Twitter
Facebook
LINE

【2022】タープのおすすめランキングTOP11!あなたにぴったりの選び方もご紹介

揚げ餅

【2022】タープのおすすめランキングTOP11!あなたにぴったりの選び方もご紹介

揚げ餅

日除けとなるタープは国内外のアウトドアメーカーからサイズや素材、形状のことなるものがたくさん発売されています。いろいろなタープがありますが、キャンプで使いやすいタープを中心にランキング方式でおすすめタープを紹介します。また、おすすめの選び方も紹介します。



タープとは

アウトドアに欠かせないアイテム

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

タープとはキャンプなどのアウトドアで日除け、雨避けに使える便利な道具です。張り方や種類でできることが少し変わりますが、目隠しとしても使えますよ。メーカーによっては防水性だけではなく、UVカット加工になっていたり、遮光性が高い特殊な加工が施されていたりと高機能なものもあります。また機能だけではなくタープそのものもたくさん種類がありそれぞれ特徴が大きく異なるため、違いを覚えておくとタープ選びに役立ちます。

タープの種類

Photo by azoeart

大きく分けると3つのカテゴリーに分けられます。ポールを使って張るオープンタープと呼ばれる開放感ある種類、キャンプにはあまり向きませんが、ワンタッチで設営できバーベキューやマルシェなどのイベントで活躍するワンタッチタープ。テントのようにポールを通して設営していき、メッシュパネルにより風通しを確保しつつ蚊や蛾などの虫が侵入しにくいスクリーンタープがあります。オープンタープはさらに細かく種類が分かれますよ。

タープの選び方1:種類・形状

種類による選び方



Photo by fo.ol

前述したようにタープは種類が豊富です。わかりやすいようにオープンタープ、ワンタッチタープ、スクリーンタープの大きな種類から好きなタイプを決めて選択肢を絞るという選び方ができます。初心者でバーベキューがメインという方は、ワンタッチが簡単です。寒い日でもキャンプなどのアウトドアを楽しみたいならスクリーンタープが便利ですよ。スクリーンタープは、フルクローズできるものなら風も防げて暖かく過ごせます。

オープンタープの形状による選び方

オープンタープは形状によって細かく種類が分かれています。初心者でも美しく張れる6角形のヘキサタープ、大人数でも使いやすい8角形のオクタタープ、ハトメやルーフが多く形をアレンジしやすい長方形や四角形のレクタタープが有名です。他にはひし形、5角形などメーカーによっていろいろな形状のタープが発売されています。共通するのは開放感があり、ポールを使って自分で張るため、きれいに晴れないとタープを有効的に使えませんよ。



バーベキューならワンタッチタープが人気

耐風性が低めのためキャンプ場ではあまり見かけないタイプですが、バーベキューなどのイベントではオープンタープより便利です。そのため通販サイトなどの売れ行きランキングでは上位に入ることが多い種類です。庭でも簡単に使えますよ。庭キャンプを楽しみたいという方におすすめです。

タープの選び方:機能・サイズ

機能による選び方

Photo by salgo1960

タープは単なる日除けや雨よけですが、メーカーによって素材、加工が異なり防水性やUVカットの有無、自ハトメやルーフの数などの性能も変わってきますよ。細かな部分まで比較するという選び方がおすすめです。例えば価格が安いものは防水性能が低いかもしれませんよ。また布の織り方を表すポリエス「タフタ」なども参考にしてください。タフタよりもオックスフォードのほうが引き裂きに強く強度のある織り方になります。

サイズを確認して選ぶ

Photo by salgo1960

日除けのため大人数で使うには大型のタープが必要です。大人数で使う場合は5mほどの大きさが必要です。ファミリーキャンプなどでは、必ず大型のタープを用意しましょう。またタープは基本的に大きいほうが使いやすいですよ。ソロキャンプでも大きいとテントをタープ下に設営でき、快適に過ごせるようになります。目安となる大きさとして「5m」を挙げましたが、種類によって少し変わりワンタッチだと3mで大人数向けになります。

重さ・収納サイズは重要

タープは生地のため意外と重たいものもあります。バイクや徒歩だと重さも重要ですよ。さまざまなメーカーから発売されているため必ず比較するという選び方をしましょう。1つの製品だけではなく複数の製品を比較しながら選んでくださいね。

おすすめ人気タープランキング11:フルセット

ミニヘキサゴンタープ

BUNDOK(バンドック) ミニ ヘキサゴン タープ UV BDK-25 【3~4人用】 収納ケース付 テント アウトドア

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

初心者でも美しく張れる6角型のタープです。広さが420x320cmもあり3人程度なら十分使えますよ。また低価格なところも魅力です。長辺が420cmもあるため、太陽の向きに合わせて張り方のアレンジも少しだけ楽しめますよ。カラーバリエーションもあり、初めてのタープにおすすめです。また、収納サイズは73xΦ11cmとなり2.2kgと軽量で大型バイクなら問題なく持ち運びできます。

特徴

3本繋ぎのポールが付属し、別途ポールを用意しなくても設営できます。耐水圧は1000mmと安い分少し低めの数値ですが、縫い目部分はしっかりシームテープにより防水処理されています。またUVカット加工になっていてUPF50+です。UPF50+はUVカット率の最大値になります。例えば直接太陽を10分浴びてできた日焼けと同じ日焼けをUPF50のタープ下でするには10分×50となり500分かかるということになります。

口コミ

値段が安く初心者でも簡単に設営でき、非常に人気があります。また、ポールなどの付属品がセットになっていることから使いやすいです。口コミでもセットになっている点が高く評価されています。

初心者2人でもすんなり立てられました 3本継き19㎜ポール高さ2メートル、少し低いです ポールは確かに貧弱かもしれませんがお試しでやってみたい人にはフルセット揃っててすごく良い商品です

おすすめ人気タープランキング10:変幻自在

DDタープシリーズ

DDタープ 5m DD Tarp 5×5 DDハンモック DD Hammocks 大型 日よけ 防水 アウトドア キャンプ MC 迷彩 カモフラージュ

DDタープはハンモックで人気のメーカーから発売されている特殊なタープです。テントを使わずハンモックなどで寝る方に大人気です。一般的なレクタタープ(長方形のタープ)比較するとハトメやルーフの数が非常に多く、いろいろな張り方ができる特徴があります。ファミリーキャンプなどの大人数に対応する大きなサイズからソロキャンプにちょうどいい小さいサイズなどバリエーションが多いです。

特徴

前述したように最大の特徴は多彩な張り方ができる点です。使いこなすのは大変ですが上級者には非常に便利なアイテムとなります。またファミリーキャンプだけではなくグループでのキャンプでも使える5×5mサイズもあり大人数のキャンプで役立ちますよ。防水性能も高く3000mmの耐水圧があり雨避けとしても使えます。また、アウトドアで人気のカモフラージュ柄もありミリタリーテイストを好む方におすすめです。

口コミ

アウトドア上級者になればなるほどいろいろな使い方でき夢中になるタープです。生地が薄いため大きさに対して軽い点も特徴となり人気ですよ。

ミリタリー感ある無骨なデザインが好き。丈夫で軽量。張り方のバリエーションも多彩でテントにもなる。コレ一枚で色々遊べます。

おすすめ人気タープランキング9:通販で人気

Anyshop 防水タープ

Anyshop 防水タープ 軽量 日除け 天幕 シェード サンシェルター レジャーシート 多機能 キャンプ用品 2-6人用 収納袋付き (M)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

アウトドア用品で誰もが知るような有名ブランドではありませんが、通販で人気のタープの一つです。大きさは2種類ありますがどちらも1人で使いやすいサイズです。Lでも240×220cmと登山などのアウトドアでも使いやすいサイズになります。非常に値段が安く、いろいろな張り方ができて使いやすいと好評ですよ。Lサイズで2~3人程度が目安となります。

特徴

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81IfZV36WML._AC_SL1500_.jpg

Lサイズでも700gと軽量ですが、丈夫なオックスフォード生地が使われていて防水性能を表す耐水圧は、3000mm以上あり雨避けとしても使いやすいです。レジャーシートとしても使えるなどキャンプ以外のアウトドアでも活躍しますよ。安いですがUVカット加工にもなっていて非常に人気があります。

口コミ

コスパがよく初めてのタープに買ったという方も多いです。有名なメーカーではありませんが、さまざまなアウトドアで活躍しますよ。初めて買う方はポールが別途必要になる点だけ注意してくださいね。

初めてタープを購入しました。値段が安いのと軽量なところに惹かれて購入しましたが、とてもしっかりしていて、簡単に組み立てられてとても満足しています!これからも活躍すること間違いなしです!

おすすめ人気タープランキング8:初心者向け

キャンパーズコレクション ヘキサゴンタープ

ヘキサゴンタープ(440×425cm) RXG-2UV ヘキサタープ テント キャンプ アウトドア おしゃれ 人気 日よけ サンシェード 山善 YAMAZEN キャンパーズコレクション【送料無料】

キャンパーズコレクションは日本のアウトドアメーカーです。入門向けの使いやすく、低価格のギアが多いですよ。他のギアと同じようにタープも比較的大人数にも対応する大きさで使いやすいですが、低価格で買い求めやすいです。タープの防水性能などの機能面ではなく色、デザインを評価する声が多いですよ。キャンプギアはある程度経験があれば性能だけではなく、デザインを重視した選び方もおすすめです。

特徴

ベージュ色をベースにした自然に溶け込む色合いをしていて、デザインが高く評価されているタープです。UVカット加工があり、アウトドアの日除けに十分使えます。付属のポールにはランタンなどを吊るせるフックが付いていたり、金属製の自在金具がロープについていたりと使い勝手もいいです。4m超えてるためファミリーキャンプなどの大人数でも比較的使いやすいです。

口コミ

防水性能となる耐水圧は1000mmなので大雨では雨避けとしては使えませんが、小雨なら問題なく使えると言われています。ヘキサタープということで簡単に設営でき人気メーカーということで信頼性も高いです。

以来、すっかりデイキャンプの虜になり、この度2泊のキャンプにも挑戦してみました☆ 設営も慣れれば簡単 白の幕が林間サイトで生えますし、灯りも反射して夜のリビングスペースを明るくしてくれました 雨に降られる場面もありましたがしっかり撥水してくれて乾燥も早かったです

おすすめ人気タープランキング7:高い防水能力

アクアクエス サファリシリーズ

Aqua Quest (アクアクエスト) Safari 軽量 防水 タープ 3x2, 3x3, 3x4, 4x6m オリーブ/迷彩/ペグ+ストラップセット (オリーブ, 4 x 6 m)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

アクアクエストは防水に長けているメーカーです。同社のタープは極めて防水能力が高く耐水圧は5000mmになります。上位モデルのディフェンダーだと20000mmにもなりますが、重さもあるのでおすすめはスタンダードモデルとなるサファリです。サイズバリエーションも豊富で2~3人用からファミリーキャンプやグループなどの大人数で使える4×6mもありますよ。

特徴

使える4×6mの大きなサイズでも収納サイズは、41×16×12cmとコンパクトで重さ1.8㎏しかなく軽いためいろいろなアウトドアで使いやすいです。DDタープのようにハトメとルーフの数が多く色々な張り方ができます。軽さや収納サイズは徒歩やバイクでキャンプをするときに重要な要素です。選び方で紹介したように必ず比較しながら選んでくださいね。

口コミ

少人数のファミリーキャンプだからできる使い方としてタープをそれぞれ一枚用意するという使い方もできますよ。

嫁とハンモック野営ばかりしてて嫁さん用はディフェンダーを使用してましたが追加でサァファリの迷彩とDDのコンプレッションサックを、購入しました。 これでコンパクトに二人で野営出来ます

おすすめ人気タープランキング6:密かに人気

Bears Rock ヘキサタープL

【Bears Rock】 ヘキサタープ 580×480cm 頑丈で風に強い しっかり 耐水圧2000mm 日よけ サンシェード ヘキサゴン型 キャノピーテント ムササビタープ テント タープ おうち 家 HT-L501

ムササビが滑空している姿のような大型タープとなり、シルエットが美しいヘキサタープです。大人数のファミリーキャンプ、グループでも対応できるひろさがあります。「BearsRock」は通販サイトで人気がある日本のメーカーです。ホーマックで取り扱われていることもありますよ。非常に丁寧な説明書が付いてきて初心者でもわかりやすいです。

特徴

210Dの厚みのある生地が使われていて遮光性が高く、耐水圧も2000mmもあり日除け、雨よけに使えます。人気のヘキサタープですが、あまり知られていないメーカーということで人とかぶるのが嫌な方におすすめです。各コーナーにグロメットがあり張り方もアレンジできUVカットにもなっていて有名メーカーと比較すると少し安めとコスパが高いですよ。またポール、反射材入りロープと必要なものがセットになっています。

口コミ

定期的にグレードアップしていて初期型では細かったポールも現行モデルでは、太めになっています。強度があり使いやすいと評価されていますよ。大人数のファミリーキャンプでも安心して使えます。

広いのが欲しくて購入しました。家で広げて見たのですが、ボール等全てがしっかりしていて想像通りの広さでとても満足です。梅雨明けに早速キャンプに行くので活躍してくれると思います。 

おすすめ人気タープランキング5:高いUVカット

Black UVヘキサタープ

タープ ロゴス LOGOS『 Black UV ヘキサ5750-AG 』 タープテント サンシェード 日よけ 日除け ヘキサゴン型タープ 大型タープ ヘキサタープ UVカット 遮光 ヘキサゴン型 六角形 幅570cm 大型 ワイド イベント 運動会 バーベキュー BBQ コンパクト収納 ブラック

珍しいブラックカラーのタープです。黒い理由は高い遮光性、高いUVカット率を実現するためのカラーリングとなり、日除けで使いやすくなっています。耐水圧は高くはないため、雨避けには使いにくいですよ。大きさは長辺が5mを超えていることから、ファミリーキャンプや大人数のグループでも使えるため夏のバーベキューパーティーなどにおすすめです。

特徴

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61FduZJWclL._AC_SL1200_.jpg

黒いカラーリングにより96%以上のUVカット効果と99%以上の遮光性がある生地をタープにしています。夏のアウトドアで非常に役立ちますよ。サイズが大きいことからキャンプだけではなく、野外のパーティーなどにもおすすめです。ファミリーキャンプでも非常に使いやすく、ポールも付属していてすぐに使えます。

口コミ

機能面だけではなくサイズも評価されていてファミリーキャンプで使いやすいという声も多いです。大きい分小さな区画サイトだと張り方を考えないとロープが区画内に収まらない可能性がありますよ。

かなり大きいタープですので、テーブルを囲んで6名くらいでも余裕で、端のほうに荷物も十分置くことができます。 ファミリーキャンプ、グループキャンプに行く時にはメインの集合場所として重宝します。 また大型のヘキサタープですので、たくさんポールがあれば、様々な形にアレンジできます。

おすすめ人気タープランキング4:ベーシックタープ

いつかのタープ

DOD(ディーオーディー) いつかのタープ はじめてでも扱いやすい ベーシックな ヘキサタープ オールインワン 延長テープ 標準付属 UV加工済 TT5-631-KH

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

コットンやポリエステルとコットンとの混紡も増えてきましたが、昔からあるベーシックなタープとしてDODのいつかのタープは人気があります。150Dの厚みのあるポリエステルが使われていて、初心者でも設営がしやすいヘキサタープです。ベーシックなタープですが、ポールの高さは230cmと開放感もありますよ。

特徴

従来からあるヘキサタープですが、テントとの連結(小川張り)がやりやすいように延長ベルトが標準で付属し使いやすさはブラッシュアップされています。基本性能となる耐水圧も2000mmと高めで、雨避けとしてもきちんと使える仕様になっていますよ。UVカット加工になっていてUPF50+です。サイズは410×420cmということで少人数のファミリーキャンプなら問題なく使えます。遮光率も9割と性能が高いです。

口コミ

初心者でもすぐ使えるようにスチール製ポールが付属し、テントと連結しやすくなる延長ベルトも付属するため使い勝手が非常にいいですよ。口コミでも高く評価されている点です。

これ一つで全部ついてるので、普通に張ったり、小川張りしたり、ワンポールテントと接続したりと便利に使えますよ! ポール足して横を高くすることもできますし、一つあったら色々便利です。

おすすめ人気タープランキング3:安くて人気

Unigear 防水タープ

Unigear 防水タープ キャンプ タープ テント 軽量 日除け 高耐水加工 紫外線カット 遮熱 サンシェルター ポータブル 天幕 シェード

通販サイトで高く評価されているレクタタープです。誰もが知っているような有名メーカーではありませんが、非常に人気があります。サイズは220×240cmのM寸から300×500cmのXXLまであり、ソロからファミリーキャンプまで対応していますよ。材質は210Dのオックスフォードとなり強度も高く耐水圧も高い非常に使いやすいタープです。

特徴

3000mmもの高い防水能力、タープ下の温度上昇を抑えるシルバーコーティング、UVカットと必要な機能が揃っていて比較的安いところが魅力です。ポールは付属しませんが、ペグやロープは付属していますよ。収納サイズは一番大きいXXLサイズでも40×24.5cmとコンパクトで携帯性に優れていていろいろなアウトドアで使いやすいです。また、レクタタープということで張り方をアレンジできます。

口コミ

裁縫などもしっかりしていると評価が高いです。付属品は有名ブランドと同様に必要最低限のものと評価されていますが、ペグは太めです。

縫製もしっかりしており4m方向中心線の縫い目にはシールが施してある。比較的薄手ではあるがその反面コンパクトに収まり、ハードユーザーでなければ十分だと思う。 ロープとペグは6セットなので必要最低限といったところ。ペグはアルミ製であるが太めであるため庭の固い部分に打ち込んでも曲がらなかった。

おすすめ人気タープランキング2:遮光性がいい

HDタープ“シールド”・ヘキサ

スノーピーク snow peak HDタープ“シールド”・ヘキサ(L)Proセット TP-862S [タープ ヘキサ]

人気ブランド「スノーピーク」のすぐに使えるポールや鍛造ペグのセットモデルです。付属するペグは同社の人気製品で、小石が埋まっていても砕きながら地面にさせるほどの強度があり頑丈です。柔らかい砂地以外の場所ならマルチに活躍してくれます。タープの選び方として付属品の有無も、初めてタープを買う場合は特に重要です。

特徴

初心者でも簡単に張れるヘキサタープですが、ただの生地よりも遮光性がよくなる加工が施されていて、張力が加わる角の部分は何重にも保護されていて強度が高いです。フルセットのためペグハンマーも付属し、他社のセット品のように必要最低限というわけでなく何回も使えるような本格的なものが付属しますよ。大人数で使いやすい570×500cmのLがおすすめです。

口コミ

椅子やテーブルを置くとファミリーキャンプに丁度いい大きさになると評価されています。収納サイズや持ち運びやすさを気にしなくてもいい車を使ったキャンプなら少人数でもLを使っている方が多いですよ。

4人家族で使用。雨が降っていた為タープ内で過ごしましたが、テーブル、椅子、荷物を置いても広さ的には問題なかったです。4人で使うにはこのくらいの広さがちょうどいいと思いました。

おすすめ人気タープランキング1:コットン素材

ントファクトリー TCタープ

TENT FACTORY(テントファクトリー) TCタープ470 DBE(ダークベージュ) TF-TCHT470

テントファクトリーのTCタープは非常に人気があり売れ行きランキング上位に入っていることが多いです。TCとはテクニカルコットンのイニシャルとなり、天然繊維のコットンと化学繊維のポリエステルとの混紡になります。火で穴が空きにくいためタープの近くで焚き火を楽しんでも大丈夫です。また、ポリエステルと比較すると濃い影ができて日除けとしても使いやすくなります。

特徴

きれいな6角形のタープです。TC素材のため通気性もよく結露が発生しにくいですよ。前述したように遮光性や耐火性もあり使いやすいタープとなります。TC素材は高価ですが、テントファクトリーはコスパのいい製品が多く、タープも価格が安く人気です。また耐水圧は2000mmと一般的なTCよりも高めで、雨の日でも使いやすくなっています。

口コミ

TC素材は化学繊維にはない独自の風合いや手触りがあり、その部分を評価する方もいますよ。また見た目だけではなく雨にも強いなどタープとしてきちんと使える高機能なTCタープです。

デザイン、色に満足です。ただ、ロゴが少し大きめで目立ちます。 結構強めな雨が一晩中降りましたが中は全然濡れませんでした。

タープランキングのまとめ

正しい選び方をして高機能なタープを選ぼう

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61T9I-8-99L._AC_.jpg

日本のアウトドアブランドだけではなく、海外のアウトドアブランドからもさまざなタープが発売されています。紹介した選び方を参考に自分に合った高機能なタープを選びましょう。単なる日除けではなくUVカット加工になっているか、雨避けとして使えるかは重要ですよ。ファミリーキャンプや大人数で楽しみたい方は5mを超えるような大型タープを用意するといいでしょう。

タープが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはタープに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Movie動画記事

【毎日キャンプ生活1ヶ月】ワークマンのテントから始まりジムニーでキャンプ場デビュー!

キャンプど初心者が1ヶ月間毎日、何かしらのキャンプ行為をした全記録をまとめました!1日目にワークマンのテントを手に入れてから、31日目にジムニーでキャンプ場に行くまで何があったかを全部記録しましたので...

【堤防SLS】奇跡の夕マズメでヒラマサ炸裂!【島日記12】

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ここのところ黒潮と水温上昇ですこーしカンパチの数が減ってきました。磯も場所を間違えるとご覧の有り様・・・笑 困ったときはやっぱりSLSですね!! ★ロックショア実釣動画...

年に一度しか行かない危険な地磯へ・・・【島日記11】

製品貸与:グローブライド株式会社 撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 今回は近況報告と本当は行きたく無い、しんどいランキング1位の磯へ調査へ行ってきました!最近の地磯は特定のポイントを除いて、ベイトに釣果が...

【初心者用】キャンプで使う三大ロープワーク・結び方3つが使えすぎて感動した…

キャンパーに必要なスキルの一つが「ロープワーク」!数々の方法がありますが、今回は「3大ロープワーク」を、人気書籍を参考にして学びました! もやい結び・自在結び・テグス結びは本当に使える結び方だと感じま...

初めてキャンプ場へ行った初心者、ガチで初心者丸出しすぎたwww【毎日キャンプ生活30-31日目】

今回のキャンプのテーマは「ギア不足の初心者でもキャンプ場をちゃんと楽しめるのか?」。大人気のキャンプ場「能登島家族旅行村 Weランド」に行ってきましたが、色々スタッフの方に初心者丸出しでお聞きしつつ、...