初めてのソロキャンプで揃えておくべきものは?初期費用やおすすめの道具もご紹介!のイメージ

初めてのソロキャンプで揃えておくべきものは?初期費用やおすすめの道具もご紹介!

初めてのソロキャンプだとどんなものが必要になるかあまりわかりませんよね。そこで今回はソロキャンプで必要なアイテムに付いて紹介します。また必要なアイテムの費用がどれくらいなのか、費用に関することも一緒に紹介していきますね。

2020年06月23日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ソロキャンプとは
  2. ソロキャンプに最低限必要な装備・道具
  3. ソロキャンプにあると便利な装備・道具
  4. ソロキャンプの費用1:テントについて
  5. ソロキャンプの費用2:寝袋について
  6. ソロキャンプの費用3:マットについて
  7. ソロキャンプの費用4:ランタンについて
  8. ソロキャンプの費用5:テーブルについて
  9. ソロキャンプの費用6:椅子について
  10. ソロキャンプの費用7:クッカーについて
  11. ソロキャンプの費用8:カトラリーについて
  12. ソロキャンプの費用9:焚き火台
  13. ソロキャンプの費用10:バーナーについて
  14. ソロキャンプの費用10:その他
  15. ソロキャンプの装備・費用のまとめ

ソロキャンプとは

どんなキャンプスタイルなのか

ソロキャンプとは家族やグループで行うキャンプではなく、1人で楽しむスタイルです。近年ソロキャンパーも増え、1人でも利用しやすいキャンプ場も多くなってきました。他のキャンプスタイルと比較すると、1人でキャンプするだけで内容は人それぞれ違います。例えば徒歩でのキャンプだったり、バイク、車を使ったオートキャンプだったりと交通手段の違いから、テントを使わずタープやハンモックだけで過ごすなど過ごし方も十人十色です。

費用も異なる

Photo byFree-Photos

ソロキャンプは「1人で過ごす」以外はそれぞれ過ごし方が異なるため必要なもの、揃えておく装備や道具が異なるため費用も変わってきます。今回は初心者でも楽しめるオーソドックスなキャンプとして、テントを使ったスタイルで最低限必要なものや各種道具について紹介していきますね。ハンモックで寝たい方はハンモックなどが別途必要です。また一式セットのレンタルではなく、最低限必要なものなどを自分で用意した費用となります。

ソロキャンプに最低限必要な装備・道具

必需品リスト

Photo byAnnaliseArt

最低限必要なものとなるのが以下の装備、道具です。初心者でも揃えておいたほうがいい一式セットとなります。車ではなくバイクだったり徒歩だったりとスタイルによってはさらに必要なものや注意する点などがあります。初期費用はブランドにこだわらなければ6~7万で揃うと言われています。

テント 寝袋
マット ランタン
椅子とテーブル クッカーとカトラリー
焚き火台 シングルバーナー

費用を考えた上手な揃え方

初心者が装備、道具一式セットを購入すると初期費用が大きくなりますが、車だと積載量が多いので家にあるもので代用し、少しずつ買って揃えることで初期費用を抑えられます。例えばシングルバーナーやクッカーは最低限必要なものと紹介しましたが、家にある鍋やカセットコンロで代用できます。焚き火調理でいいならシングルバーナーが不要になるなど、工夫することで一式を買い揃えなくても楽しくキャンプできますよ。

ソロキャンプにあると便利な装備・道具

好きなものを用意しよう

ソロキャンプの醍醐味は好きなものを好きなだけ持ち運んで使える点です。ランタンを大量に飾ったり、シンプルに焚き火とハンモックだけで過ごしたりといろいろなスタイルがありますが、あると便利な道具もたくさんありますよ。防犯用品はテントから離れるときに役立ちます。夏期の表はあくまでも一例となり、自分のキャンプスタイルに合ったものを用意してくださいね。

斧・ナタ 救急セット
タープ モバイルバッテリー
防犯用品 ランタン以外のライト

防犯用品について

Photo byzzzvector

ソロキャンプではテントを離れるときに防犯対策をシておいたほうがいいです。特に女子のソロキャンパーは対策としてクッズなどを持っておいたほうがいいでしょう。ラジオや防犯ブザーなどが役立ちますよ。ヘリノックスのチェアなど人気ギアは盗難に遭いやすいので特に注意してくださいね。最低限必要なものではありませんができるだけ準備しておいたほうがいい装備、道具となります。

ソロキャンプの費用1:テントについて

小さなテントだと1万円前後からある

最低限必要なものとなるソロ用の小型テントだと、安いものでは1万円前後から買えます。有名ブランドの人気商品となるともう少し高くなりますが、中国製のテントでも近年は評価のいいものが多いですよ。レンタルと比べると1万円でも高いですが、数回いくとレンタルよりも安くなるため検討する余地はあるでしょう。バイクで持ち運びやすいツーリングテントも1万円ぐらいからあり、軽量でコンパクトなものほど高価になります。

おすすめギア紹介:ツーリングドームクロウ

テント ツーリングテント ツーリングドーム クロウ VP160102I01 ビジョンピークス VISIONPEAKS

参考価格: 9,990円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

ソロキャンプで使いやすい小型のテントで初心者でも設営しやすいドーム型です。ポールは繊維強化プラスチックですが、耐水圧が1500mmなど雨でもきちんと使える本格的なテントです。二人用サイズなのでゆったりつかえますよ。1万円前後からテントは買えますが、大きくゆとりのあるものや前室が広いものなどになると高価になってきます。どのテントもペグ、ハンマーを別途用意しておいたほうがいいでしょう。

おすすめギア紹介:ライダーズワンポールテント

【24時間限定最大3000円OFFクーポン配布中!6/20限定】送料無料 テント DOD ディーオーディー ライダーズワンポールテント 1人用 T1-442 ブラック

参考価格: 17,700円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

バイクを使ったスタイルに向くワンポールテント。積載しやすい収納サイズ、広い前室が特徴です。初心者でも設営しやすいワンポールテントとなり初心者から上級者までおすすめです。バイクツーリングでは収納サイズなどの持ち運びやすさと各種装備や道具の量をセットで考えましょう。

ソロキャンプの費用2:寝袋について

最低限必要なものだからこそいいものを

寝袋は中綿の違いにより化繊、ダウンの二種類に分かれます。どの種類の寝袋でも安いものではなくある程度質のいいものを選んでください。テントと共に最低限必要なものとして紹介してきましたが、冬に対応していないテントでも、寝袋が対応しているとある程度過ごせるぐらい寝袋は重要な装備です。寝袋は春~秋の3シーズンや冬を含めた4シーズンなどがあり安いものでは化繊で5000円~となり、ダウンでは1万円~ぐらいからあります。

おすすめギア:ベアーズロック -6度

Bears Rock ベアーズロック -6度 寝袋 シュラフ 封筒型 3.5シーズン対応 MX604 グリーン

参考価格: 4,400円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

快適に使用できる温度が0~5度ぐらいの3シーズン向けの化繊シュラフです。安いですが評価のいい日本のブランドのシュラフとなります。封筒型の寝袋は形状が布団に近く初心者でも寝付きやすいですよ。寝袋を選ぶお気は最低使用温度よりも8度ほど高い状態で使うようにしてくださいね。-6度なら体格差、筋力さも考慮すると0~5度ぐらいで使えます。

おすすめギア:ダウンハガー650#3

モンベル ダウンハガー650#3 1121382 バルサム(BASM) L/ZIP(左ジッパー)

参考価格: 26,450円

出典: Amazon
Amazon
楽天

バイクなど積載能力が少ない場合はコンパクトになるダウンがおすすめです。ダウンは特に品質差が大きいため初心者の方は人気ブランドの信頼できる装備がおすすめとなります。ダウンハガー650#3は信頼できるモンベル製で-2度でも使えるダウンシュラフです。

ソロキャンプの費用3:マットについて

マットも最低限必要なもの

寝袋の下に敷くマットはなくてもキャンプできますが、絶対にあったほうがいい装備です。マットがないと硬い地面にそのまま寝るのと変わらず寝付けなかったり、朝起きたときに腰や肩が痛くなりますよ。寝袋と一式セットで用意しておくといいでしょう。空気をふくらませるものから、ただのスポンジ状のものまでいろいろな種類があります。価格は種類より異なりますが2000円~です。

おすすめギア:EVAフォームマット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット 56×182cm M-3318

参考価格: 2,179円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

スポンジ状のマットです。気泡が間にあるマットのためふわふわしていて地面の硬さや寒さなどを緩和してくれます。蛇腹状に折りたたみできバイクでも徒歩でも持ち運べて安い入門、初心者におすすめのギアです。

おすすめギア:キャンパーインフレーターマット

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354

参考価格: 5,282円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

中にウレタンのマットが入っていてバルブを開くと自動的に空気が入り膨らむマットです。クッション性がよく気持ちいいマットですが、他のマットと比べると重たいので小型のバイクだと持ち運びにくくなります。最低限必要なものですがいろいろな種類があるので自分のキャンプスタイルに合った装備を選んでくださいね。すべての種類一式揃える必要はないです。

ソロキャンプの費用4:ランタンについて

明かりは最低限必要になる

ランタンではなく懐中電灯でもいいのですが、明かりは絶対に必要な装備となります。キャンプでは周囲を照らせられるランタンのほうが便利ですが、初期費用抑えることを考えると懐中電灯を上に吊るしてもいいでしょう。初心者におすすめなのは扱い方が簡単で安いLEDランタンとなります。いろいろなランタンがありますが燃料とセットで一式そろえておきましょう。LEDランタンなら2000円程度から買えます。

おすすめギア:Beszing ledランタン

ランタン, Beszing ledランタン 光色・輝度記憶搭載 3色切替 無段階調光 電球色 自然白 昼白色 5200mAhモバイルバッテリー内蔵 USB 充電式 小型 暖色 マグネット式付き アウトドア携帯キャンプ用品/応急 防災 停電用 IPX5防水・防塵【連続点灯255時間】

参考価格: 2,399円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

充電式のランタンで暖色、白色に切り替えられます。ソロ用の小さなテントを照らすには充分な明るさがありますよ。燃料はバッテリー内蔵型で買い忘れることはありませんが、キャンプにいく前にしっかり充電しましょう。LEDランタンはコンパクトなのでバイクでも持ち運びやすいです。

おすすめギア:CSオイルランタン

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS オイルランタン 小 ブロンズ UK-505

参考価格: 2,999円

出典: 楽天
楽天

パラフィンや白灯油を使うランタンです。明るさは殆どないため雰囲気作りのための道具となりますが、このようなランタンをたくさん並べてもいい雰囲気のキャンプができますよ。ランタン用のパラフィンや白灯油を使うため燃料とセットで一式そろえて準備しておきましょう。荷物になりますが好きなものを好きなように持っていけるのがソロキャンプの魅力です。

ソロキャンプの費用5:テーブルについて

コンパクトなテーブルだと便利

テーブルはサイズが大きいもの、小さいものなど種類が豊富にありますが、1人で使うならコンパクトなものでも大丈夫です。作業台、机とコンパクトなテーブルを2脚使ってもいいでしょう。シンプルなアルミの安いロールテーブルだと2000円前後であります。初心者でも揃えやすい道具ですよ。テーブルの高さは椅子の高さとセットで考えちぐはぐにならないようにしましょう。

おすすめギア:アルミ ロールテーブル

送料無料(北海道・東北・沖縄・離島以外) キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713 アウトドア用 折りたたみ式 レジャー

参考価格: 1,930円

出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

バイクツーリング、徒歩でのキャンプなどで使われている定番の小型の机です。メインテーブルやサブテーブルとして使えますよ。組み立て方も簡単で誰でも使える人気ギアです。大きさは幅400×奥行290×高さ120cmです。少し高価になりますが大きいタイプもありますよ。

おすすめギア:MoonLenceロールテーブル

Moon Lence キャンプ テーブル アルミ ロールテーブル アウトドア ハイキング BBQ 折りたたみ式 コンパクト 超軽量

参考価格: 6,604円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

一番安いロールテーブルと比べると少し高価になりますが、2つ以上を組み合わせていろいろな使い方ができるテーブルです。1脚からでも使用できますよ。ランタンハンガーや連結板などがセットになった一式での販売はないので注意してくださいね。

ソロキャンプの費用6:椅子について

スタイルによって変わる

必要な装備、道具として紹介しましたがシートの上に座るお座敷ならなくても大丈夫です。地面との距離が近いロースタイルで楽しみたいなら座面の低い椅子を用意しましょう。机が高いとローチェアだと腰を浮かさないとものが取れなくなるので椅子と机の高さは揃えるようにしてくださいね。低い椅子は高価な物が多いですが、座面が地面から35cm前後の椅子は安いものでは3000円前後からあります。

おすすめギア:Linkax コンパクトチェア

【アウトドアチェア・キャンプ用品】Linkax コンパクトチェア アルミ合金&軽量 専用ケース付き (キャンプ椅子)

参考価格: 4,120円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

人気ブランドヘリノックスによく似たコンパクトな椅子です。座面は38cmと高めですがある程度生地が沈み込むので低くなりますよ。生地をフレームに引っ掛けるタイプは収納サイズが小さいためバイクでのキャンプにもおすすめです。机とテーブルは一式揃えたほうがいいでしょう。

おすすめギア:ロースタイルイージーチェア

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) チェア ジュール ロースタイル イージー チェア ブラック UC-1700

参考価格: 1,818円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

地面との距離が近いロースタイル用のチェアです。自分で組み立てるのではなく折りたたみ式なので初心者でもすぐに使えますよ。低い椅子は低いテーブルとセットで使いましょう。

ソロキャンプの費用7:クッカーについて

万能調理器具

クッカーは車だと家で使っている鍋やフライパンで代用できます。バイクでのキャンプだとクッカーのほうが運びやすくなりますよ。クッカーはチタンでできているものは高くアルミだと安いです。アルミクッカーだとフライパンやサイズ違いの鍋、フタなど一式セットでも2000円~ぐらいからあります。有名ブランドでも特殊な加工がないものは3000円~ほどから買えます。

おすすめギア:パッカアウェイクッカーセット

【ポイント5倍】コールマン パッカアウェイクッカーセット 2000010530

参考価格: 8,055円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

1~2人用のクッカーです。材質は一般的なアルミですが、アウトドアで料理を作ったことがない方でも扱いやすくなる加工が施されていますよ。内側は焦げ付きにくくノンスティック、外側は傷や摩耗に強いハードアノダイズド加工が施されていてフライパンやフタの一式セットです。

おすすめギア:アルミクッカーセットM

SOTO アルミクッカーセットM M SOD-510

参考価格: 2,750円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

SOTOのシンプルなクッカーセットです。完全な1人用のセットで大小のアルミクッカーと収納袋がの3点がセット内容です。フライパンなどを使わない方におすすめです。フライパンがなくても小さいクッカーで簡単な炒め料理はできますよ。

ソロキャンプの費用8:カトラリーについて

使い捨てでも家にあるものでも大丈夫

カトラリーとはフォークやスプーン、ナイフや箸などのことです。家にあるものや割り箸などでもいいでしょう。使い捨てではなくキャンプ専用の一式セットになったものなどもあります。本格的な料理をする場合カトラリーだけではなく調理器具も忘れないでくださいね。価格は1500円前後となります。

おすすめギア:カトラリーセット4/パーソナル

Coleman(コールマン) カトラリーセットIV/パーソナル 2000017089アウトドアギア カトラリー キャンプ用食器 スプーン フォーク おうちキャンプ

参考価格: 1,680円

出典: 楽天
楽天

シンプルなソロ用のカトラリーセットです。ケースは付属せず、折りたたんでコンパクトにできませんが人気ブランドの製品が安く変えるカトラリー一式セットとなります。材質はステンレスと天然木となっていますよ。折りたたみできない分大きくて使いやすいと人気です。

ソロキャンプの費用9:焚き火台

キャンプの醍醐味

家の周りで焚き火するのはなかなか難しいですが、キャンプなら思う存分できます。必ずしなくてもいいですが焚き火を楽しむのはキャンプの醍醐味ですよ。直火が禁止されているキャンプ場では焚き火台が必須になります。焚き火をするなら焚き火台だけではなく火ばさみや耐火性グローブなども忘れないようにしてくださいね。耐火性グローブなど焚き火に必要なものを一式揃えると安いものでも6000円ほどになります。

おすすめギア:3分割型メッシュ焚き火台

たきび台 焚き火台 焚火台 ファイヤースターター コンパクト 折りたたみ 3分割型 組立簡単 24cm収納 バーベキューコンロ アウトドア焚火台 収納バッグ付き 火打ち石 メッシュ 火吹き棒(特別贈呈)

参考価格: 2,359円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

薪などを置く場所がメッシュになっているため非常にコンパクトになる焚き火台です。軽くて小さいのでバイクでのキャンプでも持ち運びやすいですよ。ゴトクが置きにくいため料理をしたいという方にはあまり向かないので注意してくださいね。

おすすめギア: V型 スマートグリル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ グリル 焚火台 V型 スマートグリル ステンレス製 ゴトク付き 収納バッグ付き

参考価格: 6,305円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

V型の焚き火台ですがグリルとしても使えることからソロキャンプで大人気です。きちんとしたゴトクが付属するため焚き火を使って料理もできますよ。ミニサイズと幅350×奥行260の通常サイズがありますがどちらも小型です。

ソロキャンプの費用10:バーナーについて

料理をするなら必要になる

料理を楽しむならシングルバーナーがあると便利です。焚き火台だけで料理をする場合使わなくても大丈夫ですが、焚き火での調理はすすで汚れやすいことから、クッカーや鍋、フライパンをきれいに使いたいという場合はバーナーが必須です。コンパクトなシングルバーナーなら5000円前後で手に入りますよ。登山用だともう少し高いものもあります。

おすすめギア:レギュレーターストーブ

【ポイント5倍実施中】レギュレーターストーブ ST-310 ストーブ ガスバーナー シングルバーナー キャンプ アウトドア バーベキューコンロ キャンプ用品 新富士バーナー(SOTO) 【送料無料】

参考価格: 6,380円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

カセットボンベを使用するため初心者でも使いやすいシングルバーナーです。愛用している方が非常に多いおすすめギアです。大きなゴトク、しっかりした脚部で大きな鍋を使っても安定していますよ。

ソロキャンプの費用10:その他

自分のスタイルに合ったものを追加

追加して置いたほうがいい道具というものもたくさんあります。例えばアウトドア用の枕、前述したようにランタン以外の照明、ペグ(テント付属のペグは最低限のものが多い)、ペグを打つためのハンマー、日陰となるタープ、ザック、ブルーシートや新聞紙などあると便利なアイテムも多いです。着替えなどの衣服も忘れないようにしてくださいね。

おすすめギア:ラジオ

ラジオ AM/FMラジオ コイズミ SAD-7226/S | 送料無料 ポータブルラジオ 携帯ラジオ ポケットラジオ 電池式 ミニ 付き ポケット am 携帯 ポータブル fm イヤホン 携帯用ラジオ 地震 災害 地震対策 防災グッズ 小型ラジオ amラジオ 小型 SAD7226S

参考価格: 1,780円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

スピーカーが使えるラジオなら何でも大丈夫です。普段ラジオを聞かない人もソロキャンプではあると防犯対策となるため用意しておいたほうがいい道具ですよ。テントから離れる際にラジオを流して行くことで誰かいるかのように見せかけることで防犯できます。

ソロキャンプの装備・費用のまとめ

上手に買い物してソロキャンプしよう

ソロキャンプに必要なアイテムを揃えてるとおよそ6~7万円ほどが初期費用となります。ブランドにこだわるともう少し高くなるかもしれませんが、必要なものだけで揃えてゆっくり買い足していくといいでしょう。徒歩なら軽さが要求されることから高くなりやすいです。

ソロキャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはソロキャンプに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

Thumbソロキャンプツーリングで便利な調味料6選!簡単にできるレシピアイデアも! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプツーリングでの料理で使いやすい調味料を紹介します。簡単に料理できるレシピを調味料...
Thumbソロキャンプの魅力って?一人だからこそ味わえる新たな発見や楽しみ方を大公開! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソロキャンプの魅力は精神性の高さに醍醐味があり、楽しみ方は副次的な要素に過ぎません。のんびり...

あなたへのおすすめ