セブ島の人気おすすめマリンスポーツ12選!全力で楽しめるアクティビティはコレ!

セブ島の人気おすすめマリンスポーツ12選!全力で楽しめるアクティビティはコレ!

トロピカルな環境の中で1年中マリンスポーツに熱中するなら、セブ島がおすすめ。日本からも近いセブ島の海ならば、パラセーリングなど数々のアクティビティが勢揃いしています。これからセブ島旅行するなら絶対に楽しみたい、マリンスポーツ情報はこちらです。

記事の目次

  1. 1.セブ島とは
  2. 2.セブ島までのアクセス
  3. 3.セブ島おすすめマリンスポーツ①
  4. 4.セブ島おすすめマリンスポーツ②
  5. 5.セブ島おすすめマリンスポーツ③
  6. 6.セブ島おすすめマリンスポーツ④
  7. 7.セブ島おすすめマリンスポーツ⑤
  8. 8.セブ島おすすめマリンスポーツ⑥
  9. 9.セブ島おすすめマリンスポーツ⑦
  10. 10.セブ島おすすめマリンスポーツ⑧
  11. 11.セブ島おすすめマリンスポーツ⑨
  12. 12.セブ島おすすめマリンスポーツ⑩
  13. 13.セブ島おすすめマリンスポーツ⑪
  14. 14.セブ島おすすめマリンスポーツ⑫
  15. 15.セブ島でマリンスポーツしよう

セブ島とは

フィリピンの真ん中にある観光の島

今では世界的に有名になったセブ島は、フィリピンの真ん中に浮かぶ観光の島です。19世紀まで300年間もスペインの統治下にあったので、現在でもスペイン的な建築や文化が色濃く残ります。南北に225km伸びている細長い島はホテルや名所がとても多く、マリンスポーツの魅力もいっぱいです。

日本人の旅行者も多いセブ島

とても日本からも近いフィリピンには、2019年に60万人を超える日本人観光客が訪れました。中でも有名なセブ島の支持率は高いものがあり、年間でセブ島をメインに観光をする人々は膨大な数に上っています。人気のマリンスポーツも含めた旅行は、今では日本からの観光ツアーの目玉です。

数々のマリンスポーツがある

カモテス海やビサヤン海など、八方をターコイズブルーな海に囲まれた観光地のセブ島。それだけにフィリピン国内でも有数な、マリンスポーツが盛んな地域です。セブ島のホテルに宿泊しながら、人気のパラセーリングやシュノーケリングなど、楽しく安いプランを組んで休日を楽しむことができます。

セブ島までのアクセス

セブ島行きの空港

セブ島までは直行便の飛行機に乗り込むのが、マリンスポーツ体験までの近道です。関東からは千葉の成田空港、大阪の関空、愛知の中部空港から、格安航空会社(LCC)を含む直行便が出ています。また直行便ではなく、マニラ経由やソウル経由などの乗継便を利用して、時間をかけて行く方法もあります。

マクタン・セブ国際空港へ

セブ島の玄関口となっているのが、隣接するマクタン島にある、マクタン・セブ国際空港です。マリンスポーツ目的で飛行機に乗り込めば、成田からは最短片道5時間、関西や中部からは片道4時間半のフライト。空港からは現地ツアーの送迎車、あるいは空港のタクシーなどで目的地へと向かいます。

アクセスルート(例)

【関東】成田空港→フィリピン航空(直行便)→マクタン・セブ国際空港(5時間)
【関西】関西国際空港→LCC(直行便)マクタン・セブ国際空港(4時間半)

セブ島おすすめマリンスポーツ①

シュノーケリング

ホテルからでもお手軽な感じでセブ島の海を楽しめる、シュノーケリングはいつも人気です。セブ島や隣接のマクタン島には幾つものシュノーケリングのスポットがあり、安い料金のツアーも存在します。セブ島海域の信じられないほど豊かな生物を見たいなら、外せないマリンスポーツです。

シュノーケリングの見どころ

マクタン島の中心街に近いエリアならば、セブシャングリラのスポットがイチオシです。ホテルに接する白く美しいビーチがあり、対面する海はまさに珊瑚とお魚の天国。マクタン島南方のナルスアン島は珊瑚礁の保護区であり、宮古島の八重干瀬(やびじ)に匹敵すると形容される、珊瑚の群生が楽しめます。

ジンベイザメと一緒に泳げる

巨大で可愛いジンベイザメと一緒に泳げる、セブ島のシュノーケリングが世界的な注目を集めています。最大で10mにもなる巨体と遊べるアクティビティは世界でもここだけで、単なるマリンスポーツの域を超えるもの。有名な体験はセブ島南部のオスロブで、ホテルの利用と一緒のツアーが人気です。

基本情報

【体験場所】東部のセブシャングリラ、東部のナルスアン島、東部のパンダノン島、南部のオスロブなど
【難易度】★★★

セブ島おすすめマリンスポーツ②

ダイビング

もっとセブ島の海を知り尽くしたいならば、吸い込まれそうな青い海でのダイビングがおすすめ。ライセンスナシでも体験から始められてお手軽なマリンスポーツは、フィリピン観光でも大人気です。料金はシュノーケリングのほうが安いですが、浅い海では分からない深い海の魅力に迫ることができます。

ダイビングの見どころ

オスロブを選ぶことは、ダイビングのマリンスポーツを楽しむ上で優先的に考えられます。何故ならシュノーケリングと同様に、ジンベイザメと一緒に泳ぐ楽しみがあるからです。セブ島界隈で有名なオランゴ島やナルスアン島などでは、珊瑚礁の海の絶景体験も待っています。

基本情報

【体験場所】南部のオスロブ、東部のオランゴ島、東部のナルスアン島など
【難易度】★★★★

セブ島おすすめマリンスポーツ③

シーウォーカー

ちょっと泳ぐのは無理な人でも、セブ島で体験できるシーウォーカーのマリンスポーツなら大丈夫。シーウォーカーは酸素タンクに繋がったヘルメットを被って、綺麗な海底を散歩し魚とたわむれるアクティビティです。かなり安い料金なので心配もなく、シュノーケリング並みに海の魅力に迫れます。

シーウォーカーの見どころ

セブ島の中心街のホテルからも訪れやすいのは、マクタン島にあるシーウォーカースポット、タンブリの海底です。船に乗り込んでセブ島の海を移動するところからが、このアクティビティの楽しみです。化粧したままでokという数少ないマリンスポーツで、潜れば珊瑚の海で魚が群がる面白さを実感します。

基本情報

【体験場所】東部のマクタン島のタンブリビーチ
【難易度】★★

セブ島おすすめマリンスポーツ④

サーフィン

海ばかりのセブ島なので、他のマリンスポーツと一緒にサーフィンもできるだろうと思ってしまうところですが、セブ島は島々に大波が阻まれ、強い波が来ない島なのだとか。しかし、サーフィンを求めセブ島に向かう旅行者も珍しくないのは、サーフィンで有名なスポット、アルガオがあるからです。

サーフィンの見どころ

いまセブ島で唯1つサーフィン向きと評価されるのが、南部のアルガオビーチ。しかしアルガオは訪れる時期が肝心。強い波が押し寄せるのは、毎年8~10月と限定的です。この頃はマリンスポーツも盛んで、ショップではレンタルも登場します。ホテルに宿泊しながら、のんびりサーフィンができそうです。

基本情報

【体験場所】南部のアルガオビーチ
【難易度】★★★

セブ島おすすめマリンスポーツ⑤

シーカヤック

優雅にセブ島の海と島々をお散歩できるアクティビティ、それがシーカヤックです。海域の綺麗さが評判なセブ島では、中心街に近いエリアにもカヤックを扱うショップを確認できます。レンタルは安い料金なので、セブ観光を気軽に充実できるマリンスポーツとして丁度よい印象です。

シーカヤックの見どころ

ゆったりジンベイザメと過ごせるオスロブの海は、セブ島のシーカヤックでもおすすめできるスポットです。海に漕ぎ出せば、青い海のジンベイザメの群れにも遭遇するラッキーも。セブ島のどこでも海と島々と白いビーチの風景は見応えがあって、風景を楽しむなら見逃せないマリンスポーツです。

基本情報

【体験場所】東部のマクタン島、南部のオスロブなど
【難易度】★

セブ島おすすめマリンスポーツ⑥

フライボード

空中にふわりと浮かぶ面白さを体験できる、セブ島のフライボードも魅力的です。このマリンスポーツはジェットスキーからの水圧を受け、数m上空に浮かび上がる仕組み。数ある海のアクティビティの中でも難易度は高めです。しかしセブ島では安い料金で遊べるので、観光客からも人気を集めています。

フライボードの見どころ

有名なスポットでは、マクタン島のビスタマーリゾートホテルのビーチを利用する、フライボードツアーがあります。ここはセブ島に隣り合うマクタン島東海岸にあり、青く穏やかな海域。フライボードは立ち上がるまでが難しいマリンスポーツですが、青い海に落ちることもまた一興です。

基本情報

【体験場所】東部のマクタン島・ビスタマーリゾート
【難易度】★★★★★

セブ島おすすめマリンスポーツ⑦

バナナボート

ぐんぐんと海上を疾走するバナナボートは、セブ島で体験できる人気マリンスポーツです。大勢が1つのボートに乗り込み、風を切って海を走るのでスリルは満点。かなり安い体験プランなのも嬉しい要素で、特に家族や団体など、複数人数で盛り上がるセブ島ツアーにはぴったりな印象です。

バナナボートの見どころ

このバナナボート体験も、マクタン島東岸のビスタマーリゾートのホテルのビーチが有名です。アクティビティはセブ島からも訪れやすく、ツアーではホテルからの送迎付きなのも嬉しいところ。さらにアイランドホッピングからの体験場所もあり、色んなマリンスポーツとの組み合わせも自在です。

基本情報

【体験場所】東部のマクタン島・ビスタマーリゾート
【難易度】★★★

セブ島おすすめマリンスポーツ⑧

ジェットスキー

南国の海上をブイブイ進むジェットスキーも、セブ島で安い感じに体験できるアクティビティです。海上のジェットスキーはとても安定感があって難易度は低く、体験だけなら船舶免許も要らないので簡単。疾走感と自由度を感じるマリンスポーツを希望するなら、選んでみたいアクティビティです。

ジェットスキーの見どころ

もしジェットスキーを選ぶなら、マクタン島のシャングリラマクタンリゾートの施設が注目です。ここはセブ島からのアクセスも良く、スコッティのダイビングセンターから様々なマリンスポーツにもチャレンジできます。ジェットスキーと、空を飛ぶパラセーリングとの組み合わせも楽しそうです。

基本情報

【体験場所】東部のマクタン島・シャングリラマクタンリゾート
【難易度】★★

セブ島おすすめマリンスポーツ⑨

アイランドホッピング

近頃のセブ島観光で人気を高めている、アイランドホッピングというアクティビティがあります。これはバンカーボートと呼ばれる揺れに強いボートに乗り込んで、セブ島の名所を見たり色んな体験をできる仕組み。マリンスポーツはアイランドホッピングのボート貸切で、贅沢に楽しんでみませんか。

アイランドホッピングの見どころ

有名なアイランドホッピングのショップとしては、マクタン島のフォーチュンやオールブルーの名が挙げられます。アイランドホッピングを選ぶと、比較的安い金額で、シュノーケリングやダイビングなど他のなマリンスポーツも楽しめます。お食事をセブ島周辺の海の上でいただくのも楽しそうです。

基本情報

【体験場所】東部のマクタン島・フォーチュンマリンスポーツサービス、オールブルーなど
【難易度】★★

セブ島おすすめマリンスポーツ⑩

パラセーリング

雲のように空高くまで舞い上がれるパラセーリングは、セブ島でも大人気なマリンスポーツ。いまセブ島では、パラセーリングを体験できるショップが複数見つかります。アクティビティは高所が怖い人にとっては難易度も高めですが、安い料金で楽しめるツアーを選ぶことも可能です。

パラセーリングの見どころ

迫力のパラセーリングが楽しめるのは、セブ島東部のカモテス海。マクタン島にある有名なスコッティーズのパラセーリングツアーを選ぶと、高さはお好みで3段階を選べるというから、恐怖感の調整も自在です。風にのってぐんぐん上空へ上がれば、セブ島周辺の未知の絶景とスリルを体験できます。

高さ170mのパラセーリング

もう有名なスコッティーズで最大の注目点が、高さ170m、高層ビル50階相当というとんでもないパラセーリングのプランです。他のセブ島のマリンスポーツとは全く比較にならない高さなだけに、そのスリルも満点。フィリピンの遠方までの、空と海と島の絶景が待っています。

基本情報

【体験場所】東部のマクタン島・セブシャングリラのスコッティーズ、PTNトラベルなど
【難易度】★★★

セブ島おすすめマリンスポーツ⑪

ジップライン

まるで水鳥になった気分で空を滑空する、ジップラインをご存知ですか?セブ島のリロアンにあるパパキッツというテーマパークには、世界的にも有名なジップラインが存在しています。他のどんなマリンスポーツより、スピード感は抜群。料金はたいへん安い上、パパキッツの他の色んな遊びも楽しめます。

ジップラインの見どころ

パパキッツのジップラインは海上にあって、全長800mも伸びています。塔の上から出発すると、セブ島のスカイブルーの海を超え、対岸の島を目指します。撮影された動画のように、想像以上のスピードが出るのでドキドキは止まりません。幾多のマリンスポーツより優先したくなってしまいそうです。

基本情報

【体験場所】東部のパパキッツ・マリーナリゾート(シロット湾)
【難易度】★★★★

セブ島おすすめマリンスポーツ⑫

キャニオニング

大海原を舞台にするマリンスポーツから離れて、セブ島の森の清流を舞台とするキャニオニングも魅力的です。セブ島のキャニオニングスポットは、バディアンのカワサン滝。中心街から離れた辺鄙な場所にあります。森の青い湖と滝の絶景の中での水遊びは楽しく、心も癒やされること間違いなしです。

キャニオニングの見どころ

原生林に流れるカワサン滝は、落差40mもあって、セブ島ではナンバー1を誇る規模の滝です。カワサンブルーの水が滝壺に溜まって、見ているだけでとても幻想的。ホテルから集まった観光客は、川を上ったり岩の上から飛び込んだり、他のマリンスポーツよりも自由に過ごしています。

基本情報

【体験場所】南西部のバディアン・カワサン滝
【難易度】★★

セブ島でマリンスポーツしよう

ドラマティックにジンベイザメと泳げてしまうセブ島には、あらゆる種類のマリンスポーツが揃っていました。安い種類でも青い海で心躍る思いができるし、パラセーリングなど人気の種類なら満足感も高め。ホテルと複数のアクティビティの組み合わせで、理想のセブ島滞在にしてみたいですね。

フィリピンが気になる方はこちらもチェック!

当サイトではセブ島の人気マリンスポーツの他にも、フィリピンの有名な観光地情報をまとめています。今度はフィリピンでバカンスを過ごしたい方は、チェックしてみてください。

フィリピンの治安って実際どう?旅行前に気になる治安情勢と注意事項を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
フィリピンの治安って実際どう?旅行前に気になる治安情勢と注意事項を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
フィリピンの治安情勢について解説します。フィリピンは東南アジアの中でもやや治安が悪い面のある国ですが、普通に観光する分においては問題なく楽しめる国です。今回はフィリピンで起こりうる注意点を中心に、余計なトラブルに巻き込まれない方法を解説します。
フィリピンのボホール島の魅力が凄い!絶対行くべき15の魅力を徹底紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
フィリピンのボホール島の魅力が凄い!絶対行くべき15の魅力を徹底紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
フィリピンのボホール島をの魅力を紹介します。ボホール島はフィリピンの中部にあ、セブ島の近くにあります。ボホール島のシーズンやリゾートホテルなどの宿泊情報、観光名所やビーチの情報など、ボホール島の魅力を余すことなく紹介していきます。
はぐれ猫
ライター

はぐれ猫

都会から離れた田舎で暮らす、はぐれ猫です。幼少時から地理が好きという特徴も活かしつつ、キャンプやトラベルスポットの紹介が得意分野です。しかし身近なDIY等含め、興味深い話題の紹介も怠りません。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking