ロードバイクのおすすめキックスタンド10選!軽量でおしゃれな商品はコレ!

ロードバイクのおすすめキックスタンド10選!軽量でおしゃれな商品はコレ!

軽量でおしゃれなロードバイクで役立つキックスタンドを紹介していきます。使わない時にはコンパクトに保管できる着脱式スタンドや、2本脚でしっかりと重い車体も支えられるセンタースタンドなど、種類多くのロードバイクにおすすめなキックスタンドを紹介しています。

記事の目次

  1. 1.キックスタンドについて
  2. 2.おすすめ①:滑り止め付きカーボン製スタンド
  3. 3.おすすめ②:付け方シンプルな着脱式スタンド
  4. 4.おすすめ③:クイックリリース対応のアルミスタンド
  5. 5.おすすめ④:2カラーより選択できる軽量スタンド
  6. 6.おすすめ⑤:クイックリリース対応の着脱式スタンド
  7. 7.おすすめ⑥:スイス製の高品質なスタンド
  8. 8.おすすめ⑦:丈夫でお手頃な二本脚スタンド
  9. 9.おすすめ⑧:ゴリックスの人気2本脚スタンド
  10. 10.おすすめ⑨:角度&長さ調整可能なスタンド
  11. 11.おすすめ⑩:ワンタッチ&着脱式スタンド
  12. 12.まとめ

キックスタンドについて

今回は軽量でおしゃれなロードバイクにオススメなキックスタンドを紹介していきます。キックスタンドは元々スタンドがついていないロードバイクやクロスバイクに取り付けられるアイテムで、取り付ける事によって、ロードバイクでのサイクリング中などにちょっと自転車を停車しておきたい時などにも、自転車のボディを支えながら立てておくことができますので大変便利です。

キックスタンドには一本脚タイプのものだけでなく、より安定性が増している二本脚タイプのセンタースタンドもあります。また後輪がクイックリリースのロードバイクにも対応して使えるキックスタンドなどもあります。付け方もとてもシンプルで、お値段の安いキックスタンドがたくさんありますので、自分好みのキックスタンドを選んで使ってみてくださいね。(記載されている内容は2020年9月3日現在の情報を元に作成しています。)

おすすめ①:滑り止め付きカーボン製スタンド

ROCKBROS(ロックブロス) キックスタンド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ約35.5×1cm
素材シルバー/ステンレス、ブラック/カーボン
重量27g
カラーシルバー、カーボン

Rockbrosのこちらのサイドスタンドは、元々スタンドがついていないロードバイクに乗っていて、停車する時に困っていたという方にもおすすめなサイドスタンドです。お値段もお安いのでコスパも良いです。26インチ以下で、かつ700Cのロードバイクをはじめ、マウンテンバイクやクロスバイクに取り付けして使える軽量でおしゃれなサイドスタンドです。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

頑丈なカーボンでできているキックスタンドで、耐久性にも優れています。またマグネット連接式のサイドスタンドで付け方も簡単です。しっかりと固定する事が出来ますので、ロードバイク走行中も落ちる心配もありません。地面に接地する部分にはしっかりと安定感良く自転車を支えてくれる滑り止めゴムが付いています。収納可能なホルダーも付いていて、着脱式なので使わないときには折りたたみして自転車のフレーム部分に固定することもできます。サイズも邪魔にならない長さです。

おすすめ②:付け方シンプルな着脱式スタンド

Bikeguy QRスタンド クイックリリース取付スタンド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズH30×W40×L315~360mm(本体) ※外形
重量約280g(本体)+約50g(QR)
カラーブラック(付属QRはブラック)

こちらのQRスタンド・クイックリリース取り付けスタンドは、お値段も安いクイックリリースハブ車対応のサイドスタンドで、口コミでも取り付け取り外しも簡単で、安定感も良く使いやすいといった投稿もあるおしゃれで軽量な人気サイドスタンドです。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B000UVEQU4?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

適合車種は後輪クイックリリースハブ採用のロードバイクで、かつ24〜28インチのタイヤサイズのロードバイクになります。耐荷重は約15kgまで耐えられるサイドスタンドです。またフレームエンドに合わせて角度調整も可能です。またディスクブレーキ・リアサスペンション・変形フレームなどを採用しているロードバイクや、カーボンフレームを採用しているロードバイクも傷つけずに使う事が出来ます。簡単に工具不要で取り外しもできる着脱式タイプのサイドスタンドで、高さ調節も六角レンチを一本だけ使用して簡単にできますので便利です。

おすすめ③:クイックリリース対応のアルミスタンド

パンサー サイドスタンド クイックリリース仕様全般対応

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ700C・24〜27.5×2.1 ※適合サイズ
素材アルミニウム
重量150g
カラーブラック

パンサーの軽量キックスタンドは、クイックリリース仕様全般のロードバイクに対応して使う事ができる人気のサイドスタンドになります。A・Bの2種類のタイプがある商品で、どちらもクイックリリースで固定する軽量スタンドである事は同じですが、Bタイプの方が少しだけ重さがあるという特徴があります。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B07WBZFD35?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

アルミニウム合金で出来ているサイドスタンドなので重さもわずか150gと軽量で、サイズもコンパクトでスリムです。またサイズを調整できる機能も付いていて便利です。適合車種は24から27.5インチのタイヤサイズのロードバイクか、700Cのロードバイクになります。取り付けるための工具は特に付属されておらず、2.5・3・4mmの長さの六角レンチが必要となります。付け方は特に難しくなく、初めての方にも扱いやすいサイドスタンドです。

おすすめ④:2カラーより選択できる軽量スタンド

volflashy キックスタンド クイックリリース レッド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ直径26・27.5・29インチの車輪の自転車も対応
素材アルミ合金
カラーブラック、レッド

軽量な上に、耐摩耗性・耐腐食性にも優れているアルミ合金製です。丈夫なので長く愛用していくこともできるおしゃれなサイドスタンドです。付け方もシンプルで、しっかりと外れないように取り付けできますので、ロードバイクでの移動中も安心して使えるクイックリリース対応のおしゃれな軽量スタンドです。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B07FHZBSF8?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

後輪クイックリリース車にも対応して使う事ができ、直径26・27.5・29インチサイズの車輪のロードバイクに対応して使う事もできます。また選び方では落ち着きあるブラックと、おしゃれなレッドカラーがありますので、自分の愛用しているロードバイクの雰囲気に合わせても決める事が出来ます。雨で滑りやすくなっている地面の上にもしっかりと接地して、大切な自転車を支えられるように滑り止めも付いているキックスタンドです。
 

おすすめ⑤:クイックリリース対応の着脱式スタンド

U-LIX(ユーリックス) KickStand

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ折畳み状態:13cm、伸ばした状態:33cm
重量スタンド部分 : 60g
カラーブラック

U-LIXの自転車用キックスタンドは、一度取り付けしても、必要なければ取り外しする事もできる着脱式のサイドスタンドです。クイックリリース車にも対応して使う事ができ、付け方も簡単なので人気があります。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

重さも約60g程度しかない軽量スタンドで、3つに折りたたみできるデザインになりますので、使わないときには、鞄の中にもすっぽりと収められる着脱式スタンドです。ロードバイク以外にも、クロスバイクやマウンテンバイクなどに取り付けして使う事もできます。輪行のお供としても便利に使えて、小さなタブを取り付けるだけとシンプルな付け方の着脱式スタンドになりますので、おしゃれなロードバイクの外観を損なわせる事もありません。また取り付け可能条件としましては、取付部のステー下部の幅が1cm以下の自転車のみとなっているサイドスタンドになります。

おすすめ⑥:スイス製の高品質なスタンド

ESgE ダブルレッグスタンド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ350×70×60mm
素材アルミ合金(本体、プレートの一部)、スチール(ボルト、本体部品の一部)、プラスチック(レッグキャップ、プレートの一部)
重量550g
カラーブラック

ESgEのダブルレッグスタンドは、軽量なアルミ合金とスチールで出来ていながらも、耐荷重が25kgまでと強度に優れているセンタースタンドです。色はブラックとシルバーから選べるので、愛用しているおしゃれなロードバイクと比べても決められます。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B002K6EYZY?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

二本足タイプのセンタースタンドで、ロードバイクを停車している時にもしっかりと安定感よく支えることができます。また新型の2種類の取り付けパーツが付いていて、チェーンステーのサイズに合わせて幅や角度を調整して装着する付け方も可能なセンタースタンドなので、ロードバイクだけでなく、クロスバイクやマウンテンバイクなどの車種にも対応して使うことができます。ロードバイクで移動している時や、電車などで輪行している際には、片側に収まるようになっているセンタースタンドなので、サイズが比較的大きいながらも、邪魔になることもなく快適です。

おすすめ⑦:丈夫でお手頃な二本脚スタンド

UPANBIKE 自転車キックスタンド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ身長:34cm〜37.5cm / 13.4インチ〜14.8インチ(脚長は調節可能)、 2つの足の間の距離:25cm〜29cm / 9.8 〜11.4
素材アルミニウム合金
重量約640g
カラーブラック

UPANBIKEのダブルレッグスタンドは、26インチサイズ以上のロードバイクやマウンテンバイクに適しているおしゃれなセンタースタンドです。お値段も安く、コスパも良い事から人気の高い商品になります。また付け方も簡単で、初心者にも扱いやすい軽量スタンドです。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B073W3C48V?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

強化プラスチック製の脚部と、滑り止めが付いている足底を採用している2本足タイプのセンタースタンドで、雨などで濡れている地面などに停車する時にも安定感良く接地できます。サイドにはレッドカラーのプッシュボタンが付いていて、22〜33cmまでサイズを調整する事も可能となっているセンタースタンドです。またロードバイクを停車するだけでなく、修理をするときにもしっかりと自転車をさあせてくれて便利です。

おすすめ⑧:ゴリックスの人気2本脚スタンド

GORIX 自転車センタースタンド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ高さ33~38 x横幅14~21.2 cm
重量660g
カラーブラック

人気の自転車用品ブランド・ゴリックスより販売されているこちらのダブルレッグスタンドは、自転車を停車する時に便利なセンタースタンドで、チェーンステーにはさみこむだけというシンプルな付け方で、誰でも手間なく取り付けられます。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

二本足タイプのセンタースタンドなので、重さのあるロードバイクもしっかりと安定して支えることができます。また車体を偏らせずに下部からバランスよく持ち上げる形で支える事が出来ます。使わない時は折りたたみすることもでき、ホイールやペダルに干渉せずに常備した状態でロードバイク移動ができます。また足部分にはボタンが付いていて、押しながら動かせばサイズを約5cm調整する事もできるおしゃれなセンタースタンドです。

おすすめ⑨:角度&長さ調整可能なスタンド

HuktDer自転車 キックスタンド 24-29インチ対応

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ24~29インチ対応
素材アルミニウム合金製
重量約400g
カラーブラック

HuktDerのアルミニウム合金製サイドスタンドは、24〜29インチサイズで、スタンドがもともと付いていないロードバイクやクロスバイク対応して使えるキックスタンドになります。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

脚には濡れた地面でもしっかりとズレないように接地する滑り止めが付いています。軽量で耐食性に優れているアルミ合金製で、長く愛用していくことができます。チェーンステー・シートステー部に装着して使うタイプのキックスタンドで、付け方も難しくないので誰にでも扱いやすいです。また横についている赤いボタンを押せば、サイズを46〜50cmの間で調整する事もできるおしゃれなサイドスタンドです。また20°〜70°まで角度を調整することもできます。

おすすめ⑩:ワンタッチ&着脱式スタンド

ノグチ ワンタッチ簡易スタンド クイックリリース対応

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
サイズ対応サイズ:700c
素材アルミ(本体)
重量約100g程度
カラーブラック

ノグチより販売されているワンタッチ簡易スタンドは、軽量で丈夫なアルミ合金製です。使わないときはフレームに取り付けておける着脱式スタンドで、クイックリリース車にも対応して使う事ができるおしゃれなサイドスタンドです。

ロードバイク用キックスタンドの特徴は?

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B07211YJ8B?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

付け方もクイックリリースに挟み込むだけと非常にシンプルなので、初心者にも使いやすい簡易スタンドです。安定性やサイズも申し分なく、多少の風であれば大丈夫なくらいに安定して使えているという口コミも投稿されている人気の軽量スタンドです。またフレームに取り付けられるバーもある着脱式スタンドで、外して管理する事もできて便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ロードバイクに取り付けられるキックスタンドには、使わない時に取り外して保管できる着脱式のタイプや、一本足だけのサイドスタンドだけでなく、脚が2本付いているセンタースタンドもあります。自分好みの商品を選んでぜひ活用してみてくださいね。

自転車について気になる方はこちらもチェック!

以下は、ロードバイクのメダル交換のやり方について紹介している記事、バーエンドキャップのおすすめや付け方&外し方について解説している記事、自転車の速度の計算方法と平均を種類別に解説している記事になります。こちらの3記事も自転車に関する内容ばかりなので、ご興味ありましたら是非目を通して参考にしてみてくださいね。

ロードバイクのペダル交換のやり方は?必要工具と正しい取り付け方を解説!のイメージ
ロードバイクのペダル交換のやり方は?必要工具と正しい取り付け方を解説!
ロードバイクのペダル交換は難しいのではないか?と思っていませんか?実はペダル交換はとても簡単なのです。ロードバイクのペダル交換で必要な工具類や、正しい取り付け方法を知っていれば誰でも気軽に行えます。ぜひこの記事を参考にペダル交換に挑戦してみてくださいね。
バーエンドキャップのおすすめ8選!付け方、外し方解説!付けないと超危険?のイメージ
バーエンドキャップのおすすめ8選!付け方、外し方解説!付けないと超危険?
おすすめのバーエンドキャップをご紹介します。安全にサイクリングを楽しむ為に必須なアイテムですが、バーエンドキャップを取り付ける事の重要性を軽視している方もいるのではないでしょうか。転倒時にケガを防ぐ為にも重要なので是非ご自身の自転車に取り付けましょう!
自転車の速度(時速)の計算方法と平均を種類別に紹介!法定速度は何キロ?のイメージ
自転車の速度(時速)の計算方法と平均を種類別に紹介!法定速度は何キロ?
安全に自転車ライドを楽しむために、速度に気をつけて走りましょう。気になる自転車の法定速度や罰則、さらに速度の計算方法などをご紹介します。便利なサイクルコンピューターも併せてご紹介しますので、サイクリングを楽しまれる方はぜひ参考にしてくださいね。
hanashin
ライター

hanashin

初めましてhanashinと申します。これからキャンプ・登山などのアウトドアを本格的に始める方にも分かりやすい記事を執筆していきます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking