアの試験管で作るハーバリウム試験管ネックレスの作り方」をご紹介しました! 材料 試験管ガラスドーム(セリア) チョー...

釣りのラジオ釣りラじ「ねぇ、知ってた?第49回」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ▼釣りラジをSpotifyで聴く!! https://open.spotify.c...