バイク好きにおすすめなバイク小説!自宅や旅先でも楽しめる!

バイク好きにおすすめなバイク小説!自宅や旅先でも楽しめる!

バイク好きが読みたくなるおすすめの小説はいつの時代も存在しています。小説を読んでバイクに乗りたいと思った方も多いのではないでしょうか?自宅や旅先のテントでも読みたくなるおすすめ小説をご紹介していきますね。話題の小説から古くから愛されているものまで紹介します。

記事の目次

  1. 1.バイクに乗りたいと思わせたバイク小説
  2. 2.バイク好きにおすすめなバイク小説をご紹介!
  3. 3.バイク好きにおすすめなバイク小説1:山田深夜
  4. 4.バイク好きにおすすめなバイク小説2:山田深夜
  5. 5.バイク好きにおすすめなバイク小説3:森沢明夫
  6. 6.バイク好きにおすすめなバイク小説4:斉藤純
  7. 7.バイク好きにおすすめなバイク小説5:山田深夜
  8. 8.バイク好きにおすすめなバイク小説6:片岡義男
  9. 9.バイク好きにおすすめなバイク小説7:片岡義男
  10. 10.バイク好きにおすすめなバイク小説8:片岡義男
  11. 11.バイク好きにおすすめなバイク小説9:片岡義男
  12. 12.バイク好きにおすすめなバイク小説10:片岡義男
  13. 13.バイク乗りなら分かる話や好みの違いもある
  14. 14.自宅や旅のテントの自由時間に最適なバイク小説
  15. 15.バイク好きにおすすめなバイク小説まとめ

バイクに乗りたいと思わせたバイク小説

自宅や旅先で楽しめるバイク小説は素晴らしい

自分がまだバイクの免許を取得していない頃にバイク小説と出会いました。バイクが登場する小説はとても新鮮で自宅で夢中になってバイクが登場する小説を読んでいました。バイクの免許を取得していない自分でも小説の中で、バイク旅や峠をライディングしている事を想像しながら読めるバイク小説はとても楽しく自由な時間となりました。現在でも色々なバイク小説が発売されていて登場人物の気持ちにふれたり、自分が登場人物になってみたりと楽しみ方は様々です。また自宅だけでなく実際に旅やソロキャンプに出掛けた時にもキャンプ場で過ごす最高なアイテムとしてバイク小説を持ち歩いていますよ。

バイク好きにおすすめなバイク小説をご紹介!

話題のバイク小説から昔からあるおすすめバイク小説

バイクが登場する小説の中で、バイクが好きな方が夢中になって読みたくなるおすすめの小説をご紹介していきたいと思います。バイクで旅に出かける方や峠のライディングを楽しむ方と色々なタイプの方がいらっしゃると思いますが小説は物語です。自分が実際に訪れた事のある場所とイメージが多少違ってもそれはそれで楽しいと思いませんか?旅に行きたいけど行けないという方も小説の登場人物になったつもりで旅をしてみるのも楽しいものです。これからご紹介する小説の中であなたに合った素晴らしい世界が待っていると良いですね。バイクが登場する小説をぜひ読んでみて下さいね。

バイク好きにおすすめなバイク小説1:山田深夜

人気小説:千マイルブルース

まずご紹介する小説は山田深夜さんの千マイルブルースです。長年勤めあげてきた会社を辞めてから人生についてあがき続ける男性が登場する小説です。バイクで旅を続けながら昔捨てた故郷へ向かいながら自分自身を見つめなおしていきます。どん底に落ちて迷いながらでも不器用に人生を歩み続けていく登場人物の男たちの生きざまが描かれているバイク小説です。

千マイルブルース:口コミ

自由でも悩み続け旅を続ける様は中々考え深いものがありますね。自分と重ね合わせて読んでいる方も多い人気小説となっています。全三十六編の傑作短編集となっていますよ。バイク乗りにおすすめな小説として人気がありますね。一度だけでなく読み返してみたい小説だと思います。キャンプ場でのテント内や宿・自宅などで楽しめる小説となっていますよ。

一部、話のつながりが変じゃないかなと思う部分もあったが、全体的には読後感の爽やか感があって、読んで良かったと思えた作品。 著者の別の作品も読んでみたくなった。 バイク乗りなら一度は読んでみると良いかと。自分は、きっと何度か読み返すと思う。旅の途中の雨の日、テントや宿で。 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています

読みたくなる小説:千マイルブルース商品紹介

千マイルブルース (幻冬舎文庫)

出典: Amazon
Amazon
楽天

【出版社】 幻冬舎
【発売日】2008年6月
【著者】 山田深夜

バイク好きにおすすめなバイク小説2:山田深夜

人気小説:ロンツーは終わらない

山田深夜さんのロンツーは終わらないも旅が想像できるお話です。登場人物の岩山はロングツーリングの最中の青森で東京を目指す少年と出会ってしまいます。ずっと親が敷いてきたレールの上で生きるのが嫌で自由を求め踏み出そうとする少年と一緒に旅を続けていく小説となっています。少年を捕まえようと行く先々で追っ手の影がちらつきます。東北から関東を横断しながら色々な交通手段を使いながら続けていく逃走劇です。

ロンツーは終わらない:口コミ

実際に存在している場所が描かれている事は楽しいですね。訪れたい場所にもなりますね。しかも近所の場所だったりするとテンションもあがりますね。登場人物の人間臭さや、親と子供の葛藤や後悔の親子関係・色々な人生を背負った人々の出会いが主人公を変えていく様も読みごたえがある人気作品です。実際の場所が分かる方は想像しながら楽しんでみて下さいね。

入院時に読もうとタマタマ購入したら、舞台が今住んでいる所が出てきてビックリです。 毎日会社へ行く時に二人が野宿した所を通るので、いつも思い出しています。

読みたくなる小説:ロンツーは終わらない商品紹介

ロンツーは終わらない (双葉文庫) [ 山田深夜 ]

楽天

【出版社】 双葉社
【発売日】2020年5月
【著者】山田深夜

バイク好きにおすすめなバイク小説3:森沢明夫

人気小説:夏美のホタル

夏美のホタルは森沢明夫さんの小説となります。映画にもなった人気小説ですね。写真家志望の大学生の慎吾は彼女の夏美と卒業間近に訪れた田舎で静かに暮らす親子に迎え入れられる。そこで体験した夏の日の思い出の数々が表現されている小説です。夏の日々のイキイキとした生活風景や終わりゆく晩夏に漂う物寂しさが絶妙に表現されていて面白い小説となっています。

夏美のホタル:口コミ

とても綺麗な表現や丁寧な描写がされている小説となっています。どこか懐かしくて忘れかけていた思い出を思い出させてくれる物語となっています。女性ライダーの方でも読みやすい優しい暖かいバイク小説となっています。忘れていた夏の思い出を一緒に思い出してみませんか?夏美が乗っている真っ赤なホンダCBX400Fに必死でしがみついて発狂している慎吾の描写がとても楽しく人間味がある小説となっていますよ。小説自体のイメージは一言でいうと温かみのある小説です。

「小説的」な盛り上がりとか、何も無く、延々と普通の人々の関わりを描いて、それでいてグングンと惹きつけられて、こんな小説を初めて読みました。正直に言うと、小説で涙が流れて困ったのは、初めてです。おこがましいけど、小津安二郎の映画から、文学臭を抜いたような、感じかなぁ。50年近く前、自転車の後ろに乗せてもらって、両側に延々と葦の原が続く砂利道を、年上の従兄弟と川遊びに向かった夏の日を、その匂いと共に思い出しました。

読みたくなる小説:夏美のホタル商品紹介

夏美のホタル (角川文庫) [ 森沢 明夫 ]

楽天

【出版社】KADOKAWA
【発売日】2014年8月
【著者】森沢明夫

バイク好きにおすすめなバイク小説4:斉藤純

人気小説:風と旅とオートバイ

風と旅とオートバイは斉藤純さんの小説となります。オートバイが登場するさわやかな短編12編となっています。斉藤純さんの世界観はバイクの世界を押してこないところですね。オートバイが登場したり色々な方の旅の世界を描いている所が人気があるのだと思います。旅がしてみたいけど中々できない方に旅感を味合わせてくれる小説となっていますよ。バイク乗りの心情をよく理解している描写が多く読んでいて心地良さや自由感を与えてくれる小説となっています。

風と旅とオートバイ:口コミ

訪れた場所の風景や普段見慣れている場所の風景などだが違う世界に迷い込んでしまったような感覚を与えてくれます。バイクでの旅とは何なのかを考えたい方におすすめ小説です。また普段忙しくて旅に出られない方にもおすすめな小説ですね。風景の描写などが繊細で丁寧に描かれている斉藤純さんの小説は風景をメインに旅を好む方に人気があるといえるでしょう。

オートバイ好き、旅好きの人は読んで損は無い、軽~く読める一冊。普段忙しくて旅が出来ない人、ちょっと旅をした気分にさせてくれます。 著者は自身の文体と片岡義男氏に似ていると言っているが、むしろ風景描写は斎藤氏のほうが緻密かつ、繊細だと思う。この風景描写を読みたいがゆえ、私は斎藤氏の本を手に取る。

読みたくなる小説:風と旅とオートバイ

風と旅とオートバイ

出典: Amazon
Amazon
楽天

【出版社】アドレナライズ
【発売日】2002年4月
【著者】斉藤純

バイク好きにおすすめなバイク小説5:山田深夜

人気小説:ひとたびバイクに

ひとたびバイクには山田深夜の小説です。旅とバイクと通じて不器用ながらも心の優しい者たちの人生や人間関係模様を描かれている短編小説となっています。自由や運命の再会様々な人間模様が描かれています。女性のライダーより男性ライダーの方の方が共感できる部分が多いのではないでしょうか?山田深夜さんの小説の特徴はバイクの表現よりも人間模様を重要視している事が多いです。

ひとたびバイクに:口コミ

自由になりたくて一人で過酷な旅に出てみたが人恋しくなってしまった経験のあるライダーの方は確実にハマる作品だと思いますよ。旅先で出会う人々の優しさに心が磨かれていく感覚が分かる方にもおすすめな作品です。バイクは脇役でありバイク旅によって磨かれたバイク乗りの心を描かれた作品なので人気がとてもありますね。バイクの描写ではなくバイク乗りの心や気持ちが描かれている作品は心にしみますね。

山田深夜の作品はバイク小説でありながら意外やバイク自体の描写は少ない。 バイクは脇役に過ぎず、人と人とを繋ぐ心の機微が中心に描かれる。 ところがその根底に流れるのは紛れもなくバイクで旅するライダー特有の精神性であると感じた。 過酷なバイク旅はライダーを人恋しくさせるのか、 あるいは旅先で出会う人々の優しさに心が磨かれていくのか。 そんな事を思いながら、ちょっぴり照れ臭い、じんわりと心に染み込む物語を一編ずつ大切に味わった。

読みたくなる小説:ひとたびバイクに商品紹介

ひとたびバイクに ツーリングを愛する者たちへ [ 山田深夜 ]

楽天

【出版社】双葉社
【発売日】2018年5月
【著者】山田深夜

バイク好きにおすすめなバイク小説6:片岡義男

人気小説:彼のオートバイ彼女の島

彼のオートバイ彼女の島は片岡義男さんの代表作とも言える人気小説となっています。映画化もされていますね。初夏の信州で出会った男女がバイクを通じて結ばれていく様を描いている恋愛小説です。出会った彼女と知り合う前に付き合っていた彼女との別れや、彼女のお兄さんとの決闘もあり2人は結ばれるが彼女がバイクに夢中になり喧嘩もしてしまうハラハラドキドキしながら読める小説です。バイク乗り同士で付き合っている方がいる人はぜひ読んで貰いたい小説ですね。彼女の意見もしっかりと聞き入れられるかもしれませんよ。

彼のオートバイ彼女の島:口コミ

映画にもなった有名作品ですが、映画では表現できない感覚を楽しんでいる方も多くいらっしゃいました。確かに原作の方が描写が鮮明に書かれていて自分でも想像しながら読めるので楽しみ方が変わってきますよね。またこの本を読んでバイクが欲しくなった方や、久しぶりに読んでみて自分の感覚が若い頃と違っていたなどの口コミの方もいらっしゃいました。色々な感覚で読める原作の小説は面白いですね。

原作の素晴らしさは、映画では表現出来ない。と、聞いたことがある。 しかし、映画を観たあと、ミーヨは原田貴和子さんで、主人公は竹内力さんで、ストーリーが進んでしまった(笑) 先に映画を観ていてからの、あとから原作のほうが楽しめる作品だと思った(笑) ページをめくる度に、もう終わってしまうかもしれない…と、ドキドキしながら読み進み、ついにはエンド・マークを… いつまでも読んでいたい、コウとミーヨとカワサキの物語です。

読みたくなる小説:彼のオートバイ彼女の島商品紹介

彼のオートバイ、彼女の島

出典: Amazon
Amazon
楽天

【出版社】KADOKAWA
【発売日】1980年5月
【著者】片岡義男

バイク好きにおすすめなバイク小説7:片岡義男

人気小説:幸せは白いTシャツ

幸せは白いTシャツも片岡義男さんの小説となっています。20歳になったばかりの仁美はオートバイで宛てのない旅にでます。大学を卒業してから就職につく選択肢を後回しにして2年ほどの旅を決意して出発するのです。その旅で出会った人々の人間模様や両親の離婚などの報告もあったが常に幸せな時間をおくる仁美は前向きで楽しい人生である。自由とは何か?人生の時間をどのように過ごすか考えさせられる小説だと思います。

幸せは白いTシャツ:口コミ

口コミでもあるようにほとんどのバイク小説では男性ライダーが主人公で女性の方は脇役となっていますが、幸せは白いTシャツが女性ライダーが主人公となっている珍しい小説となっています。バイクの免許を持っていない私が初めてバイクに乗りたいと思ったのもこのバイク小説です。仁美のような格好いい旅ライダーになりたいですね。旅好きの方はせひ読んで貰いたい小説となります。旅先で出会う人達の人間味がある会話なども素敵ですよ。

片岡義男さんのオートバイ小説が大好きです。 オートバイ小説ではたいていの主人公が男性ですが本作は女性が主人公です。 たまにオートバイに乗る女性を見かけますね。 「どんな女性なんだろう?どんなドラマがあるのかな?」なんて思います。 20歳の仁美は2年ほどかけて全国をオートバイで旅しています。いろいろな人に出会い、そこにいろいろなドラマがあります。 本作は長編連作シリーズの2「夏」にあたります。 角川文庫のほうは中の写真も素敵です。写真は大谷勲さん。モデルは三好礼子さん。

読みたくなる小説:幸せは白いTシャツ商品紹介

幸せは白いTシャツ

出典: Amazon
Amazon
楽天

【出版社】KADOKAWA
【発売日】1983年9月
【著者】片岡義男

バイク好きにおすすめなバイク小説8:片岡義男

人気小説:スローなブギにしてくれ

スローなブギにしてくれは片岡義男さんのハードボイルド適な小説となります。第三景品を走っていたムスタングから猫と女性が放り出される、その猫と彼女を助けた少年と仔猫に切ない愛情を注ぐ少女との出逢いと恋愛小説となっています。行き場のない若者の倦怠を鮮明に描写されている小説ですね。まったりとした小説が好きな方は少し怖いイメージを持つかもしれません。オートバイで走ることでしか生の実感を得られない主人公なので走る事に快感を感じている方には面白い小説になっていると思いますよ。

スローなブギにしてくれ:口コミ

口コミでも書かれているように世代のギャップは大きいと思いますが、大人への憧れや自由への憧れなどをテーマとした片岡義男ワールドは伝わる方には最高の小説だと思います。男女の会話も昔と今では描写が違ってきます。しかし口コミで言われているように自分でイメージして映画のように小説が読める方は若い世代でも良さが分かるような気がします。主人公の男性や女性はみんな格好良い憧れな人達ばかりです。

若い人には、この空気感はわからないだろうな。他のレビューで「意味のない小説」とか「気持ちがまったくわからない」と書かれてたのは、まさに世代ギャップ。当時の10代20代は今の世代と違い、大人への憧れ・自由への憧れがはるかに大きかった。片岡義男の小説は、そんな憧れを「文字をつかって映像化した」といえるような、イメージを掻き立てる描写が持ち味。プールの水の波紋や車での男女の会話、登場する男女の所作や空気感・・・それらを映像をみるかのようにイメージできない人にはただの退屈な小説だろう。もちろん、自分は想像たくましく(笑)彼の描写を「映画を見ているかのように」楽しめる。

読みたくなる小説:スローなブギにしてくれ商品紹介

スローなブギにしてくれ

出典: Amazon
Amazon
楽天

【出版社】KADOKAWA
【発売日】2001年7月
【著者】片岡義男

バイク好きにおすすめなバイク小説9:片岡義男

人気小説:長距離ライダーの憂鬱

長距離ライダーの憂鬱は片岡義男さんの短編ストーリーが2話入っている小説となります。前半のストーリーはバイクの運搬のバイトを引き受けた女性ライダーが旅をしながらバイクを北海道まで届けるというストーリーとなっていたが途中で自分のバイクとして買い取るという話にもなってしまう。旅をしながら色々な出会いと女性同士だが惹かれあってしまう人間模様が読んでいて面白い。後半の男性のストーリーは結婚の申し込みをしていた恋人から返事が貰えなくてフラれたと勘違いをおこし別の女性に結婚の申し込みをしてしまう。1か月後に初めに告白した恋人から結婚を受ける返事が来てしまったという男女のすれ違いの気持ちを描写した小説です。

長距離ライダーの憂鬱:口コミ

片岡義男ワールドを理解されている方なら楽しめる小説となっています。最後がどのような結末になったのか最後は読み手が想像する事ができるのも片岡義男ワールドだと思います。前半の最後だけでも女性同士だが惹かれあってしまうあとこの2人がどうなったのか?分かれて別々の道で主人公は北海道までバイクと届けに行ったのか?それとも・・と想像を膨らませてくれる終わり方でとても面白いですよ。

前半の女性ライダーのストーリーは、同じようにバイクに乗る者として、読んでいて楽しめた。 後半の男性のストーリーは、羨ましく思う出来事なのに、一番めんどくさい出来事が… ラストの二人を知りたかったな… でも、それが片岡義男なんですよね(笑)

読みたくなる小説:長距離ライダーの憂鬱商品紹介

【中古】 長距離ライダーの憂鬱 オートバイの詩 / 片岡 義男 / 角川書店 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】

楽天

【出版社】角川書店
【発売日】1988年10月
【著者】片岡義男

バイク好きにおすすめなバイク小説10:片岡義男

人気小説:彼らがまだ幸福だった頃

彼らがまだ幸福だった頃は片岡義男の長編小説となっています。ツーリング途中で女性ライダーと出会った彼は彼女のライディングを写真に収めた。転倒シーンの写真です。その2人は連絡先も交換しないまま別れたが別の場所で再会する。虹のたもとに彼女がいたのを彼は見つけて写真に収めるのです。運命的ともいえる2人の出会いから彼は彼女を写真に収める事に集中するちょっと面白い恋愛ストーリーとなっています。バイクと写真が好きな方にはとても面白く片岡義男ワールドに引き込まれていく長編小説となっていますよ。

彼らがまだ幸福だった頃:口コミ

口コミにもあるようにこの小説は美しい描写の連続だと思いますね。旅先で出会う男女の出会い方がとても素敵で憧れた小説ですね。小説の中だからと言ってしまえばそれまでですが、虹の中で再会する出会い方はとても素敵で運命を感じられます。主人公になったつもりで読んでみてくださいね。虹が出るたびに虹の伸びている場所を探してしまいますよ。

イヤなシーンは全くない。 美しいシーンの連続、それが片岡義男の小説だからだ。と、言ってしまえば、そうなのだが… いつも片岡義男の小説を読むときには、タイトルがどのようなカタチで登場するのか、に、たいへん興味を持って読み進めている。 しかし、この物語は…… いつまでも読んでいたい素敵な物語です。

読みたくなる小説:彼らがまだ幸福だった頃商品紹介

彼らがまだ幸福だった頃

出典: Amazon
Amazon
楽天

【出版社】角川書店
【発売日】1985年11月
【著者】片岡義男

バイク乗りなら分かる話や好みの違いもある

小説は物語でありフィクションである!

自宅や旅先で自由な時間を使い楽しめるバイク小説には、バイクに乗っているからこそ分かる話や訪れた事がある場所の話が書いてあるから楽しめる話もありますよね。しかし人によって感性やバイクに対しても思いは人それぞれ違う感覚を持っているものです。小説は物語でありフィクションです。自宅での自由時間を使って小説の中の場所を訪れた場所として妄想してみたりするのも楽しいですね。物語の世界は自分の想像を膨らませてくれる大切な自宅での時間となります。著者が何を伝えたくて書いているのかなども時間をかけて自分なりに理解していくと楽しいと思います。

実際に訪れた場所としての妄想も楽しい

現実のものとして読んでしまっては勿体ない気がします。梅雨時季の雨などでバイクに乗れない時は自宅でゆっくりバイク小説を自由に読んでみましょう。幸せな時間となりますよ。登場人物が訪れた場所を想像してみても楽しいですね。どんな場所に主人公は訪れたのか?訪れた場所の季節は?風景は?などをひとつひとつ時間をかけて主人公の訪れた場所を想像してみて下さい。たまにはゆっくりとした自由時間を楽しむことも必要となりますよ。

自宅や旅のテントの自由時間に最適なバイク小説

次の日の旅に備えてテントの中でもイメージができる

自宅時間だけでなくキャンプなどに訪れた時にもバイク小説を持参して楽しみましょう。テントの中で眠れない時間や就寝時間になった後の自由時間を使って訪れたキャンプ場でバイク小説を読むと、次の日の旅やツーリングがとても楽しいものになります。自宅などで集中して読めない方などもソロキャンプに訪れた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?時間がない方は晴れた日に、ソロデイキャンプでテントとコーヒーテーブルチェアとバイク小説をもって旅気分を味わってみる事も楽しいと思いますよ。時間がなくても日常生活から離れて旅気分を味合わせてくれるバイク小説は最高なアイテムですね。

バイク好きにおすすめなバイク小説まとめ

人気のバイク小説を読んでバイクの世界に入り込もう

バイク好きにおすすめなバイク小説をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?人気のバイク小説を読みながら思い切りバイクの世界に浸るのも良い事ですね。色々なバイク小説がありますが、少なからず読む事で影響も受けると思います。バイク小説の中の主人公のような生き方がしてみたいや主人公みたいな旅がしてみたい・主人公みたいな恋愛がしてみたいなど様々ですね。実際には無理なのかもしれませんが、現実では見れない夢がバイク小説にはあると思います。自分自身憧れていると似たような旅も自然と出来ているものです。大好きなバイク小説を見つけて小説の世界に浸ってみましょう。

バイクが気になる方はこちらもチェック!

ツーリングでの出会い体験やバイク旅でのおすすめライダーハウスのご紹介、バイクキャンプの撤収のコツなどバイク旅やツーリングに関しての情報が掲載されている記事となります。気になる方はこちらもあわせてご覧下さいね。

【連載】ツーリングでの出会い体験談!素敵なバイク乗りはいる? | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【連載】ツーリングでの出会い体験談!素敵なバイク乗りはいる? | 暮らし~の[クラシーノ]
私のツーリングでの出会い体験談について語ります。ツーリング先での出会いはスパイスとなり、思い出をキラキラと輝かせます。1994年と1996年に訪れた北海道での出会いを中心に、少し関わった体験談を集めました。教訓!にやけ顔で近づく奴に気をつけろ!
バイク旅でのおすすめライダーハウス!全国のライダーハウスをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
バイク旅でのおすすめライダーハウス!全国のライダーハウスをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
バイク旅で雨の日や女性の方はライダーハウスがおすすめとなります。料金も安くてバイク仲間とも語りあえるライダーハウスは楽しいですよ。全国のおすすめライダーハウスをご紹介していきます。安くて楽しいライダーハウスはバイク旅が楽しくなりそうですね。
バイクキャンプの撤収作業のコツ!素早く撤収して出発できる方法は? | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
バイクキャンプの撤収作業のコツ!素早く撤収して出発できる方法は? | 暮らし~の[クラシーノ]
バイクキャンプでは次の日のルート走行を行いたい為、早めに撤収作業を完了して出発したいですよね。初心者の方などは中々早く撤収も出来ない事も悩みだと思います。キャンプで素早く撤収して出発できるコツをご紹介していきますね。スケジュールも立てコツを覚えて下さいね。
HANA0087
ライター

HANA0087

キャンプなどのアウトドアが得意分野です。バイクに乗って旅をしている傍らキャンプギヤやアウトドア製品など自分で使って良かった製品や気になる最新のアイテムなどをご紹介していきます。キャンプの他にもサーキットやツーリング・一人旅・オフロードなどのバイク関連や全国のおすすめスポットの紹介などもしています。バイクやキャンプ・一人旅の楽しさをお伝えできればと思っております。本当の楽しさを一緒に探していきましょう。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking