Twitter
Facebook
LINE

【2020】日光のお土産おすすめベスト13!誰もが喜ぶ人気のお菓子といえばこれ!

【2020】日光のお土産おすすめベスト13!誰もが喜ぶ人気のお菓子といえばこれ!

hanashin

栃木・日光の人気お土産を紹介!

日光東照宮をはじめ、江戸時代の文化を肌で体感できるエンターテイメント施設・江戸ワンダーランド日光江戸村や、日本三大名瀑の一つにも数えられている華厳滝など、様々な魅力的な観光スポットも多い栃木・日光には、旅行帰りに購入して帰るのにおすすめなお土産もたくさんあります。

ご飯のお供として食べるのにも最適なお土産や、古くから栃木日光市の銘菓としても名高いお土産など、色々なお土産がありますので、日光へと旅行に行く機会がありましたら、気になるお土産を購入してみてください。(記載されている内容は2020年7月18日現在の情報を元に作成しています。)

日光のお土産おすすめベストランキング⑬位

けっこう漬け

日光のけっこう漬けといえば、栃木県を代表する絶品の漬物としても認知されている食べ物になります。塩漬けにしたきゅうりや大根などを塩抜きしてから、ワインやはちみつを加えているたまり醤油にじっくりと漬け込んだお漬物になります。

塩抜きする時には天然の湧き水である日光のけっこう水を使っている事も有名な名物になります。

柔らかくパリッとした歯ざわりが魅力的なキュウリや、7回の付け替えによって味わい深い大根などの定番のけっこう漬けから、コリコリとひと噛みごとに美味しい匂いに包まれる無臭ニンニク、自家製味噌を使っている味わい深いゴボウなど、様々な種類のけっこう漬けがあります。

どのけっこう漬けもご飯との相性も抜群です。高級なお漬物ではなく、誰にでもお求めやすい価格で販売されています。口コミでも評判良い栃木県の人気お土産なので、旅行に来た際に購入してみてください。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】日光のけっこう漬け本舗・森友バイパス店 
【電話番号】0288-22-9191
【住所】栃木県日光市森友838-1
【アクセス】下今市駅から約2km
【営業時間】8:30~19:00
【定休日】無休(元日は休み)

日光のお土産おすすめベストランキング⑫位



志そまきとうがらし

栃木県定番のお土産の一つにも含まれているこちらの「志そまきとうがらし」は、日光修験が体を暖める耐寒食として親しまれていました。日光東照宮造営以後は、日光詣りのお札に添えられた「日光みやげ」だった事から、日光唐辛子と呼ばれている事でも有名な食べ物です。

昔ながらの製法を貫いて一つ一つ丁寧に手作りしている「志そまきとうがらし」は、細かく刻んだ後に温かいご飯にかけて調味料やお醤油をたらして食べる定番の方法以外にも、おにぎりの具材に入れたり、お茶漬けにしたり、チャーハンの具材に入れたりと様々な召し上がり方ができます。

また他にも、2本くらいづつ衣につけて天ぷらにしたり、かき揚げの具材としても美味しく食べられます。高級品ではないので、栃木旅行のお土産としても気軽に購入して帰る事ができます。その他の栃木土産と同様に口コミでも評判の良い商品です。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】元祖志そまきとうがらし 落合商店
【電話番号】0288-54-2813
【住所】栃木県日光市下鉢石町938
【アクセス】JR・東武日光駅から徒歩20分
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定休(おもに水曜日)

日光のお土産おすすめベストランキング⑪位

甚五郎煎餅

1907年に創業された「日光甚五郎煎餅本舗・石田屋」が提供する栃木の銘菓として有名なのがこちらの「甚五郎煎餅」になります。店舗人気の看板商品でもあり、日光の定番土産としても有名な銘菓です。定番のたまり醤油・薄焼きせんべい以外にも、カマンベールチーズやパクチー、トマトバジルなどの変わり種もあります。

バターの風味とソフトな塩味が美味しいと口コミでも評されている、ベーシックな日光甚五郎煎餅・7号缶(16枚入り)は、お値段税込みで約750円という高級すぎない価格で販売されていますので、気軽に栃木旅行のお土産として購入して帰れます。

子供からお年寄りまでに親しまれる人気の銘菓です。まだ味わったことがなければ是非食べてみてくださいね。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】日光甚五郎煎餅本舗 石田屋
【電話番号】0288-53-1195
【住所】栃木県日光市本町4-18
【アクセス】東武日光駅よりバス(中禅寺もしくは清滝方面)に乗り約10分,西参道バス停下車徒歩約3分
【営業時間】8:30~17:00
【定休日】無休

日光のお土産おすすめベストランキング⑩位

日光ラスク

1937年創業の老舗和菓子店「元祖日昇堂・日光本店」で購入できるこちらの日光ラスクは、熟練の和菓子職人さんが和菓子の技術を用いて一つ一つ丹念に製造していて、和菓子作りのやさしいこだわりが生かされていて、子供からご年配者の方まで幅広い世代に愛されています。累計販売数は100万個を突破していることでも有名な人気商品です。

キューブ状の食べやすい一口サイズのラスクで、定番のシュガーはもちろん、メープルや抹茶などの味も人気です。店舗だけでなく、オンラインショップでも購入できるお菓子で、シュガー・メープル・抹茶の人気3種類の味を楽しむことができるギフトボックスは、税込で680円という安さで購入できます。

高級なお土産ではないので、気軽に購入して帰れます。また袋ごとに分かれているので、職場のばらまき用お土産としても人気です。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】元祖日昇堂 日光本店
【電話番号】0288-53-0534
【住所】栃木県日光市上鉢石町1038
【アクセス】東武日光駅から約1.3km
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定休

日光のお土産おすすめベストランキング⑨位

きぬの清流

昭和31年の1956年に創業された虎彦製菓株式会社より販売されている「きぬの清流」は、日光国立公園銘菓としても有名で、会社を代表する定番のお菓子として知られています。上質な小豆を使っている潰し餡を、小麦粉・卵・砂糖で作った生地を、銅板の上でクッキーのように焼いた2枚の皮で挟んでいる食べ物です。

油脂・保存料・合成着色料を一切使わずに作られている体にも優しい名物菓子なので、小さな子供からご年配者にまで安心して食べられます。また定番の小豆餡だけでなく、栃木名物のいちごを白あんに加えて皮に挟み込んでいる「きぬの清流・とちおとめ」も口コミで好評を得ている人気商品になります。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】虎彦製菓
【電話番号】0288-77-0279
【住所】栃木県日光市鬼怒川温泉滝428
【アクセス】鬼怒川温泉駅から約850m
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】木曜日

日光のお土産おすすめベストランキング⑧位

元祖日光酒饅頭・水羊羹

世界遺産としても有名な”日光の社寺”の門前に、約215年程前に創業された老舗菓子店「湯沢屋」より販売されている「元祖日光酒饅頭」は、原材料に糀・もち米・小麦粉・小豆・砂糖を使用して作られている店舗定番の名物として人気で、お土産として購入して帰る人も多い銘菓です。

大正天皇日光御用邸にも献上された事でも有名な銘菓で、モチモチでしっとりとした皮に甘さが控えめな餡が入っていて、ほのかにお酒の香りもして美味しいという口コミもある名物菓子です。

できたても美味しいですが、冷蔵庫で保存してからはレンジで戻しても美味しく食べられるという口コミもあります。

また元祖日光酒饅頭で有名なお店ですが、特産の水羊羹や、日光湯波の豆乳水羊羹も美味しいという口コミも多いです。高級なお土産ではないので、気軽に立ち寄って家族やお友達の人数分購入して帰れます。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】湯沢屋
【電話番号】0288-54-0038
【住所】栃木県日光市下鉢石町946
【アクセス】東武日光駅から約1km
【営業時間】午前8:00~午後18:00 ※茶寮は10〜16時まで
【定休日】不定休

日光のお土産おすすめベストランキング⑦位

三猿人形焼き

日光街道沿いにお店を構えている人形焼きで有名なお店「みしまや」の名物といえば、愛らしい三匹のお猿さんの形を採用した人形焼きになります。日光の豊かな自然が育んでいる美味しい水や、厳選した素材を採用して手間を惜しまずに作るみしまやの人形焼きは、古くから栃木の名物として有名です。

上品な味わいで甘すぎない北海道産のこし餡を、しっとり・もちもちとしている生地で包んでいる栃木の名物菓子になります。またこちらの三猿人形焼きは、一個あたりの容量が40グラムで、お一つあたりの値段は140円です。

高級なお菓子ではないので、誰でも気軽に購入して帰ることができます。見た目もかわいらしい人形焼きなので、写真映えも良く、観光客からも非常に人気です。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】日光人形焼みしまや
【電話番号】0288-54-0488
【住所】栃木県日光市石屋町440
【アクセス】東武日光駅から約500m
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】木曜日

日光のお土産おすすめベストランキング⑥位

水羊羹

昭和初期頃に羊羹専門店として創業した「鬼平の羊羹本舗」から販売されている水羊羹は、小豆のうまみを引き出しながら一つ一つ丁寧に作り上げている日光の銘菓で、みずみずしくさっぱりとした味わいで、店舗定番の名物菓子として古くから有名です。

なめらかな食感で優しく上品な甘みを感じられて、小豆本来のおいしさを堪能できる水羊羹という口コミがあったり、甘すぎずにとてもみずみずしくて、もっと食べたいと思わせる美味しさがある水羊羹と口コミで評価している方もいる銘菓です。

水羊羹は5本入りで750円というお手頃な価格です。また一口サイズの羊羹は10個入りで1450円で購入できます。高級な和菓子ではないので、栃木旅行のお土産として買って帰る観光客も非常に多い人気商品です。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】鬼平(きびら)の羊羹本舗
【電話番号】0288-54-0104
【住所】栃木県日光市中鉢石町898
【アクセス】東武日光線 東武日光駅 徒歩15分
【営業時間】8:30~18:00
【定休日】火曜日

日光のお土産おすすめベストランキング⑤位

特製竹皮包煉羊羹・水羊羹・一口塩羊羹

創業が天明7年という栃木の老舗和菓子店・綿半の羊羹は、創業当時から現在に至るまで、厳選食材と日光の清浄冷水を使用し、添加物などは一切使わずに製造してきました。輪王寺法親皇の宮に献上した事もある銘菓で、日光随一のお土産としても全国的に有名です。

伝統的製法で厳選された材料と、日光の清浄な冷水とで練り上げていた定番の特製竹皮包煉羊羹をはじめ、小豆の味を生かしていて、糖分控えめでみずみずしい食感を味わえる水羊羹、塩羊羹を食べやすい一口サイズに切って竹の皮に包み込んでいる一口塩羊羹など、様々な美味しい羊羹を購入できます。

定番の特製竹皮包煉羊羹は一本2110円で、水羊羹は5本入りで760円、一口塩羊羹は6個入りで940円という高級すぎないお値段で購入できます。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】綿半本店
【電話番号】0288-53-1511
【住所】栃木県日光市安川町7-9
【アクセス】東武日光駅から約2km
【営業時間】8:30~17:30
【定休日】火曜日

日光のお土産おすすめベストランキング④位

湯葉関連の品物

明治初年頃に創業した老舗のゆば屋さんとして有名なお店「日光湯波ふじや」では、湯葉関連の様々なお土産を購入できます。高級なお土産ではないので、誰でも気楽にお好きな商品から選んで購入できます。

日光といえば”揚巻ゆば”が定番ではありますが、こちらの店舗では、串湯葉・湯葉の佃煮・刺身湯葉も人気の高い商品です。

日光湯波ふじやの湯葉は、口に入れるとトロっとしてなめらかな味わいで、いくらでも食べられそうな湯葉と口コミで評価している方もいます。またその他にも、手土産としていただいたよ歯を調理して食べたところ、だし汁がじゅわっと溢れて、大豆の甘みがなんともいえないという口コミもあります。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】】日光湯波ふじや
【電話番号】0288-54-0097
【住所】栃木県日光市下鉢石町809
【アクセス】東武日光駅から約1km
【営業時間】8時半〜17時
【定休日】不定休

日光のお土産おすすめベストランキング③位

ニルバーナ

東武日光駅前で営業しているアーリーアメリカンスタイルの店内でも有名な「明治の館・ケーキショップ」では、美味しいお菓子を様々な種類販売していますが、その中でもなめらかでキメ細やかな舌触りが特徴で、コクのあるクリーミーな風味の贅沢な味わいのチーズケーキ「ニルバーナ」が人気で、お土産として購入して帰る観光客も多くいます。

デンマーク産の最高級クリームチーズをはじめ、最高な食材をたっぷりと使い、手間と時間をかけて仕上げている店舗の名物スイーツで、明治の館の店舗でのみしか手に入れられません。直径21cmサイズの箱入りニルバーナは税抜きで3000円で購入できます。

やや高級なお菓子ですが、一口味わえば満足のいくスイーツなので是非、まだ試した事がなければ味わってみてくださいね。またこちらの店舗は2階はカフェとなっていますので、日光の観光の一休みで利用するのもおすすめです。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】明治の館・ケーキショップ
【電話番号】0288-54-2149
【住所】栃木県日光市松原町4-3
【アクセス】東武日光線「東武日光」駅から徒歩1分
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】無休(冬期不定休)

日光のお土産おすすめベストランキング②位

揚げゆばまんじゅう

こちらの揚げゆばまんじゅうは、日光名物としても有名な「日光ゆば」を使った美味しいご当地スイーツになります。地元日光で製造している湯葉・豆乳を材料に使用しているおまんじゅうになります。揚げゆばまんじゅうを販売している「さかえや」は、週末になると多くの観光客が行列を作っている人気店です。

生地の表面にうっすらと付いている塩の粒と、中に入っている甘いあんこもとても相性良く、さくさくとした食感の衣も美味しいと口コミで評価されているご当地スイーツになります。素材本来の特性を生かすために保存料や防腐剤を使っていないという特徴もあります。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】さかえや
【電話番号】0288-54-1528
【住所】栃木県日光市松原町10-1
【アクセス】電車/東武日光線「東武日光」駅から徒歩1分、車/日光ICより車で約3分
【営業時間】9:30~18:00
【定休日】不定休(ほぼ無休)

日光のお土産おすすめベストランキング①位

家康公のひときれかすてら

日光カステラ本舗本店の「家康公のひときれかすてら」は、お一人様用のカステラでちょっとしたお土産として渡しても喜ばれます。栃木県・日光への旅行帰りのお土産として人気のスイーツになります。上質な香りで癖の無いアカシア蜂蜜をふんだんに使って、しっとり・ふんわりと焼き上げたカステラになります。

カステラの茶色い部分には金箔が散りばめられていて、高級感漂う風合いのお菓子でもあります。味はハニー・抹茶があり、お値段は税込で240円になります。コーヒーや日本茶との相性も良いカステラで、賞味期限は製造日から約20日間となっております。

お土産を購入できるおすすめ店舗詳細

【店名】日光カステラ本舗 本店
【電話番号】0288-53-6171
【住所】栃木県日光市本町1-8
【アクセス】車/宇都宮ICより30分、日光ICより10分。
【営業時間】[4月~11月] 9:00~18:00、[12月~3月] 9:00~17:00
【定休日】無休(臨時休業あり)

まとめ

いかがでしたでしょうか?人気旅行地の栃木・日光には、お土産としても購入すると喜ばれる銘菓がたくさんあります。リーズナブルな値段で購入できるお土産が多いので、気になったお土産がありましたらお店で購入してみてくださいね。

お土産・観光について気になる方はこちらもチェック!

以下は、盛岡でおすすめな絶品銘菓や名物グルメのお土産を紹介している記事、海外旅行でも注目されているパラワン島の宿泊施設について紹介している記事、茨城県でおすすめな人気の宿泊施設を紹介している記事です。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【基本】ダーツの縫い方・やり方を解説!慣れれば楽勝です♪

今回はダーツの縫い方・やり方を解説させて頂きました!ダーツを縫うこと自体は簡単ですが、ちょっとしたコツで仕上がりの美しさに差が出ますので、動画を参考にしてやってみて下さい! ご視聴ありがとうございま...

遂に完成!ステッカープレゼント企画だよ!!

☆応募はコチラからどうぞ☆ https://forms.gle/9LhGYdTKdkU1q1T87 【締切4/28】

【基本】ギャザーの寄せ方を解説!ミシンを使いますが楽チンです♪

今回はギャザーの寄せ方をご紹介しました!ミシンを使いましたが、簡単ですのでぜひやってみて下さい♪ ミシンでギャザーを寄せる場合は、ミシンの幅を大きくします!ミシンの幅はあまり大きくしすぎるとギャザーが...

【基本】地直しのやり方を解説!簡単すぎる作業でその後が変わる!

今回は地直しのやり方について解説させて頂きました!買ってきた生地はどうしても多少のゆがみがあります。また、天然素材は縮みやすいものが多いため、買った生地をそのまま裁断してしまうと、一度洗濯をしたら型崩...

釣りのラジオ釣りラじ「全部忘れちゃう第33回」

★プレゼント企画応募はコチラから★ kurashino.present@gmail.com ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?lis...