シマノ「20 ヴァンフォード」!軽さが自慢のストラディックCI4後継機!

シマノ「20 ヴァンフォード」!軽さが自慢のストラディックCI4後継機!

「20 ヴァンフォード」は、シマノの2020年新作スピニングリールです。ストラディックCI4+の後継機となるモデルで、「19 ストラディック」クラスのコスパが魅力。軽さとコスパで選ぶなら新作の「20 ヴァンフォード」です!

記事の目次

  1. 1.「20 ヴァンフォード」が発表!
  2. 2.「20 ヴァンフォード」とは
  3. 3.「20 ヴァンフォード」はストラディックCI4+の後継機!
  4. 4.「20 ヴァンフォード」はローターがウリ!
  5. 5.「20 ヴァンフォード」はMMギア2&ロングストロークスプール!
  6. 6.「20 ヴァンフォード」の番手ラインナップ
  7. 7.「20 ヴァンフォード」の価格と発売日
  8. 8.「20 ヴァンフォード」と「16 ストラディックCI4+」を比較!
  9. 9.「20 ヴァンフォード」と「19 ストラディック」を比較!
  10. 10.「20 ヴァンフォード」でコスパ追求!

「20 ヴァンフォード」が発表!

ストラディックCI4+の後継機が登場!

幅広いルアーゲームで活躍してきた「ストラディックCI4+」の後継機!豪華な採用技術と抑えた価格が魅力の新作「20 ヴァンフォード」をご紹介します。シマノの中核モデルになるのは間違いナシ!ライトゲーム、バス、エギングファンは要チェックです!

「20 ヴァンフォード」とは

シマノの2020年新作スピニングリール

出典: http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/6165

「20 ヴァンフォード」は、シマノの2020年新作スピニングリールです。「19 ストラディック」に続くシマノハイコスパ機、「ストラディックCI4+」的に展開される期待の新作。強みはもちろん自重、巻きの軽さと価格で、「19 ストラディック」同様、新型らしい豪華な機能構成も魅力的です。シマノ機の中でも特に人気が集中したモデルの新作!淡水からソルトまで、軽量なタックル構成を目指すときは必ずチェックしておきたい1台です!

暮らし~の動画をチェック!

暮らし~のYoutubeチャンネルから、「20 ヴァンフォード」の動画をご紹介。どんなリールなのか、概要をまとめてチェックできます。「マグナムライトローター」、「マイクロモジュールギアⅡ」、「サイレントドライブ」と豪華な搭載機能でコスパは間違いナシ。発売日がやや変則的ですが、季節の釣りモノにはギリギリ間に合うタイミングなので、発売日直後からガンガン使いたい方にもおすすめできます!

「20 ヴァンフォード」はストラディックCI4+の後継機!

軽さとコスパがコンセプト

「20 ヴァンフォード」のコンセプトは軽さとコストパフォーマンス。人気のライトゲーム、最新の軽量ロッドと合わせてバランスがとれる自重と、満足感が高い価格設定がこのアイテムの特徴です。巻き心地に関する技術も、後述する「マグナムライトローター」をメインに、クイックレスポンスシリーズらしい構成!アジング、メバリング、バスやエギングには特におすすめです。

分かりやすいネーミングを目指して

ネーミングが「20 ヴァンフォード」となったのは、コアソリッドの「19 ストラディック」と明確に区別するのが狙い。クイックレスポンス系、ヴァンキッシュの系譜であるというネーミングです。同じ「ストラディック」で剛性タイプと軽量タイプ、シリーズとしては価格重視のコスパモデルという分け方とどちらがしっくりくるか、というのはユーザーによって好みが分かれそうですが、今後は「ヴァンフォード」がミドルクラスの軽量スピニングリールを担当します!

「20 ヴァンフォード」はローターがウリ!

ヴァンキッシュとヴァンフォードは同じローター!

「20 ヴァンフォード」はローターが「19 ヴァンキッシュ」と同一!「19 ストラディック」との違いが最も色濃くでる部分がこのローターです。価格差定価5,000円程度でハイエンドクラスのローターが付くなら「20 ヴァンフォード」、価格自体は「20 ヴァンフォード」が上ですが、コストパフォーマンスは「19 ストラディック」以上と言えそうです。発売日が2019年、旧型ではなく新型の技術が採用されているという点は非常に魅力的です!

軽い巻き心地と強さを両立

「NEW マグナムライトローター」の特性は、形状による剛性のアップ。素材の軽さを活かしつつ、ゆがみに強いローターに仕上がっています。上記動画でシマノプロアングラー、黒田健史氏が語っているように、PEラインを使ったパワフルなファイトでも十分なフィーリングを得られる剛性感。1号程度までの釣りであれば、気持ちよくファイトができそうです。PEバス、尺メバル、ヘビーな遠投アジングにピッタリ!軽量ローター搭載機は、もちろん巻き心地も軽やかです!

「20 ヴァンフォード」はMMギア2&ロングストロークスプール!

最新ギア「マイクロモジュールギアⅡ」

「19 ストラディック」への採用で話題になった、新歯面設計のギアです。定番の「HAGANEギア」技術と合わせて、強く雑味の無い巻き心地に貢献。クイックレスポンスかつ「マイクロモジュールギア」を搭載しているモデルとして、最安値のアイテムになりました。ライトゲーム、フィネスな構成との相性はもちろん、使っていて満足感が高い巻き心地を提供してくれます!

新基準の「ロングストロークスプール」

スプールも「19 ストラディック」からミドルクラスへの採用が始まった「ロングストロークスプール」。飛距離のアップとライントラブル軽減への影響から、ハイエンド機を含め高く評価されている設計です。PEラインとの相性は抜群!これからのシマノスピニングリールは、多くがこの構成になると予想されるので、ミドルクラスで触っておきたい方はぜひチェックしてみてください!

「20 ヴァンフォード」の番手ラインナップ

番手ラインナップを3つに分けてご紹介!

「20 ヴァンフォード」の番手ラインナップを3つに分けてご紹介。全14機種、スペックにハマるライトなモデルから「C5000XG」まで、豊富なラインナップでさまざまなルアーゲームをサポートするラインナップです。スペックが活きるライトな番手は要注目!合わせるロッドをイメージしながら、各番手をチェックしてみましょう!

①C2000クラス

最も売れるであろうC2000クラスは、ノーマルギアの「C2000S」とハイギア「C2000SHG」の2モデル構成。スーパーシャロースプールやローギアはラインナップされていませんが、スタンダードな構成の釣りはバッチリこなせる内容です。注目のポイントは自重150gとした驚異のスペック!同番手「19 ヴァンキッシュ」と比べても5gしか差がなく、軽さ最優先で選びたいアジング、メバリングで活躍間違いナシです!

②2500・C3000クラス

バス、シーバス、エギングと、さまざまなルアーゲームで出番を作れる2500番クラス。巻き、自重が軽いというスペック的な特性を活かせる万能なサイズです。PEラインを巻いたスピニング1台でいろいろ遊びたい、という方にはこの番手。変則的な「C2500SHG」、「2500S」から「C3000XG」まで全7機種のフルラインナップです!

③3000・4000・C5000クラス

ヘビーな釣りもライトに、軽量なリールでシャープなタックル構成を目指す方におすすめの番手です。構成は「3000MHG」から「C5000XG」の全4機種、「4000MHG」も用意されています。「19 ヴァンキッシュ」がサーフゲーム、スーパーライトショアジギング、シーバスと活躍中なので、このクラスの釣りでの活躍も期待感大。剛性感を増した「NEW マグナムライトローター」がどの程度の負荷まで快適にこなせるのか、発売後のインプレが楽しみです!

「20 ヴァンフォード」の価格と発売日

発売日は2020年9月、10月、11月

「20 ヴァンフォード」は発売日が非常に変則的で、「2500」系、「C3000」系と「3000HG」のみが9月発売。「3000MHG」から「C5000XG」の大型番手が10月に発売し、「C2000」系、「C2500SHG」が11月に展開されます。エギング、シーバス向けが9月、サーフやライトショアジギングが10月、ライトゲーム向けは11月の発売日とイメージしておけばOK。売れに売れるモデルではありますが、流通量が豊富なグレードなので、発売日以降は欲しい時にすぐ買えそうです!

価格は定価30,000円から定価34,000円

気になる価格は定価30,000円から定価34,000円。「19 ストラディック」から定価で5,000円程度のアップになります。予約段階での流通価格は24,000円前後で、割引率が高く2万円を切る「19 ストラディック」との比較は非常に難しいところ。使いたい釣りとのスペック的な相性もイメージしながら、じっくり検討しておきましょう!

「20 ヴァンフォード」と「16 ストラディックCI4+」を比較!

マイクロモジュールギアⅡ&サイレントドライブが追加!

前作「16 ストラディックCI4+」と「20 ヴァンフォード」を比較!価格帯はそのまま、さまざまな技術が追加で採用されました。スペックを大きく引き上げているのは「マイクロモジュールギアⅡ」と「サイレントドライブ」の存在で、どちらも「16 ストラディックCI4+」には無かった巻き心地を高める技術。雑味の無い「マイクロモジュールギアⅡ」の巻き味を、隙間やガタツキを排除する「サイレントドライブ」が鮮明にアングラーに伝えてくれます。軽量化は10g程度までですが、巻き心地には大きな変化がありそうです!

防水機能はコアプロテクトからXプロテクトへ!

【11月入荷予定/ご予約受付中】シマノ ヴァンフォード C2000S [20年モデル]※他商品との同時注文不可/代引不可/

楽天23,100円

防水防塵機能として採用されていた「コアプロテクト」は、上位の「Xプロテクト」へパワーアップ。巻き心地を損なうことなく、耐久性でコスパを引き上げます。よい状態が長く続く、というのもいいところ!パーツ供給期間が2020年末から始まるという点もかなり大きいので、長く使うなら、割引された「16 ストラディックCI4+」よりも「20 ヴァンフォード」がおすすめです!

「20 ヴァンフォード」と「19 ストラディック」を比較!

コンセプトの違いが選択のポイント!

「19 ストラディック」と「20 ヴァンフォード」の比較ポイントもご紹介。まずは予算に合うかどうか、というのが大きな選択理由になりますが、剛性の「19 ストラディック」に対してフィネスな「20 ヴァンフォード」という部分も見逃せないポイント。大きな魚を釣る、重いルアーを使う、リトリーブフィーリング重視、という場合は、価格以外の部分でも「19 ストラディック」の選択理由を見つけられます。自重は30g以上、かなりの差があるので、軽量タックルを目指すなら「20 ヴァンフォード」です!  

価格差も要チェック

【9月入荷予定/ご予約受付中】シマノ ヴァンフォード C3000SDH [20年モデル]※他商品との同時注文不可/代引不可/

楽天

価格は定価で5,000円程度、高性能な「NEW マグナムライトローター」と30g以上軽い自重が手に入る、というのが「20 ヴァンフォード」の強み。価格以上に価値があり、コスパは「20 ヴァンフォード」という印象ですが、割引率が高いケースがあるのが「19 ストラディック」。「20 ヴァンフォード」の登場でお得に手に入る機会も増えそうです。スペック的には「20 ヴァンフォード」ですが、購入前に「19 ストラディック」の流通価格もチェックしておくのがおすすめです!

「20 ヴァンフォード」でコスパ追求!

超軽量&ハイコスパな期待の新作!

前作「16 ストラディックCI4+」も素晴らしいリールでしたが、「20 ヴァンフォード」のコスパはそれ以上。ライトなルアーゲームを幅広く任せられるスペックと、価格のバランス感が非常に秀逸です。「19 ヴァンキッシュ」はハイエンド機、高すぎると感じる方には特におすすめ!「20 ヴァンフォード」ベースのライトゲーム系リールを含め、発売後の評価が非常に気になる1台です!

シマノが気になる方はこちらもチェック!

シマノのルアーゲーム製品が気になる方は、下記のリンクをチェック!抜群のコスパで「20 ヴァンフォード」との組み合わせもおすすめできる「20 ゾディアス」と、さまざまなルアーゲームに対応できる新作PEライン「ピットブル8+」をご紹介します。パワーフィネス、トップ以外もPEラインで遊んでみたい方におすすめ!ソルトルアーゲームにもおすすめできる、ハイコスパタックルを組み上げましょう!

シマノ「20 ゾディアス」インプレまとめ!前評判通りのコスパで好評! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
シマノ「20 ゾディアス」インプレまとめ!前評判通りのコスパで好評! | 暮らし~の[クラシーノ]
「20 ゾディアス」のインプレまとめ!前評判通りのコスパ、感度アップを果たした「20 ゾディアス」のレビューや評価をまとめてご紹介します。初心者の方だけでなく、中級者の方にもおすすめできる脅威のコストパフォーマンスです!
シマノ「ピットブル8+」!大人気ラインピットブルにハイグレードモデルが追加! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
シマノ「ピットブル8+」!大人気ラインピットブルにハイグレードモデルが追加! | 暮らし~の[クラシーノ]
「ピットブル8+」はシマノの2020年新作PEラインです。人気の「ピットブル8」を素材のグレード、採用技術でさらに強化したモデルで、0.4号と0.5号が追加されています。新シーズンに向けてラインをお探しの方は、「ピットブル8+」を試してみてください!
sim0223
ライター

sim0223

おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking