【実釣インプレ】がまかつ「宵姫華S77M-solid」!手堅いセッティングが遊びやすい!

【実釣インプレ】がまかつ「宵姫華S77M-solid」!手堅いセッティングが遊びやすい!

「宵姫華S77M-solid」の実釣インプレ!夏の回遊アジ狙い、スプリットショットをメインに、遠投アジングで使用して感じたこのロッドの魅力をインプレッションします。メバリングもOK!沖でしっかり動かすなら「宵姫華S77M-solid」です!

記事の目次

  1. 1.「宵姫華S77M-solid」を実釣インプレッション!
  2. 2.「宵姫華S77M-solid」とは
  3. 3.「宵姫華S77M-solid」の基本スペック
  4. 4.「宵姫華S77M-solid」の対応リグについて
  5. 5.「宵姫華S77M-solid」のキャストフィールを実釣インプレ!
  6. 6.「宵姫華S77M-solid」の操作性を実釣インプレ!
  7. 7.「宵姫華S77M-solid」の感度について
  8. 8.「宵姫華S77M-solid」のラインセッティングについて
  9. 9.「宵姫華S77M-solid」はこんな釣りにおすすめ!
  10. 10.「宵姫華S77M-solid」で遠投リグを楽しもう!

「宵姫華S77M-solid」を実釣インプレッション!

がまかつの人気ロッドをインプレ!

宵姫華

がまかつの人気ライトゲームロッドシリーズ「宵姫 華」の実釣インプレ!今回は遠投リグに照準を合わせた「S77M-solid」のインプレをお届けします。遠投後もしっかりリフトできるパワーと、宵姫らしいフィネスな使用感の両立!アジング、メバリングどちらも楽しめるロッドなので、ライトゲームシーズンの開幕に向けて、新タックルを検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

「宵姫華S77M-solid」とは

がまかつラグゼのアジングロッド!

宵姫華

「宵姫華S77M-solid」は、がまかつラグゼのアジングロッドシリーズ「宵姫 華」の遠投リグ向けロッドです。「宵姫 天」よりもややマイルドに、エンドグリップがあり、遠投向けのモデルまでラインナップされているのが特徴。今回ご紹介する「S77M-solid」はスタンダードな遠投リグ向け、12g程度までのリグを担当するモデルです。もちろん超軽量で曲がりがしなやか!ヘビーな遠投向けではなく、スタンダードな遠投ロッドを2本目に選びたい方におすすめです!

外向き堤防からのアジングに使用!

今回お届けするインプレッションの内容は、早夏から晩夏、堤防外向きのアジングで3か月ほど使用しての感想になります。メインで使用したリグは5gのスプリットショット、狙うアジのサイズは25cmクラス。キャロ、メタルジグ、2gクラスのジグ単といろいろキャストしてきました。メバリングのシーズンではなかったので、フロートリグの出番はナシ。キャロ、スプリット向けのロッドをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください!

「宵姫華S77M-solid」の基本スペック

驚異の自重58g

宵姫華

軽さにこだわる「宵姫」シリーズ、遠投リグ向けの「S77M-solid」も自重58gと非常に軽量なスペックです。合わせたリールは「17 ソアレ ci4+ C2000SS PG    」。自重160gのモデルです。このクラスのリールを合わせればバランスは十分、ロッドの軽さを引き出せる構成になりますが、10gクラスのリグを使う場合はリール側に剛性、パワー不足を感じる瞬間があります。パーフェクトを目指すなら「18 イグジスト」まで検討してみましょう!

MAX12g、PE0.5号まで対応

ルアーは12g、ラインはPE0.5号までに対応。アンダーは1gクラスのジグ単まで、という幅の広いロッドです。ジグ単使用時は「S69FL-solid」等、ジグ単向けとして展開されているロッドよりもティップ側に硬さを感じるフィーリングになりますが、キャストや感度は問題ナシ。重めを使う時は、遠投後もしっかりリフトできるハリ感、ベリーからバットにかけてのパワーが快適です。他の「宵姫」同様マイクロガイドセッティングなので、スペック表記通り0.5号まで、製品選びはなめらかさや細さにこだわって選ぶのがおすすめです!

「宵姫華S77M-solid」の対応リグについて

各リグの使用感を3つに分けてご紹介!

宵姫華

「宵姫華S77M-solid」の対応リグについてです。10gクラスのフロート、キャロ、スプリットといった、スタンダードな遠投リグとは相性抜群。モデルコンセプトに合った使い方が一番快適に楽しめます。やや重めとすれば、ジグ単にも十分対応可能。懐かしい感じのアジングが楽しめる1本です。

①キャロライナリグ・スプリットショットリグ

このロッドにピッタリハマる遠投リグ。フロートを含め、現在は3g未満、10g前後、15gオーバーと複数のクラスに分類されていますが、「S77M-solid」が最も得意とするウェイトは3gから10g程度のウェイトになります。実釣で出番が多かった5gのスプリットショットは、飛距離、操作性とも文句ナシ。軽量なジグ単まで遊べるスペックではありますが、メインはやはりこのクラスの遠投リグです。やや先調子、ティップ硬めで投げやすく、遠投後にしっかりリフトできて快適!流れがある、深い、リグに掛かる抵抗が大きいシチュエーションでも、しっかり仕事をしてくれます!

②ジグ単

遠投向けのモデルなので、ジグ単向けのモデルよりもティップは硬め。ハリが強く、はっきりとしたファーストテーパーが主流だった頃のアジングロッドを思い出す使用感を持っています。1gから2g程度のジグヘッドであれば十分に使用可能ですが、アクションやフッキングはソフトティップなモデルよりも強めになるので、感覚を調整しながら楽しみましょう。基本的にはPEラインを合わせるのがおすすめですが、エステルラインを使いたいジグ単、PEが有利な遠投リグの両方を使えるので、フロロやシンキングPEでバランスを取る方法もあります!

③メタルジグ・ワインド

繊細なジグ単ロッドでは少々扱いにくい、メタルジグや5gクラスのワインドジグヘッドも試してみました。ウェイトが合っているのでキャストは問題ナシ、ハッキリ動かす場合はハリのあるセッティングが活きますが、メタルジグをタダ巻きして乗せるような釣りにはティップが少々硬め。ワインドもテンションを抜いたタイミングでのライン絡みが気になります。あくまでも流用として、ちょっと遊ぶ程度であれば十分楽しめますが、高い専門性を求める場合は他のモデルも検討するのがおすすめです。暗くなる前に小型青物を少し、という使い方ではバッチリに楽しめました!

「宵姫華S77M-solid」のキャストフィールを実釣インプレ!

しっかり振りきれるパワーと曲がり

宵姫華

やや重めのリグを得意とするロッドなので、投げ感もライトゲームロッドとしてはパワーを感じるフィーリング。ベリー、バットの強さでしっかりと振りぬけて、多少風が吹いていても気持ちよくキャストができます。ティップを曲げて、というキャストではなく、胴を感じながらキャストできる印象。パワフルにはじき出さすキャストで飛距離もバッチリです。自重は非常に軽量ながら、5g、10gといったウェイトであればしっかり投げ込めます!

投げやすさも十分!

ちょっと硬めのハードソリッドティップ、ハリもあるロッドですが、ある程度のところからはしっかり曲がる、がまかつロッドらしいセッティングで投げやすさもバッチリ。硬すぎて投げにくい、キャストに怖さがあるような調子ではありません。もちろん投げやすさだけならスローなテーパーのロッドに分がありますが、感度や操作性とのバランスがこのロッドの秀逸なところ。アジング、メバリングに精通している方でも、満足して使えるロッドに仕上がっています!

「宵姫華S77M-solid」の操作性を実釣インプレ!

しっかりリフトできて遠投リグが快適!

宵姫華

遠投リグ向けのモデルらしいセッティングは、遠投後のリフトに大きく貢献。スプリットショット、キャロライナリグ使用時は、ある程度のハリ感でしっかり仕掛けを持ち上げて、誘いに必要な高さを稼いでくれます。スローに細かく誘いたい時、ロッドのふり幅を小さくしても、この部分の強みは変わらず。リグウェイト、釣り場のシチュエーションに合わせて楽しめるロッドです。まったく曲がらない、という調子ではないので、曲がり加減の調整でリグのコントロールを楽しみたい方にもおすすめです!

パワー十分でグッドサイズも狙える!

25cm程度のアジ、30cm程度のワカシと掛けてロッドのパワーを実感。ワカシは5m程度の高さから抜きあげても問題ありませんでした。抜き上げ時の不安感もナシ。強烈に軽いロッドですが、尺アジはもちろん、尺メバルも十分射程圏内に入るパワーがあります。掛けてからの曲がり幅も十分で、全体の曲がりはもちろんスムーズ!この部分はがまかつロッド、「宵姫華」シリーズに共通する魅力でもあります!

「宵姫華S77M-solid」の感度について

張らず緩めずのアタリをキャッチ!

宵姫華

実釣時に多用したスプリットショットリグでは、数回に分けてテンションを抜くステップフォールを多用。アタリはテンションを抜いた瞬間に集中するような釣り方でアジを狙っていました。風が強くラインコントロールが難しい日もありましたが、張らず緩めずのところで止めることさえ意識しておけば、フォールでアタる違和感をしっかり認識できます。キャロを送っている最中の感度も良好、フロートが間に入っても気持ちよくアタリをとれそうです!

違和感の伝達はストレート

「宵姫華」の中では硬め、ジグ単向けのモデルと比べると違和感の伝達はストレートな印象で、微妙な曲がりが伝える違和感伝達、という部分よりも真っすぐ伝わる感度を強く感じました。もちろん重めのリグを流れに入れれば、シリーズを通しての違和感伝達能力でいいポイントを教えてくれます。遠投向けのライトゲームロッドらしい、手堅い構成としっかりまとまった基本スペックの高さがこのロッドの魅力です!

「宵姫華S77M-solid」のラインセッティングについて

エステル使用時も違和感ナシ!

宵姫華

ジグ単やライトな遠投リグ向けにエステルラインもテスト。実釣時はほぼPEラインで通しましたが、エステルを使っても特に違和感はありませんでした。ややハリが強いロッドなので、ドラグは緩めで釣るのがおすすめ。1.5gのジグ単、3gのキャロという釣り場で遊ぶときはフロロやエステルをおすすめします。明らかに10gクラスは使わない、という方には「S74L-solid」がおすすめなので、いつもの釣り場、ご自身のスタイルと合わせて検討してみてください!

PEラインは品質にこだわって!

ガイドが非常に小さく、感度も高い「宵姫華」。表面が荒い、硬い、太い、こんな特徴を持っているPEラインはあまりおすすめしません。「S77M-solid」はライトなモデルと比べるとやや太め、PE0.5号までを推奨したセッティングなので、ミドルグレードのラインは0.4号としておけば問題ナシ。ガイド径に合わないものを使うと干渉が気になります!

「宵姫華S77M-solid」はこんな釣りにおすすめ!

遠投リグのロッドに!

宵姫華

スプリットショット、キャロ、フロートと3大リグを使うスペシャルな1本におすすめ!リグウェイトはトータルで5gから10g程度、ミドルクラスを使うタックルにピッタリのロッドです。バーサタイルであれば「S74L-solid」があるので、専門性を求めた構成でまとめたい方におすすめします。港内ではなく堤防外向き、小磯でのライトゲームなら「S77M-solid」です!

アジング、メバリング両対応!

「宵姫 華」の中ではハリ重視、どちらかと言えばアジング向けと言えるテイストですが、遠投後の操作を考えるとアジング、メバリングどちらでも活躍できるセッティング。両方が混ざる釣り場でも遊びやすいロッドだと思います。操作性を重視して少しハリのあるロッドを使いたい、という方にはぜひ試してほしい1本。サイズ狙いの釣りでもバッチリ活躍してくれます!

「宵姫華S77M-solid」で遠投リグを楽しもう!

扱いやすさと高い基本性能!

宵姫華

軽さ、感度といったライトゲームロッドの基本性能は非常に高く、ノンストレスな遠投リグの操作を可能にするハリも確保されている「宵姫華S77M-solid」。流れの効いたポイントの攻略、サイズ狙いでの遠投ゲームにピッタリのロッドです。硬すぎず柔らかすぎず、扱いやすさを感じるセッティングが非常に魅力的。ちょっと重めで攻めるなら、「宵姫華S77M-solid」をチェックです!

実釣インプレが気になる方はこちらもチェック!

実釣インプレが気になる方は、下記のリンクをチェック!がまかつ「宵姫」シリーズから、尺メバル狙いにおすすめの「S610UL」、軽量ジグヘッドの操作性と感度、飛距離を両立できる「宵姫 天 S61L」をご紹介します。アンダー1gを使いこなしつつ、パワフルに寄せる「S610UL」は超おすすめ!ヒラスズキ混じりの釣り場で活躍間違いナシの1本です。サイズ狙いのロッドをお探しの方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【実釣インプレ】がまかつ「宵姫華S610UL-solid」!尺メバルならこのロッド!のイメージ
【実釣インプレ】がまかつ「宵姫華S610UL-solid」!尺メバルならこのロッド!
「宵姫華S610UL-solid」の実釣インプレ!がまかつさんから数か月ロッドをお借りして、尺メバル狙いで使用した感想をまとめて紹介しています。強さと繊細さのバランスが秀逸!尺狙いなら「宵姫華S610UL-solid」をチェックしてみてください!
【実釣インプレ】がまかつ「宵姫天 S61L」!ジグ単で飛距離を出したいならコレ!のイメージ
【実釣インプレ】がまかつ「宵姫天 S61L」!ジグ単で飛距離を出したいならコレ!
「宵姫天 S61L」の実釣インプレ!がまかつさんに「宵姫天 S61L」を2か月ほどお借りして、アジングで使用したインプレをご紹介します。外向きのジグ単なら61Lで間違いナシ!かなりおすすめできるモデルなので、気になっていた方は是非チェックしてみてください!
sim0223
ライター

sim0223

おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。

Article Ranking