2020!初心者におすすめのテント10選!初めてのテントの選び方と人気商品を厳選!

2020!初心者におすすめのテント10選!初めてのテントの選び方と人気商品を厳選!

アウトドアで使用するテントの種類は非常に豊富なため、初心者の人はどのテントが良いのか迷う人も多いかと思います。そこで、初心者におすすめのテントの選び方と、おすすめのテントを10選で紹介します。アウトドアで使うテント選びに迷っている人は是非参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.初心者におすすめのテントを徹底解説
  2. 2.初心者におすすめのテントの選び方.1:種類
  3. 3.初心者におすすめのテントの選び方.2:サイズ
  4. 4.初心者におすすめのテントの選び方.3:目的
  5. 5.初心者におすすめの人気テント.1:ソロ用
  6. 6.初心者におすすめの人気テント.2:簡単設営
  7. 7.初心者におすすめの人気テント.3:コンパクト
  8. 8.初心者におすすめの人気テント.4:豊富な種類
  9. 9.初心者におすすめの人気テント.5:ワンタッチ
  10. 10.初心者におすすめの人気家族用テント.1:リーズナブル
  11. 11.初心者におすすめの人気家族用テント.2:簡単設営
  12. 12.初心者におすすめの人気家族用テント.3:広いフロア
  13. 13.初心者におすすめの人気家族用テント.4:初心者向け
  14. 14.初心者におすすめの人気家族用テント.5:簡単設営
  15. 15.自分に合ったテントでキャンプを楽しもう

初心者におすすめのテントを徹底解説

キャンプや登山など様々なアウトドアで使う機会があるテントですが、その種類は非常に豊富なため、経験豊富な人でも迷うほどです。そのため、これからキャンプを始めようと思っている初心者の人の中には選び方が分からない人もいるかと思います。この記事ではそんな初心者の人を対象にテントの選び方やおすすめのテントについて徹底解説します。

初心者におすすめのテントの選び方.1:種類

テントの種類

テントには様々な種類があり、その種類で選ぶこともできます。テントの種類は主に、ドーム型、ツールーム型、ティピー型、ワンタッチ・ホップアップに分けられます。ここではそれぞれの種類の特徴について紹介します。

ドーム型テント

その名の通り、ドーム型のテントで、初心者から上級者まで使用されています。丸みを帯びているため、比較的風に強く、種類によっては耐水圧が非常に高いタイプもあり、キャンプだけでなく登山でも使われます。サイズも豊富で少人数用から大人数用まで様々なサイズがあります

2ルーム型テント

2ルーム型はテント内がリビングと寝室の2部屋に区切られているテントです。そのため、大型のサイズが多く基本的に複数人用として使用されます。しかし、種類によっては1人での設営が困難なテントも存在するため大人数でキャンプを行う際におすすめです。

ティピーテント

中央にメインポールを立てて支えるタイプで、遊牧民が使用するテントを彷彿とさせるような三角のシルエットが特徴です。見た目がおしゃれで、人気のキャンプ場でも自分のテントを見失う可能性がほとんどありません。また、比較的サイズも豊富で、1人用から家族用まで様々なサイズがあります。

ワンタッチ・ホップアップ

日帰りのキャンプや海水浴などの手軽なアウトドアに向いているタイプがワンタッチテントとホップアップテントです。設営と撤収に数秒ほどしかかからないほど手軽で、設営場所に到着したらすぐに設営できます。しかし、耐久性と耐水圧が低いため、テント泊よりもデイキャンプやピクニックなど日帰りで使用するアウトドアに向いています。

初心者におすすめのテントの選び方.2:サイズ

テントのサイズ

サイズで決める選び方もおすすめの選び方です。サイズとは、大きくフロアサイズ、前室、収納した際の収納サイズがあります。それぞれ具体的な注目ポイントについて解説します。

フロアサイズ

フロアサイズとはテントを設営した際の内部の広さで、一般的に幅×奥行×高さで表記されることが多いです。数値で表されるため、収容人数や荷物を置くスペースはあるのかといった確認を行う上でも非常に便利です。テントを選ぶ際には使用する人数に応じてフロアサイズを選びましょう。

前室の広さ

前室の広さもテントの選び方の基準の1つです。前室が広いと、荷物を置くスペースができるため、テント内が広くなります。また、調理を行うスペースも確保できるためアウトドアでは非常に便利です。そのため、前室のスペースにも注目してみましょう。

収納サイズ

収納した際のサイズも比較してなるべく小さいサイズを選ぶのも選び方の1つです。特にソロキャンプでは荷物の持ち運びを行う人が自分1人しかいません。そのため、大きめの荷物があると、持ち運びに非常に不便です。コンパクトで運びやすいテントならテント以外にも多くの荷物を運べるため、なるべく小さいサイズを選びましょう。

初心者におすすめのテントの選び方.3:目的

目的に応じた選び方

用途に応じて選ぶのも選び方の1つです。例えば、本格的なアウトドアで使用するテントは丈夫で耐水圧が高い本格的なテントが必要ですが、デイキャンプや海水浴など日帰りのアウトドアでは高級なテントである必要はありません。そんな目的に応じた選び方について紹介します。

デイキャンプや海水浴

日帰りで行うキャンプであるデイキャンプや日帰りの海水浴などに使用するテントは最低限の機能があるテントで充分といえます。アウトドアを行う天候にもよりますが、簡単に設営できるホップアップテントやワンタッチテントがおすすめです。これらのテントは比較的丈夫ではありませんが、日差しを防いだりプライベート空間を確保する上で非常に便利です。

少人数でのキャンプや登山

少人数でテント泊を行う際は丈夫さや耐水圧などに注目して選ばなければなりません。テント泊中に雨が降ってきて、雨漏りをしてしまうようなテントではキャンプや登山はできません。そのため、少なくとも耐水圧は1500mmは必要です。また、初心者の人におすすめのタイプはドーム型かティピー型です。

大人数でのキャンプ

大人数でキャンプを行う際のテントは使用人数に応じてサイズを考慮する必要があります。その際の注意点として、商品に記載されている収容人数はあくまでも目安のため、実際に使う人数よりも多い表示のテントを選ぶ必要があります。例えば、5人で使うのなら表示が6人以上のテントを選びましょう。

初心者におすすめの人気テント.1:ソロ用

NatureHike ダブルウォールワンタッチテント

ダブルウォールワンタッチテント 1人用 超軽量

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天10,980円
収容人数1人

1人用のテントで出入り口が長辺にあるため、出入りや荷物の出し入れが非常に容易です。インナーテントとフライシートを使用するダブルウォールテントで、インナーテントがメッシュ生地になっている通気性も良く夏でも快適に過ごせます。また、フライシートの裾にはスカートがあり、保温性も確保されているため冬でも使えます。作りが丈夫で雨風でも安心です。

商品の口コミ

NatureHike ダブルウォールワンタッチテントの口コミには「非常に軽い」「丈夫なため天候が悪くても安心」などの口コミも見られました。しかし「設営は簡単だがワンタッチではない」「結露対策が必要」という評価も見られました。結露対策としてテント内を拭くためのタオルなどが必要です。

登山でもう一年使用していますが、ドシャ降りにも耐え、軽くてGoodです!又、アルミフレームなので強度もあります。

初心者におすすめの人気テント.2:簡単設営

テンマクデザイン サーカスTC

tent-Mark DESIGNSサーカスTC DX

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天43,780円
収容人数3人

設営が非常に簡単なため初心者におすすめの商品です。撤収も簡単で、メインポールを取り外せば、あとはペグを抜いて畳むだけです。ティピーテントのため、デザインが良くおしゃれなため、自分のテントを見失うこともほとんどありません。

商品の口コミ

テンマクデザイン サーカスTCの口コミには「フロアサイズが広い」「丈夫なため悪天候でも問題なく楽しめる」といった評価がありました。しかし「高価なため購入をためらってしまう」という評価もありました。初心者用というより少し慣れてきた人におすすめのタイプといえます。

二人分のローコット、椅子、ストーブ、ボックスを入り口の開閉で濡れてしまう事を考慮して設置しても余裕の空間です。

初心者におすすめの人気テント.3:コンパクト

Coleman ツーリングドームST

Coleman(コールマン) ツーリングドームST

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天16,415円
収容人数1-2人

小さいサイズに収納できるテントで、持ち運びに便利です。設営方法も簡単なため初心者におすすめです。前室も比較的広く靴や荷物を置くスペースとしても使えます。また、前室のスクリーンを上げ、ポールで支えれば、タープ代わりとしても使え、簡単な調理も行えるリビングスペースを確保できます。

商品の口コミ

Coleman ツーリングドームSTの口コミには「簡単に設営ができ使いやすい」「前室が広いため快適」という評価が見られました。一方で「インナーテントのファスナーが使いにくい」「ポールの耐久性が弱い」という口コミもありました。収納サイズが小さく持ち運びが楽な上、設営も簡単ですが、ポールは予備を購入しておきましょう。

組み立ては簡単で使いかっても良い。 とくに大雨に降られた時などはこの広い前室がとても有り難かった。

初心者におすすめの人気テント.4:豊富な種類

モンベル ムーンライト

モンベル テント ムーンライトテント 3型 グリーン GN

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
収容人数2-3人

モンベルのムーンライトはサイズが豊富でソロキャンプ用からファミリーキャンプ用まで様々な種類から選べます。ソロキャンプにおすすめのタイプは1型から2型で3型以上は2人用もしくは家族用として使えます。このテントの名前の由来は月明かりさえあれば誰でも簡単に設営が可能、という理由から来ています。悪天候でも耐えられるほど丈夫なため初心者におすすめです。

商品の口コミ

ムーンライトの口コミには「初めて扱う人でも問題なく設営できる」「収納するとサイズが小さいためツーリングにもおすすめ」などの評価が見られました。しかし「重量があり移動が大変」「テント内は意外と狭いため型を慎重に選ぶ必要がある」という口コミもありました。

ものすごく組み立てが簡単!慣れてしまえば5分もあれば十分。初テントでしたがこんなに簡単なんだとイメージが変わりました。

初心者におすすめの人気テント.5:ワンタッチ

DOD ライダーズバイクインテント

DOD ライダーズバイクインテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
収容人数2人

ワンタッチで設営が可能ですが、耐水圧が高く丈夫なため、ソロキャンプでも使用できます。前面のスクリーンをポールを使ってあげれば、広々としたリビングとして使えるため、簡単な料理を行う際にも非常に便利です。設営や撤収に時間を掛けたくない、初心者の人から高い人気を誇ります。

商品の口コミ

ライダーズバイクインテントの口コミには「設営と撤収が非常に簡単」「耐水圧が高く丈夫なので初心者でも安心」という評価がありました。しかし、「強風時の設営は難しい」「ペグダウンしないとテントが不安定になる」という口コミもありました。比較的軽く、面積も広いため風が強い日には注意が必要です。

いろいろな点で心配していたのですが、いざ初設置の夜は結構な量の雨と風に7~8時間耐え抜いてくれました。

初心者におすすめの人気家族用テント.1:リーズナブル

キャプテンスタッグ CSツールームドーム

キャプテンスタッグ CSツールームドーム

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天25,980円
収容人数3-4人

家族で使えるツールームテントで、前面をまくれば快適なリビングルームができ、家族で食事やゲームなどを楽しめます。リビングとインナーテントの一部がメッシュ生地となっているのですが、外から中が見えずらいような仕組みとなっているため屋外でもプライバシーを確保できます。また、テントの前後に出入り口が設置されているため、出入りや荷物の出し入れに非常に便利です。

商品の口コミ

CSツールームドームの口コミを調べると「リーズナブルで機能性も高いため初めての人におすすめ」「通常の雨なら雨漏りもしない」といった口コミが見られました。一方で「付属のポールが折れやすい」「中が思ったよりも狭いため4人での使用は無理がある」といった口コミも見られました。初めての家族用のテントとしてはおすすめですが、ポールは万が一に備えて予備を購入しておきましょう。

全然普通に使えるし、初めてのテントなので、他にも欲しいグッズもたくさんあって、予算を考えると良い買い物だったと思います。

初心者におすすめの人気家族用テント.2:簡単設営

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム

スノーピーク(snow peak) アメニティドームM

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
収容人数5人

家族など複数人で使えるツールーム型テントで、多くの人が使用しています。設営方法も簡単で、テントとポールにそれぞれ着色されていて、その色に従って組み立てるだけなので、手軽な設営が可能です。初心者でも慣れると一人で設営できます。前室も広く、ポールを使用すれば、タープ代わりに使用できるスクリーンもあるため、非常に広いスペースを確保できます。比較的丈夫なため、破損することもほとんどありません。

商品の口コミ

Snow Peak アメニティドームmの口コミを調べると「前室が広く快適」「慣れれば設営が簡単」といった口コミがありました。しかし「夏は暑くて冬は寒い」「収納サイズが少し大きめ」といった口コミが見られました。家族用のテントの中では安価なので、初心者の人にはおすすめです。

設営も簡単、少しだけ風が強い日でしたがビクともしない、さすがです!少々高くともそれ相応の期待に応えてくれる、買ってよかった。

初心者におすすめの人気家族用テント.3:広いフロア

コールマン タフスクリーン2ルームハウス

コールマン タフスクリーン2ルームハウス

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
収容人数4-5人

非常に広いフロアサイズを誇る2ルーム型テントで、ポールなどに着色されているため簡単な設営が可能です。設営の仕方も動画で確認できるため、初心者の人は動画を見ながら設営した方がより早く確実に設営できます。また、オールスクリーンタイプのため、夏は非常に通気性が良く、快適なキャンプを楽しめる上、虫を予防できるため家族キャンプをする人から人気が高いテントです。

商品の口コミ

タフスクリーン2ルームハウスの口コミを調べると「2ルームテントの中では値段が安い」「強風でも耐えられるほど丈夫」といった口コミが見られました。しかし「通気性が良いため冬には使えない」「付属のポールが曲がりやすい」といった口コミもありました。丈夫な上、快適性も高いため、初心者にはおすすめですが、ポールは新しい物を用意しましょう。

子供いる家庭であれば、結構大きめのプライバシー空間を作れるし子供もくつろげる広さがあるのでかなりいいです。

初心者におすすめの人気家族用テント.4:初心者向け

ogawa(オガワ) テント ドーム ピスタ34

ogawa(オガワ) テント ドーム ピスタ34

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
収容人数3-4人

ファミリーキャンプにおすすめで、初めての方でも慣れれば1人で組み立てられます。テント内には小物の収納に便利なポケットが備わっており、荷物の管理も容易です。前面のパネルはポールを使って張り出すことも可能で、タープが無くてもリビングが作れます。出入り口も比較的大きく、出入りや荷物の出し入れが簡単です。

商品の口コミ

テントドームピスタの口コミを調べると「シンプルな構造なので比較的簡単に設営と撤収ができる」「通気性が良いため夏でも比較的快適」といった口コミが見られました。しかし「重量が重いため持ち運びが大変」「付属のペグが頼りないため購入した方が良い」といった口コミも見られました。快適なキャンプが楽しめるテントですが、ペグとセットで購入しましょう。

大きさもコンパクトで持ち運びしやすく、簡単に組み立てれました。 素材もいいし安心の国内ブランドでオススメです!!

初心者におすすめの人気家族用テント.5:簡単設営

コールマン(Coleman) BCクロスドーム

Coleman(コールマン) BCクロスドーム/270

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天
収容人数4-5人

最後に紹介するテントはコールマンのBCクロスドームです。このテントの特徴は設営のしやすさです。ペグやハンマー、ポールなどが付属しているため、購入後すぐにキャンプに行くことも可能です。しかし、高スペックのテントをお求めの人にとっては不便さを感じることもあります。そのため、最初の1張りにおすすめです。

商品の口コミ

クロスドームの口コミを調べると「他のテントと比較すると設営が容易」「安価なため初めて購入するという人におすすめ」といった口コミが見られました。しかし「値段相応なのか頼りない感じがする」「悪天候時には向かない」といった口コミも見られました。高スペックテントと比較すると、弱い部分もありますが、アウトドア初心者の人の最初のテントとしては十分な性能があります。

設営初心者、大人二人で45分かかりました。 風がなく、慣れれば簡単そうです。撤収も楽でした。

自分に合ったテントでキャンプを楽しもう

アウトドアで使えるテントの選び方と初心者におすすめのテントをソロキャンプ用とファミリーキャンプ用に分けて紹介しました。テントの種類は非常に豊富な上、性能も幅広いため、選び方が分からないという人も大勢います。しかし、最初から高級なテントを購入してしまうと、扱い方や保管方法が分からずにテントの寿命を縮めてしまう可能性があります。そのため、最初はなるべく安価なテントを選ぶことをおすすめします。テントを充実させればアウトドアをより楽しめますよ。

種類別にテントを選びたいという人はこちらもチェック

テントはドーム型、2ルーム型、ティピー型等様々な種類があります。そんなテントを種類ごとに選びたい、という人はこちらの記事もチェックしてみてください。種類ごとに具体的な特徴、おすすめのテントを紹介しています。テントの買い替えで迷っている人は是非参考にしてください。

【2020】ワンポールテントおすすめ11選!安くて設営簡単なテントはコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2020】ワンポールテントおすすめ11選!安くて設営簡単なテントはコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
ワンポールテントは設営しやすくソロキャンプでもファミリーキャンプでもバイクツーリングでも使えるおすすめ人気テントです。いろいろなブランドから発売されていていますが、今回はワンポールテントのサイズやブランド問わずできるだけおすすめの低価格帯のテントを紹介します。
【2020】2ルームテントおすすめ12選!広々快適で使いやすい人気商品はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【2020】2ルームテントおすすめ12選!広々快適で使いやすい人気商品はコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
テントを設営すると同時にタープを使わなくてもリビングが確保できる2ルームテントは非常に使い勝手がいいテントです。サイズ問わず使い勝手がいいため初めてのテントにもおすすめですよ。今回はそんなツールームテントを12種類紹介します。
アウトドア用テントのおすすめTOP9!初心者も失敗しない選び方のポイントも解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
アウトドア用テントのおすすめTOP9!初心者も失敗しない選び方のポイントも解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
デイキャンプや登山などのアウトドアで活躍するテントはたくさん種類があります。種類がありすぎてどんなテントを選んだらいいかわからない方も多いでしょう。そこでアウトドア初心者でも簡単に使えるテントを注意心にいろいろな種類のテントを紹介します。
海龍
ライター

海龍

旅行好き、キャンプ好き、ウィンタースポーツが大好きでお役に立てる情報を発信いたします。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking