【連載】久しぶりに船釣り!タチウオ&オニカサゴをリレーで満喫!

【連載】久しぶりに船釣り!タチウオ&オニカサゴをリレーで満喫!

連載第40回!今回は久しぶりに船釣り、ライトテンヤタチウオとオニカサゴのリレー船で遊んできました。夜のライトテンヤタチウオはゲーム性抜群で超おすすめ!道具や釣り方、釣りの雰囲気をまとめて紹介しているので、面白い釣りをお探しの方はぜひチェックしてみてください!

記事の目次

  1. 1.タチウオ&オニカサゴを仕立てでリレー!
  2. 2.駿河湾は夜タチができる!
  3. 3.ライトテンヤでタチウオ!
  4. 4.ライトテンヤは釣るのが面白い!
  5. 5.天秤タチウオはいろいろ混ざる!
  6. 6.オニカサゴは天秤で!
  7. 7.タチウオ+αのリレーはおすすめ!

タチウオ&オニカサゴを仕立てでリレー!

今週は久しぶりに船釣り!

タチウオ

連載第40回!今週は久しぶりの船釣り、タチウオ&オニカサゴのリレー仕立てに参加してきました。今は西東を問わず大人気のタチウオ、沼津に焼津と駿河湾も非常に魚影が濃くて、晩秋からはたくさんの船がタチウオ狙いで出船しています。この地域は夜タチ(早朝ですが)もOKで、レンジが高い時間帯を軽いテンヤで狙うゲーム性の高い釣りが楽しめる!道具立てや釣り方、釣りの雰囲気も紹介しているので、遊んでみたかった方はぜひチェックしてみてください!

駿河湾は夜タチができる!

深夜発で朝帰り!

夜タチ

駿河湾沖には3:00時頃からタチウオができるポイントがあり、2時出船、3時出船で遊べる夜タチという釣りがあります。竿おろしの時間が季節で変わるので、冬の場合はちょっと遅め。静岡の中でもエリアによって少し違いがあって、夕方からやる船があったり朝明るい時間からやる船があったりしますが、沼津から御前崎ぐらいまではこのスタイルで遊べる遊漁船を簡単に見つけられます。沖でもタチウオの夜釣りは非常に有効で、明かりが効くのが効率的!暗い海に明かりをつけた船がたくさん浮かんでいる光景は、この時期の夜の風物詩です!

レンジが高く変化が激しい

ポイント自体は結構広いようで、同じエリアで釣っていても水深は船によって若干違いアリ。レンジが高く、当日は30mからスタートしました。上からカウントを入れることになるので、カウンター付きリール、もしくはカラードライン+リーダーでのタナ合わせが必須。32、35、40とタナがコロコロ変わって、明るくなると60m近く糸を出すところまで行きます。釣りのイメージはイカメタルに近い感じ!タックルもイカメタルそのままでOKなので、既に道具をお持ちであれば、仕掛けだけ買ってちょっと遊んでみたいという方にもおすすめできます!

ライトテンヤでタチウオ!

ライトテンヤタチウオを3つに分けてご紹介!

タチウオ

まずは出船直後、リレーゲーム前半のライトテンヤタチウオについて簡単にご紹介します。駿河湾で誕生したこの釣りは、夜の浅いレンジでタチウオを楽しく釣るために生まれたゲーム性の高さが魅力。オモリを追加してある程度の水深まで遊べます。流行中のタチウオテンヤとはちょっと違う釣り味、ライトゲームのような面白さがある釣りです。道具はイカメタル程度、オフショアライトゲーム系のタックルがあればOKです!

①仕掛けはシマノ「サーベルマスター ドラゴン」

シマノ サーベルマスター ドラゴン 40g

出典: Amazon
Amazon
楽天2,143円

使用した仕掛けはライトテンヤタチウオ専用のシマノ「サーベルマスター ドラゴン」。朝までやってリレー、と分かっていたので、ウェイトは40gを用意して、増しオモリにナスオモリの6号と12号を用意しておきました。このテンヤはヘッド下部にシンカーフックがあるので、ウェイトのプラスが非常に簡単です。30号ぐらいまで付けても問題ないらしく、明るくなってから100m以上をやる釣りにも対応できる優れもの!エサ釣り向けのテンヤよりも軽くフックがコンパクト、引っ掛けではなく食わせのコンセプトで遊べます。

②カヤックのSLJタックルを流用!

タチウオ

タックルはイカメタル、もしくは「サーベルマスター SS スティック」など、ライトテンヤタチウオ専用が望ましいんですが、今回はカヤックで使っているSLJタックルをそのまま流用。120g程度まで使えるバーサタイルなロッドに1.2号を巻いた4000XGの組み合わせです。リーダーは40lb+ショートに80lbのセッティング。ロッドやラインについてはここまで強い必要はない釣りなので、選べる場合は仕掛け落としがスムーズなPE0.8号程度の強度で遊ぶのがおすすめです。ティップに関してもやはりちょっと硬かった印象、ソリッドで柔らかいロッドがあると釣果アップに繋がります!

③エサは切り身でOK!

HAMAICHI さんま切り身 釣りえさ用 約170g入り

出典: 楽天
Amazon
楽天803円

エサは定番のイワシ丸ごと、ではなく、扱いやすい切り身でOK。サンマでも鯖でも使えます。当日はオニカサゴ釣りでも使えるサバをそのまま使用しました。エサ付けが非常に手軽で、ルアー派の方でも遊びやすいのがおすすめポイント!仕掛けが回転しないように真っすぐ縫い刺しをして、フックのカーブから少し身が出る程度の位置にセットして使います。小さなエサなので齧られやすいかもと考えましたが、特別エサ持ちが悪いとは感じませんでした!

ライトテンヤは釣るのが面白い!

レンジを見つけて止めor追わせ!

タチウオ

釣り方はライトゲームやタイラバを好む方が好きなタイプ!まずは指示ダナ+αまで沈めて、ゆっくり巻き上げたり落としたりしながら、やる気がある魚を探します。この動作の中で一気に食い込むパターンもありますが、多くの場合はコンッとワンタッチくるところからスタート。アタリを感じたら、ティップを下げて船の揺れを吸収しながら仕掛けを止めてアタリを待つか、追わせて食わせるイメージでゆっくり巻き上げてから止めます。アタリが途絶えたら同じ動作に戻るか、エサチェックで一度回収。特に暗い時間はガンガン動かす必要ナシ、ふわっとワンピッチジャークもアリですが、当日はストレート気味でストップがあるアクションパターンが効果的でした!

食い込みを待つ瞬間が面白い!

止めた仕掛けにタチウオが興味を持ったら、連続してガガッとアタックが来ます。ココで鋭く合わせても乗らないのがこの釣りの面白いところで、そのまま待つか、デッドスローに巻いて追わせるかして深い食い込みを待ちます。この食い込みを待つ瞬間が非常に面白く、工夫しがいがあってゲーム性抜群なポイントです。20秒から30秒ほどやり取りをして、グーっと引き込んだらスイープに大アワセ!アタリを探して、時間を掛けて食い込ませて、大アワセからタチウオの引きがあってと、全てのステップで面白さを感じるのが非常に魅力的!オフショアライトゲームファンはもちろん、アジング、メバリング得意な方はぜひ遊んでみてください!

天秤タチウオはいろいろ混ざる!

天秤仕掛けも好調!

ニベ

仕立てで何をやってもいい、ということで自分は釣り味重視のライトテンヤを選択しましたが、同船者は伝統的な天秤スタイルでの釣行。指示ダナまで落として、電動リールでゆっくり巻き上げと止めを繰り返すこの釣りは、初心者の方でも遊びやすく、この地域で昔から親しまれている釣り方でもあります。タチウオも十分な数がキャッチできていましたが、明るくなると釣れる魚がちょっと変化。ニベに大アジ(40cmオーバー!)と面白い魚が混じって、天秤仕掛けの強さが出る展開に!鯖の切り身を食ってくるアジはどれもかなりのサイズで、船長いわくシーズンを通してときどき混じるようです。いろいろ釣って遊びたい、という方にはこちらの釣りも検討してみてください!

竿は柔らかめが有利!

天秤を使う場合もやはりアタリから食い込み、この流れが非常に重要で、この日は全体的に大きく曲がるしなやかな竿を使っている人が数を出す展開になりました。タチウオのサイズ自体は期待していたほどではなく、4本をメインに3本が混ざるという展開でしたが、たくさんアタって数もでるタチウオ釣りらしさは十分に堪能。季節が進んでもまだまだ遊べる釣りなので、面白さ重視で釣りたい方は要チェックです!

オニカサゴは天秤で!

リレー後のオニカサゴも好調!

オニカサゴ

明るくなってタチウオが沈んだら、30分ほど移動してオニカサゴ釣りにリレー。これは船宿次第なところがありますが、今回お世話になったところではタチウオやりたいけど釣りすぎてしまう、タチウオだけはもったいないというお客さんが多く、オニカサゴやアマダイを混ぜたいというリクエストが多いそうです。当日は強烈に根があるポイントではなくフラット気味な砂利底を流して、根魚釣りにしてはアタリが多い楽しい展開。美味しい魚ですから、背びれに気を付けながら大事にキープです!

タックルとエサはそのまま!

このエリアではオニカサゴもアマダイも天秤仕掛けを使い、100号前後のポイントを攻めるスタイルが主流。ハリスと針を交換すれば、タックルに天秤はそのまま使用できます。オニカサゴならエサもタチウオからの使いまわしでOK。仕立てを検討中なら、リレーでいろいろやるのがおすすめです!

タチウオ+αのリレーはおすすめ!

お土産いっぱいで無事終了!

カサゴ

オニカサゴ釣りは巨大なカンコが混じったりして、トラブルなく無事に終了。お土産いっぱいでの帰港になりました。ライトテンヤタチウオは自分の好みにガチっとハマった釣りだったので、機会があれば夜通し遊んでみたい!やや地域限定的な釣りではありますが、ゲーム性重視ならかなりおすすめです。リレーも考慮に入れながら、ぜひ検討してみてください!

連載が気になる方は下記のリンクをチェック!

連載が気になる方は、下記のリンクをチェック!先週、先々週と調子がよかった陸っぱりの実釣記事をご紹介します。船釣りが終わって今週も何度か遊びに行ってきましたが、なんだかベイトの気配が無くて普通の海に。また強い風が吹けば状況がよくなりそうです。晩秋は堤防、サーフも面白い季節、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください!

【連載】ヒラメ青物好調!ちょっと遅めのソルトゲームハイシーズンをレポート!のイメージ
【連載】ヒラメ青物好調!ちょっと遅めのソルトゲームハイシーズンをレポート!
連載第39回!今週はついにシーズンインを迎えた初冬の釣り、青物とヒラメの実釣レポートをお届けします。自分のエリアでは冬らしい大型のベイトはまだこれから、小型ベイトの攻略が釣果のカギを握っています。中部で冬の釣りにお出かけになる方は、ぜひ参考にしてみてください!
【連載】ヒラメシーズン開幕!?強風を使ったドリフトでシーズン一匹目をゲット!のイメージ
【連載】ヒラメシーズン開幕!?強風を使ったドリフトでシーズン一匹目をゲット!
連載第38回!今回は堤防からのヒラメゲーム、海の状況やヒットルアー等をまとめて紹介しています。風があったり流れがあれば、ドリフト的な流し方が有効!冬のヒラメ釣りでは出番の多いテクニックなので、初心者の方もぜひチェックしてみてください!
sim0223
ライター

sim0223

おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking