検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【一度は体験したい】セブ島のダイビングスポットおすすめ11選!その魅力を徹底解説!

セブ島とは、フィリピン中部のビサヤ諸島にある島であり、細長くて大きな島であります。ビサヤ諸島は、ルソン島とミンダナオ島に挟まれた海域にある島のことです。セブ島は、海も綺麗なので、ダイビングも人気ですので、ダイビングスポットや魅力を紹介をしていきます。
2020年8月28日
MINTO

フィリピンセブ島とは、一体どんなところ?

セブ島とは?

フィリピンには、離島が多くあり、その離島の中でもリゾート地として人気があるのが、セブ島であります。バンダヤン島やマクタン島などに囲まれているのが、特徴的なセブ島には、様々な観光名所も多くあるのです。セブ島には、透明度が高いビーチも多くあり、毎年多くの日本人の観光客も訪れるほど、人気なスポットが多くあります。セブ島には、上級者向けの難易度が高いポイントから初心者向けの難易度が低いポイントまで多くの、ダイビングスポットです。日本からも直行便が出ており、約5時間ほどで行ける場所ですので、ここでは、セブ島のダイビングスポットについて、詳しく解説をしていきますので、参考にしていただけると幸いです。


セブ島は、気候は常夏

セブ島は、一年中常夏な気候ですが、セブ島でも悪天候のシーズンがあります。世界でも最も多くの海の生物がいるので、世界中から多くの方が、ダイビングをしに訪れにくるほどです。詳しいダイビングシーズンなども記載しておきます。

セブ島のおすすめなダイビングのシーズン

ダイビングの見頃なシーズン


先ほど、フィリピンは一年中常夏なので、気温の変化がないと記載しましたが、雨季と乾季の2つのシーズンがあるのです。6月〜10月は雨季のシーズン、11月〜2月は乾季のシーズン、3月〜5月ホットドライシーズンです。セブ島には、9月〜10月は、台風が多く発生をするシーズンでもあり、年間で多くの台風が直撃もしたりすると言われております。

セブ観光のベストシーズン

セブ島観光やダイビングに最適には、3月〜5月がおすすめシーズンと言われております。晴れた日が続き、雲がない魅力的な青空を見れるだけでも、幸せなはずです。

セブ島のおすすめダイビングスポット1

マクタン島


マクタン島とは、車で1時間ほどの場所にある場所であります。マクタン島には、観光客も多くいて、マクタン島に宿泊するケースも多いです。マクタン島のダイビングは、海の生物と出会うことが出来、幸運に見回れれば、ジンベイザメを見ることが出来ます。マクタン島には、日本語が通じる、日本人の方もダイビングショップも経営をしております。日本人のスタッフも多くいるので、初心者でも基本をわかりやすく、指導をしてくれるので安心です。マクタン島では、安心してダイビングを楽しむことができ、透き通るほどの透明度の海も魅力的とも言われております。

アイランドホッピングがおすすめ

マクタン島発の、日帰りツアーやアイアランドホッピングツアーなどが魅力的で人気があったりもします。セブ島で、ダイビングなどを十分に楽しみたいなど、第二言語など、現地の言葉の自信がないようでしたら、マクタン島が非常におすすめです。ダイビング未経験でも、そこまで難易度も高くないので、参加することができます。

セブ島のおすすめダイビングスポット2

ナルスアン島

ナルスアン島とは完全な無人島で、非日常的なリゾートを味合うことができます。マクタン島から船で45分ほどの距離にあり、セブ島からでも日帰りで、十分往復が可能ですので、ダイビングツアーにも最適です。島もそこまで大きくなく、コンパクトで30分程歩いて回れば一周も可能となります。島の南側には、ダイビングスポットがあり、水深10メートル以上の場所では、綺麗な透明感のある世界は、まるでおとぎ話のような日常的な体験を味わうことが出来ます。レストランなども豊富にあるので、飲食も可能です。

アイランドホッピングが人気

アイランドホッピングで人気な離島が、ナルスアン島です。小さい離島でありますが、水上コテージが設置されており、フォトジェニックな感じのリゾートアイランド的な側面もあります。ナルスアン島は、浅瀬でもサンゴせきが多いのが特徴的なポイントでもあり、この綺麗な透明度の高い海を体験できるはずです。

セブ島のおすすめダイビングスポット3

ヒルトゥガン島

ヒルトゥガン島とは、癒されるような熱帯魚などの生物などが多くいて、世界中から多くの方が目指して集まってきます。離島を巡るセブ島の観光名所としてもおすすめな場所です。マクタン島からボートを使用すれば、30分圏内で行ける距離でもあり、セブ島からも、日帰りで行くことも可能であり、多くの魅力的な大文具ツアーなどが用意されており、体験することができます。激しい波や大きな波がないのも特徴的なポイントでもあり、安心してシュノーケリングを体験することができ、日本が長期休みのシーズンなどには、多くの日本人が観光としても訪れてくるのです。

アイランドホッピングにもおすすめ

ヒルトゥガン島とは、ダイビングポイントしてもおすすめですが、アイランドホッピングの目的地としても最適です。豊富なサンゴも生息をしており、魅力的な島でもあるのが特徴的であります。ダイビング未経験の方でも参加可能であり、マクタン島も近くて、海の生物と会えるのも特徴的なのです。

セブ島のおすすめダイビングスポット4

スミロン島

スミロン島とは、セブ島の南端に浮かぶ、オスロブから車とボートで1時間ほどで到着する小さな離島と呼ばれております。セブ島の中でも、透き通る透明度が高い海であることから、ダイビングスポットとして人気が高い観光地です。どこまでも透き通る透明度の海の中に潜ると、サンゴ礁が広がる楽園のような光景がどこまでも広がっていきます。海の生物の周りには、色鮮やかな熱帯魚も多く生息しているほどです。手つかずの貴重な海が残るダイビングスポットであります。

透明度の高いビーチ

スミロン島とは、透明度が何と言っても高く、レベル、心地よいのも特徴的です。ジンベイザメも見れますが、より近くで見たいのであれば、シュノーケリングをするのがおすすめであります。水面近くにジンベイザメが現れたりもするので、目の前で見ることができたりもできるのです。日本ではなかなかジンベイザメを見れる確率は低いですが、スミロン島では近くで見れるのもポイントでもあります。

南国らしい魚もたくさんいる

スミロン島には、南国らしいカラフルな海の生物がいるのも特徴的です。色美しい魚などを見たい人など、写真映えも最高に良いので、おすすめでな観光スポットであります。

セブ島のおすすめダイビングスポット5

モアルボアル

モアルボアルとは、欧米人から人気のセブ島の南西部に位置するスポットです。モアルボアルの水は透明度があり、非常に綺麗。モアルボアルの近くには、ダイビングショップ、レストランなどもあり、魅力的な場所で世界各国から多くの人が集まってくるそんな場所であります。色々な海の生物にも会えるのも特徴的なのが、モアルボアルであり、多く海の生物との出会いや体験は、セブ島の良い思い出になるはずです。

世界中のダイバーが訪れる

セブ市内からバスで2時間半〜3時間程の場所である、世界中から訪れてくるフィリピンの田舎町です。シーズンによっては、本当に多くの人で賑わっております。白い美しい砂浜が印象的なホワイトビーチがあり、ダイバーのみならず多くの方が訪れてくる楽しい街です。観光名所しても、おすすめな場所であります。

セブ島のおすすめダイビングスポット6

バリカサグ島

セブ島のお隣に位置するバリカサグは、フィリピンで大人気なダイビングエリアでもあり、東南アジア屈指のリゾート地としても有名な島です。フィリピン屈指でのダイビングスポットで、ダイバーの間では有名なポイント。あまりにも人気すぎて、1日のダイバー規制ができるほどとも言われているほどです。海の生物も多くいて、警戒心がなくて、人にも、懐きやすいので、海の生物との写真映えも最適とも言われれております。

難易度は高いが人気な島

バリカサグは、中級以上のダイバーの方に人気があるフィリピンでの屈指でもあるスーパードロップオフポイントであります。ダイビング雑誌にも取り上げられるほどのフィリピン屈指のスーパードロップオフポイントでもあるのが特徴的です。朝早くからナイトまで、1日最大4本まで潜ることが出来るのもポイントであります。

セブ島のおすすめダイビングスポット7

ボホール島

セブ島の南の隣の島であるのが、ボホール島であります。フィリピンでは、10本指に入る大きい島でもあり、海の生物がたくさん見れることでも魅力的な場所で、セブ島からフェリーで、約120分ほどで到着する場所です。ダイビングにも最大集中できる環境が、整ったダイビングサービスが、一体化したリゾートでのんびりと、とことんダイビングを楽しむことが出来るのも特徴的でもあり、ボホール島では、フィリピンでトップクラスのダイビングスポットがありますので、参考にしていただければ幸いです。

ボホール島のおすすめなビーチ

島全体がリゾート地のような感じもしているのが、ボホール島す。アナーナビーチ、ドルホビーチ、モモビーチの3つのビーチがおすすめで、どれも透明度感のあるビーチを堪能できるので、是非足を運んでみるのをおすすめします。

セブ島のおすすめダイビングスポット8

マラパスクア島

マラパスクア島とは、セブ島の北部にある小さなリゾートアイランドです。マクタン・セブ空港からは、車で4時間ほどの北上した場所かボートで約15分程の場所で到着。高い確率で、海の生物に遭遇できるダイビングスポットでもあるのが特徴的です。その生物というのが、ニタリザメ。中級者から上級者まで幅広く楽しめるということで、ダイバーの間では、話題ともなっている見所が多いスポットが点在をしているのも有名であります。

欧米人旅行者ダイバーにも人気

欧米人旅行者ダイバーにも大人気なダイビングスポットでもあるのが、マラパスクア島であります。透明度が綺麗であり、クリスタルブルーの海とホワイトサンドがきらめいている美しいビーチです。ココナッツツリーが海風に注いで、心地の良いゆっくりとした時間の流れを感じることが出来るのも、特徴的な島でもあります。

大きな魚とも遭遇できる

日本人を始め、世界中から多くのダイバーがマラパスクア島に訪れてきます。島のダイビングスポットでは、ハンマーヘッドシャークやマンタなどの大きな魚たちにも遭遇できるのです。

セブ島のおすすめダイビングスポット9

リロアン

リロアンは、セブ空港から車で3時間ほどの場所である南端にある街で、静かで素朴な場所でありながら、レアなマクロ生物が豊富な海が広がっております。インドネシアにあるバリやレンベに行ったことあるなら、ここも1度は行って欲しい場所であります。通常のダイビングでは、見ることができないセンネンダイやワキグロアカフエダイなど、未知なる生物とも遭遇できるのが特徴的です。珍しい生物などを見たい方には、行って欲しいダイビングスポットでもあります。

リロアンでは、ジンベイザメとも出会える

リロアンでは、ジンベイザメとも出会える確率も高いのが特徴的であります。フィリピンならではの、珍しい生物とも出会えるのが、特徴的です。他にも、リロアンでは多くの生物を見ることが出来るので、マク島からは、遠いですが好奇心旺盛の人には行ってほしい島です。

セブ島のおすすめダイビングスポット10

オランゴ島

オランゴ島は、マクタン島から片道、約15分程で行けるセブの中では、比較的難易度が低く行ける場所なはずです。セブ島に来る多くの方もダイビングを目的にする方も多くいて、シーズンによっては、人気な観光ポイントは慌ただしくなったりする可能性があります。オランゴ島は、あまり観光地化がされておらず、地元の人々の暮らしを見ることができ、自然も豊かであり、セブシティーからすぐの距離にもありです。透明度のある海に浅いポイントから深いポイントまで、色々な魚が見れたりもでき、難易度もそこまで高くないのが特徴的であります。

マクタン島から15分ほどでいける島

オランゴ島は、マクタンからボートで15分ほどでいける場所であります。ダイビングポイントには、多くのダイバーやスノーケラーが集まっている次第です。水上レストランもあったり、自然も豊かで、日本で体験するより安い金額で参加もできるので、総合的な難易度も高くないので、敷居が低く参加できると言われております。

セブ島のおすすめダイビングスポット11

オスロブ

セブ島の南側に位置する島であるのが、オスロブであります。オスロブでは、ジンベイザメが会えるということで、魅力的な場所であり、高確率で、ジンベイザメが見られたり、海の生物と出会えるのが、魅力的です。また、透明度の綺麗な海にジンベイザメを味わえるのが、このオスロブであります。巨大なジンベイザメを見上げながら泳ぐのは、ここでしか味わえなかったりするのが、魅力的であります。

セブ島のダイビングの総合的難易度は?

ダイビングの難易度は?

セブ島のダイバーのおおよその比率ですが、初心者が3割、中級者が4割、上級者の3割となっております。ダイビングポイントも様々ですので、難易度も初めての方向けから、レベルが高いポイントまで様々です。マクタン島やリロアンやボーホルであれば、難易度もそこまで高いので、初心者の方でも満喫でき、バリカサグ島などでは、難易度が高いと言われておりますが、基本的に、フィリピンのダイビングショップやガイドさんも非常に優しいのでダイビングすること自体難易度は、低いかと思われます。

セブ島に、ダイビングをしに行ってみよう

初心者からベテランまで楽しめるのがセブ島

セブのダイビングの最大の魅力的なのが、機材のセッティング、エントリー、エキジット、機材運びまで、スタッフに任せることが出来ます。ですので、難易度も低く、敷居はそこまで高くないのが魅力的。近場で、ダイビングする場合は、午前に2本潜って、午後に1本やナイトダイビングも可能です。遠いスポットまで遠征する場合は、午前2本で、ボートの上でお昼を食べ、午後は2本の基本的なステイルであります。特にマクタン島は、ダイビングにおすすめであり、初心者からベテランまで人気で、ダイビングの難易度も気にせず、楽しむことが出来るのです。シーズンによって日本人だらけの時もあり、日本と近いようで遠い感覚さえ味合うことができます。

日本のダイビングスポットを知りたいという方は、こちらをチェック

セブ島は、海が綺麗でありダイビングスポットが多くあり、物価も高くなく行くのに難易度も高くなく、観光に最適な場所でありますが、日本にもダイビングスポットの場所は多くあります。フィリピンと日本のダイビングスポットを比べてみるのも楽しいはずで、日本のダイビングスポットが気になる方は、こちらをチェックしていただければ、幸いです。