絶対に外せない!石垣島のシュノーケリングTOP14!おすすめの絶景スポットはココ!

絶対に外せない!石垣島のシュノーケリングTOP14!おすすめの絶景スポットはココ!

夏の人気旅行先として名高い石垣島。エメラルドに輝くその海は珊瑚や魚の宝庫であり、シュノーケリングを楽しむには絶好のロケーションです。ここでは石垣島とその周辺諸島のシュノーケリングスポットをランキング形式でご紹介、シャワーなどの設備や見所についてもお伝えします。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.石垣島のシュノーケリング
  3. 3.石垣島のシュノーケリングスポットランキング14位
  4. 4.石垣島のシュノーケリングスポットランキング13位
  5. 5.石垣島のシュノーケリングスポットランキング12位
  6. 6.石垣島のシュノーケリングスポットランキング11位
  7. 7.石垣島のシュノーケリングスポットランキング10位
  8. 8.石垣島のシュノーケリングスポットランキング9位
  9. 9.石垣島のシュノーケリングスポットランキング8位
  10. 10.石垣島のシュノーケリングスポットランキング7位
  11. 11.石垣島のシュノーケリングスポットランキング6位
  12. 12.石垣島のシュノーケリングスポットランキング5位
  13. 13.石垣島のシュノーケリングスポットランキング4位
  14. 14.石垣島のシュノーケリングスポットランキング3位
  15. 15.石垣島のシュノーケリングスポットランキング2位
  16. 16.石垣島のシュノーケリングスポットランキング1位
  17. 17.まとめ

はじめに

沖縄の中でも旅行先として高い人気を誇る石垣島。これからの暑い季節だけでなく、石垣島では年中を通してシュノーケリングを楽しめます。初めてのシュノーケリング向け、シャワーなどの施設が整ったご家族や女性にも嬉しいスポットなど、その特徴は様々。今回は石垣島、そして石垣島から日帰りでアクセスできる八重山諸島のおすすめシュノーケルスポットをランキング形式でお伝えします。(※当記事は2020年7月8日時点の情報をもとに作成されております。)

石垣島のシュノーケリング

初心者向けのスポットも多い

石垣島には潮の流れが強い場所や水深が深いシュノーケルポイントもありますが、管理ビーチなど初心者向けのスポットも多く存在します。ライフジャケットを着用し足が届く遠浅のスポットで行うなど工夫をするのも、より安全に楽しむためのポイント。また、マリンショップのツアーであれば事前講習があったりアドバイスをくれたりするため、特に初めての方はシュノーケルツアーに参加するのがおすすめです。

夏はハブクラゲに注意

石垣島では5月〜10月頃にかけて、ハブクラゲが発生しやすい時期になります。特に8月頃がピークとなるため、海水浴やシュノーケリングを行う際には注意が必要です。深いスポットよりも波で浅瀬に流れてくることが多いため、防止ネットを張っているビーチを選ぶ、または肌の露出が少ない格好をするなどの対策を。刺された時のために応急処置として使われるお酢を設置しているビーチもあります。

石垣島のシュノーケリングスポットランキング14位

底地ビーチ

日本一早い海開きで知られている底地ビーチは、石垣島の有名観光地である川平湾より車で10分。穏やかな遠浅の海なので、小さなお子様や初めての方も安全にシュノーケリングの練習ができるビーチです。遊泳料無料、トイレやシャワーも設置されており、木陰も多いので子供連れの方にも過ごしやすくなっています。初心者は遊泳区域で、慣れた方はツアーに参加し深いスポットでボートシュノーケリングに挑戦するのがおすすめ。

おすすめポイント

島の西側に位置しているこちらのビーチでは、美しいサンセットを見ることができます。広い空が真っ赤に染まり、波が立たず穏やかな水面にはその空の色が反射され、何とも言えない絶景に。陽が沈んだ後に深い紫やピンクに変わる空も必見です。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市川平185-1
【アクセス】新石垣空港から車(一般道)で約40分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング13位

石垣島サンセットビーチ

その名の通り、夕暮れ時に絶景が見られるこちらのビーチは、抜群の透明度を持つ人気のシュノーケリングスポットです。大人500円、子供250円の遊泳料がかかりますが、シャワーや更衣室の利用も料金に含まれており格安。ビーチも綺麗に保たれており、監視員がいるため初心者も安全にシュノーケリングを満喫できます。干潮時でも泳げるため、他のビーチのように潮位を気にせずいつでも楽しめるのが特徴です。

おすすめポイント

映画の撮影にも使われたことがあるというこちらのビーチでは、シュノーケリングツアーだけでなく様々なマリンスポーツを体験できます。定番のバナナボートやウェイクボードはもちろん、おすすめはSUPでポイントまで移動しシュノーケリングを楽しむツアー。広々とした、透明度抜群の海でのSUPは格別です。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市平久保234-323
【アクセス】新石垣空港から車で約40分

石垣島サンセットビーチ【公式サイト】
石垣島北西部久宇良にある自然の豊かな絶景ビーチ。駐車場、ビーチ施設やアクティビティも充実。気ままにのんびりと過ごしたい。干潮でも泳げるビーチです。

石垣島のシュノーケリングスポットランキング12位

コンドイビーチ

石垣島よりフェリーで約10分と気軽にアクセスできる竹富島。コンドイビーチは竹富島の中で定番ともいえる人気観光スポットです。熱帯魚や珊瑚は他のビーチに比べ少なめですが、遠浅で干潮時には沖まで歩いて行けるため、シュノーケリング初心者にはおすすめ。シャワー等の施設はありますがロッカーはないため自己管理が必要です。

おすすめポイント

周囲約9kmという小さな竹富島は半日あれば島内を見て回ることができるため、コンドイビーチに行く際にはぜひレンタサイクル等で他の観光地にも立ち寄るのがおすすめです。沖縄らしい家屋、星砂で有名なカイジ浜、絶景を見られる西桟橋やあかやま展望台など、注目スポットが盛りだくさんです。

基本情報

【住所】沖縄県八重山郡竹富町竹富
【アクセス】竹富東港から自転車で約15分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング11位

フサキビーチ

海外にいるような南国感を感じさせるフサキビーチは、フサキリゾートホテル&ヴィラズ敷地内にあるロングビーチです。宿泊して様々な表情を見せる海を思う存分満喫するのはもちろん、こちらのビーチは宿泊者以外でも無料で利用できます。海ガメの産卵地としても知られているほど綺麗な海では、クマノミなど数々の熱帯魚や珊瑚を観察することができます。

おすすめポイント

遠浅かつリゾート内にあるためロッカーやシャワーなどの施設も充実しており、家族向けのビーチです。個人でシュノーケリングを楽しむのはもちろんですが、ビーチで行っている約1時間のシュノーケリングツアーに参加するのもおすすめ。ツアー前に簡単な講習があり、シュノーケリング初心者でも安全に楽しめます。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市新川1625
【アクセス】石垣空港から車で約35分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング10位

マエサトビーチ

「子供に初めてのシュノーケリングを体験させてあげたい」「とにかく安全に楽しめるスポットがいい」という方には、こちらの真栄里ビーチがおすすめです。ANAコンチネンタルホテル内にあり、宿泊者でなくとも無料で利用できるこちらのビーチは人工ビーチ。砂浜からも怪我をするような珊瑚などは撤去されているため、お子様も裸足で思う存分駆け回れます。海にはカクレクマノミなど人気の熱帯魚も。

おすすめポイント

こちらのビーチは、石垣島で初めて海のアスレチック「マエサトオーシャンパーク」が作られたことで知られています。それ以外にも、リゾートホテルビーチならではのマリンアクティビティの豊富さが特徴。ボートシュノーケリングツアーもあるため、深いポイントで本格的にシュノーケリングを楽しみたい方にはこちらがおすすめです。温水シャワーが無料で利用できるのも嬉しいポイント。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市真栄里354-1
【アクセス】離島ターミナルから車で約10分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング9位

屋良浜

石垣島より高速船で約45分のところにある鳩間島は、観光地としての開拓があまりされていないため、人の少ない自然のままの環境でリラックスしたい方には絶好のスポットです。なかでも鳩間港から徒歩でアクセスできる屋良浜はシュノーケリングに最適。鳩間ブルーと呼ばれるその名の通り、美しいエメラルドの海が目の前に広がります。シャワー等の設備はありませんが、一休みできる大きな木陰があります。

おすすめポイント

海に入ると、それほど深いポイントでなくとも活き活きとした珊瑚、クマノミやチョウチョウウオなど色とりどりの魚が間近で観察できるため、初めてのシュノーケリングにも適しています。また、屋良浜はサンセットも美しいと評判なので、島に宿泊してゆったりと島時間を過ごすのもおすすめです。

基本情報

【住所】沖縄県八重山郡竹富町鳩間島
【アクセス】鳩間港から徒歩約10分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング8位

白保海岸

シュノーケリングと聞くと誰もが想像する、様々な色や形のサンゴ礁。新石垣空港から車で約5分とアクセス便利な白保海岸は、70種類以上もの珊瑚が生息する珊瑚の聖地として多くのダイバーに知られています。マリンショップのシュノーケルツアーに参加しボートエントリーをするのが基本ですが、干潮時にはビーチにワタンジ(渡道)が現れ、沖まで歩いて珊瑚やヒトデ、魚達を観察することもできます。

おすすめポイント

最大で幅約1kmに及ぶ白保海岸のサンゴ礁。なかでも見所は、北半球最大規模と言われるアオサンゴの群落です。限りなく続くサンゴ礁を色とりどりの熱帯魚が取り囲むその光景はまさに絶景。アオサンゴ以外にも黄金色と言われるユビエダハマダンゴ、直径約5mほどの巨大なハマサンゴなど多くの注目ポイントがあり時間を忘れて楽しめます。SNS映えするハート型の珊瑚は特に女性から大人気。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市白保
【アクセス】新石垣空港より車で約5分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング7位

川平湾

ミシュラングリーンガイドジャポンで3つ星を獲得した、石垣島随一の観光スポットである川平湾。白い砂浜とエメラルドの海はまさしく、一生に一度は見たい絶景です。グラスボートでの海中観測が有名なアクティビティですが、実はシュノーケルも楽しめるスポット。潮の流れが速く個人での遊泳は禁止されているため、シュノーケリングを楽しむにはツアーに参加する必要があります。

おすすめポイント

様々なシュノーケルツアーがあるなかで、特におすすめなのはカヤックとシュノーケルがセットになったツアーです。周辺に9つある無人島の間をカヤックで巡り、その後沖合でシュノーケリングを行います。講習があるためカヤック初心者も安全。透明度の高い海では、比較的深いポイントでもカヤックの上から珊瑚や熱帯魚を見ることができ、川平湾の美しさを存分に満喫できます。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市川平
【アクセス】石垣空港から車(一般道)で約30分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング6位

川平タバガー

川平湾より車で約10分、整備されていない獣道を進むと現れるこちらのビーチは、比較的人が少ない穴場スポットです。ウエディングフォトや映画の撮影にも使われたことから撮影場とも呼ばれ、近年ではビーチにあるブランコがSNSで話題になりました。トイレやシャワーなどの設備はないビーチですが、自然のままならではの美しさをシュノーケルで楽しむことができます。

おすすめポイント

遠浅で波も緩やかなこちらのビーチでは、浅いポイントでも珊瑚や色鮮やかな熱帯魚を観察することができます。シュノーケリング上級者にはボートシュノーケルもおすすめ。管理ビーチではなくシュノーケリングは自己責任になるため、安全に楽しむためにもシュノーケリング初心者は慣れた人と一緒に行うようにしましょう。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市字川平
【アクセス】新石垣空港より車で約40分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング5位

石西礁湖

石垣島と西表島の間にある石西礁湖は、約400種類もの造礁サンゴが分布する日本最大規模のサンゴ礁海域です。屈指のダイビングスポットとして知られていますが、マリンショップのツアーに参加すればシュノーケリングでも十分に満喫できます。透明度の高い海に見渡す限りのサンゴ礁。クマノミやスズメダイ、チョウチョウウオだけでなく他では見られない種類の熱帯魚に出会えます。

おすすめポイント

石西礁湖でシュノーケリングを楽しむためのおすすめツアーは、浜島上陸がセットになったもの。干潮の時にだけ姿を現すため「幻の島」と呼ばれる浜島へはツアーでしか行くことができず、その姿はまさに幻想的。石垣島を出発し浜島で写真撮影を楽しんだ後、深いポイントでシュノーケルをする前に講習をしてくれるショップが多いため、初めて挑戦する方でも安全に楽しめます。

石垣島のシュノーケリングスポットランキング4位

米原ビーチ

石垣島で人気のシュノーケリングスポットと聞くと思い浮かべる人も多い米原ビーチ。約700mに及ぶ広々としたビーチにはキャンプ場も併設しており、夏には多くの人々で賑わいます。駐車場はもちろん、トイレやシャワーなどの施設もあり。シュノーケリングはもちろん、真っ白なビーチを歩くだけでも心が癒されます。夕日が綺麗に見られる穴場スポットでもあります。

おすすめポイント

浅瀬にサンゴ礁が広がっているため、ビーチから入ってすぐに珊瑚やクマノミ、スズメダイなどの熱帯魚を見ることができます。サンゴ礁を観察するには満潮に近い時間帯がおすすめですが、干潮時にはお子様やシュノーケリングが初めての方でも歩きながら魚達を観察できるほど。リーフカレントが発生し潮の流れが強くなることがあるため、初心者はライフジャケットを必ず着用し注意して行う必要があります。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市桴海644
【アクセス】新石垣空港から車で約40分

石垣島のシュノーケリングスポットランキング3位

青の洞窟

青の洞窟と聞くと沖縄本島の真栄田岬が有名ですが、実は石垣島にも青の洞窟が存在します。米原ビーチよりほど近くにあるこちらのスポットへはツアーに参加して行くのがおすすめ。洞窟の入り口でその幻想的な青さを臨むことができ、その周辺ではシュノーケリングを楽しめます。深い洞窟内には、鍾乳石や珊瑚の化石など自然が作り出す数々の見所が。本島の青の洞窟とはまた異なる魅力を満喫できます。

おすすめポイント

洞窟周辺には様々な種類の熱帯魚が見られ、その他にも珊瑚や迷路のような地形を観察できます。特に海底に広がるユニークな地形は圧巻。ツアーであれば初心者でも安全に楽しめるよう工夫してくれるため、初めての方も安心です。運が良ければ海ガメにも会えるかもしれません。

石垣島のシュノーケリングスポットランキング2位

川平石崎マンタスクランブル

大きな体で水中を羽ばたくように優雅に泳ぐマンタ。そのマンタが高確率で見られるスポットがある石垣島は、世界中のダイバーを魅了して止みません。なかでも石垣島の北西部、川平石崎の沖にあるマンタスクランブルは、体に付いた寄生虫を綺麗にするためのクリーニングステーションがあることから、多くのマンタが集まります。

おすすめポイント

マンタを観察するにはダイビングが一般的ですが、実は高確率で出会えるシュノーケリングツアーも存在します。ボートでポイントまで移動し、水面に浮かびながらマンタを見下ろす形で観察します。水深15m前後とやや深いスポットですが、ツアーであればガイドのサポートもあり海面に浮かびながらマンタに出会えるため、お子様やシュノーケリング初心者でも安全に楽しめると大人気です。

石垣島のシュノーケリングスポットランキング1位

ニシ浜ビーチ

熱帯魚の多さ、海の透明度、エントリーのしやすさなどあらゆる条件が揃うニシ浜は、日本最南端の有人島である波照間島に存在します。石垣島より高速船で約60分、ハテルマブルーと呼ばれるその海の美しさはまさに絶景。シャワーなどの設備も整い、2018年には駐車場も新設されました。遠浅のためシュノーケルが初めての方も安全に楽しむことができる、おすすめのビーチです。

おすすめポイント

見所は珊瑚や熱帯魚の多さだけでなく、ウミガメの遭遇率の高さです。深いポイントまで行かずとも、比較的浅いところで見ることができるためシュノーケリング初心者にも最適。満潮時を狙って行けば、ウミガメと至近距離で泳げるかもしれません。夕焼けや星空も圧巻なので、訪れる際は島内に宿泊するのがおすすめです。

基本情報

【住所】沖縄県八重山郡竹富町波照間
【アクセス】波照間港より徒歩約15分

まとめ

いかがでしたか。珊瑚や熱帯魚だけでなく、ウミガメやマンタなど様々な生き物に出会える石垣島の海は魅力満載です。水族館にいるようなカラフルな魚達を間近で見られれば、お子様の初めてのシュノーケリングも思い出深いものになること間違いなし。シャワーやトイレなどの施設が整ったスポットも多いため、女子旅にも最適です。この夏は、石垣島でゆったり南国気分を味わってみてはいかがでしょうか。

シュノーケリングが気になる方はこちらもチェック!

これから初めてシュノーケリングに挑戦しようと思っている方、よりシュノーケリングを楽しむためのアイテムを揃えようと思っている方は、ぜひこちらの記事も参考にして見てください。今年の夏はぜひ海で、安全に楽しく思い出に残る時間を過ごしましょう。

シュノーケリングの始め方!道具の使い方から練習方法までやり方のコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
シュノーケリングの始め方!道具の使い方から練習方法までやり方のコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
スキューバダイビングに興味があるけど、資格取得や高価な装備が必要なので面倒だと思っている。そんな方にはシュノーケリングをはじめるのがおすすめです。泳げる海があればどこでもシュノーケリングが楽しめます。初心者に役立つ基礎情報から、上達のコツまで紹介していきます。
【男女別】シュノーケリングのラッシュガードおすすめ12選!最適な選び方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
【男女別】シュノーケリングのラッシュガードおすすめ12選!最適な選び方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は男女別にオススメなシュノーケリングのラッシュガードを紹介していきます。シュノーケリングの最中に着用できる半袖&長袖タイプの商品や、シュノーケリング後に体を冷やしてしまったり、紫外線から肌を守れるラッシュガードを多数紹介しています。
シュノーケルマスクの選び方とは?種類別の特徴比較とサイズ選びのコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
シュノーケルマスクの選び方とは?種類別の特徴比較とサイズ選びのコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
シュノーケルマスクはその名のとおりシュノーケリングには欠かすことのできないアイテムです。昔ながらの水中メガネ(ゴーグル)タイプから最近はフルフェイスまで種類もいろいろで選び方に迷うことも。今回は基本の潜水用品シュノーケルマスクの比較と選び方のコツを解説します。
morimumarine
ライター

morimumarine

自然に囲まれたアクティビティが大好きで、主にトラベルやキャンプ、マリンアクティビティに関する記事を執筆しています。違いや特徴が分かりやすく、魅力が伝わるような記事作成に励みます!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking