バイクサーキットとはどんなもの?バイクサーキットの魅力を解説!

バイクサーキットとはどんなもの?バイクサーキットの魅力を解説!

バイクサーキットとはどのようなものなのか?分からない方もいらっしゃると思います。危険だと思われがちなバイクサーキットは実は魅力たっぷりのスポーツなのです。バイクサーキットの魅力を分かりやすく解説していきますね。仲間と楽しく参加してみましょう。

記事の目次

  1. 1.バイクサーキットとはどんなもの?
  2. 2.サーキットでのバイクレースは敷居が高い?
  3. 3.バイクでのサーキットレースは魅力がたくさんある
  4. 4.バイクサーキットの魅力1:安全な場所で楽しめる
  5. 5.バイクサーキットの魅力2:スピードが出せる
  6. 6.バイクサーキットの魅力3:力が発揮できる
  7. 7.バイクサーキットの魅力4:自分の限界を知る
  8. 8.バイクサーキットの魅力5:仲間との絆が深まる
  9. 9.バイクサーキットの魅力6:走り方のルールが分かる
  10. 10.バイクサーキットの魅力7:強い精神力が身につく
  11. 11.バイクサーキットの魅力8:バイクを知る事が出来る
  12. 12.バイクサーキットの魅力9:スキルアップ
  13. 13.バイクサーキットの魅力10:無茶をしなくなる
  14. 14.バイクサーキットは思い通りにならない事が多い
  15. 15.バイクサーキットとはどんなもの?まとめ

バイクサーキットとはどんなもの?

サーキットはルールを守れば一般道より安全

バイクに普段から乗っている方の中でも、サーキット走行まで楽しんでいる方は少ないと思います。サーキットは危険な競技と思われている方が非常に多いのです。実際のところ私もサーキットを走ってみるまでは怖い・危ないイメージでした。先輩方のレースを観戦している時も、見ているだけで心臓がバクバクしていました。この頃は一般道の方が安全だと思っていましたね。しかし自分で走行してみるとルールをしっかり守っていれば一般道より安全な事が分かってきたのです。

サーキットはなぜ一般道より安全なの?

サーキットのコースはしっかりと整備や管理されています。一般道のように対向車がくるような事もなく、みなさん同じ方向に向かって走行しているので安全ですよ。コースも整備されているので砂が浮いていたり枯れ葉が落ちていたり、枝なども落ちていません。しっかりと整備されたコースを、自分が出せるスピードで走行するので一般道より安全に走行出来るのです。外から見ていると危険に感じますが転倒リスクは一般道より少ないと思います。

サーキットでのバイクレースは敷居が高い?

バイク乗りがなぜサーキット走行離れしているのか?

バイクでのサーキット走行と普段のツーリング走行の違いとはどのようなものなのでしょうか?バイクに乗っている方でもサーキットを走った事がないと魅力に気が付きません。バイク乗りの方にもサーキット走行はハードルが高い・怖くて走れないなどのイメージが強いのだと思います。そのようなイメージが強いのはサーキット=TVで見るプロのロードレースのイメージが強いからです。あのように走れと言われたら私も走れませんよ。サーキットには初心者でも走行可能なサーキット場もあるのですよ。楽しく走れる場所を探してチャレンジしてみませんか?

バイクでのサーキットレースは魅力がたくさんある

バイクサーキットの魅力をわかりやすく解説!

安全に走行出来て、思い切りスピードも出せるサーキットは魅力たっぷりです。サーキットレースに参加する事でどのようなメリットがあるのでしょうか?自分が体験した中で気づいたバイクサーキットの魅力をかわりやすく解説していきますね。自分もまだまだ初心者ではありますが、サーキット走行を始めてから注意しなくてはならない事や、サーキット場でのルール・スピードの出し方など普通にバイクで走行していたら気が付かなかった事がたくさんありますので、みなさんにお伝えしていきます。

バイクサーキットの魅力1:安全な場所で楽しめる

しっかりと整備されたコースで安全走行が出来る!

サーキットコースはとても走りやすいです。しっかりと整備されたコースで砂なども浮いていません。路面が悪くて滑って転ぶ事はありませんよ。転ぶとしたら操作ミスか自分の限界を超えてしまった時などが原因だと思います。コース的にはとても安全に走行できる事が魅力だと思いますね。コースがしっかりと整備されているから普段出せないスピードで走行出来るのです。安心して安全に走行できるサーキットのコースでバイクを走らせてみませんか?

コースの広さに驚く事も!慣れると走りやすいサーキットコース

初めてサーキットのコースを走った時の感想は「広い!」でした。普段は峠道を楽しんで走っていたのでサーキットのコースがとても広く感じたのです。この広いコースのどこを走ったら良いのか不安しかありませんでした。しかし慣れてくると、とても走りやすく思い切りスピードが出せる広いコースはサーキットの魅力のひとつですね。初心者のうちはつい左側走行をしてしまいがちですが、広いコースはどこを走っても大丈夫ですよ。

バイクサーキットの魅力2:スピードが出せる

一般道では出せないスピードが出せる!

サーキットでは速度制限はありません。一般道では絶対に出すことの無いスピードで走行ができますよ。しかし慣れていないうちは注意しないと曲がりきれなくて突っ込みますよ。一般道では速度制限があったり安全運転をしなくてはならないので、気を使いながら走らなくてはなりません。サーキットでは今までに自分が出した事のないスピードが気を使わず出せるのがサーキットの魅力と言えるでしょう。サーキットでスピードを出していると、一般道でスピードを出して走るのが格好悪く思えてくるので不思議ですよ。

非現実的なスピードが体験できるメリットがある

サーキットを走っているベテランライダーの方に言わせると、サーキットは非現実的だと言います。始めはなぜなのか意味が分かりませんでしたが、実際に自分で走行していると現実では体験できないスピード感や操作などが体験できるのです。一般道では絶対に行わない操作やスピード感はまさに非現実的です。逆に言うとツーリングで行っているスピードや操作だと、速く走る事が出来ないという事なのですよね。非現実的な世界をぜひ体験してみて下さいね。

バイクサーキットの魅力3:力が発揮できる

バイクの力や自分の力が発揮できる魅力!

サーキットでは自分が乗っているバイクの力がどのくらい実力を発揮できるのかを確認する事ができます。普段だとこのバイクがどの程度の力があるのか、どのくらいのパワーが発揮できるのかなどを確認できる環境がありません。スペックで記載されていても実際に乗って確認しないと分からない事もたくさんありますよね。出来上がったレーサーバイクがどのくらいの力を発揮してくれるのか確認できるのはサーキットの魅力ですよね。

自分の力を発揮して走行すると新しい自分に出会える

サーキットで発揮できるのはバイクだけではありません。ライダー本人の力を確認する事もできますよ。自分の力を発揮してみたり、限界を知ったりとサーキット走行をしていなければ気が付かない感覚があります。速く走る事や格好良く走る事も大切ですが、普段の生活では思う事もない、自分の力を発揮してみようという考えはサーキットを走っているから思える感覚ですね。自分の力を発揮して走行してみると、新しい自分に出会えますよ。

バイクサーキットの魅力4:自分の限界を知る

自分の今の限界を知る事が出来るのも魅力のひとつ

バイクや自分の力を発揮できるのと同時に、自分の今の限界を知る事も出来ます。普段の日常生活では自分の限界や力を発揮する事はなかなか出来ませんよね。サーキットでは自分の限界を知る事が出来るので大きなメリットだと思います。ただし自分の限界を超える時には、転倒などのリスクも高まりますので注意が必要です。しっかりと準備をしたうえで、自分の今の限界を知る事が必要となります。大きな怪我などしないように注意して限界を超えて先に進めるようチャレンジしてみて下さいね。

怖いと思った瞬間が今の自分の限界値

どうなったら今の自分の力の限界なのか?これを知る為のバロメーターのひとつとして、怖いと思った瞬間が今の自分の力の限界値だと思います。必死でサーキットを走っていないと、どうしても安全な感覚で走行してしまうので怖いという思いをしないで走行しています。もっと上手く走りたい!もっと速く走りたいと思うといつもよりブレーキングを遅らせたり、立ち上がりで速くアクセルを開けてみたくなります。そうなるとやはり怖いと感じますね。怖いけどその先に進む為にチャレンジする気持ちはサーキット走行の最大のメリットではないでしょうか?

バイクサーキットの魅力5:仲間との絆が深まる

目標が同じだからサーキット仲間との絆は強い!

サーキット走行のメリットとして、サーキット仲間との絆が深まる事があげられます。普段の生活ではサーキット走行していても、危ないんじゃない?注意して走ってね。などの言葉を良くかけられます。それだけです・・しかしサーキット仲間との会話は目標が同じ分走行に関して様々な会話が出来る事がメリットとなります。初心者の方もベテランの先輩や仲間と話す事でサーキット場の注意やルール・走り方など教えてもらえます。サーキット仲間との絆が深まるのもメリットのひとつですね。

無理に話しかけなくても自然に仲間と仲良くなれる不思議な空間

サーキット場でサーキット仲間を無理に増やそうとする必要は無いと思います。逆に走行前などにタイミング悪く話しかけてしまうと集中したい方は嫌かもしれませんね。しかし無理に話かけなくても、仲間を増やそうとしなくても、練習走行や毎回レースに参加していると自然と仲間が増えていくものなのでサーキットは不思議な空間だと思います。色々なチームの方がライバルであり仲間にもなれるのはサーキットの大きなメリットだと思いますよ。

バイクサーキットの魅力6:走り方のルールが分かる

バイクの走り方が分かる魅力は大きなメリット

バイクでサーキットを走っているとサーキットでの走り方を覚えていきますが、それと同時に基本的なバイクの走り方や操作方法なども身についてきます。これは大きなメリットですよね。普段意識していなかったライディングフォームやアクセルの回し方、コーナーの曲がり方などが自然と身につきます。またサーキットでは色々な方が走行していますので追突しないように注意した走り方や、無理の無い抜き方なども自然と覚えられます。こうした魅力はサーキットを走っていないと気が付きづらいので大きなメリットと言えるでしょう。

普段でのライディングに変化がみられる最大のメリット

サーキットでの練習を重ねていくと一般道での走行にも変化が出てくるようになります。知らない道のコーナーなどは無理に突っ込んで行かない事や、相手を抜くときに余裕を持って注意して抜くという余裕が生まれてきます。ツーリングライダーの中にも無茶な運転をしている方を良く見かけますが、知らない道では本当に注意して走行して欲しいですね。スピードを出して走りたいならサーキットで勝負してください。という気持ちにもなります。サーキットのルールと一般道のルールの違いも自然に分かってくるのは最大のメリットと言えるでしょう。

バイクサーキットの魅力7:強い精神力が身につく

サーキットは自分との闘い!精神力が鍛えられえる

サーキット走行で一番重要な事は、集中力と精神力だと思います。色々な技術やバイクの性能なども関係してきますが、それはかなりベテランライダーになってからの話しだと思います。特に初心者の方は自分との戦いです。あの人が速いとかこのバイクが速い・タイヤはこのメーカーが良い・今回のタイムはどうだったかと考えるよりも、まずは自分がしっかりと愛車を乗りこなせているか?愛車の最大限の力を出し切ってあげられているのか?が重要になってくると思っています。集中力・精神力を鍛えていく事がおすすめとなります。

スプリントレースや耐久レースで精神力を鍛えよう

スプリントレースや耐久レースなどレースに参加すると集中力や精神力が高められます。決められたルールに基づいて、自分に与えられた時間を必死で走り抜くからです。速く走れなくても良いのです。今自分が持っている最大限の力を振り絞って必死に走ってみましょう。自分との戦いに勝つ事が出来れば、たとえタイムが遅かろうと表彰台に乗れなかろうとやりきった気分になりますよ。レースが終わった後には楽しかった!また走りたい!次はもう少し上手く走りたいという目標も出来るでしょう。

バイクサーキットの魅力8:バイクを知る事が出来る

自分のバイクの癖や強さを知る事が出来る

バイクサーキットの魅力として自分のバイクの癖や強さを知ることができます。排気量にもよりますが、私が借りているミニバイクであっても、可愛い見た目とは裏腹にものすごいパワーを出してくれますよ。普段なら気が付かない強さを知る事も魅力的ですね。また整備や調整によっても操作方法などが変わってきます。乗っているバイクの癖もしっかりと受け入れて、一番ベストな状態で魅力的なサーキットを楽しみたいですよね。一緒にレースに参加する仲間として愛車の強さや癖も知っておきましょう。

速いバイクでも、乗る人間によっては遅いバイクになってしまう

速いバイクでも乗る人間によっては遅いバイクになってしまう!と記載すると嫌な気分になってしまう方もいるかもしれません。しかしいくら良い部品をつけても速いバイクに乗っても、ライダーがそのバイクの最大限の力を引き出せてあげていないと遅いバイクとなってしまうのです。しかしそのバイクの最大限の力をライダーの力が超えるのは大変な事です。それには自分の愛車をしっかりと理解して最大限の力を引き出せて上げられるようにライダーも努力していく事が重要となります。初心者の方でも努力と練習をすれば近づけるはずです。

バイクサーキットの魅力9:スキルアップ

ライディングのスキルアップをはかる事が出来る魅力

サーキットをバイクで走るにはレースだけではありません。走行会やスクールなどといったサーキットイベントもたくさんありますよ。普段のライディングに自信が無い方はこのようなイベントを有効活用してライディングのスキルアップを図りましょう。スクールなどでは有名なライダーに会えるチャンスもあります。それだけでなくサーキットのルールやバイク走行についての注意点なども細かく教えてくれますよ。ライディングのスキルアップを図りたい方は参加してみても良いですね。

焦らず自分に出来そうなスキルを身に付けていこう

走行会やスクールでは乗り方の注意点やルールなどを詳しく指導してくれます。またレベルに合わせたクラス分けをおこなっているイベントもありますので、緊張せず今自分が出来そうなレベルでのスキルアップを図っていけば良いと思います。本当に始めてサーキットを走る方は、旗の意味やサーキット場でのルールをまずは覚えていきましょう。初めから上のレベルを目指すと危険な場合もありますので、ゆっくりとルールを覚え自分に合わせたスキルアップを図ってくださいね。

バイクサーキットの魅力10:無茶をしなくなる

一般道で無茶な走りをしなくなる

GPライダーに憧れて革ツナギを着て峠などを走っていた方も多くいるのではないでしょうか?高校生の頃はお金も車も無いのでサーキット場へ行く事も出来ず仲間と峠を走って遊んでいた事でしょう。大人になりサーキット場を走行体験した方は、峠での走り方や一般道での走行が他のライダーとは違います。無茶をせず対向車や野生動物が出てくるものと思いながら走るライディングになっているのです。峠で無茶な走りをしなくてもサーキットで思い切り走れば楽しいという事が分かっているからなのですね。一般道で無茶な運転をしないライダーは魅力的です。

一般道や峠での無茶な走りはとても危険

一般道や峠などで無茶な運転をしているライダーを最近よく見かけますが実はとても危険です。一般道や峠は路面に砂が浮いていたり、予想外なコーナーが潜んでいたりします。また狭い峠道でサンデードライバーが道いっぱいに車を走らせてくる事もあるでしょう。とっさのトラブル回避が出来なくて転倒などの大怪我をして救急車にお世話になってしまう事もあります。最悪な場合は死も招くので一般道や峠での無茶な走りは控えましょう。

バイクサーキットは思い通りにならない事が多い

思い通りにならない事が多いから楽しいサーキット

バイクでサーキットを走った事がない方にも理解できるようにサーキットの魅力をご紹介しました。バイクが走行できるサーキット場はたくさんあります。サーキット場で草レースを行っている場所も色々です。初心者から参加可能なサーキット場やある程度しっかりとした走りが出来ないと参加出来ないサーキット場もありますよ。練習でもレースでもサーキット走行は思い通りに走れないのが現実です。しかし思い通りにならないからこそ楽しいのです。自分のスキルやタイムを向上させるために試行錯誤しながら走る事はとても楽しいですよ。

頭で考えても出来ないのでとにかく練習

ベテランライダーの先輩たちの教えてくれる事や、スクールで指導されたことがスムーズに出来る時もありますし、中々出来ない場合も多いです。動画や雑誌など見て頭に叩き込んでいても実際に走ってみると思い通りに走れている事は少ないです。フォームなども自分ではやっていると思っていても、写真で見ると倒せてなかったり格好悪かったりします。頭で色々と考えても出来ない場合は練習して走り込む事が一番上達できると思います。

バイクサーキットとはどんなもの?まとめ

サーキットの魅力を知ってバイクレースを楽しもう!

バイクサーキットとはどんなもの?サーキットの魅力をお伝えしましたがいかがだったでしょうか?サーキットには色々な魅力があり、人によって目標や目的も違います。本気でプロを目指している方もいれば仲間達と楽しみながらサーキットを走りたい方もいます。これからサーキットを走ってみたい初心者の方でも大歓迎な優しいサーキット場もありますので自分にあったサーキット場で走行みてみて下さいね。サーキットはルールを守り自分のレベルが理解できていれば危険な場所ではありませんよ。

バイクサーキットが気になる方はこちらもチェック!

バイクサーキットに関連する記事を掲載しています。初心者の方向けに書いてありますので、これからバイクでサーキットを走行してみたい方や何から準備したら良いのか?など迷っている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

初心者がバイクでサーキットを走る為に必要な装備品おすすめ13選! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
初心者がバイクでサーキットを走る為に必要な装備品おすすめ13選! | 暮らし~の[クラシーノ]
バイクサーキットは初心者の方でも楽しめます。安全に楽しむ為に必要な装備品をご紹介していきます。敷居が高そうに見えるサーキットですが、しっかりと装備品をつけていれば安全にバイクサーキットが楽しめますよ。初心者におすすめなアイテムを確認してみて下さいね。
初心者でもバイクでサーキットを走ってみよう!サーキット走行の事前整備 | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
初心者でもバイクでサーキットを走ってみよう!サーキット走行の事前整備 | 暮らし~の[クラシーノ]
初心者でもサーキット走行を楽しむ事が出来ますが、サーキットを走行する前にバイクをレーサー用に整備する必要があります。サーキット場によって違いはありますが、基本的な走行前の事前整備をご紹介していきますね。初心者の方でも出来る範囲でご紹介していきます。
初心者のためのバイクサーキット走行!上手に走る為の走り方と注意点! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
初心者のためのバイクサーキット走行!上手に走る為の走り方と注意点! | 暮らし~の[クラシーノ]
初心者の方が初めてバイクサーキット走行をおこなう時は不安でいっぱいですよね。初心者の走り方や周りに迷惑がかからない安全な走り方などをご紹介してききますね。ベテランの方と一緒に走る場合もありますので、バイクサーキットでの決まりなどはしっかりと覚えておきましょう。
HANA0087
ライター

HANA0087

キャンプなどのアウトドアが得意分野です。バイクに乗って旅をしている傍らキャンプギヤやアウトドア製品など自分で使って良かった製品や気になる最新のアイテムなどをご紹介していきます。キャンプの他にもサーキットやツーリング・一人旅・オフロードなどのバイク関連や全国のおすすめスポットの紹介などもしています。バイクやキャンプ・一人旅の楽しさをお伝えできればと思っております。本当の楽しさを一緒に探していきましょう。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking