デコイ「ブレードシンカー」!ちょい足しでブレードとシンカーをプラスできる便利アイテム!のイメージ

デコイ「ブレードシンカー」!ちょい足しでブレードとシンカーをプラスできる便利アイテム!

ブレードシンカーは、デコイの2020年新作ブレード製品です。中通しで使うブレード付きのシンカーで、オフセットフックを固定せず、ワームのアクションを引き出しながら重さを出せる便利アイテム。リフト&フォール、リトリーブどちらでも使えます!

2020年06月15日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ブレードシンカーでブレードリグ!
  2. ブレードシンカーとは
  3. ブレードシンカーのターゲット
  4. ブレードシンカーのボディをチェック!
  5. ブレードシンカーはのブレードをチェック!
  6. ブレードシンカーのウェイトラインナップを2つに分けてご紹介!
  7. 1.デコイ「ブレードシンカー」
  8. 2.デコイ「ブレードシンカー ヘビー」
  9. ブレードシンカーのセッティング!
  10. ブレードシンカーで引き出しを増やそう!

ブレードシンカーでブレードリグ!

個性的なデザインのブレードリグが登場!

デコイ得意のブレード製品!個性的なデザインのシンカーを中通しに、ブレードを簡単にプラスできる2020年の新製品、「ブレードシンカー」をご紹介します。スイミングをメインに、ボトム付近でのリフト&フォールでも活躍!定番のバス釣りだけでなく、ソルトでも使えるマルチなNEWアイテムです!

ブレードシンカーとは

デコイの新作ブレードシンカー

ブレードシンカー

出典: http://www.katsuichi.co.jp

「ブレードシンカー」は、デコイの2020年新作シンカーです。デコイが多数展開しているブレードリグ系のアイテムで、フックが別、シンカーが長く、ブレードが下部についている、というのがこの製品の特長。ラインは中通しで、オフセットフックを結んで使います。ブレードはスイベル付きで回転力抜群!すり抜けとウィードレス性能を考慮した細長いシンカーにも注目です!

海水淡水両対応!

「ブレードシンカー」は淡水海水両対応、対象魚を絞らないバーサタイルなアイテムです。オフセットフックと相性がよく、ボリュームのあるシャッドワームと組み合わせるのがベター。この組み合わせで狙える魚は幅広く狙える仕掛けです。メインはブラックバスとロックフィッシュ、淡水と海水両対応です!

ブレードシンカーのターゲット

代表的なターゲットを3魚種ご紹介!

ブレードシンカーのメインターゲットをご紹介!オフセットフックにシャッドテールワーム、ブレードの組み合わせがポピュラーなブラックバスとロックフィッシュ、フラットフィッシュを紹介しています。軽めから重めまで揃っているので、釣り場やワームのサイズを考慮したバランス調整が可能!ライトからヘビーまで、スタイルに合わせて楽しみましょう!

①ブラックバス

高いウィードレス性能とブレードの組み合わせで、バスフィッシングとの相性は抜群!ウェイテッドフック+ブレードよりもヘビーなものを選べる、ボトムレンジを攻めやすい、というのが使い分けのポイントになりそうです。細さでウィードを抜けつつ、高さでスタックを回避!ウィードエリア、ロックエリアどちらの釣りにも対応できます!

②ロックフィッシュ

近年注目度の高いロックフィッシュゲーム。ブレードの効果も高く、オフセットフックとブレードを組み合わせた製品が多数展開されています。「ブレードシンカー」はライトに5g、ヘビーモデルでMAX28g、堤防から磯まで使えるウェイトラインナップ!シンカーはハードマテリアルで感度重視、ボトムをとってからのスタートが快適です!

③マゴチ

サーフや河口の魚もターゲット!ヒラメ、マゴチにもブレードは非常に有効です。特にマゴチはボトムをとりやすい「ブレードシンカー」の特性が活きるターゲット、着底を確認しながら、リフト&フォール的なアクションで効果的なアプローチができます。フックサイズが自由なので、やや小ぶりなワームを選びたいときに便利!サーフで遠投にはヘビーモデル、河口でスローに釣りたいときはノーマルとウェイトラインナップの幅も活かせます!

ブレードシンカーのボディをチェック!

細長いボディがポイント!

ブレードシンカーは縦長、細めのシンカーデザインが大きな特徴。上の方は小さく、下部に向かって大きくなるような形状です。縦方向ながら幅があることで、食い込まずにすり抜けるウィード性能を確保。シンカーから当たって、乗って抜けるような回避が期待できます。オフセットフックと合わせて回避能力抜群!今までのブレード系製品と比べるとブレード位置が下、アームを使わずシンカーのみで構成されている一体感も魅力的です!

保護チューブ付きでラインを傷めない!

ブレードシンカーはラインを貫通させて使う中通し式。ラインを通す部分には保護チューブがセットされており、ラインを傷めない配慮がなされています。結び目が当たっても傷をつけにくく、遊動式のアクション、食わせ性能とトラブルのない快適性を両立。このタイプの製品では多く見られるスタンダードな構造ですが、あると安心感が違います!

ブレードシンカーはのブレードをチェック!

バーサタイルなシルバーのウィローリーフブレード

ブレードは海水、淡水を問わずバーサタイルに使えるシルバーカラーで、形状はリトリーブが軽快なウィローリーフ。デコイロゴが入ったデザインで「デコイブレードWL」と同じ、もしくはかなり近いものが使われていると予想されます。コロラドブレードに比べ抵抗が少なく、沈降が速い、流れの影響を受けにくい、引き抵抗が軽い、というのがウィローリーフの特徴。流れが当たる磯での釣りまで考慮に入れたセッティングです!

スイベルにスプリットリングで接続

シンカーとブレードの接続はスイベル&スプリットリング。シンカー下部が簡易スイベル的な形状で、アイとブレードの回転をサポートします。ヒラヒラ、ではなくグルグル回るブレードセッティング!スプリットリング接続なので、ブレードのカラーやサイズ交換は簡単、もちろんコロラドに換装してもOKです!

ブレードシンカーのウェイトラインナップを2つに分けてご紹介!

ウェイトラインナップをチェックしよう!

ブレードシンカーのウェイトラインナップは全8種類、14gまでをノーマル、重いモデルはヘビーとして展開されます。ライトなスピニングタックル向けから、ヘビーなベイトタックル向けやPEタックル向けまで、幅広くウェイトが用意されているので、ターゲットや釣り場に合うモデルをセレクトしましょう。シンカーのサイズは、ワームとバランスが取れる程度の大きさにするのがおすすめです!

発売日は2020年7月

発売日は2020年の7月予定。ソルトではハタがハイシーズン、バス釣りはウィードやディープの攻略で出番が作れるタイミングでのリリースです。オフセットフックとワームもそのまま、バスとロックフィッシュを流用タックルで遊んでもOK!テキサスや直リグ以外も、という方は要チェックです!

1.デコイ「ブレードシンカー」

ノーマルパッケージのラインナップ

ノーマルパッケージは5g、7g、9g、11g、14gの計5モデル。小型オフセットフックと組み合わせやすい、ライトなウェイトからモデルが用意されています。細いラインでの運用、小型ワームを使いたい場合は、このグループのウェイトをチェックしてみましょう。軽い分、シンカー部分がコンパクトでリグ全体のバランスがとりやすく、ワームのアクションによるボディの揺れを引き出しやすいです!

バスとライトロックフィッシュゲームにおすすめ!

ドスンと落ちずにリトリーブスピードも下げられるノーマルパッケージは、アベレージサイズよりも数のライトロックフィッシュゲーム、シャローで中近距離戦のバス釣りにおすすめ。野池陸っぱり、港にテトラと出番を作れます。サーフではなく河口でマゴチ、という場合も、このクラスのウェイトをメインに検討してみましょう。軽量なシンカーを使えば、表層もスローにリトリーブできます!

2.デコイ「ブレードシンカー ヘビー」

ヘビーパッケージのラインナップ

ヘビーウェイトは18g、21g、28gの3ウェイト。遠投性能はもちろん、沈降速度や流れに負けないリグバランスが楽しめるウェイトです。深い釣り場でボトムをとる場合や、ボトムレンジをキープしたい釣りにおすすめ。磯やサーフの流れに負けないウェイトならヘビーモデル!ダイナミックなアクションを持つ大型のワーム、オフセットフックと相性バッチリです!

ロックフィッシュゲームにおすすめ!

ヘビーモデルのメインターゲットは磯のロックフィッシュ。ブレードと巻き、リフト&フォールが効く、ハタ狙いのデイゲームでは特に効果を発揮しそうです。スイミングの姿勢を考慮して、大きめのワームを組み合わせてバランスをとりましょう。リトリーブはもちろん、高い根掛かり回避性能を活かしてボトムをリフト&フォール、という釣りにもおすすめできます!

ブレードシンカーのセッティング!

セッティング方法を3つに分けてご紹介!

ブレードシンカーのセッティング方法についてです。中通し+オフセットフックという構成ですが、シンカーの手前側にゴム製のストッパーを入れる必要があります。位置は調整可能なので、釣り場の状況や好みに応じて、スタイルに合う位置を探してみてください。ブレードがワームのアクションを阻害してしまう場合は、ストッパーをフック側に追加です!

①ストッパーを準備しよう!

ブレードシンカーのセッティングには、遊動範囲を制限するストッパーが必要です。テキサスリグなど、シンカーが動くタイプの仕掛けに使用する、ゴム製のストッパーを用意しておきましょう。同じデコイ製品であれば「マルチシンカーロック」がおすすめ、ラインの太さとストッパーのサイズが合えば、他メーカーのものでもOKです。ストッパーのセットが手間ですが、ノーシンカーにちょい足し、フックとワームはそのまま使えるのが非常に魅力的です!

②ストッパー、ブレードシンカーにラインを通そう!

デコイ マルチシンカーロック L-12 DECOY EX SNAP

参考価格: 297円

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天

ラインを通す順番はストッパー、ブレードシンカー順。シンカーの向きはブレードが後ろ側に来るようにセットします。使用するワームがバルキー、ブレードとワーム、フックが干渉してアクションが乱れる場合は、ストッパーをフック側にも入れることで、距離を離して調整できます。手前側のラインもストッパーの位置はある程度調整可能、ラインの先端にフックを結ぶ猶予を残しながら、リグを組み立てましょう。フックを結んだ後でも、ストッパーの位置は変更可能です!

③オフセットフックを結んで完成!

後はオフセットフックを結んで、ワームをセットすれば完成!ウィードレス性能重視ならシンカーが動かないように、食い込み重視ならある程度フックが動くように、ストッパーの位置を調整して使います。オフセットフックはワームサイズに合うもの、ワームはシャッドワームでスイミングメイン、というセッティングから始めるのがおすすめ!どんなワームがマッチするのか、発売後のインプレを楽しみに待ちましょう!

ブレードシンカーで引き出しを増やそう!

独自形状によるアクションに期待!

ジグヘッド、ウェイテッドフックとは異なる形状が持ち味のブレードシンカー。フックを固定しない状態で泳ぐワームのアクション、安定したブレードの位置と回転、といった、独自の強みを持ったアイテムです。ロックフィッシュゲームまで視野に入るウェイトラインナップも魅力的!バス釣り以外でも、ブレードとシャッドワームの巻きで釣果アップを目指しましょう!

バス釣りが気になる方はこちらもチェック!

バス釣り向けの新製品が気になる方は、下記のリンクをチェック!大手メーカー、シマノ、ダイワの2020春新製品まとめをご紹介します。シマノは狂鱗カラーが追加されたプラグ、ダイワはバラエティーに富んだ製品ラインナップが魅力!ブレードシンカーと合わせて、ぜひこちらもチェックしてみてください!

Thumb【2020】シマノの春新作バスルアー8選!狂鱗カラー追加モデルは要チェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
シマノの2020年春新作バスルアー8選です。新規モデル、追加カラーのあったモデルをまとめて紹...
Thumb【2020】ダイワの春新作バスルアー8選!今年も魅力的なルアーが盛りだくさん! | 暮らし~の[クラシーノ]
ダイワの新作バスルアー8選!2020年の新作バスルアーから、おすすめを8アイテムピックアップ...

あなたへのおすすめ