【連載】夏ウェディングにおすすめ!ブーケや装花におすすめの花の種類を紹介のイメージ

【連載】夏ウェディングにおすすめ!ブーケや装花におすすめの花の種類を紹介

日差しが眩しいサマーウェディングにぴったりのお花はどんな種類?夏の結婚式に使いたい、旬のブライダルフラワーたちを紹介します。夏ウェディングに使うお花で気になるのは、やはり水保ち。暑い季節でもフレッシュな状態を保ちやすいおすすめの種類をピックアップしました。

2020年06月29日更新

しまうま花屋
しまうま花屋
花屋・園芸店勤務で培った知識を生かしてガーデニングやお花に関する記事をメインに書いています。現在、花屋勤務は子育てでお休み中。日曜連載では、花屋の観点からお伝えしたいお花の楽しみ方や買い方のコツなどをぽつぽつと書いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. サマーウェディングに使いたい、夏の花たち
  2. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類①
  3. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類②
  4. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類③
  5. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類④
  6. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑤
  7. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑥
  8. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑦
  9. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑧
  10. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑨
  11. 夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑩
  12. さいごに

サマーウェディングに使いたい、夏の花たち

夏の結婚式におすすめの花たち

Photo byheidi_ziller

いよいよ本格的に暑い日が増えてきましたね。今回の日曜連載は、前回に引き続きブライダルフラワーに関するお話です。前回はジューンブライドに因んで、ブライダルフラワーでよく見る基本・定番のお花たちをご紹介しました。

Thumb【連載】花屋目線で解説!結婚式定番の花は?ブーケや装花に人気の基本種類 | 暮らし~の[クラシーノ]
結婚式でよく使われているお花ってなんて種類?ブーケや会場装花など結婚式会場でよく見るお花の種...

夏のブライダルフラワーは水保ちが重要

Photo byPexels

今回は、これからサマーウェディングにぴったりのお花たちをご紹介します。暑い時期のブライダルフラワーで気になるのは、水保ち。そこで、式中には水に浸けられないクラッチブーケにも使いやすいお花たちを中心にピックアップしてみました。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類①

ヒマワリ

Photo bymploscar

夏といえばヒマワリ!暑さも吹き飛ばしてくれるような元気いっぱいのイエローカラーがやっぱり人気のお花です。実際にブライダルフラワーを担当していた頃、「季節感が出て印象に残りやすい」という声もよく聞きました。

意外と品種も豊富

Photo byChorengel

ヒマワリといっても品種がたくさんあり、爽やかなレモンイエローの品種や、ゴッホの描いたヒマワリ、モネのヒマワリ、ゴーギャンのヒマワリなんて品種も。さまざまなヒマワリで作ったブーケも素敵です。

水保ちは?

ヒマワリは茎もしっかりしており、水下がりがしにくいお花。水が下がって萎れたり花びらが散ったりすることがあまりないので、暑い時期の結婚式にもおすすめです。クラッチブーケにも向いています。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類②

カラー

Photo byArmbrustAnna

スラッとした姿が上品で美しいカラー。ウェディングブーケには定番のお花でもありますが、暑い時期にも強いのでサマーウェディングにおすすめのお花です。白、ピンクやワイン色、黄色やオレンジ色があり、旬の季節は秋ですが周年出回っています。

ブーケにおすすめ

カラーのみのスタイリッシュなクラッチブーケや、夏にはリキュウソウなどの葉ものと合わせるのもおすすめ。カラーを花瓶に数本生けたテーブル装花は高さも出るので、天井の高いホテルなどの会場にも向いています。

水保ちは?

カラーも茎がしっかりしており、全体的に厚みがあって萎れにくいのが特徴です。水が下がってすぐ見栄えが変わってしまうことがないので、暑い時期のクラッチブーケにも向いています。ただワイン色のカラーは旬が秋なので、夏に使うなら白系がおすすめ。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類③

アナスタシア

アナスタシアとは、キクの種類のひとつです。キクは前回の記事でもご紹介しましたが、サマーウェディングにおすすめしたいのは特にこのアナスタシア。ピンクやブロンズカラーなどもありますが、代表的なグリーンのアナスタシアは、夏の和婚にぴったり。

夏の和婚におすすめ

切り花のキクは多種多様で、アナスタシアは西洋菊とも呼ばれる切り花として人気の種類です。キクは花保ちがとてもよく、夏の暑い時期にもおすすめ。ダリアやアジサイと合わせて和風の装花にしたり、クラッチブーケにも向いています。

水保ちは?

特に暑い時期には保水が心配なヘッドドレスには、キクはもってこいの花材。前撮りなど外の撮影の際、ダリアなどは水保ちが少し心配ですが、丈夫なアナスタシアなら安心して撮影にも臨めます。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類④

センニチコウ

Photo by BONGURI

「色あせぬ愛」という花言葉が結婚式にとってもぴったりだと人気のセンニチコウ。暑い時期にかわいらしいお花を長い間楽しませてくれる、夏のお花です。赤やピンク、白などの色があります。

人気はストロベリーフィールド

Photo by kanonn

特に人気なのが、真っ赤な姿がかわいいストロベリーフェールドという品種。真っ白なお花の中にポイントで入れるとまさに苺のようなかわいさです。また、センニチコウだけをまとめたブーケは、ナチュラルウェディングにぴったり。

花保ちは?

センニチコウはそのままドライフラワーになっても色がきれいに残るお花なので、水保ちもばっちり。直径2〜3cmほどの小さめなお花なので、ポイントに使うのが向いています。ヘッドドレスにもおすすめです。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑤

アンスリウム

Photo byKTRYNA

南国の雰囲気が人気のアンスリウムは、リゾートウェディングにもぴったりのお花。真っ赤なアンスリウムが代表的ですが意外と色の種類が豊富で、淡いピンクや白、グリーンや淡い紫色などがあります。

個性的なブーケにおすすめ

Photo by kanonn

モンステラなどと合わせて青空に映えるビビットカラーのリゾートウェディングアレンジにしたり、白のアンスリウムをメインにしたスタイリッシュなブーケもおすすめ。パリッとしたツヤ感がアクセントになります。

水保ちは?

アンスリウムもかなり水保ちがよいお花。花びらに見える部分は「苞(ほう)」と呼ばれる部位で、厚みがあるのが特徴です。茎もしっかりしており、水が下がって萎れてくることがないのでクラッチブーケにも安心の花材です。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑥

プロテア

Photo byBecBartell

最近ボタニカルウェディングとして人気の代表的な花材のプロテア。オーストラリアなどが原産の、ワイルドフラワーと呼ばれる種類のひとつです。淡いピンク色がかっこよくてかわいいお花です。

ブーケにするならクラッチブーケに

ユーカリやススキのようなパンパスグラスと合わせると、おしゃれな雰囲気に。ただプロテアは1本でも重量のあるお花なので、小さな給水スポンジに挿すラウンドブーケなどには不向きです。クラッチブーケがおすすめ。

水保ちは?

ワイルドフラワーはそのままドライフラワーにもなるお花たちで、プロテアも水下がりがまったく気になりません。ワイルドフラワーで作ったブーケや装花は結婚式が終わった後もドライにして長い間楽しめると、近年とても人気があります。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑦

バンダ

Photo by blumenbiene

ビビットな色と、肉厚な花びらがかわいいバンダ。ランの種類のひとつで、ウェディングでも使われることの多いお花です。「上品な美」という花言葉も花嫁にぴったり。濃いピンクや濃い紫色があります。

和洋折衷にもおすすめ

アンスリウムなどの南国系のお花と合わせてリゾートウェディングにしたり、アジサイなどと合わせて和風の装花やブーケにするのもかわいい。また、和風すぎない花姿なので、和洋折衷の結婚式にもおすすめです。

水保ちは?

ラン類は暑い時期でも水保ちがよい種類が多く、サマーウェディングにぴったり。ヘッドドレスにも向いています。クラッチブーケはもちろん、ラウンドブーケやキャスケードブーケなどどんなブーケにも向いています。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑧

モカラ

モカラもランの種類のひとつで、バンダと他のランを掛け合わせてできたお花です。バンダより花びらが細く、お花も小さめなのが特徴。なにより色の種類が豊富で、黄色やオレンジ、赤、ピンクなどがあります。

リゾートウェディングにおすすめ

モカラは、バンダよりトロピカルな雰囲気。リゾートウェディングでの会場装花にぴったりです。またテーブル装花の周りに散らしたり、お水に浮かべたりと、さまざまに使えます。

水保ちは?

モカラも、とても水保ちのよいお花です。お花をテーブルに散らしておいても、披露宴の間もあまり変わらずにきれいな状態で保ってくれます。ビタミンカラーのカラーリングが夏の結婚式にぴったり。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑨

そのほかラン類

Photo by Simon_sees

ほかにもラン類は暑さに強い種類が多く、夏の結婚式に向いているお花です。黄色い小さいお花がかわいいオンシジウムや、上品でかわいらしい花姿が人気のカトレア、肉厚でしっかりしたシンビジウムなども夏にはおすすめ。

水保ちに注意なのは?

しかし中には夏のウェディングには少し向かないラン類も。ウェディングには定番のラン類・コチョウランはデリケートなので、暑いと花びらがシワシワになってしまうことも。フローリストと相談してみてくださいね。

夏のウェディングにおすすめなお花:種類⑩

実もの

夏におすすめなのは、フレッシュなグリーンの実ものたち。秋に色付く前の実ものたちは、緑色が爽やかで季節感もあり、アクセントにもなります。ブルーベリーやフサスグリ、サンキライやブラックベリーなどがあります。

アクセントにおすすめ

実ものをたくさん使ったブーケや装花も、かわいらしくておすすめ。またこの時期には直径4〜5cmほどの小さなグリーンアップルも出回る時期で、装花に入れると参列者たちの話題になって盛り上がるかも。

水保ちは?

実ものも結婚式の間に萎れてしまうようなことはあまりないので、夏の結婚式にはおすすめです。しかしアフターブーケをお考えの方は、実ものはできない場合があるので確認してみてくださいね。

さいごに

夏にぴったりのブライダルフラワーたち

Photo byRitaE

夏のウェディングは、涼しげで爽やかなブルー系のお花たちも似合えば、とびきりカラフルなトロピカルカラーも似合うしで、悩ましい時期でもありますね。暑い時期だからこその素敵な結婚式になりますように。

過去の連載が気になる方はこちらから

この連載は、お花屋さんで買えるお花たちの楽しみ方をテーマに、毎週日曜日に更新しています。ブライダルフラワーだけでなく、ほかにも切り花について記事にしていますので、気になる方はこちらからぜひご覧くださいね。

Thumb【連載】花屋目線で解説!結婚式定番の花は?ブーケや装花に人気の基本種類 | 暮らし~の[クラシーノ]
結婚式でよく使われているお花ってなんて種類?ブーケや会場装花など結婚式会場でよく見るお花の種...
Thumb【連載】6月が旬の花はこれ!今お花屋さんで買えるお花を花屋目線で紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今花屋で買える、6月旬の切り花をたっぷり紹介。暑い時期に嬉しい日持ちするお花も多めに選んでみ...
Thumb【連載】長持ちする切り花ってどれ?定番おすすめの種類を紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
切り花を買うのなら、長持ちする花がほしい!お花屋さんで切り花を買う時には、どんな花が長持ちす...

あなたへのおすすめ